kimamamh090900169
妻の従弟の嫁との体験談。

俺の名前は敦志。


嫁の実家に婿入りしたため、毎日肩身の狭い思いをし続けている。


不細工な上に変な髪型の嫁と、歩くと異音のする息子。


さらには妻の両親+小学生の弟・妹。



居心地の悪さはこの上ない。


妻とのセックスもマンネリ。


マグロのくせに貧乳。


フェラも下手糞。


マンコも毛がボウボウで、しかも何だか磯臭い。


忍耐力には自信がある俺だが、そろそろ限界。


そんな俺にはある悪企みがある。


妻の従弟であるノリスケの奥さんをレイプする事だ。


奥さんの美樹さんはかなりの美人であり、しかも品がある。


下品でいつもギャーギャー言っている妻とは正反対。


子供が一人いるとは思えない位のスタイル。


美樹をレイプし、俺専用の肉便器に変える予定だ。


ノリスケは今日出張中。


しかも息子はウチに泊まりに来る予定だ。


ノリスケの家には美樹が一人になる予定。


決行は今日しかない。


仕事が終わり、同僚のアナゴ君の誘いも断ると美樹の家へ向かった。


家に着くとインターフォンを押した。


美樹「はーい。

」俺「どうも、こんばんは、敦志です。

」ドアが開いた。


美樹「あらっ、どうしたのですか?敦志さん。


俺「いや~すいません。

近くを歩いてたら、トイレに行きたくなってしまって。


美樹「あら~、そうなんですか!どうぞ使って下さい。


俺「いや~。

すいません。


難なく侵入は成功した。


トイレに入ると三角コーナーを確認。


生理では無い様だ。


トイレから出ると予想通り美樹さんはお茶を出して待っていた。


美樹「敦志さん。

お茶でも飲んでいってください。


俺「いや~。

すいません。


美樹「今日はお宅へイクラが泊まりに行ってるんですよ。


俺は知っていたが、あえて知らない振りをした。


10分程度会話の後、実行する決意をした。


俺は立ち上がると、美樹さんの後ろへ回った。


俺「美樹さん、結構肩こっているんじゃないですか?僕は肩もみ得意なんですよ。

」と肩に手を置き、揉み始めた。


美樹「敦志さん。

大丈夫ですよ!」

俺「良いですから!じっとしてて下さい!」

美樹は落ち着かない様子で何度も拒んできたが、俺は揉み続けた。


美樹「敦志さん!ホントにやめてください!」

と、美樹が俺の腕を掴んできたので、振りほどき手を肩から胸へ移動した。


美樹「ちょ、ちょっと!!何してるんですか!!!」

俺「美樹さん!ずっと好きだったんですよ!!」

美樹は必死に抵抗したが、俺は後ろからおっぱいを揉み続けた。


かなり良い感じの揉み心地。


俺のチンポは張り裂けんばかりだった。


そして胸を揉みながら今度は唇に吸いついた。


美樹「んがんぐ。

ちょっ、ホントにやめて~!!!」

俺「おとなしくしていたらすぐに終わりますよ。


俺は美樹を椅子から転げ落とし、マウントポジションの体勢になった。


そしてあらかじめ用意しておいたロープを鞄から取り出すと、美樹の腕を後ろに回し、縛り付けた。


美樹「こんな事して良いと思ってるんですか!!!」

俺「そんな事知らないよ。

もう止められないんですよ。


そう言うと、身動きできなくなった美樹の唇に再度吸い付いた。


しかし、美樹は歯を噛みしめ口を開けようとしない。


俺は美樹の腹を殴り付けた。


美樹「ウッ!げほっ、げほっ。

なんで・・・。


美樹は涙を流している。


俺「口を開けないと、また殴りますよ!」

すると美樹は嫌々ながら口を開けた。


そして俺は唇にしゃぶり付き、美樹の舌を弄んだ。


美樹の唾液の味を堪能したら、今度は服を脱がし始めた。


美樹は身をよじって抵抗していたが、美樹は非力な為、全く効果は無かった。


美樹の恰好はオレンジ色のワンピース一枚。


背中のチャックを外し、一気に下へずり下げた。


良い感じの胸を包んでいるブラと清潔感漂う純白のパンティーが現れた。


まず俺はブラを引き下げ、おっぱいを露わにした。


巨乳でないが実に綺麗なお椀形。


乳首のサイズ・色も申し分ない。


俺は無我夢中で乳首に吸いついた。


美樹「嫌~!!やめて~!!!」

俺はわざとジュパジュパ音を立ててしゃぶり付き、片手でもう片方の乳首を転がした。


5分程度、胸を味わった後、遂にオマンコへと移動。


一気にパンツを下げ下ろし、力ずくで両足を目いっぱい広げた。


そこには嫁の様に黒ずんでいない、毛の薄いオマンコが待っていた。


そしてそこはすでに湿っていた。


俺「嫌がってるけど、もう濡れてますよ。


美樹「いや~!!お願いだから見ないで~!!」

俺はお構いなしに、パックリ開いたマンコにしゃぶり付いた。


無臭でいて薄っすら塩味。


そして程良い愛液の粘り。


完璧なマンコだ。


普段、嫁の臭マンをクンニしている俺にとって、天国だった。


30分以上は舐め続けただろうか。


初めは猛抵抗していた美樹も、暫くすると無言になり、たまに「んっ・・・。

」と声を出す始末。


美樹の肉体の味を十分味わった後、俺はズボンを脱ぎギンギンになったチンポを出した。


俺「今度は俺のも舐めてよ。


美樹「・・・。


美樹は無視して横向いている。


俺は無理矢理美樹の口にチンポを押し付けると、「また殴りますか?」と、脅し口調でささやいた。


美樹は嫌々口を開き、嫌々しゃぶり始めた。


何とも事務的なフェラ。


イライラした俺は、チンポを美樹の口の奥へ突き刺し、イマラチオを開始した。


美樹は「ゲホッゲホッ、オエ~。

」と涙目になりながら唾液を垂れ流していた。


俺は大興奮のまま美樹の喉の一番奥で大量発射!全て出し切るまで美樹の頭を押さえつけ、全て飲み干させた。


美樹「ゲホッ!ゲホッ!な、何で!もう嫌~~!!」

その姿を見て、興奮冷めやらぬ俺は、再度マンコにしゃぶり付いた。


そして唾液と愛液で十分潤ったマンコに遂に挿入。


「ヌプッ。

ズブブブブッ。


美樹「嫌~!!!ダメ~!!!!」

俺「あ~、い~・・・。


俺は一心不乱に腰を振り続けた。


熱気でメガネが曇るほどだ。


美樹「イヤ~!!あ~!!!だめ~!!」

部屋の中はグチャグチャ音が響いている。


俺は限界に近づき、

俺「あ~!出そう!!」

美樹「ヤメテ~!中には出さないで~!!!」

俺は気にせず美樹の膣内で思いっきり発射した。


俺「あっ、あ~!!!」

美樹「イヤ~~!!!!!」

チンポがドクドクいってる。


最後の一滴まで精子を膣内に放出し、ゆっくり引き抜いた。


美樹のマンコからは精子と愛液が混ざった汁が、ゆっくり流れてくる。


美樹は涙を流し放心状態。


俺はそそくさ服を着ると、美樹のロープを外してやった。


俺「今日の事は誰にも言わない方が良いですよ。

俺も言わないですから。


美樹「・・・帰ってください!」

俺「もし言ったらみんなが不幸になりますからね。


美樹「・・・いいから帰って!!!」

俺「僕と美樹さんの秘密ですね。

また来ますね。


と言い残し、家路へと急いだ。


その後はというと、チャンスのたびに美樹の体を味わっています。


今じゃ自分から挿入し、俺の上で腰を振るほどになりました。


もちろん、いつも中出し。