pic-0212000530
初めて彼のお家に遊びに行った時の出来事。

彼の妹さんと私が顔見知りだったりするので、まずバレないように脱いだ靴両手にぶら下げて彼の部屋へw

『寒いっしょ?暖房つけるね』
でもなかなか部屋が暖まらず、二人コタツに埋もれながらDVD観賞。

初めて二人っきり…正直心臓バクバク。

それなのに追い討ちで
彼『…こっち向いてよ』
彼『キスしたらあかん?いや?』
私「…顔真っ赤になったら恥ずかしいからヤダ…」

すると即座にカーテン閉めた彼w
彼『これなら平気でしょ?はい、こっち向いて(・∀・)』
私が尚もうつむいてると、彼の大きな手が顔包み込むような感じで伸びてきて、キス。


私も最初は体硬くしてたけど、段々興奮してきて長い長いDキス…。

そのうち知らん間に声漏れてたらしい(恥)

気付いたらくちびるから首筋にキスされてて、思わず彼の背中にぎゅってしがみついた。


それでお互い完璧スイッチオン。


服の上から優しく胸触って、少しずつ脱がされてって…
彼『こっち(仰向けの彼の上)おいで』
彼は高身長故に自分が上じゃ重いんじゃないかと気にしてくれたらしい。

言われるがまま、戸惑いつつも彼に跨ってまたDキス。


…してる所で廊下に足音聞こえて二人共フリーズw
足音の正体は彼のパパンだったらしい(´・ω・`)

取り敢えずコタツに潜り込んで二人で息潜めながら軽くキス&ハグ。


もう大丈夫かな?とコタツ脱出して
今度は私が仰向けになって彼が胸に頭埋めてきた。

ふわふわの彼の髪が気持ちよかったw

しばらくそうした後、ショートパンツ脱がされて→タイツ脱がされて→ほぼ全裸…になった時にいきなり立ち上がって箪笥の方へ行く彼。

その間私は放置プレイ

私『ちょ…恥ずかしいって』
彼『じゃあもうちょっとこのままw』
とか言いながらじーっと見つめられる。

やっと(装着も終わり)再開した頃にはこちとら限界に近くて、必死に声堪えてた。


そこにまず人指し指挿入されて、
彼『…痛くない?』
私『…(無言で頷く)』

すると+中指でゆっくり出し入れ…。

声漏れまくり。

でもまだ恥ずかしくて『いや…』『やめて』つってたら
彼『それ反則やって…めっちゃ可愛い』
彼も我慢出来なくなったらしく、そこで挿入。


この辺からあんまり記憶なくて書けませんm(_ _)m



まだホントはつづきあるけど…それはヒミツw

めちゃくちゃ幸せだったことは確かです。