chisa-hoshino-in-oil-1050x1577
今から数年前、38歳のとき。

趣味の飲み会があり以前から顔見知りの女と隣席になりました。


相手はタメ年で小さいながらも会社経営、多忙なせいか独身というのは知っていた。

酒が入るとノリがいいというか、酒乱の一歩手前ってレベル。


顔はそんな美人て訳じゃないが細身で身なりはパンツスーツ、ショートカットと俺的ストライクな感じ。




飲み会も終わりに近づき徐々に人が減り始めても、彼女(裕子としておきます)はまだしゃべり足りない模様。

この日は俺が初めから相手していたこともあり、じゃ後は頼むって雰囲気で流れ解散に。


「終電なくなるから帰ろうよ」
「だめ!もっと付き合ってよ」
「もう閉店だからひとまず出よう」
「うー・・・仕方ないなぁ」

と外に連れ出すことに成功しました。

この時点で俺は抱く気満々、ひとり暮らしって聞いたし。

すぐにタクシーを拾って裕子の家に向かいました。


前々から裕子が俺に好意があったことは漠然と察していたし、まぁヤレるならヤッてみたい相手ではある。

たぶんエロいだろうなとは酔ったときの会話で想像していた。


タクシーの中ではガッチリ手を繋ぎ、時おり潤んだ目で俺を見る。

俺も酔ってたしチンポはビンビン、今夜は絶対にヤッてやる!

裕子の家に着いてヒーターのスイッチを入れる。

「寒くてゴメンね、すぐ温まるから」
コートを着たままヒーターの前に寄り添って座る。


「家まで来ちゃったよ、彼氏にバレないの?」
「彼氏ね?、一応は別れたことになってるから平気。

しかもアイツ週末は奥さんとこにいるし」

ああ不倫ですか。

聞いたら10年以上のズブズブ関係。

なおさら後腐れなくヤレそうだ。


「でもいい加減イヤになっちゃって。

◯◯さん私と付き合ってくれる?」
「もちろんオッケーだよ。

俺も彼女いないし」

そう言った途端に目を閉じて俺のほうを見る。

で、思いっきりディープキス。

お互い40手前だし酔ってるし、舌をベロベロに絡めて唇を貪り合う。


徐々に部屋が暖かくなってきたのでコートを脱ぐ。

すぐにスーツの上からオッパイをまさぐると、より強く舌を吸ってくれた。


「脱がせていい?」
「胸小さいけどイヤじゃない……?」
「巨乳は興味ないから気にしなくていいよ」
これは本当。


スーツを脱がせシャツのボタンを外す。

黒のレースのブラジャーが見えた、なかなかエロい。

ブラの上の隙間から指を入れて乳首にタッチ。

もう勃ってるし身体がビクッと反応した。


俺もスイッチが入りカーペットに裕子を押し倒し、ブラをめくり上げて乳首とご対面。

40間近なのでピンクって訳じゃないが、子供を産んでいないので形は上々。

少し黒ずんだ小さな乳首、めちゃめちゃ興奮する!

そのまま乳首を吸いまくり、裕子も上々にヒートアップ。


「ベッドに行こう」
と誘われて隣の部屋に。


キスしながらベッドに倒れこみ、パンツスーツの上から股間をまさぐる。

裕子は身体をくねらせながら少し嫌がる素振り。

今さら何言ってんだこいつは。


「とりあえず脱ごうよ、寝れないでしょ?」
そう言いくるめてズボンを脱がすと、ブラとお揃いの黒レースのパンティ。

続けてパンティに手をかけると割とマジに抵抗する。


「ダメなの?」
「今日は待って……次に会うときいっぱい犯して……」

この「犯して」はいま思い出しても興奮するセリフ。

バリバリのキャリアウーマンが切ない表情と声で懇願するんだぜ、なぜ次なら犯していいのかは分からんが。


しかし俺だって勃起しまくり、止まるはずがない。

いったん裕子を後ろから抱く形で横たわり、乳首を刺激し続ける。

チンポをパンティに押し付け、徐々に手を下半身へ。

避けようとする裕子の手を掴み、丸出しにしたチンポを触らせる。


「俺もこんなだよ。

我慢できない」
「◯◯さんもこんなになるんだぁ……」

俺を何だと思ってたんだコイツは。


そのままマンコをパンティの上から触り続けると、明らかに息が荒くなり濡れてきた。


「濡れてるよ……脱がせていいよね?」
「ダメ……次に会ったらいっぱい犯して下さい……」

こんな押し問答を数回繰り返す。

ラチがあかないので作戦を変更。


俺だけ布団を出て裕子の頭のほうへ。

チンポを目の前に差し出し、
「もう我慢できない。

口でして」

嫌われるのは覚悟のうえ。

どうせ1回ヤレれば気は済む。


裕子は少し怯えた表情を見せたが、観念したように亀頭を舐め始めた。


「もっと」
と頭を押さえて喉の奥にチンポを突き刺す。

最初は受け身だったが諦めたのか舌を使い始めた。


めっちゃ気持ちいい、つーかフェラ上手い。

歳も歳だし不倫相手と変態プレイしまくってたんだろうなーと、乳首を弄りながらフェラさせ続けた。


10分くらい舐めさせたら枕が唾液と我慢汁だらけ。

裕子も積極的にしゃぶってるので最後に一押し。


「もう挿れたいんじゃないの?」
「……うん」
「じゃお願いして」
「…………犯して下さい…………」

よっしゃ勝った。

すぐにチンポを裕子の口から引き抜き、パンティに手をかけ一気に脱がせる。

マン毛はちゃんと整えられててちょっと感動。


待たされた憂さ晴らしに足を思いっきり開き、マンコに顔を押し付けて舐めまくる。

シャワーを浴びてないから臭いっちゃ臭いが、気にせずジュルジュル音を立てて舐めた。


しばらくクンニしてから裕子を四つん這いに。

「今どこを見てるか分かる?」
「…お尻」
「見るだけじゃないよ」

と宣告してからアナルをドリル舐め。

裕子はアンアン喘いでいる。


筋肉質で締まったケツを両手で広げ、アナルに尖らせた舌をほじくるように突き刺す。


やっぱアナル舐めは俺にとってマストだわ。

10分くらいケツ穴を舐め続けてから攻守交代。


「俺のも気持ちよくして」
と言い放ち仰向けになった裕子の顔にケツを押し付ける。

最初はビックリしたようだがすぐチロチロ舐め始めた。


それから5分くらいシックスナイン。


さてそろそろ挿れるか。

まずは正常位で生チンポをマンコにあてがい、「犯すよ?」と言っていきなり根元までぶち込んだ。

歳の割にはキツいほうかな。


正直言って挿入してからはあまり覚えてない。

犯すまでのプロセスで興奮しすぎ、騎乗位?座位?バック?正常位とごく普通のローテーション。


そろそろ出そうになったから、
「イキそう……」
「そのままは嫌……」
でも本気で嫌がってる風じゃない。


「ダメ。

いっぱい犯すんだから中で出すよ!」
「ああ!そんな……」

結局そのまま大量に中出し。

しばらく繋がったまま動かず、抜いてから精子が出てくるところまでしっかり確認。


イッたら2人とも急に眠くなってきた。

シャワーも浴びず爆睡し、寝起きにまた中出し。

素面になったら余計に抵抗したけど、夜中の一発は覚えているようで、フェラさせてるうちに淫乱モードになってきました。


以上で終わりです。


裕子とは結局付き合うはずもなく。

半年に1回くらい飲んでヤる関係が続いてます。


素面だと礼儀正しいしカッチリしたキャリアウーマンなのに、酔うとエロくなりいざヤろうとすると少しだけ素に戻り、でも流れに逆らえず身体を使わせてくれるギャップがたまらない。


まぁ結婚はできないだろうね。

不倫相手とも切れてはいないみたいだし。


そのうちそいつと3Pなんてできないかな。