bbace9f8
家庭教師先で母娘丼体験談。

大学生の時に家庭教師のアルバイトをしてました。


最初は中学生の男の子だったのですが、無事志望高校合格してくれ、そのお宅の紹介で中学2年生の女の子を担当することになりました。

名前はあっこちゃん。


この時はあっこちゃんはどうでもよかったのだけれど、お母さんがとってもきれいな人でした。



あっこちゃんが中3になる春に、お父さんが転勤することになり、あっこちゃんが高校入試を控えている関係で単身赴任することになりました。


「月に一回は・・・」

と言って単身赴任したものの、なかなか帰ってこられません。

ゴールデンウィークに一回帰ってきたものの、それ以降は夏休みに入っても帰ってくる気配がありませんでした。


それでお母さんは煮詰まっちゃってたようで、とてもエロい視線をオレに送ってくるようになってきました。


「えっ!これって・・・」と期待しながら、あっこちゃんに勉強を教えてたら、「一緒に夕飯食べていかない?」とお母さん。

OKしたら、すごいご馳走にビール。


オレ酔っぱらちゃってソファーに横になったの。

気がついたら12時過ぎ。


お母さんは

「こんな時間だから、泊まってちゃいなさいよ。

あっこは自分の部屋で寝ちゃってるし、シャワー浴びてきたら?」

遠慮しながらも泊まることにして、シャワーを浴びることにしました。

浴びていたら、お母さんがなんと入ってきたではありませんか。


それもスッポンポンで。


「からだ流してあげる」

ってボディーソープをスポンジにつけ、オレのからだを洗い始めました。

ビンビンになっちゃったから恥ずかしくって下を向いてたら、

「童貞?」

て訊くから正直に「はい」って答えました。

その後はまるで夢の世界。


オレ好みのかわいいお母さんにそのままエロ本で見たような初のフェラチオをされ、初のおっぱい愛撫をして。

そしてお母さんに導かれるままナマでオマンコに挿入。


入れたとたんに中にドピュッ!あっという間の童貞喪失。

シャワーでキレイにしてもらって、今度は寝室へ。


大きなダブルのベッドを見たら、少し嫉妬。


「いつもココでご主人としてるだ」

と思ったら、またビンビンになってきちゃいました。

お母さんに導かれるままにベッドの横になって、導かれるままに顔を股間にもっていって、初めて見るオマンコ。


そして初のクンニ。


オレ好みのかわいいお母さんだけれど、オマンコはすごいグロテスク。

でも、唇と舌でむしゃぶりついていきました。


オレの唾とお母さんのマン汁でオマンコはべチャべチャ。

「きて」ってささやくような声。


正常位で挿入。


あまりの気持ちよさにガマンできず、ピストンしてすぐにドピュッ!
やばいって思ったので

「コンドームしなくてだいじょうぶ?」

って訊いたら

「ピル飲んでるから」

って答え。

合体したままいろんな話をしました。


そのうちオレのチンチンも元気になってきたので、そのまままたピストン開始。

そんな感じで朝までやりまくり。

合計7発。


ナマのオマンコ味わっちゃったら、自分の手でするのなんか全然気持ちよくなくて、それ以来あっこちゃんが学校行っている間に、
家に行ってお母さんに女を教えてもらいました。


そんな関係をあっこちゃんの大学受験まで家庭教師と一緒に続けました。


あっこちゃんが大学に進んだゴールデンウィークに、あっこちゃんから「会いたい」って電話がはいりました。

あって夕食を食べて、話をして「さあ帰ろうか」の時に、あっこちゃんの口から「アパートに来て」。


もちろん行って、想像通りあっこちゃんの処女をいただきました。

しかもお母さんの教えで大学入学と同時にピルを飲み始めたとのこと。


あっこちゃんの処女のオマンコにナマで挿入して、たっぷり中出ししました。

あの時のお母さんへのお礼を込めて、お返しの7発。


それ以来あっこちゃんと付き合うようになって、昨年の秋に結婚しました。

今もおれの筆おろしをしてくれた人を「おかあさん」と呼んでいます。


もちろんあっこには内緒です。


親子のオマンコって、感触似てますよ。

あっこのオマンコ最高だけどお母さんのもよかったよ!