0130
毎年冬が来ると、息子と2人で毎週のようにスキーに行く。

そして、温泉旅館にもよく泊まる。

小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。

そのうち、一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一緒の時間を過ごしたいと思っている。


寒いところが苦手な妻と、まだ小さい娘はいつも留守番なので、男同士の気楽な旅だ。

今回泊まった宿は、かなり山深く秘境の宿といった感じだ。

息子も、金田一耕助の映画に出てくるようなロケーションの宿に、妙にテンションが上がっていた。


宿は、古くて小ぶりな宿だったが、手入れの行き届いた清潔感あふれる宿だった。

そして、何よりも私が良いなと思ったのが、若女将だった。

若女将と言っても、多分30歳半ばだと思うが、こういう宿の女将にしては群を抜いて若いと思った。


そして、和服を着た彼女は、何とも言えない色気があふれていた。

露出など皆無な和服なのに、どうしてこんなにエッチに見えるのか不思議だが、私はドキドキしっぱなしだった。


見た目は、安めぐみとか、そんな癒やし系と言われるルックスで、和服の上からでも結構なボリュームを感じる胸は、脱いだらとんでもない事になりそうだと思う。


『ようこそおいで下さいました。

スキーでお疲れではないですか? すぐにお部屋にご案内しますね』
と、丁寧さと砕けた感じの混じった口調で挨拶をしてきた。

まるっとへりくだった口調で接客されるよりも、ある程度馴れ馴れしい方が私の好みだ。


『僕、スキーは上手に滑れるの?』
スッとしゃがみ、視線の高さを息子にあわせて会話をする彼女。

子供好きなのが伝わってくる。

これだけで、私の中では好感触だ。

子供に優しくない女性は、私は苦手だ。

息子は少し照れながら、自分のスキーの上手さを自慢する。

幼稚園の時からスキーをしているので、天狗になっても仕方ないくらいスキーの上手い息子だ。

おそらく、今年あたりは私を抜く腕前になりそうだ。


『はい、おにいちゃん、リンゴジュースどうぞ』
優しい笑みで、ウェルカムドリンクを息子に与える彼女に、
「おばちゃん、ありがとう!」
と、バカみたいに明るい笑顔でお礼を言う息子。


「バ、バカ! おばちゃんじゃないだろ、お姉さんって言えって! こんな綺麗な人に、ダメだろ!」
私が慌てて息子に言うが、
『いいんですよ。

もう、おばちゃんですよ』
と、優しい笑みを浮かべたまま言う彼女。

本当に、人の良さが出ている気がした。


そして、ウェルカムドリンクを飲み、宿帳に記帳した後、彼女に部屋まで案内してもらった。

和服姿の女性のうなじは、どうしてこんなにも欲情を煽るのだろう? と思いながら、後ろからついていく私。

我ながら、良い宿を選んだなと思った。


そして部屋の説明と、お風呂の説明を受けた。

小さな宿だからかもしれないが、風呂は内風呂は男と女に別れているが、外に出ると混浴露天風呂になるとのことだった。

息子は、”へんなの~”と笑っていたが、私は少しドキドキしていた。

今までの人生で、混浴なんて経験したことがない。

平静を装いながら、食事の説明を受けた。


『息子さんと二人でスキーして泊まるなんて、優しいパパさんですね』
と、優しい笑みを浮かべて言う彼女。

そして、お茶を入れてくれる。

私が色々と話を聞いてみると、宿の駐車場の裏手に自宅があり、旦那さんもこの旅館の板前をしているとのことだった。

当然結婚はしているだろうなと思っていたが、旦那さんが同じ職場にいると聞き、何となくがっかりしてしまった。

お茶を入れてもらいながら、ふとテーブルの上を見ると、マッサージの事なんかが書いてあった。

こういうところでは、一時間一万とかが普通なのに、そこに書いてあった金額は驚くほど安かった。

私は、空きがあるか聞く。

すると、やはりこの料金のためか人気のようで、いっぱいだということだった。

残念だなと思っていると、
『一応、私も出来ますが、女性の力では物足りないかも知れないので……』
と、それとなく提案された。

私は、即答でお願いをして、夕食後に時間を設定した。


そして彼女が部屋を出ていくと、私はドキドキして仕方なかった。

マッサージがいっぱいと言うことは、それなりにお客がいると言うことだ。

混浴露天風呂に入り、女性と一緒になるかもしれない。

そう思うと、年甲斐もなく興奮してしまう。


「パパ、先にお風呂行こうよ!」
息子が、元気いっぱいに言う。

一日滑りっぱなしだったので、さすがに疲れたのかも知れない。

そして、その提案は私にとって嬉しい提案だった。


あまり気乗りがしない振りをしながら、内心ウキウキで風呂に向かう。

そして、男湯の方にはまだお客がいなかったが、入り口の土間にスリッパが二組あったので、女湯に二人いるのかも知れない……。

私は、ドキドキがさらに強くなっていた。


はしゃぎながら身体を洗う息子。

そして、飛び込むように内風呂に入る。

私も身体を洗うと、息子のいる内風呂につかる。

「疲れたな。

どうする? 外の風呂も入るか?」
私は、本当はすぐにでも行きたい気持ちを抑えながら、息子に質問する。

「え? いいよ、だって女の人もいるんでしょ?」
照れたように言う息子。

「こんな時間に、いるわけ無いって。

夜だとそれこそは入れなくなるんじゃないか?」
と、必死すぎる感じで言う私。

「そっか、じゃあ行く!」
そう言って、外の露天風呂に向かう息子。

簡単な二重扉みたいになっていて、出るまで外がどうなっているのかわからない。

本当にドキドキだった。


そして、扉を開けて外に出ると、湯煙の中に人影が見えた。

息子は、恥ずかしがって逃げてしまうかな? と思ったが、意外なほど大きな露天風呂にテンションも上がったようで、軽く飛び込むように風呂に入った。

「こら、飛び込んじゃダメだって! すいません……」
私は息子に注意しながら、湯煙の中の人影に詫びた。


『大丈夫ですよ。

元気なお子さんですね』
と、女性の声だった。

私は、ドキドキがMAXになりながら、湯船に近づきかけ湯をして湯船に入る。


近づくと、その声の主はまだ若い女性だった。

しかも、二人並んでいた……。

混浴のマナーなのかわからないが、私が湯船につかるまでは二人とも違う方を見ていた。

そして私が肩までつかると、
『こんばんは』
『こんばんは~』
と、二人そろって挨拶をしてきた。

私は、ドギマギしながら挨拶をする。

混浴の場合、挨拶するのがデフォなんだろうか? 普通の温泉では、こんな風に挨拶したことなど無い。


「すいません、騒々しくて」
私は、風呂の端っこでジャンプしたり、バチャバチャしている息子のことを詫びた。


『いえいえ、全然平気です。

可愛いお子さんですね。

スキーですか?』
と、髪をアップにした女の子が言う。

肩までつかっているので、まったく体型はわからないが、透明度の高い湯なので、肌色の影が水面に揺れていてドキドキする。

多分お風呂なのですっぴんだと思うが、眉毛がないなと思う程度で、凄く整った綺麗な顔をしていた。

そこまで似てはいないが、系統としては北川景子っぽい感じだ。


私は、自分はスキーで、息子はボードとスキーの両方ですと答える。

『両方出来るんだ! ぼく、凄いね!』
と、彼女が息子に声をかける。

すると、息子はバチャバチャ水をかき分けながら近づいてくる。

性の芽生えがまだなのか、息子は可愛らしいおちんちんのまま近づいてくる。

「そうだよ! スキーは2級持ってるし、ボードもグラトリも出来るよ!」
と、自慢する息子。

『マジで!? 半端ないね』
もう一人の方が驚いたように言う。

もう一人の方は、地黒なのかどうかわからないが、黒ギャルっぽい感じで、風呂の中なのにメイクをしている感じだった。

でも、どことなく南明奈っぽくて、こちらも可愛らしい子だった。

女の子が二人いて、どちらも可愛いというのは珍しいと思う。


そして、息子は自分が出来るトリックの話をしたり、女の子達と盛り上がっている。

どうやら、女の子二人はボードのようだ。

息子は、天性の女たらしなのかもなと思いながら、二人を観察していた。


そして、何かが上手く出来ないという話をしている黒ギャル。

『どうしてだと思う?』
息子に質問する黒ギャル。

「おっぱいデカ過ぎるからだよ! それが邪魔して出来ないんだよ!」
息子が、黒ギャルに断言する。

息子は黒ギャルのそばで立っているので、上からよく身体が見えているのだと思う。

羨ましいなと思う間もなく、黒ギャルが立ち上がる。


いきなり見えた全裸に、私は固まってしまった。

どうやら黒いのは日サロで焼いているみたいで、胸は日焼け痕がないが、下はビキニの形で日焼け痕がある。

確かに、息子が言うように胸がデカかった。

多分、Fカップとか、それ以上ありそうだ。

大きめの乳輪は日焼けのせいか少し黒くて、そのくせ乳首はまぶしいほどのピンク色だった。

乳首だけは隠して焼いているのかな? と、変な想像をしてしまった。

そして、クッキリと日焼けの痕がわかる下腹部は、剃っているのかへアがなかった。


『そんなに大きいかな?』
黒ギャルが、息子におっぱいを見せながら言う。

「うわぁ、でっけ! お姉ちゃん、おっぱいでっけ! それじゃ、上手く回れないでしょw」
と、無邪気なテンションで言う。


「こ、こら、変な事言ってるんじゃない! ホント、ゴメンなさい」
私は黒ギャルの方を見るに見れず、明後日の方向を見ながら謝った。

『そんなに私のって大っきいですか?』
すると、黒ギャルがまさかの質問をしてきた。

私は、恐る恐る彼女を見る。

すると、彼女はどうだ! という感じで、まったく隠すことなく胸すら張っている。


「い、いや、確かに大きいです……」
『そっかぁ……ダイエットした方が良いですかね?』
全裸丸出しのまま、さらに質問を重ねる黒ギャル。

今時の若い女性は、羞恥心がないのかな? と思いながらも、予想を超えた幸運にテンションが上がった。


「した方が良いよ! 明日、教えてあげるよ!」
息子は、勝手に約束を始める。

黒ギャルも嬉しそうに、
『マジで!? 絶対だよ! 景子、イケメンゲットしたw』
と、楽しそうに笑いながら言う。

『明奈ばっかりズルイ! じゃあ、私はパパさんに教えてもらおうかな?』
と、私に向かって微笑む景子ちゃん。

私は慌てて明奈ちゃんから目をそらし、景子ちゃんを見て、自分はスキーしかできないから無理だとしどろもどろで説明する。


『私、スキーもやってみたいです。

ダメですか?』
景子ちゃんが、真っ直ぐに私を見ながら言う。

私は、多分顔を赤くしながら、私でよければと答えた。

とは言いながらも、きっとからかわられているだけで、本気ではないと思っていた。

でも、二人とも明日が楽しみだとか、ずっとそんな事を息子と盛り上がりながら話していた。

私も、密かにムスコが盛り上がりっぱなしだが、気取られないように気をつけた。


明奈ちゃんは、話をしながら結局風呂の縁に座ったので、その巨乳が見えっぱなしだった。

でも、あまりに明奈ちゃんが堂々としているので、それが普通に思えてきた。


「あっつ、パパ、もう出る! お姉ちゃん、また明日ね!!」
息子はそう言うが早いか、飛び出るように風呂を出て、男湯に駈けて戻ろうとする。

私は慌てて、
「こ、こら、待て、走っちゃダメだって!」
と言いながら、慌てて風呂を飛び出した。

フル勃起してしまっているムスコが気になったが、頭の上のタオルを素早く股間に持って行き、見られないようにして息子を追った。


『また明日~』
と、景子ちゃんの声がして、
『え? デカくね?』
と言う、明奈ちゃんの驚いた声が背中を追いかけてきた。

私は、見られた……と、顔を真っ赤にしながら、男湯の扉をくぐった。

私のモノは、日本人の平均値を大きく上回る。

もともと、平均より大きかったのだが、学生時代に何となく好奇心で試した、アンドロペニスという増大器でよりカリ太の長マラになった。


ただ、大きくした後に女性とセックスしたのは嫁とだけなので、大きくして意味があったのかどうかは不明だ。

嫁は、結構感じてくれている気がするが、大きいから感じてくれているのかどうかは、比較しようがないのでわからない。

私には、宝の持ち腐れだと思う。


そして部屋に戻り、ゆっくり過ごした。

息子はゲームを始め、私は窓際で雪景色を見ながらビールを飲み始めた。

幸せなひとときだ。


でも、雪景色を見ながらも、考えるのは明奈ちゃんの裸体ばかりだ。

若い女性のフルヌードが見られただけで、この宿に来た甲斐があったと思う。

私は、年甲斐もなくそれをオカズにオナニーをしたくなった。

でも、息子がいるので当然に無理だ。


そんな風に、少しモヤモヤしながらビールを飲んでいると、あっという間に夕食の時間になった。

夕食は部屋食ではなく、食堂でのコース料理だ。

料理が自慢と言っていたので、楽しみだった。

息子に声をかけ、一緒に部屋を出る。

息子は、廊下に飾ってある書画や、珍しい木細工などを見て目をキラキラさせている。

子供の好奇心あふれる表情は、見ていて微笑ましい。


そして食堂に着くと、十二畳くらいの和室にテーブルが二つ並んでいた。

和室は他にもいくつかあるようで、二組ぐらいずつにわけて夕食を提供する感じみたいだ。

これなら、雑雑としていないので落ち着いて食事が出来る気がした。


息子と床の座椅子に座り、並んでいる先付けなどを見て、美味しそうだねとか話した。

確かに、手の込んだ料理が並んでいる。

川魚や、山菜がウリのようで、どれも美味しそうだ。


すると、
『アレ? パパさんだw』
と、明奈ちゃんの声がした。

ビックリして入り口を見ると、浴衣姿の二人がいた。

浴衣に巨乳……それは破壊力がありすぎて、大量殺戮兵器のようだった。

帯で胸がより強調されて、本当に素晴らしいと思った。


そして、横にいる景子ちゃんも、
『また御一緒ですね。

縁がありますね』
と、上品に挨拶をする。

浴衣姿のアップ髪も、これまた凄い破壊力だった。

私は、再び訪れた幸運に、無宗教のくせに神に感謝した。


「おっぱいのおねーちゃんだ! こんばんは!」
息子は、無邪気にそんな事を言う。

「ば、ばかっ! 失礼だろ!?」
慌てて息子を叱る私。

でも、明奈ちゃんは胸の前で両腕をクロスすると、昔流行った”だっちゅーの”みたいなポーズを取り、胸を強調しながら、
『おっぱいねーちゃんだよw また一緒だねw』
と、笑顔で息子に話しかけた。

明菜ちゃんは浴衣をルーズに着ているので、胸の谷間がはっきりと見えて、またドキドキしてしまった。


「へへ、じゃあ、一緒に食べよーよ!」
息子が屈託無く明菜ちゃんに言うと、明菜ちゃんも景子ちゃんも賛成してくれて、あっという間にテーブルをくっつけてしまった。

息子は二人の真ん中に座り、両手に花状態でジュースを飲み始める。

お前はイタリア人かと思いながら、ちょっと息子が羨ましいなと思った。


『パパさんもどうぞ』
景子ちゃんが、私にビールを注いでくれる。

景子ちゃんは浴衣をルーズに着ていないので胸の谷間は見えないが、意外とボリュームがある感じだ。

景子ちゃんは黒い髪をアップにまとめ、湯上がりの美女という感じだ。

風呂の時とは違い、薄くメイクもしているせいか、より美人に見える。

多分、ファンデーションとかはしていない感じで、眉を少し書き、唇に薄くグロスを塗っている程度だと思う。

でも、明奈ちゃんとは違い、抜けるような白い肌の景子ちゃんは、ほのかに赤い唇がやたらとセクシーに見えた。


二人は、オセロみたいに裏表という感じだ。

黒ギャルと白ギャル、どちらも本当にいい女だと思う。


「隼太、ちゃんと明奈さんって呼ばないとダメだぞ」
明奈ちゃんをおっぱいねーちゃんと呼ぶ息子に、注意をしたが、
『別にヘーキですw 実際、おっぱいが売りなんでw』
と、明奈ちゃんはまだ胸を腕で挟んで強調しながら言う。

普段、キャバクラすら行かない私には、この席は刺激的で楽しすぎた。


『隼太ちゃん、あーん』
そう言って、明奈ちゃんが息子にスプーンで茶碗蒸しを食べさせる。

息子は、少し照れながらも素直に食べさせてもらう。


『じゃあ、私はパパさんに』
景子ちゃんが、私に茶碗蒸しをあーんとしてくれる。

私は目茶苦茶照れながらも、素直に食べさせてもらった。

『美味しいですか?』
景子ちゃんが、私の目を真っ直ぐに見つめながら、妙にセクシーに聞こえる声で聞いてきた。

私は、緊張しながら美味しいですと答えた。


『景子、ロックオンしてんじゃないのw 子持ちはダメだってw』
と、明奈ちゃんが笑いながら言う。


『うるさいw』
景子ちゃんが、可愛らし言い方で明奈ちゃんに言う。

二人は、本当に仲が良い感じだ。


「おっぱいねーちゃんは、大学生なの?」
息子が質問をする。

私も聞きたかったことなので、良い質問をしてくれたなと思った。


『え? そんなに若く見える? 隼太ちゃん上手いねぇ~』
と、嬉しそうに言う明奈ちゃん。

『二人とも美容師だよ』
と、景子ちゃんが答える。


「じゃあ、僕の髪も切ってよ!」
『いいよ、お店来てよ! どこ住んでるの?』
勝手に話を進める息子と明奈ちゃん。

二人は、なんか気が合うみたいだ。

そして、二人のお店は私の住んでいる区の隣の区だった。

『近いじゃんw お店来たら、超イケメンにしてあげるよw』
明奈ちゃんはノリノリだ。

『ホスト風にしちゃうんでしょ? 隼太ちゃん、私が切ってあげる。

おっぱいねーちゃんに切らせたら、髪の毛金色にされちゃうぞ~w』
と、景子ちゃんが茶化す。


『ダメダメ、隼太ちゃんは私がゲットしたんだからw 景子はパパさんがお気に入りなんでしょw さっき、言ってたじゃんw』
明奈ちゃんも、おどけて言い返す。

『ちょ、変な事言わないでよぉ!』
少し頬を赤くして明奈ちゃんに言う景子ちゃん。

私は、ドキッとした。

私がお気に入り? 本当だったら嬉しいが、私なんかは相手にされないと思う。


すると、襖が開いて若女将が入ってきた。

よくある宿泊の感謝の言葉を言った後、
『僕、綺麗なお姉さんと一緒で、よかったわね』
と、息子に微笑みながら言う。

そして、私と女子二人にビールを注いでくれたりする。


女子二人は、料理のことをとにかく誉めていた。

若女将も、旦那の料理を誉められて凄く嬉しそうだ。

それにしても、若女将は色気が凄い。

藤あや子とか、あんな感じのむせかえるような色気が漂っている。


『女将さんって、歳、私達と同じくらい? 私達二人とも27歳だけど』
と、明奈ちゃんが聞く。

『いえいえ、もうおばちゃんですよ。

今年38歳です』
と答えた。

息子以外は、全員驚いた。

私は、まさか年上だとは思ってもいなかったので、驚いて膝で机をガタンとさせてしまった。


『うっそ! 若過ぎでしょ』
『やっぱり、温泉がいいんですか?』
二人は興味津々という感じだ。


『そうですね。

温泉のおかげで、肌だけはなんとか』
若女将は、謙遜しながら温泉の効能を語る。

『じゃあ、通わないと』
明奈ちゃんが真面目に言う。

『是非。

日帰り入浴もしてますから、お風呂だけでも入りに来て下さいね』
と、若女将もアピールする。


『じゃあ、後ほど部屋にお伺いしますね』
と言い、若女将は出ていった。


『パパさん、なになに、部屋に来るって、意外にやり手なんだねw』
明奈ちゃんが、勘違いしたのかそんな事を言う。

「い、いや、マッサージを頼んだだけだよ! 普通のマッサージ!」
慌てて否定する私。


『へぇw 普通のねw 良かったね、景子w じゃあ、普通じゃないマッサージは景子がしてあげたら?』
ド下ネタを言う明奈ちゃん。


『ばかっ! 隼太ちゃんいるんだから、変な事言わないの!』
顔を真っ赤にして言う景子ちゃん。

黙っているとクールに見えてしまうくらい美人なので、照れている姿はギャップがあって凄く可愛らしい。


でも、息子はそんな会話が聞こえていないように、必死で魚をほぐしている。

すぐに夢中になり、周りの音が聞こえなくなる息子は、集中力が凄いと思う。


そして、楽しい食事が続き、本当に明日のスキーも一緒に滑ることになった。

『じゃあ明日ね。

早く寝るんだよw』
明奈ちゃんが息子に言う。

見た目に反して、本当に子供好きのようだ。

『じゃあ、明日はよろしくお願いします』
景子ちゃんが私に言った。

景子ちゃんは、本当にスキーを始めるつもりみたいだ。

女の子にスキーを教えるなんて、学生の時以来だ。

私は、明日が楽しみで仕方なかった。


「おっぱいねーちゃん、痩せないとダメだよね」
息子が、真面目な顔で言う。

息子にとっておっぱいは、ボードのトリックをするのに邪魔なモノ程度の価値みたいだ。

母親がどちらかというと貧乳の部類なので、余計に巨乳には違和感を感じるのかもしれない。


逆に私は妻が貧乳なので、凄くおっぱいには憧れる。

なので、露天風呂で見た明奈ちゃんの巨乳は、良いオカズになりそうだと思っていた。


そして、ドアがノックされて若女将が入ってきた。

若女将は、和服から着替えて、薄いピンクの作務衣みたいな格好をしている。

マッサージのユニフォームなのだろうか? 和服と違い、色気という部分では劣るが、とても可愛らしい印象だ。


『力が弱いので物足りないかも知れませんが、よろしくお願いします』
そう言って、私をうつぶせにしてマッサージを始める若女将。

確かに力は弱いが、とても気持ち良い。


息子は、布団に寝そべってゲームをしている。

マッサージにはまったく興味が無いようだ。

『失礼しますね』
そう言って、私の太ももにまたがり、腰あたりをマッサージする若女将。

彼女の太ももの感触がたまらなくて、密かに勃起している私。

でも、表面上冷静に話をする。


山深いので、常連くらいしかお客さんが来なくて、経営的に大変だったときもあったようだが、結婚した旦那さんの料理の腕と、混浴にしたことで劇的に客が増えたそうだ。


そして、温泉の効能の話をしていて、子授けの効能が昔から言われているという話になった。

『でも、私達には効能がないみたいです』
と、少し寂しそうに言う彼女。

「あ、お子さんは、いないんでしたっけ?」
『はい……もう、さすがにあきらめましたけど』
明るい口調で言う彼女。

でも、どことなく寂しそうな響きがある。


「まだ大丈夫じゃないですか?」
私は、38歳ならまだいけるのでは? と思い、そう言った。

『そうですね……でも、主人も最近は全然、い、いえ、その……』
と、急に照れる彼女。

夫婦生活の話までしてしまい、照れてしまったのだと思う。


『そ、それでは、仰向けになって下さい』
そう言われて、私はヤバいと思った。

ただでさえ、彼女の太ももの感触に勃起していた私は、夫婦生活の話で余計に勃起してしまっていた。

ふと横を見ると、息子はいつの間にか寝ていた。

ちゃんと布団をかぶって、完全に熟睡モードだった。

一日スキーとボードをしていたら、疲れ切ってしまうのだと思う。


息子が寝ているのを見て、私は思いきって勃起したまま仰向けになった。

『あら? お若いですねw』
スルーされると思ったのに、そんな事を言われて私は顔を真っ赤にしてゴメンなさいと言った。


『いえいえ、私が変な話をしたからです。

お気になさらないで下さいね』
と言って、私の足をマッサージし始める彼女。

私は、必死で勃起を収めようとする。

でも、仰向けだと彼女の姿が見えるので、よけに興奮してしまう。

景子ちゃんと明奈ちゃんとは違う、大人の色気を感じる彼女に太ももを揉んだりされると、より元気になってしまう。


『奥様も、こんなに立派なモノだと、夢中なのではないですか?』
軽い冗談みたいな口調で言う彼女。

セクシャルな空気にならないように気を使ってるのかも知れないが、言ってることは下ネタだ……。


私は、正直に増大機で大きくしたことや、大きくなってからは妻としか経験が無いということ、そして、妻はどちらかというと淡泊で、月に一度程度しかないという事まで話した。


『大きく出来るんですか?』
彼女は、その話に食い付いてきた。

私は、アンドロペニスのことを詳しく説明した。


『主人にも、やってもらおうかしら? その……見せてもらえませんか?』
彼女が、恥ずかしそうに聞いてきた。

私は、もうアンドロペニスは持っていない事を話した。

『ち、違います……その、大きくなったそれを……ダメですか?』
と、私の勃起したペニスを指さす彼女。

「え? べ、別にいいですけど……そんなに違いは無いと思いますよ」
と、動揺しまくる私。


『じゃあ、失礼します』
彼女はそう言うと、私の浴衣をはだけさせる。

そして、下着をずらすようにして私のペニスをあらわにする。

結婚以来、妻以外の女性にこんな事をされるのは初めてで、興奮しすぎていたのか、ペニスがお腹にバチンと音を立ててぶつかるくらいの勢いで飛びだした。


『うわぁ、凄い……こんな……』
まじまじとペニスを見られて、私は恥ずかしさと興奮で心臓が痛いほど脈打っていた。


「もともと、ちょっと大きめだったと思います。

でも、そのカリの所とか、張り出しが大きくなりました」
私はどうして良いのかわからずに、そんな解説をしてしまった。

『……これ、すごいです……本当に、良い形……羨ましいです……』
彼女はマッサージも忘れて、見入るように言う。


「……触ってみますか?」
私は、思い切ってそんな事を言ってみた。

怒られる……そんな恐怖に胸が潰れそうだったが、
『良いんですか?』
と、予想外のリアクションを取られた。


「も、もちろん」
私は、声が裏返ってしまったが、そう答えた。

『失礼します……』
彼女も、少し緊張した声でそう言うと、私のモノを握ってきた。

『太い……これ、固さも……凄い……』
驚いたように言う彼女。

私は、イキそうなほど興奮していた。

露天風呂から始まった、エロビデオみたいな展開の数々でただでさえ興奮していたので、彼女の柔らかい指で握られると、本当にヤバい感じだった。

そして同時に、ご主人に対して申し訳ないという気持ちでいっぱいだった。

まだこの建物のどこかにいるはずだ。

それなのに、彼女にこんな事をさせてしまって、罪悪感が凄い。

でも、背徳的な興奮を感じているのも否定できない。


彼女は私のモノを握った後、カリを指で撫で始める。

『これ、本当に凄く張り出して……素敵です……なんか、ディルドみたいです……』
頬を赤くしながら言う彼女。

「ディルド? 持ってるんですか?」
私が突っ込んで質問すると、耳まで赤くしながら、
『い、いえ、その、一個だけですけど……』
と、白状した。


「意外とエッチなんですねw」
私は、淫靡な空気を振り払うつもりで、明るく言ってみた。

すると、彼女は、
『主人が……あまりしてくれないので……』
と、真顔で答えた。

「じ、自分でしてるんですか?」
私は、予想外の答えに、また声が裏返ってしまった。

『……はい……はしたないですよね? ゴメンなさい……』
そう言って、手を離す彼女。

私は、慌ててパンツに収めて浴衣を戻す。

ここで、それ以上踏み込めない私も情けないと思う。


『失礼しました……マッサージ、続けますね』
彼女も、気分を入れ替えてマッサージを再開した。

でも、私の頭の中は、彼女の指の感触と、ディルドで一人オナニーをする彼女の姿でいっぱいだった。


彼女は、引き続き私の太ももにまたがって私の股関節あたりをマッサージする。

でも、彼女の目は私の盛り上がる浴衣に釘付けだ。

頬も赤いし微妙に息づかいも荒い。


私は、思い切って足を持ち上げてみた。

私の太ももが、彼女の股間に押しつけられるようにした。

そんな事をしても、彼女は何も言わない。

私は、調子に乗って太ももを微妙に動かし始める。

彼女は、さらに頬を赤くしながら、それでも必死でマッサージを続ける。

『ン……んっ……』
マッサージをしながら、吐息が漏れ出す彼女。

私は、興奮しすぎてバカになっていたので、思い切って浴衣をはだけて、パンツを太ももの途中まで引き下ろした。

彼女は何も言わず、私の剥き出しになったそれを見つめる。


「ここもこってるので、マッサージお願い出来ますか?」
私は、震える声でそう言った。

『わかりました……失礼します……』
彼女は、うわずった声で返事をすると、私のペニスを両手で揉み始めた。


『カチカチですね。

本当に、こってます』
彼女は、開き直ったように笑いながら言う。

そして、片手で竿をしごきながら、もう片方の手で亀頭を撫でる。

ガマン汁を亀頭に塗りつけられて直接刺激されると、本当に気持ち良くて声が漏れてしまう。


『気持ち良いですか? どういう風にしたらいいですか?』
彼女が、ゾクッとするほどの妖艶な目で聞いてくる。

「そ、その……敏感な場所なので、手より口で……」
私は、思い切ってそう言った。

怒られるかな? と思う間もなく、彼女はニコッと笑い、そのままくわえてくれた。


口に含まれると同時に舌が絡みついてくる。

驚くほどのテクニックに、私は腰が抜けそうだった。

マッサージを彼女がしてくれると決まったときに、少しはこんな妄想をした。

男なら、誰でもする妄想のたぐいだと思う。

でも、妄想が現実になるなんて、宝くじが当るほどの低確率のはずだ。


彼女は、少し涙目になりながらも私のモノを喉奥までくわえ込み、舌で舐めたりバキュームしたりする。

卓越したテクニックを持っていると思う。

『本当に素敵です……こんなの、初めて……夢中になっちゃいます……』
彼女は、うわずった声でささやきながら、手と口で私のペニスを責め続ける。

私は、太ももをさらに強く彼女のアソコに押しつける。

そして彼女は、必死で私のモノを口で責め続ける。

気を抜いたら、あっけなくイッてしまいそうだと思いながらも、必死で我慢した。

こんな経験は、二度と無いと思う。

少しでも長く楽しまないと損だと思ったからだ。


『ほ、他のマッサージもしていいですか?』
彼女は、トロンとした顔でそんな事を言う。

「他のって?」
私は、意味がわからずに聞き返す。

『壺を使ったマッサージです……』
優しい若女将の顔ではなく、発情した牝の顔で言う彼女。


「そ、それは……ご主人に悪いです……」
私はかろうじて残っている理性でそう言う。

『マッサージですから……これは、ただのマッサージですから……』
そう言うと、彼女はスッと立ち上がり、作務衣の下を脱ぐ。

和のイメージの彼女が身につけているとは思えない、セクシーなランジェリーだった。

その淡い紫色のランジェリーはゴージャスなレースがの生地がベースで、場所によって透けたりしている。

作務衣の上は着たままなので、そのギャップがハンパではない。


そして、彼女はすぐにそのショーツも脱ぎ捨てた。

私をまたぐようにして立っているので、寝ている私にはアソコも丸見えになってしまう。

それは、匂い立つほどにイヤらしく濡れて光っていた。


「凄い……」
私は、思わずうめいてしまった。

その言葉が合図だったように、彼女はしゃがみ込む。

『失礼します』
うわずった声で、興奮が抑えきれないのが伝わってくる。

そして、あっという間にペニスが熱い肉に包み込まれた。

『ウウゥあっ! こ、こんな……あぁ、凄い……』
歯を食いしばるように、必死で声を抑える彼女。

でも、私のモノを奥まで入れて、震えるように腰回りがビクビクしている。

妻に入れたときとは、まったくリアクションが違う。

妻は痛がりもしないし、嫌がりもしないが、ここまで感じてはくれない。

たぶん、奥が感じるかどうかで変わるのかもしれない。


奥までくわえ込んだまま、動きを止める彼女。

あまりの快感に、動けないという感じなのかも知れない。

「だ、大丈夫ですか?」
私は、少し不安になって聞いてみた。

『大丈夫です……これ、本当に凄い……逞しくて、キツキツで……。

マッサージ、始めますね……』
彼女はそんな事を言った後、腰を振り始めた。

私は、夢でも見ているのかと思った。

旅館の美人女将と、こんな風に繋がっている。

避妊具もなにもなしで、生で繋がっている……私は、ご主人に対して申し訳ないという気持ちと、妻に対しての裏切ってしまったという罪悪感が大きくなる。

でも、背筋がゾクゾクするくらいの背徳感も感じていた。