Cif7N51VEAAJJPJ
僕は小学校1年の時からスイミングに通っていた。

 そこの指定海パンが、ビキニ型のいわゆる競泳パンツってヤツだった。

色はクリームがかった黄色で、股間がかなり目立つ派手なヤツだった。

 1年の頃からチンコが大きい方だったんで、よくスイミングの友達からモッコリをからかわれてた。

5年になる頃から、他の子との違いがかなり大きくなり、自分でもモッコリが恥ずかしくなった。

サイズ大きめの海パン穿いたりしたけど、かえってモッコリが目立って困った。


 コーチの大学生のアドバイスで、逆にうんと小さめのサイズにしてみた。

 キツキツでモッコリは無理やり押さえられたけど、今度は半ケツになりやっぱ恥ずかしかった。


 その頃、僕の練習する時間に良く会う30歳くらいのオバサンがいた。

 休憩中に話しかけられて、泳ぎの話をするうち仲良くなった。

 そのオバサンに「どうして水着そんなに小さくしたの?」って聞かれたんで理由を言った。


 すると「前の方がいいわよ。

モッコリは大きい方がいいに決まってるもの」って言ってから、「今度の練習の時、前の水着穿いてきてね。

そうしたらいいこと教えたげる」って笑った。


 次の練習日、みんなにからかわれてもいいやって思って、前の海パン穿いてった。

 オバサンは「やっぱりキミにはその水着の方がいいよ。

帰り水着着替えないで待ってて」って言われた。

 ちょうどナイロンのハーパン穿いてきてたんで、濡れた海パンの上にハーパン穿いて待ってた。


 車でオバサンの家に連れてってもらった。

家にはオバサンだけしかいないらしく、入ったらすぐに海パンだけの姿にさせられた。

 そのままベッドに寝かされ、オバサンが目の前で真っ裸になった。

驚いたけど、女の裸をはじめて見たんで、海パンの中でチンコがビンビンになってしまった。

「海クンまだ5年生だよね。

でもこのオチンチンは大人より大きいね。

全部見せてね」
 そう言って僕の海パンをゆっくりと脱がしはじめた。


「凄い! もう皮が剥けてるのね。

毛も生えてないツルツルのとこに、こんな大きなもの持って」
 我慢できないって言って、オバサンは僕のチンコを咥えてフェラチオしはじめた。

 時々チンコから口を離し「驚くほど大きいのねぇ。

可愛い顔してここだけは大人以上、とても立派よ。

もうオナニー知ってるんでしょう?海クンの白いジュース飲みたいわ。

思い切り出してちょうだい」
 そう言われても、まだオナニー知らなかったから、オバサンの言ってる意味が分からなかった。


 でもだんだん気持ち良くなってきて、チンコから何か出そうな感じになってきた。

「オバサン、ダメッ、オシッコが出ちゃうよ~!」
 そう言ってもオバサンは僕のチンコから口を離してくれない。

首を振りながらますます激しくチンコをしゃぶっている。


 体の奥から突き上げるものがあり、腰を大きくバウンドさせながら、「あ~~!、オバサン、出ちゃう、出ちゃう、出ちゃうよ~!」
 そう叫ぶと同時に、生まれてはじめての射精が始まった。

 ベッドの上で体中を痙攣させて、オバサンの口の中へ何十回も精液を注ぎ込んだ。


 射精が終わり、半分死んだようにグッタリした僕は、頭が混乱して泣き出してしまった。

おばさんがチンコからやっと口を離した。

「海クン、初めてだったんだ。

白いジュースいっぱい出たよ。

オバサン全部飲んじゃった」
 何が出たのか分からない僕は、泣きじゃくりながら、「オバサンごめんね。

おしっこ我慢できなくて出しちゃった」って言うと、「海クンが出したの、おしっこじゃないの。

大人になったしるしなの。

だから泣かないで」
 そう言って僕の体をぎゅっと抱きしめてくれた。


 オバサンのアソコが僕のチンコに擦り付けられた。

するとおとなしくなってた僕のチンコが、またムクムクと勃起しはじめた。

「海クン、本当の大人にしてあげようね」
 僕から体を離したオバサンが、またフェラチオをはじめた。

再び襲ってきた快感に思わず「気持ちいい~~!」って叫んでしまった。

 最大限に勃起した僕のチンコを握って、オバサンが僕の上に腰を落としてきた。

 チンコが、口ではない違うものの中に、少しづつ入っていくのが分かった。


 僕のチンコをすっかりアソコに嵌めてしまってから、オバサンが静かに腰を振り出した。

チンコが無数の手で優しく扱かれるような、なんともいえない気持ちの良さ!
 思わず「あ~ん、あ~ん」っていうよがり声が出てしまってた。

 オバサンも気持ちいいらしく「海クン、凄いよ。

小学生とは思えない。

こんな奥まで感じるなんて」
 二人ともだんだん大きなよがり声を上げ始めた。


 オバサンの腰の動きがどんどん激しくなってきた。

本能的に僕も下から盛んに腰を突き上げるような動きをしていた。

「あ~~!、凄い、海クン凄いよ。

もう逝っちゃう、逝っちゃう。

海クンも逝って、一緒に逝ってよ」
 オバサンの乱れようが凄くて、僕も一緒に逝きたくなった。


「オバサ~ン、僕も気持ちいいよ~! 出ちゃうよ~! 出ちゃうよ~!」
「海クン、逝って、逝って、オバサンの中に思い切り逝って~~!」
 たまらなくなった僕は体を起こし、オバサンに抱きつきながら、「あ~~~! 出ちゃう~~! 出ちゃう~~!、出ちゃうよ~~~!」
 そう叫んでおばさんの中に思い切り中出ししてしまった。


 オバサンも「逝く~~! 逝く~~! 小学生の海クンに逝かされる~~~!」って叫んで痙攣するように逝ってしまった。


 あまりの激しいSEXに、しばらく二人で抱き合ったまま体を繋げていた。

 そのまま抜かずのに2発目に突入して、その日は合計8発も出してしまった。

 初めての射精の日に童貞を卒業でき、貴重な体験したと思ってる。