144244375713
嫁と結婚して15年経った。

息子も素直に育ち、仕事も順調で幸せだなと思うことの多い日々を送っている。

ただ、唯一不満なのは、嫁のセックスが下手なことだ。

男性経験がないまま私と交際を始め、できちゃった婚をしたのでしかたないのかも知れないが、いつもほとんどマグロ状態だ。


息子が合宿や嫁の実家に泊まりに行った夜などは、嫁の方から夜のお誘いがある。

でも、嫁はほぼなにもしてくれない。

いつも私がキスをして、胸を愛撫し、クリトリスを責めた後に挿入してフィニッシュという感じだ。

それとなく促すと、フェラチオもしてくれるのだけど、わざとだろ? と思うほど下手くそで、面倒臭くなって私が責めるというパターンだ。


カチカチになった嫁の乳首を、舌や指で責めていると、
『あなた、もう入れて下さい』
と、甘えた声で嫁がおねだりをする。

33歳なのに、甘えた声がよく似合う可愛らしい女性だと思う。

でも、私は、
「博子もしてよ」
と言って、嫁に責めるように促した。

『はい。

下手くそだけど、しますね』
嫁はそんな事を言って、私のペニスを舐め始めてくれた。

でも、微妙に気持ち良いポイントを外す。

私は、それとなく舐めて欲しいところに嫁の舌を誘導する。

でも、センスが悪いのか、気持ち良いとは思えない舐め方になってしまう。

それは、くわえても同じだ。

たいして大きくもない私のペニスに、さんざん歯を当ててしまう有様だ。


「も、もういいよ。

じゃあ、入れるね」
私は、痛みで腰が引け気味のままそんな事を言った。

『ごめんなさい……。

下手くそでごめんなさい』
嫁は、私の表情でわかったのか、上手く出来なかったことを謝ってくる。

でも、ものは見方で、下手くそということは男性経験が少ないと言うことだと、ポジティブに取ろうと思った。


私が気にしなくていいよと言っても、嫁は落ち込んだ様子だった。

私は、そんな空気を吹き飛ばそうと、サッとコンドームを装着して彼女に挿入した。

『あっ、うぅ……あなた、愛してる』
嫁は、気持ちよさそうにうめきながらそんな風に言ってくれた。

私は、強弱をつけたり、キスをしたりしながら嫁を責める。

『あっ、うぅ、あなた、気持ち良いです。

あっ、あっ、あぁっ』
嫁は、気持ちよさそうにあえいでくれる。

でも、私は物足りなさを感じていた。

もっと無我夢中になるほど感じさせてみたい。

そんな気持ちで腰を振り続ける。

でも、私が腰を振っている間中、嫁は自分から動くようなことはしない。

本当に、文字通りのマグロだ。


それでも、普段清楚な嫁が多少なりとも乱れる姿を見て、私は興奮が高まり、比較的あっけなくイッてしまった。

いつものことだけど、私がイッたあとは、嫁は甘えてくる。

セックス中のマグロっぷりがウソのように、積極的にキスをしてきたり、抱きついてきたりする。

でも、私は不満というわけではないが、もっと積極的になって欲しいなと思っていた。

『あなた、どうしたの? なんか、考え事してる?』
嫁が心配そうに聞いてくる。

私は、正直に思っていることを言ってみた。

「もう少し、積極的にセックス出来ないかな?」
『エッ? ……ごめんなさい』
嫁は、申し訳なさそうな顔で言う。

「セックスするの、イヤかな?」
『そんなことない! でも、どうしたらいいですか? 私、経験ないから……』
嫁は、落ち込んだ顔で言う。

経験がないということは、私しか知らないということでもあるので、夫としては本来嬉しいことのはずだ。

でも、どうしても嫁のマグロっぷりや下手くそなフェラチオにストレスを感じてしまう。

自分の性欲が恨めしい。

「じゃあ、風俗でバイトでもしたら?」
私は、怒った口調でそう言って寝室を出てしまった。

もちろん、本心ではない。

でも、ストレスと欲求不満でイライラしてしまった。

夫婦仲はいい方だと思うが、たまにこんな風に喧嘩というか、私が一方的にストレスをぶつけてしまうことがある。

後で反省して、申し訳ないと思うのだけど、性欲は私を狂わせるようだ。

エゴだとわかっているが、止められない……。


私は、一人でビールを飲み、ノートパソコンで少し仕事をしたあと寝室に戻った。

嫁はすでに夢の中で、私は謝る機会をなくしたままベッドに潜り込んで寝た。


朝になると、いつも通りの嫁だった。

『おはようございます。

コーヒーでいいかしら?』
優しい笑顔で話しかけてくる彼女に、私はなんとなく謝ることが出来なかった。

そして、いつも通りに食事をし、会社に向かった。


忙しく働きながらも、考えてみれば、私が妻にセックスの仕方なりを教えたこともないなと思った。

やり方を教えもせずに、もっとちゃんとやれと怒るのは、理不尽以外の何物でもない。

そう言えば、会社でもよく見る光景だ。

やり方を教えてもいないのに、どうして出来ないんだと怒るのは、怒られた方にしてみれば、たまったもんじゃないなと思う。


そして、しばらくは何もなく日々が過ぎていった。

でも、ある日の夕方、まだ息子が塾で帰ってきていないタイミングで、
『あなた、今日面接受けてきました』
と、嫁に言われた。

私は、まったく意味がわからず、
「へ? なにの?」
と、言った。

『ファッションヘルスのお店のです』
嫁は、妙に淡々と言う。

「エッ!? 面接受けたの!?」
私は、ビックリして叫んでしまった。

『はい。

明日から出勤になりました』
嫁は、穏やかな顔で言う。

私は、冗談だと思った。

でも、冗談でしょ? と聞く私に、嫁は真剣な顔で本当だと言った。


「な、なんでそんな!」
私は、声を荒げながらも、自分で言ったことだと思い出した。

『あなたがそうしろって言うから……。

あなたが喜んでくれるように、頑張ります』
嫁は、真剣な顔で言う。

決意を込めたような顔だ。


「そ、そうか……」
私は、変な意地を張ってしまい、そうかなんて言ってしまった。

本当は、そんなのダメだと叫びたい気持ちだった。

でも、変なプライドが邪魔をして、素直に止めることも謝ることも出来ない。


『面接で、褒めてもらいました』
嫁は、どういうつもりなのかわからないが、そんな事を言い始めた。

「褒める? どういう風に?」
私は、嫁の冷静な態度に飲まれてしまった感じだ。

『おっぱいがキレイだとか、脚がキレイだとか』
「なっ、おっぱいって? 脱いだって事!?」
『だって、風俗ですから。

全部脱いで見せました』
嫁は、当たり前とでも言わんばかりの言い方だ。


「パ、パンツも? 本当に全部脱いだの?」
私は、足が震えだしていた。

理不尽な私を諭すために、ウソを言って責めている……。

そうであって欲しい。

でも、嫁の性格から考えると、ウソを言うとは思えない。


『はい。

だって、裸で接客するのに、裸を見ないと面接にならないでしょ?』
嫁は、淡々と言葉を重ねる。

私は、本当にやったんだと思った。


「……どんな風に見られたの? どんな面接だったの?」
私は、頭の中がAVの面接もののイメージでいっぱいになってしまった。

AVだと、店長にエロ面接をされ、実技講習で中出しされるまでがセットだ。

まさか、嫁に限ってそこまでのことは……。

私は、真面目で頑固のところもある嫁のことなので、行くところまで行ってしまったのではないか? そんな心配で胸がいっぱいだった。


『事務所みたいなところに通されて、そこで裸を見せました。

そしたら、すぐに採用って言って頂いて、講習もしてもらいました』
嫁は、少し恥ずかしそうな顔になった。

私は、ドキッとして言葉も出なかった。

講習……まさに、AVの展開だ。


「どんな講習したの!」
私は、ほとんど叫んでいた。

『え? 講習のビデオ見せられて、その通りにして下さいって。

風俗って、あんなことするんですね。

ビックリしちゃった』
嫁は、本当にビックリした顔をしている。

無邪気な顔で驚きながら、とんでもない内容の話を続ける嫁に、私は少し恐怖のような感情を覚えてしまった。


「あ、あんなことって?」
『えっと、おっぱいに挟んだり、お尻舐めたり……。

大人のオモチャ使ったり……』
嫁は、照れた顔で言う。

私は立ちくらみがしていた。

「そんな事までするの!?」
『ううん。

私は、とりあえずは全部バツにしました』
「バツ?」
『はい。

なんか、基本プレイ以外にオプションがあって、やるかやらないかは女性の自由なんですって』
「オプション?」
私も風俗店は行ったことがないので、いまいちピンと来ない。

シャワーを浴びて、口や手でして終わり……だと思っていた。


『はい。

ローターとかバイブとか、精液飲んだりとかお尻でエッチしたりもあるそうです。

お尻なんかでして、痛くないのかな?』
あまりにも衝撃的な報告だ。

そんなオプションがある店なんて、おかしなところじゃないんだろうか?
「そ、そんなところで働くの? 本気なの?」
『え? だって、あなたが言ったことですよ。

私も、あれから反省しました。

もっとあなたに喜んでもらえるように、頑張って覚えますね』
嫁は、煽りや皮肉ではなく、本心で言っているような顔だ。

私は、急に彼女の心の中がわからなくなり、戸惑ってしまった。


冗談や当てつけなら、笑って終わらせることも出来るかも知れない。

でも、こんなにも真剣な顔で言われてしまうと、正直どうしていいのかわからない。


「ゴ、ゴメン。

別に覚えなくていいから、やっぱりやめよう」
『ダメですよ。

だって、もう支度金もらっちゃいましたから』
そう言って、彼女は封筒をテーブルに置いた。

それは、20〜30万はありそうな感じだった。

「エッ? 前払いなの?」
『なんか、特別だそうです。

私なら人気出るからって言ってもらって……。

額も、普通の倍以上だそうです』
嫁はそんな事を言う。

私は、毎日一緒にいるのでつい忘れてしまいがちだが、嫁は33歳にしてはかなりキレイな女性だと思う。

顔も、清楚系な美人顔だと思う。

確かに、人気は出るかも知れない。

それでも、前渡しでこんなに払うなんて、ある意味では恐ろしい業界だなと思った。


「講習って、ビデオ観るだけだったの?」
私は、戸惑いと焦りを感じながらも、もっと詳しく知りたいと思い始めていた。

私の中の、悪い虫が騒いでいる感じだ。


『ううん。

なんか、大人のおもちゃみたいなの使って、お口でするのを見せました。

すっごく下手くそだって言われました……。

あなた、ごめんなさい。

いつも、下手くそで……』
私は、謝られながらも興奮してしまっていた。

嫁が、店長の前で全裸のまま大人のおもちゃにフェラチオする姿……。

自分でも意味がわからないが、信じられない程の興奮を感じていた。


「い、いいよ。

謝らなくても……。

講習は、それだけだったの?」
『はい。

あとは、お客さんでぶっつけ本番ですって。

最初は新人割があるから、下手でも大丈夫なんですって』
嫁は、気のせいか少し楽しそうだ。

「……楽しみなの?」
『ふふ。

わかりますか? 少しだけ楽しみです。

だって、あなた以外の男の人、知らないですから』
私は、その言葉がきっかけになったのかわからないが、興奮しすぎて嫁を押し倒してしまった。

そのまま激しくキスをする。

そして、舌を絡めてグチャグチャにかき混ぜていく。


明日、博子が他の男とキスをする……。

そう思うと、胸がドキドキしすぎて破れそうだ。

『あなた、ダメです。

帰って来ちゃうから……。

ここじゃダメ……』
嫁は、今まで見たことがないような感じで興奮している。

こんなに熱っぽくて艶っぽい顔を見たことがない。


私と嫁は寝室に行き、キスをしながらもつれるようにベッドに倒れ込んでいった。

脱がせるのももどかしく、シャツをまくり上げて嫁の乳首を吸う。

いつもと違って、ビックリするほど固くなっている。

『あっ、あぁっ、あなた、気持ち良い……。

もっと舐めて下さい』
嫁はいつもよりも積極的な感じがする。

そして、彼女の部屋着のズボンとショーツもはぎ取るように脱がすと、いつもはボサボサで剛毛気味の彼女のヘアが、キレイに整えられていた。

薄くて小さい……。

そんな、しっかりと手入れをしたアンダーヘアに見える。


「ど、どうしたの、これ?」
私は、脇から冷たい汗が流れるのを感じながら質問した。

『店長さんに言われて、整えました。

ちょっと濃いって言われました』
「……自分で剃ったの?」
『そうしようとしたけど、怖くて出来なかったの。

だから、従業員のボーイさんに剃ってもらいました』
私は、自分でもどの感情かわからない感情が爆発し、嫁に荒々しく覆いかぶさった。

そして、ズボンを脱ぐのももどかしく、膝まで降ろした状態で嫁に挿入した。

コンドーム無しで入れてしまったのは、15年前のあの時以来だ。


『あぁっ、あなた、凄いぃっ』
嫁は、いままでのどのセックスよりも感じているような声をあげる。