Pic00010012
不倫セックスの快感に溺れてしまった私の話。

子供が大学生になり
一人暮らしをしはじめてから
一気に暇になりました

私は46歳の中年おばさんですが
それでも老け込むにまだ早すぎる年だし
何が始めようと思い
暇な時間を有効活用する為に
パートに出る事になりました


自宅から近い
マダム、主婦向けの美容系の物や
小物を扱ってるお店の店員として
働き出しました

自分で言うのはおかしいですが
年齢の割りに若いと言われる方ですし
おしゃれに意外と自信があります

その主婦向けSHOPで
仕事をするきっかけになったのも
私がもともとお客として通っていたのですが

店長さんと顔見知りになって

「良かったらアルバイトしない?」

と誘われた事がきっかけだったんです

週に2回は
お昼間から夕方までの5時間

週に1度が夕方から
8時の閉店時間までの勤務体制です

お昼間は店長さんは
他の店舗にいるために
私がいる店舗には来ませんが

閉店時には必ず店に来るので
私と2人で閉店してレジを閉めます

いつしか、閉店後に
店の奥でお茶を飲んだり
時には店長が持って来てくれた
シャンパンを開けたりもしてくれました

店長さんが私を
気に入ってくれている事は
知っていました

ある日、いつもの様に店を閉めて
奥で一杯やろうと誘われた時に
店長の様子がどこか違いました

その時はシャンパンを
一気に飲み干すと
いきなり店長からキスをしてきました

「もう気持ちを止められない
お付き合いして欲しい」

と告白されたんです

私は夫も息子もいる人妻だし

「お付き合いは無理ですが
たまにこうして一緒にいる事は構いません
私も店長が好きです」

と素直な気持ちを伝えました。


その後は自分でも
恥ずかしいくらいに
大胆になっている私がいました

店の奥はぎりぎり人が
寝られるスペースがあり
その前にソファーは置いてあるんです

私はソファーの上に座って
店長にマンぐり返しされながら
オマンコを舐めてもらったんです

夫にももう何年間も
そんなHな事は
してもらっていなかったので
夢のような感じがするくらい
気持ちが良かったんです

それから、週に一度店長さんの
情事、不倫が
待ち遠しくて仕方がありません

いつしか、家族に嘘をついて
一泊不倫旅行へも2人で出かけるようになり

ホテルで思う存分愛し合える日は
何時間でも2人でベッドの中で過ごします

店長さんは長いこと
奥様とはSEXしてないと言うので
私の体に夢中です

私は夫とも夜の営みは
普通にあるのですが

今は夫の抱かれる時も
店長さんの事を思いながら
夫婦の営みをするようになってしまいました

四十路を過ぎて
こんなに女性として目覚めるなんて
全く思っていませんでしたが

20代30代の頃のセックスよりも
40代の今のほうが
明らかにSEXが気持ち良いんです

40代という年齢が女性にとって
一番の女盛りなのかもしれません

SEXの快楽の虜になってしまっているんですが
溺れないように気をつけないと
思う日々です

でも今は店長さんも私も2人で
セックスする事に夢中なので
もうセックスはいいやと思えるまで
2人の関係を続けたいと思います

女の人生から40歳から始まるんです

恐らく私のように四十路前後の奥様達も
不倫にハマっていると思います