9c6bbbf205ab480f8169f75acbb64ec5
加代の話をしよう。

俺はブスが好きだ。

ただのブスでは困る。

色白で肉付がよく、隠し巨乳。

それから歯がきれいなこと。

歯が汚い女はアソコの手入れが悪い。

乗り逃げされてポイされて、そのくせエッチなことに興味津々で毎日オナニーしているような汁の出がいい女がいい。

何でもするどエロ変態M女に調教して乗り飽きたらポイ捨てだ。

居酒屋で釣った加代(31才)は正にそんなメス犬だ。

会社が終わるといつも一人で飯を喰ってたみたいでもう三年も男日照りだったらしい。

俺が声をかけるとビクッとして猜疑心の塊のような目で見る。

もてない女ほど疑り深い。

くろぶちのメガネをかけダサい服装だが小粒の真っ白な歯がいい。

顔はいとうあさこタイプ。

小さめのブラで押さえつけてる豊かな胸を見逃さない。

加代は酒が強そうだ。

勧めながら話をしているうちに打ち解けてきたのでカラオケに誘った。

嬉しそうについてきた。

カラオケに誘ったのは体の品定めをするためだ。

胸はやはり大きそうだ。

動くたびにユッサと揺れる。

ジーンズに包まれた肢体は尻がでかく太ももがパンパンなのに足首は細そうだ。

俺は太ももの間に隙間がある女はダメだ。

加代は合格だ。

顔を除けば、色も白いし、いい体してる。

下半身に血が集まるのを感じるが今日は肩を軽く抱くくらいで手は出さない。

俺は女を落とす時には十分に時間をかけ相手が焦れて、やって欲しいオーラを出すまで待つ。

そんな状態になってから抱いてやると面白いように狂った痴態を見せてくれる。

別の日にまた飲みに行った後、遊園地に誘う。

実は遊園地はグッと近づける絶好の場所だ。

ジェットコースターで失禁しそうになり、お化け屋敷では思い切り抱きついてくる。

そうなるともう腕を組んできて彼女になったつもりだ。

大観覧車に乗った時に軽いキスをしてやった。

手のひらがシットリと湿って、耳たぶが赤い。

濡れやすいタイプと見た。

デートを繰り返してもキスだけで手を出してやらない。

加代が家に来いと誘ってきた。

とうとうやって欲しいオーラが出た。

多分その日は安全日だ。

一番いい下着で俺を待つつもりだろう。

約束の時間より30分遅れて行く。

最後まで焦らしてやる。

加代の部屋は1Kのマンションで防音効果は良さそうだ。

女の子らしい可愛い部屋でいい匂いがする。

やられたい女は服装を見ればわかる。

加代はダブついたTシャツとプリーツのスカート。

どちらもめくれば直ぐにやれる服装だ。

ド変態M女に仕込んでやる。

どす黒い欲望に下半身が膨張する。

お得意だというロールキャベツ、旨かった。

ソファーで飲みながらいい雰囲気になったところで肩を抱き寄せキス。

今日は舌を差し入れる。

加代の体からボディソープのいい匂いがする。

俺がくる前に入念に体を清めたに違いない。

加代が舌を絡めてくる。

「加代…舌出して。

ベーと出して。

」舌を丸ごと強く吸いながら唾液を送りこんでやる。

加代の手のひらが湿っている。

アソコも濡れているはずだ。

音をたてながら舌を吸い、乳に手を伸ばす。

首筋に舌を這わせながら乳をつかむ。

(でかい…)我慢できない。

Tシャツをたくしあげライトパープルのブラから乳をつかみ出す。

真っ白なタプタプの巨乳だ。

乳首がでかい。

「大きいの…隠してたの?」
「恥ずかしいから…」ワンサイズ小さいブラで押さえつけてたようだ。

「大きいのは素敵なことだよ。

俺は好きだな。

吸っていい?」両手に余る乳を揉みながら俺。

加代はコクンと首を縦に振る。

俺は大口を開け乳に吸い付く。

チュパチュパ、ジュジュ?、ズズ?。

できるだけ卑猥な音をたててねぶりたおす。

乳首を甘がみする。

カチカチだ。

加代は顔をのけ反らせ、クククッという呻き声を出す。

オナニー以外の久しぶりの快感なんだろう。

体が小刻みに震え自然と股がゆるんでくる。

乳を吸いながら内股を擦る。

鳥肌がたってる。

右足をソファーの上に上げさせ、左足を俺の膝に抱え込み、股を開かせる。

ブラとお揃いの可愛いパンティだ。

股間がコンモリ盛り上がっている。

土手高らしい。

チンポ勃起度90%、ズボンに押さえつけられ痛い。

股を覗きこむ。

直径2センチほどの濃いシミが…
「加代…シミ…」
「い…やっ…恥ずかしいっつ!」両手で顔を覆う。

シミをスリスリしてやるとシミ広がってゆく。

プックリした土手をパンティごとつまんでコキコキしてやる。

「グフっ、フ、フ、フッフン…」いい反応だ、加代の股間に体を移し太ももをM字に開く。

真っ白な太ももの中心に派手なシミを透してビラ肉が見える。

たまらん。

勃起度120% シミの中心に鼻を押し付けクンクンクンと言いながら匂いを嗅ぐ。

ボディソープとは明らかに違う濃厚な匂い。

鼻先が湿る。

「ダメー!匂いダメ?」俺の頭を抱える。

クリの辺りを淫肉ごと唇ではさみ軽く吸いながらンマンマンマしてやる。

「ヒゥ?」加代の呼吸が止まる。

軽く逝ったようだ。

やって欲しいオーラをだしている女はホント簡単に逝く。

素早くパンティを脱がせビラ肉を指で開く。

グチョグチョだ。

真っ赤に充血している。

陰毛は薄くクリは小さめだ。

痛くないようにたっぷりてツバを着けながら敏感な部分を舐める。

加代が続けて逝く。

俺は舐めながら素早くズボンとパンツを脱ぐ。

待ちかねたようにチンポがしなる。

先っぽが汁でベトベトだ。

俺は新しい女と初めてやるときはグズクズしない。

フェラなんか後回しだ。

とにかくぶち込んで既成事実をつくる。

女なんて一発やられれば、後は言いなりだ。

何でもする。

「加代、入れるよ。

」俺は素早く亀頭をビラ肉に擦り付け、かき分けめり込ませる。

「えっ?アッ…」加代。

角度を合わ1/3ほど挿入したところで止め、マン汁で十分馴染ませる。

(ちょっと下つきだな…)
「ゆっくり…お願い…おっきい?」腕を突っ張る。

俺は小刻みに抜き差しを繰り返し奥へ進める。

根元まで入った。

先っぽが当たっているのを感じる。

フゥ?と加代が息を吐く。

はめてしまえばこっちのものだ。

ゆっくりと料理してやる。

加代の腰を抱き…
「加代、大丈夫?」
「奥が少し痛いかも…」
「久しぶりなの?」
「…う…ん…」
「奥まで入れないようにするからね。

」後ろ手にズボンからハンカチを取り根元に二重に巻く。

これで根元まで入らない。

「加代が動いて…」加代を抱え180度体の位置を変え抱っこちゃんスタイルに。

深く入ったのか加代がうめく。

俺の首に手を回しゆっくりと尻を振り始める。

でかい尻だ。

最初は女に好きに動かせたほうが女も逝きやすい。

オナニーに慣れている女は逝きツボを知っている。

俺も神経を射精に集中させる。

加代が激しく動き出すとブチャァ?ブチャァ?という派手な音が出る。

汁の出がいい女とやるとこうなる。

「やだ、音…」加代が動きを止める。