RS=^ADBsH2dwv1foNkEzANa92uOTgd1FOc-
少し前の話になる。
某サイトで知り合った既婚の男性がいる。



何度かチャットで話して親しくなったのだがとても変わった性癖の持ち主だった
彼だけではなく奥さんも。




寝取られ願望…。




この夫婦は普段からカップル喫茶やハプバーによく行くらしい。



スリルや他人に見られたりすると興奮するようで
旦那さんだけでなく奥さんも旦那さんの薦めで最近ハマったらしい。




まあ、こういうカップルは知り合いにもいるからなんらおかしくはない
どういったことで興奮するかは人それぞれだから。




あるとき旦那さんからこう切り出された

「うちの妻を私の前で寝取ってもらえません?」

ちなみに旦那さんは42歳、奥さんは36歳。





「どういう意味ですか?」
「実は私は自分の前で妻が他人とセックスするのを見たい願望があって…」
「なるほど…奥さんの了解があれば構いませんよ。



「妻にはもう話してあります…それと、調教っぽく妻を責めて欲しいんです」

変わった夫婦だ。



(^^;
こういった話(依頼)の場合、ほとんどが奥さんは知らないことが多い
お酒を飲ませてその間に…とか、妻を誘惑して…とか。



そういった無理な話が多い中、この夫婦は違っていた。




「では…一度三人でお会いしましょう。

「すみません、変なお願いしてしまって…よろしくお願いします」

後日三人で都内のシティホテルで会ったのだが、外見からはそういった夫婦には見えない
どこにでもいるような、落ち着いた感じの夫婦だった。



旦那さんもマジメそうだし、奥さんはうつむいたまま大人しくしていた。




ただ、奥さんのほうは旦那さんに言われて
話の最中でもこちらに下着を見せたり、胸を見せる行為をしてきた。



こんな夫婦もいるんだな。




その後はホテルの部屋でこちらが奥さんに玩具責めや軽く拘束すると
旦那さんはどんどん興奮してきて、黙ったままオナニーをし始めた。



男のオナニーを見る趣味はないが…
(この旦那さんもそうとうだな…)
呆れるよりも感心してしまった。




奥さんのほうはこういったプレイの経験があまりなかったこともありいつも以上に濡れたり興奮して何度も絶頂を味わったようだった。



そして攻守交替。

ソファで旦那の立派なアレをくわえていやらしくジュボジュボ音をたてて、口に入れたり出したりはじめると、私の指が奥さんのぐちょ濡れのアソコに・・・・いやらしい音の二重奏が部屋に満ち、鼻息と生ぬるいぬかるみをかき混ぜるクチュクチュグチョグチョという音が交じり合う。




その後は私は休憩して、旦那さんと奥さんのセックスに変わったので
こちらは退散することにしたが帰り際にご夫婦から

「凄く興奮しました、またお願いしてもいいですか?」
「ええ、もちろんですよ」

満足してくれたのならいいんだが
なんとなく苦笑してしまう帰り道になった。




また誘われたらどうしよう。



(^^;