19_20140406014259ba6s
人妻との体験談。

ヒロコと出会ったのは僕が27歳、彼女が40歳の時。


バイクツーリングの時に、ヒロコは旦那に連れられて来た。


まだ免許を取って数ヶ月。

まるっきり初心者の浩子は、みんなに着いて行けずアタフタしていた。


旦那は・・・ アレ?見捨てたのか?


しょうがないので僕がヒロコをゆっくりだが誘導して走った。


帰る頃には随分慣れたみたいで、どうにかみんなに着いて走れるようになった。


解散の時に、

「今日はこんなトロい私の面倒を見てもらって、ホントにありがとう。

迷惑だろうけど、またツーリングで一緒になった時はお願いしますね。

」と言われた。

一回りも年上だけどちょっとカワイイ


それから何回かツーリングに行ったけど、僕のすぐ後ろは浩子が定位置として走るようになった。




8月末、ヒロコから連絡があった。

食事のお誘いだ。


二人で食事をし、ドライブに行った。


ちょっとした高台の公園へ夜景を見に行ったが、風が強くてヒロコがよろめく。

僕は彼女の体を支え、風除けとなり車へ戻った。


会話も弾んだのだが、そのうち大人の雰囲気に・・・ でもなぜかオッパイの話(笑)

僕はダメ元で「オッパイ触ってもいいですか?」と聞くと、ヒロコは頷いた。


最初は服の上から触った。

いいかな?っと思った僕は、服の中へ手を入れてブラの上からオッパイを揉んだ。


止らない。

すぐにブラの中へ手を滑り込ませ、直接揉んだ。


揉みまくった。



ヒロコはオッパイが感じてるのではなく、雰囲気に感じてる様子だ。


「あん、 ちょっと痛いけど、もっと触っていいよ。


たまらなくなり、ヒロコにキスをした。


キスをしてオッパイを触っていると、当然僕のチンコはギンギンに・・・

ヒロコは気付いたらしく、ズボンの上から触り「大きくなってるね。

ヌいてあげよっか?」(゜∀゜)

僕は迷わず「お願いします。

」と言うと、ヒロコはベルトを外してズボンとパンツを脱がせてくれた。



2、3度手でしごくとすぐに口に咥えた。


ペロッ ジュルッ ジュポジュポジュポジュポ あん、 すごい ジュポジュポ・・・

すごい気持ちいい。


10分か15分か、ヒロコは夢中でフェラチオをしてくれた。

僕はもっと堪能したかったが、我慢できずにヒロコの口の中に大量に果てた。



でも僕とチンコは収まらず「セックスしたいです。


と言うとヒロコは「生理中だから大変だよ?まぁ、終わりかけだけどね。


僕はそれでもいいからしたかった。

そしてホテルへ移動。



シャワーを浴び、ベッドに横たわる。

ヒロコは「明るいと恥ずかしい。

」と言うので、明かりは少し暗めに。


バスタオルを外し、僕はヒロコの体中を愛撫しまくった。

40歳とは思えないほど肌がスベスベで張りがある。


キスをし、オッパイを揉みまくり、クリを攻めた。

アソコを舐めようと思ったが、生理中なので断念・・・

指を入れたが、中はキツい。

出産はしてないらしいし、旦那とのセックスも無いらしい。



少しフェラチオをしてもらい、いざ挿入・・・

「ちょっと痛い」ヒロコは痛がった。


処女ではあるまいし。

女って暫くしないとそんなものなのか?

でも僕は余計に興奮してしまい、ゆっくりだが動いた。


正常位のみだが、オッパイを揉み、キスをし、舌を絡めながら突いた。


ゆっくりだったピストンもいつの間にか激しくなり、僕はイキそうに。


「もうイキそうなんだけど・・・」と言うと、

「ん、生理だから中に出してもいいよ」

さらに動きは激しくなり、僕は中出しした。





その後ヒロコとは頻繁に会うようになり、たくさんセックスをした。





ヒロコとは会うたびにセックスしまくった。


食事をしてホテルへ行き、お酒を飲む。

するとヒロコは甘えてきて、僕の膝の上に乗りキスをしてくる。


激しいキスをしていると、僕のチンコはビンビンになってくる。

ヒロコも当然気付いている。


ヒロコを抱きかかえベッドに移動。

キスをしながら服を脱がしていく。

相変わらず綺麗な肌だな・・・

脱がし終えるとオッパイを揉んでやる。

ヒロコは敏感に反応し息が荒くなって、時々「んんっ あんっ はぁん」って。


乳首を舐めるとさらに大きく喘ぐ。



酔ってるから今日はいつもより大胆だ。


足を広げると、既にビショビショ・・・ 指で撫でるとビクビクッと反応する。

ヒロコはクリを触られるのが好きらしいので、そこを攻める。

次は舌でクリを舐め、吸ってやる。


10分くらい舐めたり吸ったりすると、ヒロコはイってしまった。

余韻に浸ってハァハァ言ってる。



今度は僕が気持ちよくなる番。

ヒロコの手をチンコに誘導すると、軽くしごきながらフェラチオをしてくる。


口に含み舌を絡めてくる。

ジュルジュル音を立てながらしゃぶる。

竿をペロペロ舐める。

手で玉を揉む。

玉の裏側を舐めて来たらそのままアナルを舐めてくれる。


最高に気持ちいい。



そろそろ我慢できないので入れてやる。

膣が絡みついていい具合だ。


ヒロコはセックスしている間は目を閉じてる事が多い。


ゆっくり突いたり激しく突いたりしていると、お酒を飲んでる事もありヒロコはほとんどパニックになっている。

気持ちよ過ぎるらしいのだが、訳が分からなくなって喘ぎまくっている。


パニック・・・ なのか途中から「誰ぇ?誰ぇ?いや~っ」って誰にやられてるのか分からなくなってしまったみたい。

レイプされてると思ったのか、抵抗してきた。

僕は負けじと押さえつけて、ホントにレイプしてるみたいになってしまった。


足を突っ張り首を振りながら「いやいや~」って言ってる。

すげー興奮する。


無理矢理足を広げ、肩の辺りを押さえつけて逃げないようにしながらピストンしてやる。

力が入ってるせいか、膣がいつもより締まってくる。


こうなると僕も永くもたず、その状態で5分くらいして射精した。

レイプな気分なのでついでに中出ししちゃった。



ヒロコは終わってから寝てしまった。


朝起きた時に恐い夢を見たと言っていたけど、たぶんレイプされる夢を見たと思ったんだろうか?