0295
小学生との体験談。

チエちゃんは小5とは思えない位小柄で、身長も130cm無いんじゃないかと思う。


幼くって幼児体型、当然オッパイ全く無し、いや少しツンて微かに乳輪が出て居る程度だ。


しかし、おまんこがその容姿にには似合わないと言うか、成人が疑似パイパンにした様な

大陰唇が細く高くもっこり盛り上がっている。


たとえるなら、指2本合わせて半開きにした様な感じだ。




膝立ちで近づいて来た チエちゃんに、

「おじさんの口に舐めて欲しい所を近づけて、ほら、おじさんこんな状態で動けないからさ」

おずおず手を出していた みなみは、すっかり慣れてきた様子で、

「こうすると気持ちイイの~~?」

「ちがうよもっとこんな風に~先のとこを~・・・」

娘とチンポの弄り方について話していた。



そう言えば、娘にはずいぶん沢山チンポ弄らせたよな~、なんて思い浮かべているうちに

ピトッ、っと唇にチエのおまんこが押し付けられる。


チエは膝立ちで近づいて来たまま、俺の胸に手を付いて腰を沈めていた。


「なんだ、そっち向きで良いのかチエちゃん?」

「なんか顔見えるとはずかしいから・・・これでいいのっ」

「適当に舌動かすから丁度いい所、気持ち良いな~って所自分で押し付けて」

チエのおまんこを、クリトリス辺りから肛門近くまでべろ~~りと舐めあげる。


ビクン!と体が震え口からおまんこが離れるが再び口に舞い戻る。


ビクン!と同じ動作を繰り返すチエの小さなおしりを逃れられない様に捕まえる。


反応のイイおまんこで、ひと舐めでキュ!キュ!キュ!キュ!激しく膣口を収縮させる。


その膣口に舌を硬く尖らせ出来る限りの力でねじ込んだ。


ズッチュ、ブチュリ、ズップッ!キツツキの様に頭を揺らし何度も繰り返しねじ込んだ。


結構深くまで受け入れるので、唾液と愛液なのか?ヌルヌルになったまんこの収縮に合わせ

そっと人差し指を滑り込ませた。


舌で解れているのか、割とスムーズに第2関節まで飲み込む、もっと行けるかなと

さらに奥へと指を進めようとした時、

「あっ、なんか痛い・・・」

その痛みをかき消すように激しくクリちゃんを攻撃する。


レロレロレロ・・・・キョロキョロキョロ、硬くなったクリを転がした。


激しく指を締め付けるおまんこの、締め付けの強弱に合わせ少し指を挿入すると

ヌルリと根元まで飲み込まれる。


締め付けを視覚にも訴えるかのように、肛門が激しくヒクヒクと蠢く。


クリを激しく舐めながら、視覚と指で少女の締め付けをしばし堪能する。




相変わらず激しい締め付けが続いていたが、その具合が少々変わって来た。


最初は異物を外に押し出そうとするような締め付けだったが、

吸い込む様に締め付ける様になって来たのだ。


「・・・・・なんか・・・・すごく・・・お腹ん中あつ~~~い~~」

ゆっくり第1関節まで抜いては全て挿入の繰り返しにシフトすると

指の根元に白濁した愛液が纏わりつく様になってきた、そろそろ逝くのか?

突然ギュギュギュ~っと激しく締め付けたのち、すう~~っと締め付けが弱くなった。


肛門も半開きに緩んでいる。


「なんか・・・今・・気持ち良かった気がする・・・」

チエは逝く事が良く判らないのか、再びおまんこを俺の口に押し付け、また締め付け始めた。


どうやら頂点まで逝く事の無い、少女特有のエンドレスアクメなんだろうか。


娘も良くリビングでオナニーしているが、2~3時間は当たり前にしていたのを思い出した。




実は・・・先程から俺の下半身に、覚えのある刺激が加えられていた。


チエの身体に阻まれ見る事が出来ないが、是は確かにフェラに違いない。


それも色んな感じのタッチが交互に繰り返されている。


チエのおまんこの締め付けと、繰り返されるアクメに俺も興奮してしまったのだろうか

「ねえ!なんかチンチンすっごくかたくなってきたよ~」

「このまましてるとなんか出ちゃうよ~、ね~パパ気持ち良くなっちゃってる~~?」

「おい、ムグッ・・お前らもしかして舐めたりしてるのかムグ・・・・」

おまんこ押し付けるチエを少し持ち上げ辛うじて話した。


「え~~、ちんちん、くわえてみたり~、なめちゃったりとか~順番にね!」

「そんな事何時覚えた、初めてじゃないだろう」

「さあやちゃんとアオイちゃんは3回目だよね?私は8回目だったかな~」

ありさが自慢げに話す。


「チエちゃんもやってみなよ、すごい面白いから」

言われるままに、身体を前に倒し69の体勢になると躊躇う事も無く口いっぱいに頬張った。


身長差が有り過ぎてこちらとしては、おまんこ舐めるのにはちょっと辛いがこの体勢だと

指を侵入させる事は容易だった。


先程から暫く指入れしていた事もあって、スルリと指を受け入れる。


相変わらずきつく締め付けるが、チンポを強く吸うときに連動してギュギュっと 

きつく絞まってこんな幼女の様な少女に女を感じた瞬間だった。


「うわ~~~なんかすっご~~~くエロ~~~~い~~~私もこうふんしちゃう~~~」

「私も~~~・・・ねっ、しよっ!」

娘が何やら、ありさに同意を求めていると思ったら始めてしまった。


互いのおまんこを、ぺろりぺろりと舐め合い始めてしまったのだ

「又始まっちゃったよ~この二人~~」

黙って見ていた ともかが突然口を開いた。


「家にと遊びに来ると何時も始まっちゃってさ~私なんか1人ひまになっちゃうんだよ~」

「イカせごっこだよね、アオイ家でもやっちゃってるよ~だから~私1人でオナッちゃう~」

「ともか~私達もやってみない?ちょっとでいいからさ~」

「ううん、いい、イイよ遠慮しとく~、それじゃみなみちゃんとしてみれば~」

「うん別にいいよ、しよっ!」



みなみの一つ返事でこちらでも始まってしまった

なんて言う光景だ、少女4人がおまんこ舐め合ってる中央でこんな小さな少女と69してる俺。


とたんにすごい興奮が俺を襲った。


すごい高まりが俺に押し寄せコントロール出来そうにもなかった。


「チエもっと早くやってくれ、両手で握りながら、そう!そうだ!うまいぞ、その調子!」

「うわ、ちえちゃんAV女優みたいにしちゃってる!なんか、スゴッ」

思わず1人見ていた ともかが、近づいてきてその行為をまじかで見ている。


「うう・・・・・やばい!・・・・・ハッ、うううっ・・」

「おじさん出そうなの?出ちゃうの~見たい見たい~~」

思わず腰を突き上げてしまい、チエがむせってしまった。


しかし間髪いれずともかが爆発まじかのチンポを高速で扱き上げる。


「あっ、もう逝く・・・逝くぞ~~」

ピシュッ、ブシュッ ビュッ ビュッ ピュッ・・・・

起きあがってむせっていたチエの胸からお腹下腹部に大量に放出してしまった。


「おじさん気持ち良かった?ねえ、ねえってば」

先程まで消極的だった少女とは思えないほど目をキラキラさせ

放出したばかりのチンポを興味深々弄りまわしている。


「ね!もっと出る?もっと見てみた~い」

「ちょっと勘弁してくれよ~、すぐには無理だっって」

チエの身体と自分をヌルヌルにしている飛び散った精液をタオルで拭いている時も

「もう出る~?まあだ~?」

ともかは、片時もチンポから視線を外さなかった。


「ねえ、パパの出ちゃったの?」

逝かせごっこをしていた娘が、ありさを逝かせてしまったのかこちらを見ていた。