243-05s
初めて外人とセックスした僕の体験談。

僕は今時はやらない「ユースホステル」を使ったバイク旅行が好きです。

とにかく安いのが気に入っており、
昨年の夏休みには九州一周の帰りに奈良に泊まりました。

奈良のユースは何回も使っていますが、
かなりきれいで泊まり客も多いのが特徴です。

そのときは外人の女性も泊まっていました。

僕はなぜか彼女と仲良くなり、夜のミーティングもそっちのけで、ツーショット状態になりました。



僕はぺらぺらとは言えませんが、その晩の英語をしゃべれる数少ない宿泊客だったためと思います。


彼女は金髪碧眼の典型的な白人外人女性で、19才の大学生。

びっくりするくらい白い肌をしていました。

またすごい美人で、女優のような印象です。

テキサス大の休み(アメリカは9月が新学期)を利用して、アジアを旅行しているそうです。

人と仲良くなるためにユースを使っているとのこと。

今日までは京都観光で明日から奈良・大阪を3日ほど楽しむらしいです。

すっかり意気投合した僕らは、明日ガイドを僕がすることになりました。


次の日は奈良の中心地をじっくり一緒に回りました。

まだ彼女は日本に慣れていなくて、マクド中心だった食生活も、
ローカルな定食屋とかで日本を理解してもらいました。

夕方にもなると僕らは手をつなぎ合ってすっかり恋人気分になりました。

話の内容もプライベートなことも話をしだし、とてもいい気分です。

僕は思いきって「僕とメイクラブしない?」とたずねるとOKとのこと。

彼女もうれしそうでした。


予約のユースにキャンセルの電話を入れ、奈良駅近くの居酒屋で二人だけのパーティーを開きました。

日本食をたっぷり楽しんでもらい、ラブホテルに。

アメリカにはこんなホテルはなく、ほとんどが自宅か(だいたい親は黙認)車で(テキサスは16才から免許を取れる。

試験も視力のみ)セックスするそうです。

僕は外人とセックスするのは初めてですが、その晩はすさまじかったです。


・声が大きい本当に声を出します。

日本人女性は声を押し殺す傾向にありますが、むこうではひたすら声を上げます(隣の人に聞こえたのでは)。

してずっとしゃべりっぱなしです。

「ここを舐めて」とか「胸を揉んで」とかなんか命令口調。

快楽に貪欲なんでしょう。


・フェラチオが好き半端じゃなく舐めてくれます。

それもとてもうれしそうに。

日本の女性はフェラはよほど仲良くならないとしてくれないことが多いのですが、もうしゃぶるわ吸うわ玉は揉むわで
全身全霊で愛おしんでくれます。


・中出しを極端にいやがる

彼女に言わせると、中絶は神様が認めていないからだそうです。

ずっと外で出すようにお願いされました
(生でやっていたら、外で出しても妊娠する可能性はあると思うのですが)。


・体力がすごい。

その晩はまずは通常のセックスで一度。

フェラチオで立たせてもらってバックで一回。

その後もう一度やりました。

寝たのは夜中2時前でした。

朝も求められるかと思いましたが、なぜか「セックスは朝にはしては行けない」と言われました。


次の朝、こっそりユースにバイクを取りに行き、彼女と一緒に大阪に移動して観光しました。

その晩もラブホテルでセックスしました。

その晩は彼女の許しを得て、中出しをしました。