pic-0212000500
高校3年生の秋頃の話。


私の家ではお風呂の改装をしました。


 1週間の間、お隣のお風呂を借りました。


 最初の日、7時頃に、お風呂を頂きに行きました。


 脱衣場で服を脱ごうとすると、窓が10センチほど開いていますので、カギは掛けずに閉めるだけ閉めました。


 お風呂に入るとお風呂の窓も少し開いています。


 湯気が逃げそうなので、ここも手を少し延ばして閉めました。


 湯舟にしばらくつかったあと、体や頭を洗って、ふと見ると、また窓が少し開いています。


 私は

 「あっ、誰かに覗かれてる?」

 と思いました。



 でも、お風呂の外側はビニールトタンで物置きのようになっていて、かんたんには外部からは入れないはずです。


 すると、覗いているのは、この家の誰か。


 この家には、中学2年生の男の子がいます。


 その子が幼稚園のころに少し遊んであげたことがあります。


 でも、最近では、朝、たまに学校へ行く姿を見かけるだけです。


 脱衣場へ出ると、やはり窓がすこし開いていました。


 私は、とてもドキドキしてしまいましたが、出てからも、そこのお母さんには何も言いませんでした。


 お風呂あがりにオレンジジュースを頂いて、家に帰りました。


 家でも、その事は何も話しませんでした。


 翌日も、7時ごろにお風呂を頂きに行きました。


 やはり脱衣場の窓もお風呂の窓も、すこし開いていましたが、そのままにしておきました。


 お風呂から出て、脱衣場で、乳液を体に付けました。


 肘や膝に付けているときに、ドアの模様入りガラスに、窓から覗いている顔が写っていました。


 模様入りガラスなので、クニャクニャとしていますが、やはり、この家の男の子です。


 私の裸の背中やお尻を見られてる、と思うと、体中に電気がビリビリと走るような感じがしました。


 その時、何故だか私はもっと見せてあげようと思ったのです。


 足首の方にも乳液をつけるような振りをして、体を前屈みにしました。


 両足を少し開きました。


 お尻をぐっと上の方へ上げるようにしました。


 お尻の穴や大切なところが丸見えになったはずです。


 私は、自分にこんな趣味があったなんて、その時に初めて知りました。


 私は、その1週間は、自分の裸を男の子に見られて、今まで感じたことがない快感を味わいました。

大切なところは 、滴が脚を伝ってしたたり落ちるほど濡れました。

家では、夜眠る前に思い出してはオナニーにも耽るようになりました。


 その後、そういう機会はなかなかないのです。