4
妻の話。

誰もいないと思って、妻が独り言を言っていました

田舎なので、誰にも聞こえないと思ったのでしょう

そこそこ大きな声でした

私は、営業で近くをまわっていたので、お昼でもと思って帰っていました

少し離れた部屋で横になっていると、何か言っている妻の声が聞こえてきました

「私、毎日T君と会ってたわよ」

「ええ、あなたの言うとおり毎日逢っていました」


「あなたなんかと違って、私のことを理解してくれたわ」

「いろんなことを聞いてもらったお礼に、オマンコを見せてあげたら喜んでくれたわ」

「Tちゃんのオマンコきれいだねって、いってくれたわ」

「見せてあげていたら、いっぱい濡れてきて、気が遠くなるくらいの快感に襲われたわよ」

「毎日毎日彼にいっぱい見てもらったわよ」

「会社でも、立ってお尻を突き出して、いっぱいついてもらったわ」

「いっぱい感じて、中にいっぱい出してって言ったの」

「あなたのじゃ感じないくらいに、いっぱい出してもらったの」

「それで妊娠したのよ、あなたの言うとおり、KはT君の子供よ」

「あなたなんかの子ど子じゃないわ」

「今だって、いっぱい見てもらって、きれいだねって言ってもらってるわよ」

「子供の時から、隣近所の人にだって見せて、きれいだって言われたの」

「みんな私のマンコをほめてくれたの」

いったい、なんちゅうことを言ってるんだって思いました

妻とは何度となく別れ話をしましたが、行くところがないとかで別れることもなく

いつまでも、私のところにいますが、いい加減迷惑な話です