dc68fa84
今日は、息子の10歳の誕生日だ。

子作りを開始して、なかなか授かれず、5年もかかって出来た息子なので、目に入れても痛くないほど可愛くて、少し甘やかし気味かも知れない。

そんな息子の10歳の誕生日なので、良くないとは思いながらも、学校を休ませて、ディズ○ーランドで一日過ごしていた。

もちろん、私も仕事を休んで…… とは言っても、自営業なので、そこはかなり融通が利く。

仕事は、プロダクトデザインの事務所を経営していて、たまたま私のデザインした大手企業の商品が、ワールドビジネスサテライトに取り上げられるくらいヒットして、ありがたいことに毎年事務所の業績も右肩上がりが続いている。


今日は、平日ということもあって、比較的すいていたランドの中で、本当に楽しい時間を過ごしていた。

『お誕生日おめでとう! 本当に、大きくなったねぇ?』
嫁の恵里菜も、心の底から嬉しそうだ。

苦労して出来た子供なので、可愛くて仕方ないという感じだ。


恵里菜は42歳になるが、まだまだ綺麗だと思う。

肩までの黒い髪が艶やかで、メイクも薄目で上品な感じだ。

おっとりという感じで、子供に対しても声を荒げるところを見たことがない。


私には、過ぎた女房だと思う。


『ほら、あなた、もっと裕哉とくっついて、写真撮りますから』
カメラを構えながら、上品な口調で言う恵里菜。

本当に、上品な奥様という感じだ。

でも私は、恵里菜が夜の生活の時には、思いの外大胆に乱れるのを知っている。

セックスの時の恵里菜は、上品な見た目とはギャップがあり、そこもたまらないと思っている。



『あなた、今度は私と裕哉で撮って下さいね』
私にカメラを渡しながら、裕哉と嬉しそうにくっついて笑顔を作る恵里菜。

仕事も家庭も最高に順調で、言うことのない人生だと思っていた。


そんなある日、事務所に手紙が届いた。

差出人のところには、何も書いてなかった。

ダイレクトメールかな?と思いながらも、封筒を開けると、
”平成8年5月15日の朝日新聞を見ろ”
とだけ書いてあった。


気持ち悪いイタズラだなと思って、すぐに捨ててしまったが、何日かして思い当たることがあった。

私は、恵里菜の過去について、空白の時期がある。

恵里菜とは、私が請け負った商品デザインの仕事の打ち合わせで、大手企業のオフィスに行ったときに知り合った。

何度か足を運ぶ内に、挨拶をするようになり、世間話をするようになり、たまたま外でばったり会ったのをきっかけに、デートをするようになった。


私は、結婚してしばらくは、恵里菜は大学卒業後、ずっとそこで勤めていたと思っていた。

だけど、結婚式で、彼女の上司が挨拶をしたときに、その上司が”3年間ありがとう”というようなことを言い、アレっ?と思った。

付き合っているときも、結婚後も、卒業後の空白の2年だか3年のことは、まったく知らないままだった。

私は、勝手に恵里菜が転職したとか思っていて、特に恵里菜に聞くこともなく、ここまで来ていた。


あの手紙の日付は、その空白時期と一致していることに気がついた。

すると、気になってしかたなくなり、図書館とか、ネットとか、調べる手段を探したところ、朝日新聞のネットから、有料ではあるが検索できることがわかった。



そして調べてみて、すぐに後悔した……
覚醒剤取締法違反で逮捕された暴力団組員と一緒に逮捕された女性が、恵里菜と同姓同名だった。

そして、年齢も一緒……

私は、あまりのことに言葉を失った。

だが、写真が載っているわけでもないので、同姓同名の他人かもしれない。

そう思った。

そして、その後も色々と調べてみたが、続報は一切なく、ネットで検索してもヒットしなかった。

ただ、その暴力団員は、名前でヒットして、5年前に薬物中毒で死亡していることはわかった。


なので、もう調べる手段がなくなってしまった。



しかし、どう考えても、あり得ない。

あの恵里菜が、薬中だった? それだけはないと言い切れると思う。

それに、もしも、逮捕されたのが恵里菜だったとして、そうだとすれば、彼女の母親も私を騙していたというか、黙っていたことになる。

娘が薬中で、逮捕された過去があることを、私には黙っていた。

そんな事はしないと思う。


でも、考えてみたら、内緒にするかも知れないと思い始めた。

そんな過去があったとして、娘の婚約者に対してそのことを言えるだろうか?
恵里菜は、不幸にして父親を事故で亡くしている。

母親は、そんな娘の幸せのために、黙っていたかも知れない。

そう思うと、疑いの目で見てしまう。


しかし、帰宅すると、恵里菜はいつも通りの優しげな笑みを浮かべて、
『あなた、お疲れ様でした。

今週も一週間、本当にお疲れ様でした』
と、私をねぎらってくれた。

やっぱり、この恵里菜にあんな過去があるとは思えない。


『あなた…… お疲れだと思いますけど、今晩、お願いします……』
玄関先で、少しうつむいて、顔を赤くしながら言う恵里菜。

恵里菜は、こうやって、夜のおねだりをしてくることがよくある。

恥ずかしそうに言う恵里菜を見て、結婚してもう15年も経つのに、私はまだまだ興奮する。


そして、夜になり、息子が自室で寝入ったことを確認して、嫁とのセックスが始まった。



嫁とのセックスも、最近は昔みたいに情熱的ではなくなっていて、お互いに普通の会話をしながら全裸になり、一緒にベッドに潜り込んで始まる。

目を閉じてキスを待つ嫁。

その顔は、どことなく黒木瞳に似てる感じで、上品に見える。

キスをして、彼女を抱きしめると、嫁の舌が口の中に飛び込んできた。

上品でおとなしい見た目に反して、いったんセックスが始めると、情熱的になる恵里菜。

昼は淑女、夜は娼婦を地でいく恵里菜。


いつものように、体勢が入れ替わり、恵里菜が上になって荒々しく私にキスを続けていく。

口だけではなく、歯ぐきや上顎まで舐めつくし、頬や、鼻、耳まで舐めていく恵里菜。

キスだけで、私はもう興奮状態になる。

そして、恵里菜はいつものように、首筋を舐めながら、乳首を指で触って責めてくる。

『あなた、ここ、固いです…… 気持ち良いですか?』
敬語で言いながら、テクニックを発揮する嫁。

このギャップがたまらないと思いながら、負けじと嫁の胸を揉み始める私。


恵里菜は、うっすらと腹筋が見えるくらい引き締まっているのに、胸だけは不思議と大きくて、逢沢りなみたいな体型をしている。

40歳を過ぎてこの体を維持するのは、相当大変だと思う。



『あ、ダメです…… そんなにされたら、我慢できなくなっちゃいます……』
敬語でそんな事を言いながらも、私の乳首を舐め始める嫁。

軽く噛んだり、吸ったり、じらしたり、テクニックを発揮する嫁。



この時、急に変なことを考えてしまった。

嫁は、ヤクザに仕込まれたんじゃないのか? 薬漬けにされて、こんなテクニックを身につけたのではないか? そんなことを考えてしまった。


すると、嫉妬というか、怒りというか、異様に高ぶり、嫁に覆いかぶさり、そのままレイプするような感じで、入れてしまった。

いつもはする避妊もせずに、荒々しく、前戯もなく挿入する私。

『あ、あなた、どうしたんですか? あ、アァッ! あなたぁ……』
嫁は、驚いた感じでそう言いながらも、まったく無抵抗で受け入れてくれた。

いつものことだが、十分に濡れていた嫁のアソコは、抵抗感なく私のペニスを受け入れると、すぐに強烈に締めつけてきた。


いつも、その締め付けであっけなくイカされてしまうのだが、ここでも嫌なことを考えてしまった。

ヤクザに仕込まれて、締めるようになったんじゃないのか? そう思うと、狂ったように腰を振った。


想像の中で、入墨をしたヤクザが、”オラ、もっと締めろw ちゃんと締めねーと、ヤク打ってやらねーぞw”と言いながら、恵里菜の髪を掴んでバックで犯している姿が浮かんでしまった。


それを思った瞬間、自分でも驚くほど無自覚に射精してしまった。

『アァッ! 熱いぃ、ダメぇ、、 あなたぁ……』
その嫁の言葉に、理性を取り戻した私は、
「ゴ、ゴメン、出ちゃった…… ヤバい、、よね?」
と、謝りながら言った。

『うぅん…… 大丈夫です。

大丈夫な日だから、気にしないで下さい。

なんか、中にもらうの久しぶりで、嬉しかったです……』
恥ずかしそうに言う嫁。

本当に、控えめで上品な女だと思う。

とても、薬中でヤクザの女だったことがあるなんて思えない。

やっぱり、同姓同名だと思う。

それにしても、悪質なイタズラだと、怒りすら覚える。


私は、イったことで憑き物が落ちたように冷静になれた。

すると、嫁が私のペニスを口で綺麗にし始めた。

「あ、いいよ、そんな、シャワー行くから……」
申し訳なくてそう言うと、
『違います…… その…… もう一回、お願いできませんか?』
と、顔を赤くしながら嫁が言う。

私は、年甲斐もなく、そのまま嫁に覆いかぶさり、二回戦を開始した。

いつもは、一度イッてしまうと、しばらく回復できないのだけど、今日は変な想像をしてしまったからか、イッた後も固いままだった。


『あっ! あんっ? あなたぁ、凄い、固い…… 嬉しいです…… あっ? これからもずっと、抱いて下さいね…… アァッ! ンあっ?』
可愛らしくあえぐ嫁。

本当に、可愛いと思う。

「恵里菜、愛してる。

イキそう…… イッて良い?」
『ま、まだダメぇ…… あなた、愛してます…… 私が、上になりますね……』
嫁は、そう言うと、いつものように私にまたがって、騎乗位で腰を振り始めた。

普段の嫁は、騎乗位で腰を振るようにはまったく見えず、ギャップが本当にたまらない。


『あなた、気持ち良いですか? もっと、気持ち良くなって下さい』
嫁はそう言いながら、腰を複雑に振っていく。

単純に上下に動くのではなく、前後や左右にも振っていく。

そして、騎乗位だとさらに力を入れやすいのか、ちぎれそうに締まる。

「恵里菜、気持ち良いよ! ダメだ、そんなに締めたら、もうイクっ!」
『あなたっ! イッて下さいっ! そのまま、中に下さいっ!』
「アァッ! イクっ!」
『うぅあっ!! あなたっ! 熱いぃ……』
そして、倒れ込みながら、私にキスをしてくれる嫁。

「愛してるよ。

これからも、よろしくね」
私が心の底からそう思って言うと、
『はい。

ずっと、可愛がって下さいね』
と、無邪気な笑顔で言ってくれた。

そして、私の上からどくと、私のペニスをまた口で綺麗にしてくれた。

一瞬、またもう一回かな?と、少し焦ったが、お掃除フェラを終えると、
『じゃあ、先にシャワー浴びてますね』
と言い残して、シャワーに行った。


一人になると、またさっきのよくない想像がわき起こり、不安な気持ちになってしまった。



と、こんな事を数週間繰り返し、結局調べることにした。

探偵事務所に行くことになるなんて、想像もしていなかったが、担当してくれた探偵さんは、まだ若くて30前だった。

だけど、優しげで爽やかな外観とは違って、かなりえぐいところまで調べてくれた。

たった2週間で、驚くほどの調査をしてくれた彼は、見た目と若さからは想像もつかないくらい、凄腕だったようだ。


内容は、調べなければ良かったと思う内容だったが、探偵の彼は、とくに何もコメントはしなかった。

彼なりの気遣いだと思う。

そして、報告書の入った封筒を置き、何か質問があったら電話下さいと言うと、席を立っていなくなった。

内容が内容なだけに、一人にしてくれたのだと思う。


まず、彼が収集した資料の中には、写真があった。

その写真に写っている女性は、真っ黒に日焼けしていて、ウェーブがかかった髪の毛は、茶色を通り越して金髪に近く、眉毛も同じ色に染めていた。

メイクも濃くて、キャバ嬢とか、黒ギャルAV女優の橘なおみたいな感じだ。

短すぎるデニムのホットパンツは、ボタンが留まっていなくて、紫のショーツが見えてしまっている。

舌を出して、Vサインを出すその女性は、顔のパーツが嫁と同じだ。

まず、嫁に間違いないと思うが、あまりに違いすぎて断定できないくらいだ。


ただ、この写真だけで、もう理解してしまった。

覚醒剤取締法違反で逮捕されたのは、嫁だったと……
そして報告書を見ると、執行猶予がついたそうだ。

なので、おつとめはしていないようだが、嫁は前科者だった……
しかも、ヤクザの情婦だったと言うことだ……


足下に、ポッカリと穴が空いたような気持ちになった。

そして、あの手紙は誰が出したものなんだろう?と、疑問に思った。


写真は何枚かあって、どれも黒ギャルで、露出の高いものばかりだった。

胸の谷間がこぼれそうなものや、ショーツが見えているものばかりだった。


そして、ヤクザの写真もあった。

ドキッとするくらいのいい男だった。

少し冷たい感じの目をした男は、西島秀俊そっくりだった。

嫁と二人で写っている写真も一枚だけあり、二人とも良い笑顔だった。

黒ギャルと、堅気ではない雰囲気をプンプン出している男とのツーショットは、お似合いとも言えた。



報告書では、二人の関係は、男が実刑をくらったことで消滅したと書いてあった。



ここまででも、充分に衝撃的で、信じられない思いだったが、関係男性の証言というのが衝撃的だった。

どうやって調査して、この男性に行き着き、証言まで取ったのか謎だが、それだけ探偵の彼が凄腕と言うことなんだろう……


関係男性というのは、いわゆるセックスフレンドだった男だ。

嫁は、西島秀俊そっくりヤクザと同居しながらも、他の男とやりまくっていたらしい。

その男も、ヤクザの女を寝取るなんて、相当イカれてると思ったが、その男もヤクザだった。


覚醒剤をキメてのセックスにはまっていた嫁は、とにかくセックス中毒だったらしい。

西島(仮称)とのセックスだけでは足りなかったようで、この証言をした男性以外にも、複数のセックスフレンドがいたそうだ……


探偵は、どんなセックスをしていたのかまで、詳細に聞き取りをして書面にしていた。


嫁は男とラブホテルに入ると、すぐにキメてもらったそうだ。

男と知り合ったときには、嫁はもう炙りとかではなく、静注だったそうだ。

そして、前戯もせずにいきなり騎乗位でまたがって、狂ったように腰を振りまくったそうだ。

この男は、真珠ではなく、シリコンリングを竿に二巻きも入れていて、嫁は一発で夢中になったそうだ。


シリコンリングで魔改造されたペニスに狂う嫁…… 作り話にしか思えない。

この男が、面白おかしくウソを言っている。

そう信じたい。


嫁は、一度騎乗位でセックスを始めると、最低1時間は腰を振り続けたそうだ。

男は、その途中で2回は中出しをするそうだが、男もバイアグラなどで準備をして、なおかつキメていたので、立ちっぱなしだったそうだ。



1時間程腰を振り続けると、シーツは潮やお漏らしでグチョグチョで、嫁も白目をむいてよだれを流して失神したそうだ。

男は、何百回も嫁とセックスをしたそうだが、一度も避妊をしなかったそうだ…… 
ただ、男の知る範囲で、一度も妊娠しなかったので、元から子供が出来にくい体質だったのかも知れない。

私は、この薬物乱用のせいで、妊娠しづらくなったのではないかと、邪推してしまった。

無理もないと思う……


嫁は、ヤクとシリコンペニスのためなら、何でもしたそうだ。

アナル、浣腸、飲精、おしっこまで喜んで飲んだそうだ。

公園で人が見ていても、立ちバックで喜んでセックスをしたとも書いてある……

あの、控えめで上品な恵里菜が、そんな事までしていたなんて、どうしても信じられない。

人は、何か話をするときに、盛ることがある。

この証言している男は、ヤクザだし、信用できるはずもない。



だが、報告書には、この男は、当時のハメ撮り映像を”50万で売る”と言っていると書いてある……

報告書は、以上だった。

よくここまで調べられたなと、感心すると同時に、ここまで調べてくれなくてもよかったのにと、凹んだ……

動画のことは気になるが、数日悩んだ末に、気持ちを切り替えることにした。

過去に過ちはあったのかも知れないが、今の恵里菜は更正している。

前科があったとしても、それは過去の話だ。

誰にでも、過去に多少の傷はあるはずだ。

知ってしまった絵里なの傷は、ちょっと大きすぎるし、割り切れるはずもないが、恵里菜を失うことは考えられない。


時間が解決してくれると信じて、このまま行こうと思った。



そして、そのまま1ヶ月ほど立った。

調査報告書を読んで以来、恵里菜に対して、やはりぎこちなくなってしまう部分はあった。

でも、恵里菜はいつも通り優しく、控えめで上品だった。

そして、いつも通り週に2回程度は夜のお誘いもあって、前と何一つ変わらなかった。


今日も食事のあと、恵里菜に誘われた。

恥ずかしそうに、少しうつむいて、頬を赤らめながら、
『あなた、今晩、お願いします……』
と言ってきた。

どうしても、この恵里菜と、あの写真の黒ギャル恵里菜は一致しない。

薬漬けにされた上に、ヤクザの改造ペニスで狂わされていた…… どうしても信じられない。



いつものように、全裸になってからベッドに潜り込み、抱き合ってキスをする。

でも、最近はキスをしながらも、イケメンのヤクザに犯されている恵里菜のことばかり想像してしまう。


報告書を読んで以来、しばらくの間は、嫉妬みたいなもので狂ったように、犯すように恵里菜を抱いてしまっていたが、今日は多少冷静だった。

恵里菜の体を愛撫をしながら、色々と恵里菜の体を観察した。

恵里菜の体は、乳首が少し大きい気がする。

アソコのビラビラも、意識して見ると、気持ち大きいかな?と思う。

そして、今まで意識して見たことがない、嫁のアナルも観察した。

嫁のアナルは、ヤクザにいいようにオモチャにされていたという…… でも、まったくそうは見えない。

黒ずんでもいないし、穴が広がっているような気配もない。


そして、体を舐めながら、注射の跡がないかも見たが、特にない。

そもそも、昔の注射の跡など残ってないのかも知れないし、今嫁が薬に手を出しているとも思えない。



しばらく責めていると、いつものように嫁がまたがってきた。

慌ててコンドームをつけると、すぐに嫁が挿入した。

すると、騎乗位で腰を振りながら、嫁が
『あなたぁ、気持ち良いです…… あなたも、気持ち良いですか?』
と、あえぎながら聞いてきた。

「気持ち良いよ。

恵里菜、愛してる」
『あなた、愛してます、もっと、感じて下さい』
そう言いながら、腰を複雑に振る嫁。

嫁は、私と付き合いだして、1年経たずに結婚した。

体の関係も、付き合いだしてから3週間ほどで始まった。

ただ、当時の嫁は、自分で腰を振ったり、積極的にセックスをする感じはなく、ほぼマグロだった。

恥ずかしがりで、セックスに慣れていない感じのウブな女性という感じだった。

今思えば、演技だったのだと思う。

今の恵里菜は、敬語で話しながら、淫らに腰を振り、私がイッてもさらにおねだりをしてくる。

本性を出してきてるのだと思うけど、報告書を読んだ限りだと、これでもまだまだ本性を抑えているのだと思う。


覚醒剤に手を出した芸能人の末路を見ていてもわかるように、一度手を出して、抜けることが出来るのだろうか? 

結局、私は気持ちを切り替えることが出来なかった。

悩んだ末に、探偵さんに連絡をした。

探偵さんは、”もう用意してあります。

明日渡せます”と言った。

えっ?と思い、訳を聞くと、彼は50万という大金を立て替えて、すでに入手していたそうだ。

こういうものは、間を開けると欲が出て、金額をつり上げたりするそうだ。

でも、私が結局お願いしなかったら、50万円は捨て金になったのでは?と聞くと、”絶対に私が買うと確信していた”そうだ……



そして次の日、50万円と彼への報酬の5万円を払い、ビデオを受け取った。

”VHSからDVDにしておきました”
と、彼は言ってくれた。

サービスと言うことだと思うが、内容を見られたと思うと、気が気じゃなかった。



そして、ディスクを受け取り、個室ビデオ屋さんに入った。

少し躊躇したが、再生を始めた。


ビデオは、今時のモノと比べると画像も粗かったが、そこに映ったのはあの写真の黒ギャルみたいな嫁だった。


『なに、また撮ってるの? 変態w』
いつもの控えめで上品な恵里菜ではなく、ニヤニヤと下品に笑う恵里菜がいる。


ホテルの一室だと思われる場所で、下着姿で笑う恵里菜。

極端に短い真っ赤なショーツは、ヘアがはみ出そうな感じで、ブラはそもそも胸が隠れていない。

カップの部分が抜けていて、おっぱい丸見えで下着としての役目を果たしていないものだ。

『そんなのいいから、早く早くぅ!』
「ほら、腕出せよw」
『は?いっw』
そう言って、腕を出す嫁の腕には、すでに駆血帯が巻かれている。

そして、カメラを置いて固定アングルにすると、男の姿も映る。

男は、すでに全裸で、古典的な和彫りの入った典型的なヤクザだった。

あの写真に写っていたイケメンのヤクザとは違って、強面で歳も50近くに見える。