a11122343000375
学生時代の話。

家庭教師とバーテンダーを掛け持ちバイトしてた。

バイト先のバーに家庭教師先の奥様が不倫相手と来店。


口止め料にホテルへ連れ込ませてもらった。


この奥様、実際は41歳だが30前半に見える色白Gカップ(あとで判明w)。


多少肉は付いてきているものの、くびれはきちんとあり、前からエロいと思ってた。


最初は身体を硬くして、『嫌なんだけど仕方なくついて来てます』風だったが、「嫌ならいいですよ。

そのまま固まってて下さい」と、脱がしたストッキングで椅子に固定w

それまで縛りとか興味なかったんだけど、縛ると胸が強調されてエロいw

服のまま縛ったんだけど、少しずつ露出させていって、乳首を舌先で転がし出した頃にはもう自分から腰動かしてて、声も漏れ出してた。



「感じちゃってるんですか?」

って言ったら、もっと声出してんの。


「ゆういち君(生徒)、お母さんが俺とこんなことしてるって知ったら、どう思いますかね?自分の家庭教師の先生にお母さんが乳首舐められてるなんて」

俺、あんまりSな嗜好はなかったはずなんだけど、涙浮かべてる彼女を見てるともっと苛めたくなってきた。


だけど、あえて一度縛りをほどいて、優しくアプローチ。


「ちょっとやりすぎたみたいでした。

ごめんなさい。

よければお風呂どうぞ」

と、安心させて、彼女を風呂に行かせてる間に枕の下にカメラセット。


戻ってきた彼女は椅子に座るのを躊躇ったので、「もうしませんよ」と微笑みかけて、「でも、ここが嫌なら。

そっち?」とベッドへ座るように誘導。


んで、「いや、あの、憧れてたんですよ、前から。

魅力的な人だなって」とか言いつつ隣へ。


ラブホのパジャマつっか、薄っぺらなガウンみたいなやつ、あれしか身に着けてない彼女の胸にそっと手を伸ばしつつゆっくりと肩を引き寄せると、身体を預けてきた。

でも、普通にするのもなんか勿体無い気がしたので、「脱いでください」と全裸を命令。


座ったまま脱いでもじもじする奥様に・・・。


「じゃあ、横になって。

脚を広げて」

そりゃま、恥じらうわけです。


「そんな・・・ええ・・・」とか。


「ゆういち君、お母さんが不倫してるって知ったら、2月の試験、大丈夫かな」

そのセリフ一発で全裸にさせてベッドに寝かせる。


最初は足を伸ばしてたんで、また命令してM字開脚の出来上がりw

もちろん電気は明るいままだし、おまんこ丸見え。


それがテカってる。


ヌルヌルした汁で。


正直、もうぶち込みたいんだけど、勿体無いので虐めを続行。


「ねえ、お母さん。

濡れてますよ。

ちゃんとバスタオルで拭いたんですか」

「うう・・・ふ、拭きました」

「じゃあなんで?」

とか言いつつ、指先でまん汁を掬ってクリの方へゆっくり指を滑らした。


「なんで、こんなにヌルヌルしてるのかな?」

俺の指がクリに当たった途端、びくんって身体が跳ねた。


それがすごい勢いだったので、指が離れてしまったくらい。


「なんでそんなに動くのかな?」って言いながら、またまん汁をすくってクリを撫でると、「くう!」って身体が跳ねる。


面白い!!!

「そんなに感じちゃうんですか?」

そう言うと彼女は両腕を顔の前で交差させて顔を隠した。


「ちょっと撫でられただけで感じちゃうクリトリス、見せて下さいね」

そう声を掛けてクリの皮を広げてみると、ぷくんとしてるが意外にも小さめ。


色が綺麗なピンクで、つやつやして光ってる。


じっと眺めていると、ゆっくりとだけど、ぴくん、ぴくん、って誘うように動く。


この女、ほんとエロいなー、おまんこが期待で喜んでるなーと思った。


なので、舌先に唾液を含ませてゆっくりとクリを舐めた。


一気に腰がうねって、俺の顔におまんこを押し当てるように向かってきた。


優しく小刻みに舌先を動かすと、今度は腰がグラインドして声も出てきた。


俺の舌と彼女の腰の動きがうねるように絡み合ってるうちに、「ねえ・・・ねえ・・・」と、彼女が俺に声を掛けてきた。


内心、(うわー、おねだりキタコレ)と思いつつ、でも、もう入れられるー!って嬉しかったりもした俺だったが、実は彼女の方が一枚上手だった。


「クリ舐めながら、指入れて。

・・・掻き回して」

ご要望通りにすると、びちゅ!みたいな音を出して、奥様、潮吹きました。


俺、顔が潮まみれ。


目に入んなくってよかった。


その後は、放心してる彼女の胸を堪能させていただき、胸を舐めたり、吸ったり、揉んだり。


しばらくして正気に戻った彼女は、「(今度こそ)入れて」とおねだりしてくれて、無事にイクことができました。


カメラで撮影しておいて、後々それをネタに・・・って企んでいたものの、結局、夢中になってしまって撮影しそびれ。


イッた後で奥様から、「また・・・会いたいな」と言われたので、撮影の必要すらなくなりました。