0617
こんにちは。

R太郎です。

今日は久しぶりにプールに行きました。

いつもの如く、
ターゲットを絞ります。

最初は小学生2人。

しかし、
Pを見せたところで怖がって帰ってしまいました。

こういう
ことはよくあるんですが…。


そこで、中学生7人組み。

プール全体を鬼ごっこしていたので
逃げている1人の前でPをだして通り過ぎます。

Pを確認するか
のように通り過ぎ、急いで友達のところへ…・ 2人、3人と
集まり、7人になったところでゆっくり私のところへやってきます。

先頭は誰かを擦り合いながら、それでも水中メガネのくもりだけは
みんな直しています。

そして、2mほど手前でふざけながら水中で
Pを確認。

「あははははっ、ある!あるよ!」「うそ、…」
「ぎゃははは、見なよ」
「…・ちょっとでかくない?」「丸見えになってる」
少しずつ彼女たちは近づいてきます。

「ぶはっ、ちょっと触ってる、
自分でいじってるよ」 7人が我を忘れてPを観察してくれます。

それから。

私が移動すると、遠回りしながらもしっかりついてきます。

場所を移動しては見せ、また移動するということが30分ほど続きました。

私は、思い切って暖房室に入りました。

5分ほどして、入り口の外で
入るは入らないと騒ぐ7人。

目を合わせないように寝たふりをしていると
入ってきました。

10人がやっとの部屋の中で、7人は笑いをこらえて
私の股間を見ています。

おもむろにPを出します。

「きゃまた出した!」爆笑の渦です。

経験ではこういう雰囲気では大丈夫です。

足を開き、7人の前でOショー
です。

腰を振ってPをブルンブルン振ると大爆笑。

7人の見守る中、最後はS。

「誰にも言わないから安心してよ」なんて先に言われてしまった。

でも、こんな成功例は数ヶ月に1回あるかないかですから。