kimamamh090900170
性感マッサージ師に妻を寝取られた私の話。

私は41歳。


妻は39歳。


妻に内緒で性感マッサージ師を募集しました。




普通のマッサージ師として自宅に呼び徐々に性感に入り最後は、SEXまでするという寝取らせ企画。


何人かの人とメールをやり取りし、かつ妻のタイプそうな男性を決定しました。


その男性と実際に会ってこの人を寝取らせ役に決めました。


彼は青木さんと言います。


数日前から妻にはマッサージさんを呼ぶからということで了解は得ていました。


青木さんは、かねてからの裏の打ち合わせどおり、自宅にやってきました。


青木さんは妻に向かって「効果の関係から体を温めて欲しいので、シャワーを浴びて下さい」と言いました。


妻は多分、青木さんの顔がタイプだったんだと思いますが、

「どうせマッサージされるなら青木さんみたいな人がいいから、良かった」と言いながら風呂場へ行きました。


妻がいない間、青木さんは、私に向かって

「奥さん、綺麗ですね。

ルール違反かもしれませんが、今日だけでなく、全て報告するので個人的に付き合いたいので口説かせて下さい。

」とお願いされました。


私も一瞬考えましたが、どうせ落ちないだろうとタカをくくってて、「妻がOKすればいいですよ」と言いました。


そうこうしているうちに妻はガウンを着て、風呂から出てきました。


青木さんは妻に「ブラジャーがあると効果が薄いのでブラジャーは、はずして下さい」と言いました。


妻は何の疑いもなく「は~い」という感じでした。


それで最初、青木さんは妻に「うつぶせになって寝て下さい」そのような感じです。


最初は、ガウンの上からバスタオルを使っての普通のマッサージから始まりました。


本当に妻は体が堅いみたいで、青木さんも妻に対して、「○○が悪いですよ~」とか普通の会話をしていました。


時折、妻も痛かったりして、「ウッ」とかうなったりしてました。


青木さんも妻に対して「ここは、止めて欲しいとか希望があれば言って下さい」

「ここは、痛くてもガマンしてください」と言ってました。


最初に青木さんにも約束してたのですが、途中から私は部屋から出て行く約束をしていたので、15分くらいして出て行きました。


妻と青木さんには、「眠くなってきたので上の階で眠ります。

後はマッサージよろしくお願いします!」と言う感じで上の階に行くふりをして、隣の部屋から覗くことにしました。


もちろん、最初はうつぶせになったままのマッサージが永遠と続いてました。


それから、しばらくすると普通のマッサージをしながらですが、青木さんの会話が「○○が悪いですね」から徐々に口説き文句が入ってきて、「奥さん綺麗です」とか褒め言葉が入ってきました。


妻も「本当ですか?」とか言いながらマンザラでもなかったかもしれません。


それから、青木さんも妻に「腰が悪いので、パンティを少しずらしてください。

嫌ならいいです」とか言いながら様子を伺ってマッサージをしていました。


実際、妻も嫌がるわけでもなく、受け入れてマッサージをされていました。


このとき、初めて素手で触られた記憶があります。


でも、まだ普通のマッサージでした。


そして、仰向けになってのマッサージが始まりました。


最初は、足から入っていき、まだタオルの上からの通常のマッサージでした。


そして、腰とか手のマッサージにタオルの上からのマッサージでした。


妻も時折、「ウッ」とか痛がってましたが、会話は徐々に盛り上がっていき、もう友達感覚でした。


それから、首のあたりのマッサージにはいっていきました。


その頃になるとタオルもなく、首やバスト付近をなでるようにマッサージしていました。


妻も気持ち良さそうにしていました。


青木さんの口説き文句も絶好調で「奥さんみたいな人をマッサージできて嬉しい。

普段は、オバサンばかりだし不細工ばっかりだからと」とか言っています。


妻も青木さんに口説かれ、「嬉しいです!あなたのようなマッサージ師さんで良かった」とか言ってます。


ここまで、約一時間くらいでしょうか?一旦、マッサージは、終了しました。


ここで、青木さんが妻に向かって「肌が綺麗になるオイルマッサージがあります。

どうされますか?」と言う事を聞いています。


もうここまできたら、青木さんのペースで妻も「お願いします。

」と答えてました。


最初はうつ伏せで、足からのマッサージでした。


それから、手へのマッサージ首へのマッサージです。


青木さんも「奥さん!お肌最高ですね~」とか言いながらマッサージしています。


青木さんも段々、調子が全開になり、ついにガウンのままですが、ガウンの中に手を入れて妻のアソコに触ったようです。


妻も段々、感じてきたみたいで息が荒くなり、吐息が出ています。


そしてついに、「あ~気持ちいい!」っていう喘ぎ声が出てきました。


さすがに私も妻が青木さんに抱かれる覚悟をして多分、妻と青木さんは、外で会うかもしれない!と覚悟も決めました。


しかし、異様に興奮している私がいるのです。


それから、ついに妻は、仰向けにされました。


青木さんは「仰向けになって下さい。

」と言いました。


妻は、「恥ずかしい。

」とか言いながら青木さんの言いなりですもう、完全にガウンは取れ、妻の乳房、おまんこもモロ見え全裸状態です。


足からマッサージが始まり、体全体、そして首へオイルマッサージをしています。


妻は「気持ちいい!青木さん~」といいながらよがってます。


青木さんは妻に向かって「奥さんどうですか?奥さんは、肌も綺麗で、最高です。

」とか言ってます。


そしてついに青木さんの手は、妻の乳首をマッサージを始めました。


妻は、トーンがますます上がり、喘ぎ声も高くなり、「気持ちいい!最高!」を連発しています。


ついに青木さんの手は、アソコにもいきピチャピチャ音がたってます。


そして、青木さんは舐め技まで駆使してきました。


もう妻は、喘ぎまくりおっぱいを執拗なまで舐め感じさせています。


そしてついに、妻の唇まで奪い、激しくディープキスをしています。


完全に青木さんに落とされた妻は、青木さんに激しく抱きつき、ネットリと舌を絡めています。


妻は、「青木さん!好き!好き!」と喘いでます。


青木さんは、「奥さんの体、綺麗だよ!吸い込まれる」とか言いながら妻の体を弄んでます。


そして、青木さんはついに妻の体を引き寄せて妻に向かって「今度、別の日に二人で会いたい」と誘っています。


多分、妻は体だけでなく心も奪われたのでしょう妻は「本当に会ってくれるの?いいの?」と言ってます。


ついに青木さんも全裸になりました。


妻は、青木さんの物を見て、おいしそうにむしゃぶりついてます。


青木さんの物は、既にビンビンで我慢汁が出ています。


そして、また、攻守交替して、青木さんは、妻のアソコをピチャピチャ音をさせながら舐めています。


妻の喘ぎ声も最高潮に達し、ついに青木さんに向かって「入れて!早く!」と言ってます。


ついに妻が落ちる瞬間がやってきたのです。


青木さんは、「まだ、ダメ」とか言ってじらしていましたが、青木さんも我慢できなくなったのでしょう。


青木さんはついに妻のアソコに挿入しました。


妻と青木さんの相性が良かったのかどうかはわかりませんが、妻は「凄く気持ちいい!青木さん気持ちいい!」と大きな声で口走っています。


正常位で、しっかりと繋がって二人は絡まっており、妻は、「青木さん!愛してる!」まで口走っています。


また、青木さんも妻に「奥さんに一目ぼれしたよ。

「仕事でこんなことをしたのは奥さんが始めてだよ」とか口走っています。


青木さんは妻のおっぱいを舐めながら正常位で、ついてます。


そして、ついに妻は、絶頂を迎えたのでしょう。


大声で「いく!青木さん!愛してる」といいながら果てました。


そして、青木さんも精子をたっぷり出したようです。


ゴムにかなりの精子がありました。


そして青木さんと妻は激しく、ディープキスをはじめ、今度いつ会えるなどの会話をしています。


妻は、「とりあえず、予定がわからない。

主人にも理由をつけて言い訳しないと」など言ってます。


青木さんは、「じゃ!とりあえず、携帯の番号とメアドの交換をしよう」と言って、ついに二人は連絡先の交換をしたのです。


私は怒りというのは全くなく、むしろものすごく興奮しました。


女ってこんなに簡単に落ちるのか?それとも青木さんのマッサージテクがいいのかとか関心させられました。


そうこうしているうちに、妻は、お風呂に入りました。


私は隣の部屋から出てきて、青木さんと会話をはじめました。


そして、青木さんは、「約束どおり、奥さんとつき合わさせてもらいます。

もちろん報告はします!」ということで、青木さんと妻は付き合う事となりました。


私は、取り敢えず承諾して、お風呂場に行き、妻に向かって、しらじらしく「マッサージは、終わったの?気持ちよかった?」など聞きました。


妻は「気持ち良かった!」とか言ってます。