RS=^ADBWjfgC_Rd88W7E5olxRfD_VxEPvs-
義弟の話をします

夫には血の繋がらない
大学生の弟がいるんですが
私はこの夫の弟を見た瞬間から
嫌いになりました

義弟の存在そのものを憎んだんです

顔は夫よりもカッコイイよくて
人当たりが良いんですけど、
どことなく軽薄でニコニコしながらも
目が全然笑ってなくて

義弟を見た瞬間に
私はこの人は信用ならない
邪悪な人間だとすぐにわかりました


でも、真面目で優しく
そして善人で人を疑う事をしらない
夫にとっては自慢の弟らしく

「アツトはほんと良い奴でさー
勉強だって出来るし、
まだ大学生なのに頼りがいのある弟で
どっちが兄で弟がわかんないよー」

と言うんです

本当かしら?

私の思い違いなのかも・・・

って思いながらも夫の実家に行った時に
義弟に会うとやっぱり邪悪なオーラを感じるんです

義弟に

「お義姉さん~」

とか呼びかけられると
ゾクゾクってしてしまう程で・・・

そんな私の態度に
頭が良く察しが良い義弟も
気づいているようでした

でも表向きは私を
慕っているように接してきていました

でも私はわかっているんです

義理の夫が邪悪な事が

あれは絶対悪魔のような人間だという事を

心を許したら何をさらるかわからない

もしかしたら、兄の奥さんである
私をレイプしよなんて考えているのかも・・・

絶対、彼に隙を見せては駄目!

って夫に実家に行くと
私は義弟から身を守るために
物凄く気を張って消耗してしまうんです・・・

でも夫にいっても信じてもらえないだろうし

そうだ・・証拠があれば
義弟が邪悪な存在だと知ってもらえると
私は思ったんです

愛する夫から悪魔のような義弟を
遠ざけたかったんです

夫は本当に善人で
夫以上の善人は会った事ありません

そんな愛する夫を
あの邪悪な義弟によって傷つくのを
私は見たくなかったんです

証拠さえ見れば夫も信じて
義弟と関わらないでくれる

そう思い、私はチャンスを伺い
身を削り
罠を張る事にしたんです

そして大晦日から
お正月にかけての事でした

夫の実家で年越しをすることに
当然悪魔の義弟もいました

家族全員で年越し蕎麦を食べ
お酒を飲みながら過ごしていました

私は

「お義父さんもお義母さんもゆっくりしてください
私がしますから~」

と義父母にお酒を注いだり
普段あまりお酒を飲まない夫にも

「大晦日だからね!」

とお酒を注いで
飲ませまくったのです

そして、年明け前には
義父母、夫は酔いつぶれて
そのまま炬燵で寝てしまったんです

皆、いびきをかいてして
ちょっとの事じゃ起きない感じでした

そして、問題の義弟には
あまりお酒を飲まさないようにしたんです

さぁ・・アツト・・

あなたどうするの?

皆、寝てるわよ!

私をレイプするの?

私は身構えていると義弟は

「後は僕がやりますから
お義姉さんもゆっくりしてください」

といけしゃーしゃーと言ってくる

さすが私が悪魔と思っただけがあるわ

そう簡単に尻尾を掴ませないって訳ね

そうよねーいくら鼾をかいて
寝ているからって
起きないって補償はないものねー

いいわよー

そっちがそういう考えなら
私だって考えがあるわ

私は

「じゃあお風呂入っちゃおうかしらー」

と言うと義弟は

「はい、どうぞ
僕がここ片付けしときますからー」

って言ってきて
どこまで皮の面が厚いのよ!

って私は腹がたってくるんです

落ち着いて・・・
証拠をつかむまで
私も平静を保たないと・・

私は深呼吸してお風呂に入りました

脱衣所には洋服の下に
ボイスレコーダーを隠しながら・・・

さぁ来なさい・・・

私をレイプしようとしたら
叫んでボイスレコーダーに全部録音されるんだから・・・

しかし、いくら待てど
義弟はやってこないんです

おかしい・・・

絶対におかしいい!!

義弟は悪魔のはずよ

私をレイプしたいと思っているはずうううう

こうなれば意地の張り合いで
どっちがボロを出すかの勝負です

私は湯船があがり
シャンプーのキャップを
開けて全部排水口に流したんです

そして空になったのを見届けると

「ごめーん、アツトく~ん
シャンプー空なんだけどー
詰め替えとかあるぅ~」

って言ったんです

そしたら義弟は
足をたててやってきました

「あー今だしますー」

と言いながら私のところにやってきました

私は風呂場のドアをあけて
裸で待ち構えていました

そして義弟は新しいシャンプーの容器を持って
やってきたんです

「あっお義姉さん!」

って裸の私を見てびっくりしたような
演技をしているんです

証拠、証拠・・・

これで証拠が見つかるわ!

私はじっと義弟を見つめると
義弟の股間がテントをはっているんです

やっぱりそうだ!

彼は悪魔なのよおおお!

私をレイプしたくてしょうがないのよおおお

まさに私は勝利を確信した瞬間でした!

しかし・・・義弟は
ハッと目を背けるながら
シャンプーを渡そうとしてくるんです

まるでウブな青年のように・・・

私は素直に尊敬しましたよ

天才的な悪魔はこれでも尻尾を出さないと

いいわ、いいわよ

とことんやってやろうじゃないいいい!!

私の闘志に火がつきました

「あら?アツト君、勃っちゃってる
ごめんね~」

と言いながら、義弟の一物を握ってやったんです

悪魔といえど男

ここまですればレイプしてくるはずです

しかし、義弟は私の予想の斜め上

いいえ、はるか上をいくんです

「あっ・・お義姉さん・・そんな・・
だめですよ・・兄貴の嫁さんだし・・・」

って

カマトトぶっちゃってるんですよ

いい加減しなさい!

もう本性現していいのよおおお

ほら、ほらあああああああ

ジャージの上から義弟のペニスを
激しく手コキしたんです

ほら!レイプしたいんでしょ?

証拠をみせなさぃいいいい

って激しくシゴイていたら
義弟はあろうことか・・・

「あっだっだめでぅううう」

と言いながらそのまま射精してしまいました・・・

そして、はぁはぁいいながら
義弟は言いにくそうな顔をしながら

「兄貴に悪いから・・
もうこういうことはしないでくださいぃ・・・」

と言いながら、脱衣所から
出ていってしまいました

何よこれ・・・

アツトは夫が言うように
本当に良い人なの?

そんな訳ない。






うん、絶対そんな事あるはずないんです

だって、私は義弟から邪悪なオーラが感じるですもん

そして、証拠を取るために
ボイスレコーダーを聞いて見ると

何でこうなったのか・・・・

レイプじゃなく・・
私が義弟を逆レイプしている様子が残っていました・・・

こんなの夫に聞かせられないと
すぐに消去したんです

まぁいいわ

今回の勝負は私の負けよ

次のチャンスの時、絶対尻尾を掴んでやると
私は計画を立てている最中なんです