ll
私は27歳の皮膚科の女医だ。

ある日、大学1年生の男の子が診察に来た。

どうしたの?と尋ねると、おちんちんがむずがゆくて
夜寝られないという。

私は彼にズボンとパンツを脱ぐように言った。

彼はズボンのチャックを外し、おろした。

白いブリーフパンツをはいていた。

私は萌えた。

脱がすね。

パンツを下すとピーンとたった
おちんちんが私を突き刺すようにさしている。


私は彼のおちんちんをつかみ、きゅっきゅっと
握った。

なんともないわよ、腫れてもいないし、湿疹ができてるわけでもないし。

でもねられないんです。

困ったわね・・・・その時私はとんでもないことを思いついた。

ちょっとそこのベットに座って。

はい。

彼は素直にベットに座る。

私は彼のおちんちんをつまみ、
痛かったら言ってね。

といってそのまま揉み続けた。

あはっ、あはっ・・・彼があえぎはじめた。

気持ちいい?はい。

かゆいの治った?
な・・・治りました。

でも…出そうです。

え?私はここで出されたら困ると思い。

パンツを上げた。

出してもいいわよ。

彼はパンツの中に自分の精液を
ビューッビューッと出した。

彼はハアハアとものすごくあえいでる。

苦しい?は、はい。

私は彼が愛おしくなってきて思わず抱きしめた。