ダウンロード
ついこの前から社内恋愛してる者です。

社内でマスコット的な存在の女と内緒で付き合い始めまして、

それによって自分の中や周りの世界が変わったような気がするから

勝手に綴らせてもらうよ。

まずなんで内緒かっつーと、
俺はまだ転勤してきたばかりなんだけど
早速本社の女に手出した!みたいな感じで叩かれそうじゃない?
本社の上司らに気に入られたいっていう虚栄心からコソコソする事にしました。


ま、至極普通の理由ですまんね。

女の事は第一印象から性的な目で見てました。

何カ月か爽やかに口説いてようやく部屋に連れ込んで、なし崩し的に男女の既成事実作ったった。


俺、社内恋愛は初めてなんだけど
意外と器用に出来ないもんでね、
会社で会ってもぎこちなくなって
女にも「最初より他人行儀なのがウケる。

」って笑われた。

その点あれだね女は演技派だし、しっかりしてるわ。

その女の事をお気に入り公言してるアホな上司も居て、傍目に優越感みたいなの少し味わうことも出来る。

付き合って何週間かで大人数での飲み会が有ってさ
隣りに居た女子社員と俺が馴れ馴れしく話していたのを女は気に入らなかったらしいんだ。

すると今度は逆にこっちが見せつけられ始めた訳ですよ。

もう若干混乱、ずっと顔が引き攣ってたと思う。


呼ばれた先々で酒注いで接近というか密着してるし、
俺は気になりつつも席を立たずにそのまま隣りと盛り上がってたら。

見せつけ行為が軽くエスカレートして
年配の人に肩を揉ませたり、逆にハグしたり、みんなテンション高い場とはいえ
俺の嫉妬もどんどんエスカレートした訳ですよ。

どんだけだよと思って、
ラスト店内から出てきたとこ狙って、
俺の顔見て「何睨んでんのーーー怖ーー」とか言う女を
エレベーター乗る前にとっ捕まえて
手引っ張ってって、
壁の前でお仕置きですよ。

「何触らせてんだよ」って言ってぶっちゅーーーって。

がっぱぁって乳も揉みまくり。

途中から女も舌ねっとり絡めてきたから
これから駅前でバラけて集合すんぞって約束だけして、下へ降りました。

俺は階段、女はエレベーターで
先に着いた俺は上司らに適当な理由付けて抜けまして、
合流地点へ女が来るか若干不安だったけど、来たのでほっとした。

ちと遠い家に帰るのかったるくて、タク拾ってラブホ直行でした。


部屋の入り口で一発。

お風呂場でおかわりの一発。

ようやくベッドに辿り着いた時、俺は既にお腹いっぱいでしたw
入り口でハメハメしてる時、女の携帯ブーブー言ってたから
「そういやさっきすげぇ鳴ってたけど、あれ会社の携帯?」て聞いたら
女も思い出したみたいで傍で確認し始めたんだけど
ふっと横目で見たら、送り主の名前がズバーンと目に入ってしまった。

なんと
課長の姓名。

こうなると何気なく横から覗く訳にはいかず、がっつり見せてもらうことにした。

女も「えー」とは言ってたけど、まぁいいじゃんいいじゃんって感じで押し切った。

(今どこなの?)
(タクシーで迎えに行く、どこにいるのーー?)
(心配だなーー連絡ちょうだい)
絵文字満載でキモい。


人のオンオフを見てしまったようでむず痒い思いだったわ。

オンの課長は抑圧されてて、板挾みお疲れ様ですみたいな感じだったのに
その反動のオフがこれかいっ!
着信履歴も課長で総ナメ
「何これ?」
女は悪戯顔で笑ってるだけ
そういえば、ついさっきの飲み会で課長に抱きついたのも気に入らなかったんだ。

「そういえばさっきも、そんでこれ?」

「え??」

女の脇腹をつんつんする

「おかしいよな色々とモテ過ぎて」

脇腹をくすぐる

「わかったよ、言う、言いますから」

「絶対怒らないで・・・あなたが来る前の話だからね、あなたが来る前、一回○○さんと寝ちゃった」

○○さんは課長の名前。

唐突過ぎて一瞬何を言われたのか、分からなかった。


女は淀みなく言い切った。

自分の中で言葉を反芻してるうちに、ズッキューンって胸に風穴が空いている事に気付いた。


めちゃ混乱して、すぐ怒りが込み上げて、帰ろうかと思った。

遊び通り越して好きになり掛けていただけに、悔しくて落ち込んだ。

悶える俺の事を見つめる女と目が合って、決めました。


最後にもう一発、めちゃくちゃにしてやろうと!

「ふざけろよ、既婚者だぞ」
「ごめんなさい!飲まされて」
その日結局のところ朝までに5回もした。


腹立たしいけど捨てるのはいつでも出来るかって思い込んで

朝フェラで起こされた時はこいつと結婚しようと割と本気で思ってました。


とりあえず今日はここまで読んでくれてあんがとさん。



結局、聞きたくもない告白をされてから
その時課長と何回やったのか、どんなことされたのか、イッタのか・・・とかとか気になるじゃん。

いや、気になるようになるんだわ。

そしたら、その後はちょいちょい誘われてたけどやってはないみたい。

その時少しだけ口ではさせられたって言ってた。

気持ち良かったか?とは聞けていない。


課長に聞くって手も有るけどね。

まだそのチャンスは無さそうだ。

しかし男同士なら変な武勇伝として聞きだせるかもな。


それより、現実世界はまた巡ってきて
課長に会う度、課長と女が話すの見てる度、抱かれた姿を想像してしまうようになってしまった。

そうなるともう会社で放出するしか無い事もある訳ですよ。

いやしかし課長っていうのは寝耳に水だったわ。


そんな折ですね
女から部署飲みがある旨の報告を受けたんだけど
既に俺のやきもちやきという特性も弄られてまして

「もちろん○○課長も居るよー」みたいな報告。


「あなたは参加できないねー」みたいな挑発。


こんな挑発は付き合う前からですけどね。

あ、言ってなかったけど女と俺は部署が違うんですよ。


「飲み会中連絡してきちゃ駄目だよ」

これは連絡して来いって捉えて構わないのか?

女の部署飲みの前に、俺自身の客とのマンツーマン飲みが有りまして
結構な時間まで飲んじゃったんです。


携帯確認したのは深夜。


(まだ飲んでるの?)

(連絡ないとあたしもしないぞ)

って女からメッセされてました。


ベロッベロに酔っぱらっていた俺でしたが
勢いで電話鳴らしてました。


明らかに寝てた電話口の女に構う事なく

「もう言う!付き合ってますって、みーんなに言うぞ!」

「ばっかじゃん」

女、すげ?笑ってた。

どっちかって言うと嬉しそうな、ばっかじゃんだった。


俺の気持ちのアップダウンが若干激しくなって来たというか
なかなか2人の時間も取れなくて、少しかまってちゃん状態になってたのかな。

女がスカートを穿いて出社する頻度とかもチェックしだしてしまった。

そんなある日

(視野に入らないとこに居ると気になってるわ?、疲れた?)

とか、しょーもないかまってちゃんメッセ送っちゃったんだけど

(疲れた?別れる?)

っていうばっさりな返信
いくら面倒くさくたって、そりゃないだろ?このかまってちゃんに!と激オコしました。

仕事も早々に切り上げて、女を待ち伏せっすよ!

オコだったのにね、そう激オコだったのにですよ。


俺に気付いた女の笑顔見た途端、怒りが吹き飛ぶ笑顔でした。


「やっぱ居ると思った」って言いやがった。


「別れられるわけないじゃーん」とも言いやがった。


人目を憚らず、街中で抱き合いました。

もう、超好きだわ、大して美人じゃねーのに。


それで吹っ切れた。


毎日先に仕事片付けて、スタバのベンティサイズを一つ買って、待ち伏せ。


公園に立ち寄ってベタベタしながら

今日有った事を報告し合って

妬いたり、讃えたり、褒め合って、1日を締める

これはこれで気持ちを安定させてくれてて

「うちくる?」

ってついにホームにも招かれた。

着替えないし、また今度でいいやって建前半分
毎日オナってるけど毎日エッチしてたら身が持たないし、ってのが半分。


あ、おかず用に必ず乳鷲掴みタイムは設けて
ええ乳してるんで、わっしわっしと時間掛けて揉んでます。


しかし部署飲みの日は迫ってきて

俺も余り気にして無い風に「明日だっけ?」さりげなく再確認。


「連絡駄目だよ表示出ちゃうから、待ち伏せしてもここ通らないからね」

結構な釘の刺されようで、当日を迎えることになります。