go001-3-560x383
小学生の時の話です
親戚から大量の野菜が届き、近所にもお裾分けするよう親に言われました
袋を持って徒歩五分ほどの距離にあるお宅に着くと何やら騒がしいのです
そっと庭をのぞくと
縁側のあたりで女の子が怒られていました
年下で、たまにしか喋ったことのないような間柄でしたが
顔も名前も知っていますし、気になったのでしばらく隠れて見ていました
「口で言ってわからないのね?」
おばさん(女の子の母)が同じ質問を二度、三度と繰り返し、やや声を荒げて女の子を見据えます
後ろ姿しか見えなかったのですが
女の子のほうは拗ねているというか、不満がありそうな雰囲気でした
直後おばさんは女の子の後ろへ歩いていって
パシンと一発お尻を叩いたのです
女の子は「何すんの!!」と地団太を踏んでわめいていました

そんな様子を気にも留めず、おばさんは縁側に腰掛け
「い~ち、に~い、さ~ん」と急に数字を数え始めました
驚いたのはここからです
女の子が突然「ごめん、ごめんなさい!」と謝り始めたのです
甘えた感じで座ったおばさんの背中に抱きついたりして
明らかにご機嫌取りを狙っているようですが
謎のカウントは止まりません
すると女の子は
慌てた様子でパンツをするりと脱ぎ
おばさんの太ももに覆いかぶさるように寝転んだのです
わけのわからないまま見ていると
おばさんが女の子のお尻をピシャピシャ叩き始め
その数が十回、二十回、三十回を超えたあたりで
だんだん怖くなってきたので
見るのをやめ、玄関前に袋を置いて帰ることにしました

しかし後日
女の子に見ていたことを知られてしまいました
「エッチ、言いふらしてやる」女の子はお尻を見られたことが許せないらしく
いくら謝っても「許さない」の一点張りです
それでもめげずに謝り続けた結果
女の子と同じ罰、つまりおばさんにのぞいていたことを告白してお尻を叩かれてきたら
言いふらすのだけはやめてあげてもいい、ということでした
どの道おばさんには女の子の口から伝わってしまうと思ったので
わかったと返事をして女の子の家に向かいました
(女の子は巻き添えで怒られることを恐れついてきませんでした)
おばさんは話を聞いても「あの子が悪いのに」としぶっていましたが
言いふらされるのは御免なので
どうしてもとお願いすると「手加減はしない」ことと「途中で嫌だと言ってもやめない」2つの条件を約束させられ
応じると、奥の和室へ連れて行かれました
そしておばさんはすぐ「い~ち、に~い、さ~ん」あの時と同じようにカウントを始めました
数えながら正座し「見てたんでしょう?」とこちらを見ます
すぐに理解し、パンツを下ろして太ももに寝転びましたが
慣れていなかったせいもあり数は「じゅうご」まで進んでしまっていました
「じゅうごかぁ、頑張ってね」お尻を叩かれながら聞いたのですが
おばさんのお仕置きのルールとして
カウントが始まってすぐ来なければお尻を叩く数がどんどん増えるらしいのです
具体的にはカウントが一増えるごとに十発
つまりおばさんに百五十発も叩かれたのですが、言葉通り手加減はまるでなしでした
びったんびたんと張り手のような平手打ちが延々と続き
途中「うう」「あぁ」と何度も声が出ました
泣きこそしませんでしたが、我慢した脂汗で染みができるほど服は濡れていました
お仕置きが終わり「もう気にしないのよ」とおばさんに許してもらい
帰ろうとすると、戻ってきた女の子に呼びとめられました
「来て」と自室に誘われ
お尻を出して、本当に叩かれたかどうかの確認をさせられました
「まぁまぁ痛そう」それが女の子の評価でした
カウントが十五まで行ったことを告げると
「フツーだよ?私なんか最高三十一だし、二十八もあるよ」と言われてしまいました
思わず女の子のお尻に目をやってしまいました
痛いけどちょっぴりエッチな、子供時代の思い出です