151004_bprss_001
両刀使いな彼女の話。

俺の彼女Aは両刀使いで、
後輩とかから「お姉さま」と呼ばれたりする

ある日、彼女の部屋に泊まりに行くと家出娘Bを囲っていた。


Bは既に仕込まれていて、ぶるまー姿でAをお姉さまと呼び、俺を俺先輩と呼んだ。

そして挨拶でブルマー姿のままオナを見せてくれた。


それが出来たごほうびにAはBにキスし胸を触り始め、俺がクンニすることになった。



二本まで指はOKとのこと。


Bの毛は剃られてパイパンになっていたけど、はみ出さない大きさのひだが若さを感じさせ、あふれるほどでもないけど十分にぬれた秘所を指で、クリを舌で攻めた。

Aの意向で、いっても休ませずに攻めた。


終わると、AはBの頭をベッドのふちから落とし、それをまたぐようにして俺にゴムなしでバックからせめて、といった。


ようはBに挿入を至近距離で見せることが目的で出し入れにあわせて指を入れていた。

Aがいき、それにつられていきそうになる。


我慢して抜き、外で放つと当然ながらBの体にかかる。

AはBにかかった精子をなめ取ると、そのままBにキス「おいしくないでしょ?」といい、舌を絡めていった。


軽い休憩程度の間が空き、Bが裸で真っ赤になり台本を読むように俺に言う

「先輩・・・私の処女をもらってください、そして私の中に何度も精子を出してください」

手を太ももではさむようにして、女の子すわりで顔を背けたすがたはなんともいえないものがあった。

そうしないと追い出されるからというのが理由だが、食べない理由にはならない。


まずはお尻を突き上げさせて、自分で開かせたまま凝視、処女だけど膣が悶えヨダレをたらす。

そのまま、息がかかる程度で何もしない。


だんだんもじもじ動きが大きくなるので、自分でクリを触らせて、動かないように言うと、1分もしないうちに「お願いします・・・」と懇願してきた。


動くなと言う命令をしたまま、膣に自分のものを当てて何度か押してみると、そのままいけそうだったので一気に押し入れた。


既に指で慣らされていたからか、Bはそれを受け入れた。

そしてそこから抱え上げ背面座位に持っていく。

とはいえ、Bの小さい体はそれでも俺のものをくわえきれず、先でBの内臓を軽く押し上げていた。




さすがに始めて大きく広げられた膣はきつく、Bも耐えている感じが強く、そのまま動かずに後ろから胸を触る。


Aは結合部を覗き込みながら、Bのクリにローターを当てると、みっちりと密着した俺のものにまで振動が伝わった。


Bの押し殺した声が大きくなってくると、膣はより湿り、きついながらも良い感じになってきたので、Bの体を上下させ始める。

Aはローターをやめて指でクリをいじり始める。


締りがいいというかきつい中でこすられた俺は、早々に出そうになる。

それに耐えながらBにささやく「今からおなかに出すよ」そういって、一気につきこみ射精した。


俺の言葉に合わせてAが一気にBを攻め、俺の少し後にBがいく。

休ませないように、AがBを攻め続け俺のものは少し萎えてもそのまま中にい続けた。


あふれる精子はAがすすりとりながらもBを休ませない。

妄想だからね。


俺が元気を取り戻すまでにもいき、俺が攻め始めてから何度目かに達したあたりから中の雰囲気が変わってきた。

わずかだけど俺をくわえ込もうと動き始め、俺も高まってきた。


そして「もう一度おなかに出すよと言うと」なんとなくうなずき、Bも体を動かし始めた。


Aは指をやめ、ローターを強く動かしてクリに当てるとBは大きくのけぞり、その動きで俺も彼女の深くで達した。

多分、精子は子宮に飛び込んだだろう。


さすがに、俺もなえて抜けたが、Aが丹念にあふれるものをきれいにする。

俺はBをかかえて頭をなぜてやったり、軽いキスしたりした。


その夜はBを寝かせた後、Aと風呂に入り飯を食って普通に寝た。

俺は仕事があるので、朝一で帰り、次にAの家に行ったときにはBはいなかった。