kawaii_4408-002s
女子大生果歩の話。

 山井 「よ~し!それじゃ練習には俺の使っていいからさ!」

山井はそう言って立ち上がりズボンのベルトに手を掛けようとする。


果歩 「ちょ、ちょっと!待ってください!・・・あの・・・。


山井 「おいおい、そんなに引かないでよ果歩ちゃん。


急な展開に果歩のアルコールの回った頭は混乱するばかりだった。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん何事も経験よ、大丈夫、やり方は私が教えてあげるから・・・。


果歩 「秋絵先輩・・・そんな事言われても・・・。


果歩が困惑するのは当然だ、憧れの先輩である秋絵の提案とはいえ、フェラチオという行為を彼氏でもない男性相手にするなんて。


富田 「そうだ秋絵ちゃん、まずは秋絵ちゃんがお手本を見せてあげればいいんじゃないか?」
 
果歩 「え・・・?」


秋絵 「う~ん、そうですね。

それじゃ果歩ちゃん、私がするの見ていてくれるかしら?」

果歩 「・・・秋絵先輩が・・・するのをですか・・・。


秋絵 「そうよ、見るだけならいいよね?」

果歩 「・・・でも・・・・。


富田 「ハハッ果歩ちゃんは純情だなぁ、まぁ見るだけなんだからさ。

な?経験経験!」

果歩 「見る・・・だけですか・・・?」

富田 「そうそう!見るだけ見るだけ!」

果歩 「・・・・・・。



見るだけ・・・普通なら他人がフェラチオする所を見るなんてそれだけでも異常なことかもしれない。


しかし、先に果歩自身がフェラチオの練習をするという話から、秋絵がフェラチオをするのを見るだけという話にハードルが下がったためだろうか、果歩の心の中は見るだけならいいかな、という気持ちが芽生え始めていた。


そして果歩は自分の身体に起きている変化にも気がつき始めていた。



身体が熱くなってきちゃってる・・・


それはアルコールのせいだけではなかった。


先日、秋絵の部屋でAVを見た時と同じ、あのなんとも言えない身体の奥から湧き上がってくるムラムラ感を、今再び果歩は感じ始めていたのだ。


憧れの女性である秋絵がするフェラチオ。


性に対する好奇心にも似た気持ちが果歩のガードを下げようとしていた。



秋絵 「フフ・・・それじゃ果歩ちゃん、よく見ててね。


黙ったままでも、嫌ですとは言わない果歩。

秋絵は果歩のその反応をOKサインと判断したようだ。


山井 「ハハッじゃあ秋絵ちゃん、よろしくお願いしま~す。


山井は秋絵の前に仁王立ち、秋絵は膝立ちで、顔はちょうど前に山井の股間がくる位置だ。


果歩はそんな2人のすぐ横のソファに富田と共に腰を掛けている。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、この前のAVと違ってモザイクなしだからね。


果歩 「・・・・・秋絵先輩・・・。


秋絵は山井のベルトに手を掛け、カチャカチャと音を鳴らしながら外してく。


富田 「へぇ・・・果歩ちゃんAV見たんだ?バイブでオナニーするわAV見るわ、果歩ちゃんって意外とスケベなんだな?」

果歩 「そ!そんな事・・・・・ないです・・・。


隣に座る富田からの言葉に果歩は自信無さげにそれを否定し、恥ずかしそうに俯いた。


秋絵はそんな果歩の様子を見て笑みを浮かべながら山井のズボンを下ろしていく。


山井 「よいしょっと・・・。


ズボンを下ろされた山井は脚からズボンを抜き、秋絵は山井が脱いだそのズボンをソファに畳んで置いた。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、ちゃんとこっち見てて。


果歩 「・・・・・。


下に俯いていた果歩は、秋絵の言葉で顔を上げ、二人の方を向いた。


そこには下半身がボクサーパンツ姿の山井と、そのパンツに指を掛けた状態の秋絵の姿。


無意識のうちに山井の股間に目がいってしまう果歩。


山井のボクサーパンツの中心は大きく膨らんでいた。


一目見ただけでその中に入っている物の質量が途轍(とてつ)もなく大きい物である事がわかる。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、これ見たらビックリするわよ。


果歩はその言葉を聞き、恥ずかしいのか再び下に俯いてしまう。


富田 「あ、そうか、果歩ちゃん彼氏意外のチ○ボ見るの初めてか?」

秋絵 「果歩ちゃん、私があげた小型バイブでも大きいってビックリしてたもんね。


山井 「ハハッマジ?じゃあ果歩ちゃんの彼氏のって・・・」

友哉としか経験がなかった果歩にとって、確かにあのバイブはとても大きなサイズに感じられた。


しかし、秋絵の言葉を聞いていればおそらく山井のパンツの中に納まっているものはそれ以上の大きさなんだと容易に想像できた。


富田 「まぁまぁ、とりあえず果歩ちゃん、しっかり山井のチ○ボ見てやってよ。

これも大人の女性になるための経験のひとつだと思ってさ。


もはや大人の女性になる事と山井の性器を見ることがどう関係するのか理解できない果歩であったが、今の果歩は恥ずかしがりながらも、頭の中では山井のパンツの中の物が気になって仕方なかった。


経験の少ない果歩にとって、友哉以外の男性器は興味がないと言えば嘘になる。



どんな形をしてるんだろう・・・

どんな色をしてるんだろう・・・


富田 「果歩ちゃんも恥ずかしいかもしれないけど下半身曝け出す山井はもっと恥ずかしいんだからね。

ほら、ちゃんと見てあげてくれよ。


山井 「果歩ちゃん、俺果歩ちゃんのために恥ずかしいけど耐えてみせるよ!」

冗談っぽく言う山井の言葉に、顔を赤くしながらもクスっと笑ってしまう果歩。


それは最初拒否反応を見せていた果歩が、この状況に少し打ち解けてきた証拠なのかもしれない。


そして果歩は再び目線を山井の股間に向けていた。


秋絵 「フフ・・・じゃあパンツ下ろすよぉ・・・。


ゴク・・・・・

思わず生唾を飲み込んでしまう果歩。


恥ずかしがりながらも何かを期待するかのような果歩の様子を、隣に座っている富田はニヤニヤと笑みを浮かべながら眺めていた・・・。




スル・・・・

山井のボクサーパンツに掛けた手をゆっくりと下げていく秋絵。


まず見えたのはチリチリと生い茂る山井の陰毛。


山井の陰毛が見えた時点で速くなっていた果歩の心臓の鼓動はさらに加速する。


ドキドキドキドキ・・・・

さらに秋絵の手は止まることなくパンツを下ろしていく。


そして・・・

ブルンッ

窮屈に収まっていたソレは今秋絵の手により解放されたのだ。


ついにその全容を現した山井の肉棒。


そしてそれを目の当たりにした果歩は目を丸くして思わず両手で口を覆った。


果歩 「・・・・・・・。


あまりの驚きに言葉を失う果歩。


富田 「どう?果歩ちゃん、山井のチ○ボは。



その形、色、大きさは経験の少ない果歩にとってはあまりに衝撃的で、そして何よりその見た目は物凄く卑猥な感じがした。


まだ勃起していないのであろう肉棒はダランと下を向いているものの、その大きさには初めて見た女性、いや男性であっても驚くだろう。


長さはともかく、太さは勃起していないにも関わらず、すでに先日果歩を絶頂に導いたバイブレーターの太さを遥かに凌いでいた。


果歩 「・・・・・すごい・・・ですね・・・・。


とにかく、果歩が唯一知っている友哉のアレとは比べ物にならないほどの大きさであることは確かだった。


富田 「ハハッおい山井!果歩ちゃんがすごいですねだってよ!」

山井 「いやぁ果歩ちゃんにそう言ってもらえて脱いだ甲斐があるよぉ!」

男達が笑っている間も果歩の目は伏せ目がちでも山井の股間をジッと見つめていた。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、山井さんのコレね、ほら、まだ勃起してないでしょ?」

秋絵の言葉に小さく頷く果歩。


普段の大人しい果歩を知ってる者からすれば、勃起という言葉を果歩が理解していること自体、なにかとてもイヤらしい事のように感じてしまうかもしれない。


秋絵 「果歩ちゃん、山井さんのこれが大きくなったとこ見てみたい?」

果歩 「え・・・・それは・・・。


見てみたかった。


もはや自分がそれを望んでいる事を否定できない果歩。


しかしそれを言葉にしてお願いするのは恥ずかしがり屋さんの果歩にとってはあまりに酷だった。


富田 「どうだい果歩ちゃん?果歩ちゃんが見たいって言わないと山井のビンビンに勃起したチ○ボ見れないよ?」

ビンビンに勃起したチ○ボ・・・

富田の言葉を聞いただけでも果歩は身体はカァっと熱くなる。


ドク・・・ドク・・・と身体の芯が熱く、そしてその熱は下腹部に集まってきている。


先日のようなムラムラ感、オナニーを我慢できないようなムラムラ感。


そして今、そのムラムラ感によって我慢できなくなっている事。


それはあの言葉を口にして秋絵と山井にお願いする事だった。


その言葉を言わなければ先に進まない。


・・・見たい・・・

果歩はもはや自分のその欲求を抑えることができない程になっていた。



果歩 「・・・・・見たい・・・・です・・・。



果歩は顔を真っ赤にしてそう小さく呟いた。



私・・・何言ってるんだろう・・・


アルコールと非日常的な状況に興奮した状態の頭で果歩はボンヤリとそんな事を考えていた。



富田 「おい山井!果歩ちゃんがお前のチ○ボが勃起したとこ見たいだってよ!」

山井 「ハハッ果歩ちゃんも段々ノッてきたっスねぇ!果歩ちゃんが見たいなら仕方ない、秋絵ちゃん頼むわぁ。


秋絵 「フフ・・・じゃあね果歩ちゃん、今から大きくするからね。

そこで見ててね。


秋絵はそう言って、しなやかな手を山井の股間にもっていき、その極太の肉棒をギュッと軽めに握った。


すると山井の肉棒は早々にムクムクと膨らみ始めた。


秋絵 「フフ・・・すごい反応いいですね山井さん。


山井 「そりゃ果歩ちゃんに見られてるんだから興奮するよぉ。


徐々に頭を上げ始めた肉棒を今度は上下に扱き始める秋絵。


秋絵手の動き、それは果歩にとっては物凄くイヤらしさを感じるものだった。


上下にピストンさせる手の動き、性運動そのものの動きがなんだかとても淫らな感じがしたのだ。



そしてしばらく秋絵の手コキによって刺激された山井の男性器は逞しく勃起したのであった。


果歩 「・・・・・・・。


通常の状態の大きさにも驚いていた果歩にとっては、勃起した山井の肉棒の姿は信じれない程の物だった。


自分の目を疑うとはこの事だ。


長さも太さも先程とはまったく違う、別物だった。


その男性器の真の姿を目にした果歩の身体はさらに熱くなった。


秋絵 「・・・・どう?果歩ちゃん、大きくなったでしょ?・・・って、フフ・・・果歩ちゃん、お口が開いてるよ。


果歩 「あっ・・・・」

果歩は秋絵の言葉に慌てて口を閉じた。


富田 「ハハッ、果歩ちゃんもう山井のチ○ボに夢中だねぇ。


果歩 「富田さん・・・。


顔を赤くするだけで何も言えない果歩。


今の果歩の頭は今までには無い程の興奮を感じていた。


あんな大きなもの、アソコに入れられたどうなっちゃうんだろう・・・

などということまで果歩は考えてしまっていたのだから。


小型のバイブレーターでもあの圧迫感だった事を考えると少し怖くもあった。



ふとそんな事を考えていた果歩の前に富田が立ち上がった。


丁度ソファに座る果歩の目の前に富田の股間があるという位置だ。


富田 「じゃあ、山井だけってのもなんだし、果歩ちゃん、俺のチ○ボも見てみないか?」



果歩 「え・・・・・・?」

富田 「え?じゃなくて果歩ちゃん見たいんだろ?俺のチ○ボも。


果歩 「わ、私は・・・あの・・・。


富田 「だってよ、果歩ちゃん監視台の上から俺のココ、ずっと見てたしよ。

興味あるんだろ?見てみたいんだろ?」

果歩 「・・・富田さん・・・。


監視員の仕事をしていた時の果歩の心中をズバリ当てられ、何も言えないで赤面する果歩。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、いいじゃない。

私が山井さんにするのを見ながら富田さんので練習すれば。


果歩 「れ、練習なんて・・・でも・・・。


富田 「まぁ練習するかどうかはとりあえず俺のを見てからにすればいいさ。


そう言って富田は果歩の目の前でベルトに手を掛けた。


カチャカチャ・・・

果歩 「え・・・あの・・・。


果歩が動揺してる間にも手早くベルトを外し、続いてズボンを脱ぎ始める富田。


バサッ・・・・

脚からズボンを抜き去り、下半身パンツ姿になった富田はまるでその姿を果歩に見せ付けるかの様に腰に両手をあて仁王立ちになった。


突然の事に思わず一瞬顔を背ける果歩だったが、富田の下半身から漂う、不気味かつ何か果歩を引き付けるような雰囲気に、恐る恐る目を向けてしまう。


トミタスポーツのプールでトミタの水着姿を見た事はあったものの、今改めて見る富田の下半身は、果歩の火照った身体をさらに熱くさせた。


ガッチリとした冨田の下半身、山井も逞しい身体をしていたが、富田の方が大きな筋肉がついていてより力強く果歩は感じた。


そしてやはり何より果歩の目を引いたのは、富田の股間部分だった。


ビキニタイプのブリーフ、その中心の膨らみは先に見た山井のものよりも大きいのではないかと思わせる程のものだ。



富田 「じゃあ、あとこれは果歩ちゃんに脱がせてもらおうかなぁ。


富田はそう言って自分のパンツを指さした。


果歩 「私が・・・ですか・・・?」

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、富田さんの窮屈そうなソレ、可哀相だから早く解放してあげて。

私からもお願いするわ。


果歩 「秋絵先輩・・・。


富田 「頼むわぁ果歩ちゃ~ん。



普段の果歩ならこんな事は断固拒否しただろう・・・いや、少なくとも以前の果歩なら、この部屋を飛び出して逃げてしまったに違いない。


当然だ、付き合っている彼氏がいるのにこんな事をするわけがない。


だいたい、彼氏以外の男の部屋にあがる事自体なかったはずだ。


しかし、今の果歩は違った。


友哉との関係には暗雲が立ち込めている。


友哉の浮気・・・

そのあまりにショッキングな出来事に果歩は半分自暴自棄になっていた。


今夜はその出来事を無意識のうちに自分の記憶から消そうとしたのか、アルコールを今までにないくらい摂取してしまった。


それに加え、先日、秋絵から渡された大人の玩具を使い人生で初めての性的快感を経験した果歩。


今まであまりに無垢だった果歩、性に対する好奇心がここに来て急激な加速を始めていた。



富田 「な?果歩ちゃんいいだろそれくらい。


少し考えた後、果歩は小さく頷いたのであった。


この時点で果歩の頭の中では

?今夜くらいは羽目を外していいのかな・・・?

と思い始めていたのかもしれない。



恥ずかしがりながらも頷いてOKのサインを出した果歩の様子を見てニヤっと笑みを浮かべた富田。


富田 「じゃあ、頼むわ果歩ちゃん。


富田はそう言ってソファに座る果歩にさらに近づいた。


果歩 「・・・・・ハイ・・。


果歩もソファに深く座っていた体勢から少し前にのりだし、山井と秋絵と同じように、果歩の丁度目の前に富田の股間がくる体勢になった。


そして少し間をあけた後、ゆっくりと手を富田の腰に持っていく果歩。


一瞬、間違った道に足を踏み入れてしまうような気持ちになった果歩だが、今の果歩にはそれにブレーキを掛けることなどできなかった。


真っ白な綺麗な手でブリーフの両端を掴んだ果歩は、上を向き表情を伺うように富田の顔を見た。


富田 「そう・・・いいよ、そのまま下に下ろして。


富田の言葉に小さく頷いた果歩は、一呼吸置いて、ブリーフをゆっくりと下げていった。



見たい・・・


夢にまで出てきた、富田のペニス。


そして今、現実の世界で果歩の目の前にその姿を現したのだった。




(・・・・・・うそ・・・)

富田のブリーフを腿の辺りまで下ろしたところで果歩は思わず掛けていた手をブリーフから離した。


口に手をあてたまま驚きのあまり声も出ない果歩。


富田のソレは、山井のペニスを目の当たりにしたときよりも大きな衝撃を果歩に与えていた。


ダランと下を向いた富田の性器、まず山井と違ったのは大きさ、太さも長さも若干山井のペニスより勝っているだろうか、そして何より違うのはその色だ。


黒い性器・・・

かなり使い込まれた冨田の性器、その容姿はあまりにもグロテスクだった。


過去に千人以上の女性の性器を貫き、狂わせてきた男根。



富田の精力、それは人並みを大きく外れたものだった。


肉棒同様、睾丸の大きさも通常の何倍もある富田、その富田の性的欲求はその大きな睾丸に溜め込まれる精液を一日三回は射精をしなければ満足しない程だった。


富田は中学1年の時に童貞を捨てて以来、自慰行為というものをほとんどした事がない。


自分の性的欲求をすべて女性とのSEXで満たしてきた。


中学、高校、大学と、学生時代はSEXをしない日はなかったと言っていい程だ。


クラスメイトの女子、同級生、後輩、先輩、そして、担任の若い女性教師を一年間SEX漬けにした事もあった。


十代の頃はレイプまがいのような犯罪行為をして警察沙汰になった事もあるが、その時は富田の父親の金と権力を行使し、その犯罪を闇に葬り去ってもらっていた。


今の富田はその頃と比べれば少しはまるくなり、犯罪こそ起こさないが、その精力はまだまだ失われることはなかった。


とはいえ、富田の逞しい男根と経験豊富な性技は、交わる女性を必ずと言っていい程富田の虜にしてきた。


狙った獲物は逃さない。


そして今、富田が狙う獲物は、目の前でその強靭なペニスに釘付けになっているのだ。



・・・こんなのって・・・


富田の男性器、それは果歩にとってはただグロテスクなだけではなかった。

富田のペニスは果歩の目を、心を引き付ける何かをもっていた。


富田 「果歩ちゃん?大丈夫か?」

ニヤニヤした表情で固まってしまっている果歩の声をかけた富田。


果歩 「・・・え?あ・・・大丈夫です・・・。


山井 「ハハッ、果歩ちゃんもう富田さんのに興味津々じゃん。


果歩 「・・・山井さん・・・。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃんほら、私が山井さんにしているみたいに、果歩ちゃんも富田さんのオチ○チン握ってみたら?」

果歩 「・・・私・・・。


秋絵 「うん、富田さんのオチ○チンは果歩ちゃんが大きくしてあげて。


秋絵のその言葉を聞いて、果歩は上を向いて冨田の顔を伺うように見つめた。


果歩 「あの・・・いいんですか・・・?」

富田 「どうぞどうぞ!果歩ちゃんがお望みならば好きにしちゃっていいんだぜ。


富田はそう言うと、太腿辺りで止まっていたブリーフパンツを自ら脱ぎ去り、完全に下半身裸の状態となった。


お望みのまま・・・

そう、果歩は確かに望んでいた、富田のペニスを見ること、触ることを。


そしてその先も・・・いや、今の果歩の思考回路はアルコールと異常な性的興奮状態で目の前の事しか考える事しかできない。

今はただただ性的な事への興味と、富田のペニスへの興味しか頭にない果歩は、悩んでいた友哉との事もどこかに忘れていた。


果歩 「はい・・・。


果歩は小さく返事をすると、ゆっくりと手を富田のペニスにもっていく。


真っ白な果歩の手と、どす黒い富田のペニス。


何も汚れを知らないような綺麗な手と、グロテスクなペニス。


果歩 「・・・・わぁ・・・・。


下から持ち上げるようにその棒を握った果歩。


ズッシリとその手に感じる重量感。


・・・すごい・・・

手に持ったことで改めて肌で感じる富田のペニスの大きさ。


秋絵 「フフ・・・どう?果歩ちゃん、富田さんのオチ○チン触った感想は。


果歩 「・・・なんか・・・すごいですね・・・。


富田 「やっべぇわ・・・果歩ちゃんが俺のチ○ボ握ってるよぉ。


果歩 「あ・・・ご、ごめんなさい・・・」

富田 「いや、いいのいいの!そのまま握ってて!いやぁ果歩ちゃんに握ってもらえて俺のチ○ボもヤベェくらい気持ちいいって意味だよ。


果歩 「え・・・これだけで・・・気持ち・・・いいんですか・・・?」

富田 「そうだよ、果歩ちゃんみたに可愛い子なら握ってもらうだけで気持ちいいんだよ。

ほら・・・。



ドクン・・・ドクン・・・ドクン・・・

果歩は握っている富田のペニスが脈を打ち始めたのに気が付いた。


ペニスに血液が集まり始めていることを握っている手を通じて感じる果歩。


ムクムクと徐々にその質量を増していく富田のペニス。


果歩 「・・・すごい・・・。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、ほら、こうやってオチ○チン扱いてごらん、もっと大きくなるわよ。


秋絵はそう言って握っていた山井のペニスを上下に扱いて見せた。


果歩 「・・・わかりました。


そう秋絵に返事をして再び上を向いて富田の表情を確認する果歩。


富田 「ハハッどうぞご自由に!」

富田の調子のいい返事を聞いた果歩は、一呼吸置くと、ゆっくりと富田のペニスを握った手を上下に動かし始めた。





果歩 「・・・・これで・・・いいんですか・・・?」

ペニスを握った手を動かしながら富田に確認する果歩。


富田 「あ~いいよぉ、上手だよ果歩ちゃん。

もうちょっと強く握ってもいいよ。


果歩 「・・・ハイ・・・。


小さな声でそう返事をした果歩は、富田に言われた通りさっきよりペニスを少し強く握った。


富田 「あ~そう、気持ちいいよ果歩ちゃん。


すると、半勃起状態だった富田のペニスが、さらに大きくなり始めた。


柔らかかった茎の部分は次第に芯をもち始め、その硬さを増していく。


そして先端の亀頭部分はブワァっと傘を開いた様に一気に大きくなる。


果歩 「・・・・・・スゴイ・・・。


ペニスのその淫らで急激な変化に、空いた片手で口を押さえて目を丸くし驚きの表情を見せる果歩。


自分の手の中で硬さと大きさを増していく富田のペニス。


自分が与える刺激によって富田は性的快感を感じている。


ドキドキと顔を赤くしながら手を動かす果歩、富田の性器に刺激を与えながらも、同時に自分の身体も熱くなってきている事に気付く。


ジュン・・・・と自分の秘部が下着を湿らしていくのがわかった。


ムズムズとしたもどかしい感覚に襲われる果歩。


彼氏でもない男のペニスを握って扱いているという現実に、果歩はこれまでに無い程の性的興奮を感じていた。


扱けば扱くほど大きさを増していった富田のペニス。


そしてついに富田自身の臍(へそ)に付きそうな程上を向いたその男根は、果歩の目の前で完全な姿となったのだ。


富田 「はぁ~ヤベェ気持ちよすぎ・・・果歩ちゃん、俺のチ○ボ果歩ちゃんの手で勃起しちゃったよぉ。


果歩 「・・・大きく・・・なっちゃった・・・すごい・・・。


思わず口から正直な感想を漏らした果歩。


果歩自身の手による刺激で驚くべき変貌を遂げた富田の男根。


果歩の指が全く届かない程太く、猛烈に勃起した肉棒は、まるで若竹のように反り返っている。


勃起前はただ黒かった色も、多量に血液が集まったためか、富田の男根は赤銅色に変化していた。



熱い・・・


焼き爛(ただ)れた鉄の棒のような肉棒。


手に握ったその熱い肉棒から、ドクッ・・・ドクッ・・・と脈打ちの振動が伝わってくる。


目の前にある、恐ろしいほどグロテスクな形をした怒張。


しかし、非常に凶悪な形でありながら威容を誇っているその男根から果歩は目を離せなかった。


(フッ・・・まぁそうなるよなぁ・・・果歩も女だなぁ・・・へへ・・・)

圧倒的な存在感を持つ自身のペニスの前に固まり、釘付けになっている果歩を、上から見下すように眺める富田は、ニヤニヤと笑みを浮かべながら考えていた。


今まで富田が相手にしてきた千人以上の女達、その女達が富田の肉棒を見たとき反応は二通りある。



ひとつは、ただただその大きさとグロテスクな形に恐怖を感じ、脅える女。


そしてもうひとつは、ペニスの大きさに驚きながらも興奮し、発情する淫乱タイプの女。



富田は今気付いたのだ。

果歩はその後者である事に。



そして富田はその事に対して異常な程の興奮を覚えていた。


それは富田の予想では、果歩は自分の性器を見た瞬間、恐怖を覚え、脅えてしまうタイプだと思っていたからだ。


普段トミタスポーツのアルバイトでは大人しく、今時珍しいぐらい清純な雰囲気を持った女子大生。


その果歩が、今、自分の勃起したペニスを見て、顔を赤くして発情している。


そのあまりに大きなギャップに富田はここ数年経験した事がないくらいの興奮を感じていたのだ。



富田 「ハハッ、果歩ちゃん、どうしたんだ?固まっちゃって。


果歩 「い、いえ・・・あの・・・ビックリしちゃって・・・。


秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、富田さんのすっごい大きいでしょ?」

果歩 「・・・はい・・・すごく・・・・。


山井 「こんなすごいの持ってる男はそうそういないからねぇ。


秋絵 「フフ・・・それじゃ果歩ちゃん、友哉君のオチ○チンと比べてどう?どっちが大きい?」

果歩 「え・・・・それは・・・・・・。


友哉の名前を聞いて、困惑したような表情をする果歩。


彼氏、友哉のソレと富田のペニスでは、比べ物にならない程富田のペニスのほうが大きかったのは言うまでもないかもしれない。


秋絵はそれを承知で聞いたのだ。


秋絵 「フフ・・・ごめんなさい、変な事聞いちゃって。

今夜は友哉君の名前は禁句だったわね。


果歩 「・・・秋絵先輩・・・。


秋絵 「それじゃあ果歩ちゃん、富田さんの勃起しちゃったオチ○チン、もっと気持ちよくしてあげてね。


果歩 「え・・・もっとって・・・?」

秋絵 「さっきみたいに、果歩ちゃんの手で扱き続けてあげてって事よ。


果歩 「ま・・・まだ・・・するんですか・・・?」

富田 「果歩ちゃん、果歩ちゃんだってバイブオナニーするとき、バイブをオマ○コに入れただけじゃ気持ちよくないだろ?グチュグチュ出し入れしないと。

男も同じなんだよなぁ、シコシコ扱かないと気持ちよくなんないんだよ。


果歩 「・・・ぃ・・・イヤ・・・富田さん・・・。


果歩のバイブオナニー・・・

富田の直接的な言葉に、果歩は顔から火が出る程恥ずかしい思いだったが、同時にジュワっと自分の秘部から淫らな蜜が溢れるのを感じた。


・・・あぁ・・・どうして・・・

本能的に何かを求めてしまっている自分の身体にただただ戸惑う果歩。


秋絵 「果歩ちゃん、富田さんのオチ○チン、勃起したまんまじゃ可哀相だから扱いてあげて、ね?」

果歩 「・・・・・・。


富田 「果歩ちゃん頼むわぁ。


果歩 「わかり・・・ました・・・。