BcN99S8CEAAKlUP
従兄弟のA男ちゃんの家へ行った時のこと。

A男ちゃんの家ではいつも、
ご近所のB男ちゃんも入れて、3人で遊んでた。

その日に限って、B男ちゃんの姉のC子ちゃんも来た。

B男ちゃんがおれに、オナニーしたことある?って聞いた。

A男ちゃんが「たぶん、あるよ」って答えた。

C子ちゃんは小声で「やーだ」って、苦笑いしてた。

3人で「ぬるぬるして遊ぼうか」とか、
 「オナニーしてんなら大丈夫だよ」とか言ってた。

何の遊びだかわからない、けど聞いてて、なんかどきどきした。


3人の後について、近くの河原まで歩いた。

C子ちゃんが、草むらに寝転んだ。

その寝転んだ格好がエッチで、見ててぼっきした。

A男ちゃんとB男ちゃんが「きみが先だよ」っておれに言った。





おれは、ぼっきを手で隠すのが精一杯だった。

すると、C子ちゃんがショートパンツを自分で脱いだ。

膝を立てて、フリル付きのショーツも脱いでた。

すっかり、エッチが丸見えだった。

おれ、頭の中真っ白で、スクール水着の日焼のラインとか見てた。

女の子の、まだ薄くて、小さくて、陰毛とまで言えない。

 「ね、見てないで脱げば」Aちゃんに言われた。

右手だけでズボンとトランクスをおろした。

左手で、ぼっきを隠してた。

C子ちゃんの両足の間に座って、正直、足がふるえてた。

 「やって。

だれか来ちゃうからさ」
C子ちゃんが言って、手を伸ばして、おれは腕を引き寄せられた。

お腹にお腹で乗る感じで、太腿に触れる皮膚が柔らかだった。

甘酸っぱい汗の匂いがした。

さきっちょが、あちこち触れてくすぐったい。

Cちゃんが手でぼっきを掴んで、入れてくれた。

 「ゆっくりね」小声で言われた。

  
ぬるぬるで温かで‥‥‥‥初めてだった。

最後、横の草むらに向けて、手で出した。

 
ふり返って見た。

Aちゃんが両足の間にいた。

馴れた感じで太ももを抱えて、ぼっきを押込んでた。

Bちゃんが「見せて」って言って、脇に座ってた。

C子ちゃん、さっきよりも笑顔でリラックスしてた。

2人、たぶん、何度もやってるらしい。

ちょっと妬けた。

C子ちゃんが「B男は?」って聞いた。

 「ゆうべしたばかりだよ」Bちゃんは返事した。

 「いいじゃん」Cちゃんが言った。

2人とも服全部脱いで、真っ裸で抱き合ってた。

姉と弟でお互い馴れてるって感じだった。

ピチャピチャって音も聞こえた。





犬の散歩のおばさんが通りかかった。

Aちゃんが挨拶した。

 「ふっふふ、どうしよう。

  見なかったことにすればいいのかなー?」
そう言いながらおばさん、よいしょって横に座った。

C子ちゃんが、B男ちゃんの下から
 「はーい、できれば」って答えた。

 「どれ、B男。

もっと起たせてあげるよ。

姉ちゃん喜ばしなよ」
おばさんは、B男ちゃんの後ろから股間に手を入れて、
無造作に玉袋を揉んでた。

Bちゃんは「いやだよー」って笑いながら、たまらず腰を振った。

腰が動くのと一緒に、C子ちゃんが「あぅ、あぅ」って声を出した。

おばさんは、Bちゃんが言うのを無視するように、
 「あとでみんなでうちに来てよ。

いろいろ教えてあげるよ」 
そう言った。

3人で、2日後に、おばさんちに行ったらしい。

おれも行きたかった。