sex_037-004
自分は某人妻風俗(ヘルス)の受付している。

こないだ店長の休みと新人の面接がかさなり嫌いな先輩が面接すしる事になりました。

そいつは中年ハゲデブ油ギッシュで性格最悪な奴で自分はあまり仲良く話をしない間柄でした。

面接は説明の他に実戦もできるおいしい仕事です。

できればブタみたいな奴が来ればいいと思ってました。

昼過ぎに面接の女性が現れました。

身長が高くスリムで上品。

色気たっぷりの美人人妻でした。


自分はいやいや先輩を呼びました。

先輩は女性を見るなり目を丸くして嬉し笑いをこらえながら別室に女性と入って行きました。

30分位して2人はプレイルームに移動しました。

その時の先輩の顔は確実に興奮の絶頂みたいな顔をしていました。

その日は暇で客が全くいなかったのでのぞき穴から部屋を覗いてみるとすでに先輩は女性の口にむしゃぶりついていました。

しばらくして服を脱がせて体中を舐めまわし、ああー
あうーと悶えていました。

その後先輩が彼女に体中を舐めさせ始めました。

アナル
玉を嫌がる中無理やり舐めさせた後息子をしゃぶらせてからバック正常位で本番へ。

彼女は苦痛を通りこして
泣きそうな顔でした。

その頃客が来てしまい分かりませんが二時間位出て来ませんでした。

次の日
店長に先輩が昨日の面接した人はブスだしやる気もないんで不採用にしましたからと報告していました。

あの先輩はクソ野郎です。