9
高校3年の秋の出来事。

先生28歳彼女なし
私 17歳彼氏なし

先生は教室にいた
教卓でプリントをまとめていた

ガラッ

<先生>おー○(私)かー?どーした?
<私> ねぇ先生
<先生>んー?

教卓に近づく

<私> ちゅーしよ
<先生>...な、なんだ急に...
<私> 先生彼女いる?
<先生>...いないけど
<私> じゃあいいじゃん。

しよ?


強制的。

じっと目を見つめる

<先生>...自分がなにを言ってんのか分かってんのか?
<私> 分かってるよ。

前から先生の事好きなの
  気付いてるでしょ。

<先生>...
<私> いいかだめかだけでも言ってよ。

<先生>ダメに決まってんだろ。

帰りなさい
<私> やだって言ったら?
<先生>帰りなさい。

<私> やだ
<先生>......!(立つ)ドンッ

ドサッ...
.
.
.
.
.
.

<私> ..あっ..ンッ..はぁはぁ

いやらしい音が響き渡る

<先生>ん..○...やめろって...
<私> ...んッじゃあ先生離してよ

先生の手は強く私の腕を掴んでいた

<私> キャッ!!!

先生は私の腰を持って机の上に座らせた
少し勃起してるように見えた

<先生>ここまで来たんなら抵抗すんなよ
<私> ん...先生こそ逃げないでよ

ガサガサ

<私> んッねぇ待って。

<先生>抵抗すんなっつったろ

長くディープキスをし
その唇はゆっくり下がる
次は首筋
手は私のくびれから
ゆっくり優しく撫でていき
腰、太ももとゆっくり触っていった
太ももの内側を触ったところで私は
我慢できず声が出てしまった

ゆっくりと足を開かされ
パンツの上から筋にそって
撫でていた
濡れていることに気付き
クスッと先生は笑った

<先生>もしかしてもう濡れてるの?笑
  素直だな?笑たまんないね
<私> ねぇもうだめ...はやく...

ドS発揮で私はもう
今すぐ射れて欲しかった
そこからなにも言わず笑い
パンツをずらしゆっくり指を射れてきた

<私> あッ...ん...んッ...イ..ヤッ
<先生>たまんねーな。

その顔
<私> も...っと激しくやって
<先生>欲しがるね。

んっ

クチャクチャクチャク省略

<私> あンッ...ダメッ...イク..!!!
  あぁ..はぁ..はぁ..はぁ
<先生>いっぱい出てるよ。

ほら

糸が引いてる
先生の指にいっぱい愛液がついている

休む暇もなくパンツ脱げと言われて脱いだ。

そうすると先生はズボンのチャックを
下ろしちんこを出しはじめた。


私は目のやりどころがなく
そらしていた。

だが強引に戻された
大きかったすでに勃っていた

つばでちんこを濡らし
無理矢理M痔開脚にされ
先っぽでなぞっていた

ゴムするしないどのろではなく
そのまま生で挿入

<私> んッ...
<先生>締まりよすぎだろ。

やべぇ気持ちもいい...

その体制で1回目イき
2回目体制を変えて射れようとしたとき
外から声がしとっさに私は教卓の下に隠れた

女の先生の声だった。

危なかった。

バレたらって考えた
だけで鳥肌たった

居なくなってから出て
先生とどうしようかってなった
ぶっちゃけ私はまたここで
続きをやりたかった。


だけどさすがに危ないと感じた。


<私> ラブホ行こう!

それしか手段はない。


<先生>お前って意外と欲しがりかよ。

  そんなに俺のが気持ち良かったん?笑

からかってくるのはいつもの事

<私> 嫌ならいいですよ?
  私帰りますから。


<先生>...駅で待ってろ。


そう言われ駅で待つことにした。

30後に来た。


<先生>あーお前制服じゃん
  ダメだわ。


忘れていた制服だったこと
どうしようかと悩みながら

<先生>俺についてこい
  てかその前に飯食べようぜ
<私> あっ、うん。


ファミレスでご飯を済ませた
先生が奢ってくれた。

お店を出ると

<先生>出してやったんだから
  後で俺の言うこと聞けよ??笑

やっぱりドS

<私> はいはい

40分ぐらい電車に揺られた
どこ行くのか思ったら
そこは先生の家だった。


<先生>泊まるなら泊まるでいいけど
  親には連絡しとけよー

逆に終電前には終わらせてくれんのかよ笑
まぁせっかくなので泊まる事に

<私> わーきったない部屋?
<先生>うるせーな、そうのうち片付けるよ

そのうちか...

<先生>先シャワーする?
<私> あ、うん。

する?
<先生>タオルは見ればわかるから
  適当に使って
<私>はーい

シャワーすませ出ると
ある程度部屋は片付けてあった
すると隣の部屋から先生が出てきた

<先生>わっおま、なんつーかっこうしてんの

バスタオル1枚巻いてるだけ

<私>だって洋服ないもん。

制服着たくないし
<先生>そっか...じゃあ俺の着とけ
<私>はーい
<先生>...もしかして全裸?下もはいてない感じ?
<私>当たり前じゃん。

てか今更びっくりすること?
 見たんだからいいでしょ。

<先生>だよな?まぁいいや俺も入ってくる

とは言えさすがに全裸はまずいか笑
洋服渡されたがどうせ脱ぐだろと
着ないで毛布にくるまって待っていた。


先生の匂いだった。

普通に考えてみれば
この状況ありえない
一線越えたな?と思い
退学とかバレたとき
どうしようと悩んでいた

すると先生が戻ってきた。


<先生>ねぇお願いあるんだけど
<私>んーなに?
<先生>フェラして笑
<私>いきなり?
<先生>うん笑

とはやくも2回目開始

<先生>んッやば...

長いから省略
先生がイき口の中に出された
そして座ったまま対面座位?で
挿入してお互いイッた

するとなにか取り出した
みるとそれは私の嫌いなバイブだった。

やだと必死に抵抗したが
力には勝てなく無理矢理突っ込まれた

振動を小さくしたり大きくしたり
この時まじで殺意あった
けど体は素直でイきっぱなし
最後には本体ごと渡され
オナニーしてと

ドSってほんとに嫌いになりそう
渋々オナニーをはじめてイッた
それをみてご褒美だと

3回目は先生が好きな体制らしく
バックで挿入
今までとは違い1番激しかった
奥の奥まで突かれて何度もイッた
1人で四つん這いになれないくらい
ガタガタで1番気持ち良かった。

最後の最後で中出しされたが
妊娠はしなかった。


<私>ねぇ先生
<先生>ん?
<私>彼女になりたい
<先生>俺の?
<私>うん
<先生>卒業まで待てない?
<私>待てない
<先生>そっかぁ。

分かった。

  じゃあこれだけ約束しろ。

  もう学校で誘うな。

それと言うなよ?
  俺バレたらシャレんなねーよ
<私>大丈夫。

言わない。

<先生>約束な。


先生が上から深いキスをして
その日は眠りについた