243-05s
小学校4年生の夏のこと。

放課後の委員会活動で6年生の女子とふたりっきりで仕事していた。

Tシャツからブラが透けてたし,けっこうでかいオッパイしていました。


そしたら先輩のTシャツの袖から,ワキの下が見えた。

うっすら黒いものが見えてびっくりした。

「うわ,ワキ毛だ」と大声を出してしまった。

そしたら先輩は,
「やだ,ナイショにしてよね・・・6年生になると色々成長するんだから」と言った。


漏れはふざけて,
「うん,成長してるよねー」と胸を指さして言った。

そしたら,先輩は
「さわるか。

いいよ」
とあっさりOKしてくれた。

初めてさわる6年生のおっぱい。

夢中でもみました。

もっとやわらかいものを想像してたけど,ゴムマリみたいに弾力がありました。

先輩はけっこうニコニコしながら,
「大きいでしょー。

6年生になるとこんなに大きくなるんだ・・・」
と言いました。

「6年生ってすげえな・・・・」6年の教室にはこんなおっぱいがあって毎日見れる。

そう思うと6年の男がうらやましくなりました。

「ワキ毛生えてるの,ナイショにしてよね・・・」
「いつから生えたの?」
「んー,わかんない。

気がついたら生えてた」
「6年生ってすげえな・・・・おっぱい,大人みたい」
「大人だもん・・・でも,4年生なら,ここの毛は生えてるでしょ?」
と,自分の股間を指さしながら言った。