0467
中二の時のこと。

田舎の従姉(高三と高一)と一緒に風呂に入ったというか、従姉が俺の一人のところに入ってきた。


小さい頃は一緒に入っていたが、まさか中二で一緒に入ると思わず、目のやり場に困りながらも視界に成長した裸体が入り、チンコが勃起した。

高3の従姉はすっかり大人の体で、DカップかEカップはあり、白い裸で下はヘアがびっしり生えていた、高1の従姉はまだ大人の体ではなかったが、姉と比べると、また幼児体形っぽくてそれはそれで良かった。


お風呂場で従姉は二人とも「見せて見せて!」とおおはしゃぎで、チンコを見せたら「スゴイ!」と言って触ってきた。

俺は小6のときから夢精を経験していたし、皮もすっかり剥けて、大人のチンコだった。



高3の従姉の豊満な裸体を見ながら、触られたので直ぐにグッときて思い切り射精してしまった。

特に我慢もしなかったけど。


精液はおもいっきり飛び従姉のおなかにまで飛んでしまった。

またまた「スゴイ!、スゴイ!」とはしゃがれた。


そのあとは順番に二人のおま○こをひろげて見せてもらい、また、チンコを触ってきたので、お風呂場でまたまた「ピュピュッ」と合計3回も射精してしまった。


お風呂上りにはそのまま3人とも体をバスタオルで拭くと、スッポンポンのまま従姉の部屋に行き、高3の従姉が持ってきたコンドームをはめて、そのままエッチしました。

風呂場で3回射精していても、フル勃起でその代わり長持ちしたので、高3の従姉に教わりながら、いろいろな体位を試しました。

高1の従姉のほうは、俺の初体験のエッチをずっと見ていました。


しばらくいろいろな体位をして、ラストはバックでガンガン腰を動かすと、従姉は「あー、感じる!彼氏より気持ちいい。

」と言っていました。

俺も我慢できなくなって、4回目の射精をしました。

すると従姉はコンドームを外し、「あんまり出てないね!」と言って、今度はキスをしてきました。

実はファーストキスで、従姉が舌を入れてきたので、夢中で吸いながら、俺も舌を入れました。


そしたら、またチンコが勃起してきて、「元気ねえ!」と言いながら、俺のチンポを従姉のあそこに生で入れました。

「生でやらせてあげるね、いきそうになったら、言ってね!」と言いました。


そのまま、高3の従姉と2回戦でした。