016_20140311161739517
俺が小学生時代の話。

6年間ずっと同じクラスの女子(Y)がいた。

Yは成績がよくいつも俺のことをバカにしていた。

その上可愛くモテモテになって俺は正直嫌いで表向きだけ仲良く付き合っていた。


俺は必ず仕返ししてやると思いその時を待っていました。

俺はYの帰り道が俺の家の家の前を通ると分かり作戦を立てた。

俺と仲のいい男子とその子を好きな男子と3人でやることにした。

ちょうど次の月曜は誰もいなくその日に決めた。


当日
Yが家に帰ってる時に呼び止め俺の家に半ば強引に引き込んだ。


Yはわけがわからず混乱していた。

まず俺の部屋に連れて行きそのことについて問いただした。

その時に謝るなら許そうと思ったが
「それはあんたが頭悪いからでしょ」
俺はその言葉に切れた。

「やるぞ」俺は事前に決めたことを一言で言った。

2人は一斉に両手を抑えた。

Yはかなり焦っていたが俺は無視して
「お前が悪いんだぞ」の一言いいYの服をめくった。

「きゃ~エッチ何するのよ」
「お前が俺をバカにするからこうなるんだ」
俺は服を完全に脱がした。

Yは胸がちょっと膨らんでいた。

次に俺はYのスカートを脱がした。

ピンクパンツでリボンが付いていた。

俺はYのパンツも下ろすとマンコが出てきた。

Yは顔を伏せて泣いていた。

俺は「そのYの全身を写真に撮って脅した。

「このことを誰かに言えばみんなに見られるぞ」
俺は胸を揉んだりした。

「俺にも触らせてよ」その子を好きな男子が言って触った。

「Yちゃん柔らかいね」
俺たちは全員でズボンとパンツを脱ぎアソコを出した。


俺はYの口に近付け
「咥えろ」と言うと泣きながら従った。

Yを好きな子に挿入は譲った。

「入れるよ」その子は小さかったのですぐに入った。

そして腰を振った。

俺の友達はYの手に置きシコって貰っていた。

俺は我慢の限界が来て一番に口に出したそれでも抜かなかったので
Yは俺の精液を飲んだ。

Yを好きな子もなかだしをしてしまっていた。

俺の友達も顔に射精した。

俺はまた写真を撮り服を返した。


次の日俺たちは本当に誰にも言ってないか気になっていたが何もなかったので一安心しました。