a11122343000493
オレの体験を語ろう。

オレのかつての部下とも言える女がいる。

それはユウと言って、見た目はギャル上がりのような26歳だ。


普段から胸を強調するようなシャツを着たり、ミニスカートで太ももをバッチリ見せたり。

簡単にヤラせてくれそうな雰囲気が満載だった。


そしてさらにオレには体を寄せたコミュニケーションをしてくる。

もういつでも手を出してくださいと言わんばかりであった。


しかし、実際にオレがユウの体を触ると、割と本気の抵抗が来る。

いつも彼氏ができないと騒いでいるのに、エッチな誘いには一切乗ってこないのだ。


先日もユウがオレにくっついてジュースを飲んでいるもので。

しっかりシャツの開口部からは胸の谷間がバッチリ。

本当においしそうな体をしている。



オレは普通に胸を揉んだ。


「もう…ダメって言ってるじゃないですか…いつも!」

「いいじゃん、今日の下着チェックだけさせろって」

「もう…しょうがないな…センパイったら。

じゃあちょっとだけなら…」

そう言うからオレがユウのスカートをめくってパンティーを見る。

相変わらずエロそうなパンティーだ。


「さて、中のクリトリスはどうかな。

クンニしてあげようかな」

そう言いながらオレがパンティーの中に手を入れようとしたら、本気のビンタがサクレツ。


「もう…!センパイはデリカシーが無いのー!」

いや、それはある意味オレのセリフなのだがと思いながら、結局は思わせといて何もさせないというユウ。


男からしたら何とも面倒だけど、可愛いし挑発する服装だから男は寄っていくのだ。

ヤラせないならおとなしい格好をしていればいいのに。


そう思いながら、しばらく会い機会が無いまま一年が過ぎる。


ユウから久しぶりの連絡が来た。

久しぶりに飲みたいと。

まあオレも時間はあるし、久々にユウとの再会を果たす。


ドライブをしながら海の見える駐車場でゆっくり話すことにした。


助手席に座るユウは、相変わらず際どい格好をしている。

そして変わらないボディータッチ。

やっぱりオレはユウに勃起してしまうのだ。


そして流れでユウの胸を揉みほぐす。


「あん…もう…久しぶりなのに…!」

そう言いながらユウはオレにブラまで外されて、乳首をいじられながら感じていた。

いつも胸までは触らせてくれるのだが、生で触らせてもらったのは初めてである。


ユウのちょっと感じている表情は、何気に新鮮でオレの肉棒がさらに固さを増してくる。


そしていつものパターンでスカートをめくってパンティーを拝見。


「久々のユウのパンティーは、どんなかな?」

 
レースでスケスケのエロいパンティーを久々に拝見する。

オレはもう肉棒が唸りを上げている。

早く何とかしてくれと。


そんな中でもオレはペースを崩さずに、ユウのパンティーの中に手を入れてクリトリスを触ろうとしていた。


「今日はクンニしちゃおうかな」

そしてここでビンタと。

唯一、元部下でオレにビンタをする女なのだから。

それを覚悟しながら、オレはユウのクリトリスに指が接して、そのまま愛撫を始めた。

と言うより始まってしまったと言っていいだろう。


「あハァぁん…!!」

ユウはオレにクリトリスをいじられて悶えはじめた。

これはおかしい。

なぜビンタが来ないのか。


このままではオレは調子に乗って本気でクンニをしてしまう。

ユイのまたぐらに顔を挟み、そしてそのまま舌があそこに当たってしまった。


そのままユウのマンスジをなぞって、クリトリスをクンニし始めるオレ。


「あ、っぁぁぁあ…イヤァん…!!」

ユウはさらに体をよじれさせてオレのクンニに体を火照らせていた。

オレはいつもと違うと思いながらも、興奮してもう止めることはできない。


そのままユウは感じまくってしまい、海の見える明るい車の中で絶頂に達してしまったのだ。


「あぁ…ダメ、ア、アァぁあ…!イク…!」

ユウの体が一瞬震えて、そのままシートに凭れる形に。

ここにきて久々に会ったらクンニまでさせてしまうユウ。

何があったのか。


しかもその後にユウの手がオレの股間に伸びてきて、パンツの中に手を入れてきた。

オレのギンギンの肉棒をしごきながら、パンツを脱がしてくる。


ユウはオレのムスコを始めてしゃぶったのだ。

おもむろにフェラが始まり、オレは思わずその気持ちよさを味わってしまう。


「あん…美味しい…」

こんなに卑猥なことを言ってくるユウは今まで見たことが無い。

卑猥なのは格好だけだと思っていたのに。


何にしてもとにかくユウのフェラが良い感じのテクがあって、もう昇天しそうな勢いだった。


ただその前にオレはやりたいことがある。

フェラをしてくれているユウを、オレの体の上にまたがらせる。


騎乗位の状態でオレはユウのアソコに肉棒を挿入した。


「ひゃぁっぁぁぁっぁぁ…!!あハァぁん…」

ユウの締りのあるアソコの中に、オレの肉棒は暴れはじめる。

ユウのエロい声が車の中で響き渡り、オレはそのイヤラシイ衝撃で昇天してしまった。


何だかんだで初めてのユウとのエッチで、思いっきり中出しをしてしまう。

そのまま車の中で抱き合っているオレたち。


「実はね…アタシ、婚約したの…」

いきなり何を言いだすのかと思ったら、驚きしかないことを。


つまり、結婚相手が保証されたから、安心して男遊びをしているということだ。