1
僕が小学6年生の時の出来事。


父が亡くなり、母と僕と二人で暮らしていた。


ある夜半、階下の物音で目が覚めた。


下に降りてみると、3人の男がいて、母は猿轡をかまされていた。


僕は恐ろしさに立ちすくみ、戸の透き間から覗いていた。


3人の男は、母のパジャマを乱暴に剥ぎ取り、裸にした。


母は37歳、色が白くて豊満な肉体をしている。


「ほー、これは上玉だ。

よだれが垂れるぜ」

母は、必死に抵抗していた。



親分格の男がパンツを脱いでのしかかる。


その股間にはビールビンのような一物がそそり立っている。


母は激しく身をくねらせて必死に抵抗するが、

他の二人の男に手足を押さえられて、どうしようもない。


母の両足を押し広げた男は、そのビールびんのような物を母の股間に突き立てた。


そのまま激しく腰を動かして、放出したらしく、母の上から降りた。


2番目の男も、3番目も、同じように母を犯した。


さらにもう1回づつ3人が母の上に乗って動いて降りた。


母はもう手足を押さえていなくても、死んだように動かない。


しばらく小休止の後、彼らは3回目の行為に移った。


さすがに2回放出した後なので、今度は、余裕を持った動きだ。


母の乳房をもんだり、身体中をなでさすったりしながら、

腰をゆっくりと、また早く、緩急をつけて動く。


と、死んだように動かなかった母の身体が、うねうねと波打ってきた。


「オー、気分を出して来たぜ」

男は、喜んで動きを早める。


母は、だんだん身体をくねらせ、胸を波打たせてきた。


男が果てて、2番目の男に変わると、ますます、母は反応をした。


「あ・あぁーん」

「う、うーん」

「こりゃーたまらねーや」

2番目の男が終わるのを待ちかねて3番目の男がのしかかる。


母はもう半狂乱になって、顔を歪め、頭を左右に打ち振って、

「あ・あぁー、い・いくぅー、う・うわぁーん」

男がクライマックスに達したときには、声を上げてしがみついた。


父が亡くなってから4年、母は、暴漢に犯されながらも、

女の喜びを身体で感じてしまったのか。


男達は、母の狂態に刺激されて、3人で母に飛び掛かった。


一人は、身体をつなぎ、一人は、母の口に、ペニスを咥えさせた。


あぶれた一人は、母の手を取って、自分のそそり立ったちんぽを握らせた。


母は、腰を使いながら、口に含んだペニスをしゃぶり、

喉の奥まで飲み込んだりして、さらに、3人目の男の太いものをにぎってしごく。


4人の動きが激しくなり、うめき声とともにほとんど同時に発射した様だ。


のろのろと男が母から離れた。


母は、大きく肩を波打たせて、ピンクに染まったにやけた顔であえぎながら、

両手足を投げ出して失神寸前。

股間と口からは、精液をどろりと流れ出して、

胸には、しごいて放出されたものが飛び散っている。


あれは夢だったか。

いまでも思い出すとめまいがする。