4
元同級生の美人ママとの体験談。

今からもう20年以上前の話です。
当時パチスロ(1.5号機)が流行り出した頃で、
土曜日の午後は友人達と大阪のナンバでよく遊んでた。
ちなみに当時の俺は勿論童貞で170cm、53kgぐらい。
姉と兄がいて、顔はフツメン。
昔から今も男女問わず年上ウケは良いほう。 


その日もちょこっと打った後にオカンから買い物を頼まれていたので高島屋へ寄ったところ、
前から紙袋を一杯にぶら下げた綺麗な人が歩いてきた。

よく見ると小学校でずっと同じクラスだった三谷恵理子(仮名)のお母さんやと思い声を掛けてみた。

「すいません、三谷恵理子さんのお母さんじゃないですか?」
「はい?そうですけど?」
「僕、小学校でよく一緒のクラスになってた中山博太(仮名)です」
「ええー!びっくりした。めっちゃ大きくなってるから全然分からなかった」
「それよりそんな一杯荷物持って何してますのん?w」
「wwwまあちょっとwww」
「とりあえず僕持ちますよ」
「いいよ、いいよ。悪いから」
「いいっす。いいっす」
って感じでちょっと強引に荷物を持ってその後の買い物に付き合った。
この時は別に下心はなくて、大変そうやからちょっと手伝おうと思っただけ。
まあ気さくなほうなんですわw 


ちなみに恵理子とは小学校卒業以来会ってなくて、
当時も特に仲が良い訳ではなかった。
恵理子ママは芸能人で言うと片瀬那奈を黒髪、155cmぐらいにした感じをイメージしてくれ。
おっぱいはそこそこだが、スレンダーでとても綺麗な人。
高島屋で会った時は30代後半だったが、20代に見えた。
小学校の時も綺麗なお母さんやなという印象があったが、
この時も清潔感があって凄く美人やなと思った。
その後の買い物は結局のところ法事のお返しやら何やら大概な量になったし、
店内も混んでたこともあってめちゃ感謝された。 


「冷静に考えると一人だとちょっと持ちきれなかったかも。凄く助かったわ。本当にありがとうね。何かお礼しなきゃね」
「ほなハーゲンダッツダブルで手を打ちますw」
「wwwそれじゃ安すぎるわよwそうだ!土日はお父さんもいないから晩ご飯食べていってよ。私、料理はちょっと自信あるのよ。恵理子も部活から帰ってきてヒロタ君いてると驚くだろうし、面白いと思わない?w」
「まあそれはちょっと面白いですねw」
「じゃあそうしようよ!何かリクエストある?」
「ハンバーグ食いたいっす!」
「それめっちゃ得意w」 


という感じで夕飯をご馳走になることになった。
ママは車で来ていたので、帰りながら色んな話をしたんだが、
ママは友達の母親と話しているというより姉の友達とかと話している感じに近く、
軽い目のボケでもめちゃ笑ってくれるし、
柔らかい人となりがとても魅力的で楽しかった。
同級生のママとは言え、車で女の人と二人っきりというシュチュエーションも初めての経験で、
何より色白だし、身長は低いもののスレンダーでとにかくルックスがとびきり良かったから、
俺のボルテージは上がっていた。 


んでそうこうしてる間に家に到着。
「めっちゃええ家ですねw」
「そんなことないわよw」
とは言うもののどう見てもお金持ちの家w

ママは早速晩ご飯の準備にかかり、こちらはリビングでくつろぎながらたわいもない話をしていた時に、恵理子が帰ってきた。
「こんばんは」
誰だろうという感じで挨拶してきたw
「お邪魔してます」
「えっ!もしかしてヒロタ君?何でヒロタ君いてんの?」
結構びっくりしてたw
でも俺がいてるという状況だけは把握できたのか、
「めっちゃくつろいでるしw」
とニコニコしてたw
「んで何でいてんの?w」
「実はこの度お母さんとお付き合いさせていただくことになりまして」
「www」
恵理子もママも爆笑してたw

この話結構長くなります。
初めて書き込んでいるので、
この板でこのまま書いていって良いのですかね? 


それで色々話してたんやが、
恵理子が結構な美人になっていることに正直ビビったw
そらあのママに似れば美人になるわなと理解はできるけど、
3年会ってないだけでこんなベッピンさんになるとは。
俺も身長が30cm以上伸びていたので恵理子のほうもびっくりしてたようやけどw 


でハンバーグやらご馳走してもらったんやけど、
これがもう絶品でとにかく美味い!!
未だにあれ以上のハンバーグには出会っていない。
俺は美味いモノを食うのが非常に好きなのでマジ感動していた。
「こんな美味いハンバーグは人生で食べたことがない!」
「マジで来て良かった!」
「マジで恵理子のお母さんみたいな人と結婚したい!」
と真剣に語ると何故か親子揃ってめちゃウケてたw
恵理子「いい過ぎwww」
ママ「頑張って作ったかいがあったわwww」
というようなほのぼのした時間が過ぎて行った。 


そういう雑談の中で好きな俳優の話になり、
恵理子「お母さんって緒方拳好きやもんね」
俺「そう言えば今なんか映画やってますね」
ママ「見に行きたいんだけどあの人(旦那)は土日祝全部ゴルフ&飲みだし、私のお友達や恵理子もあまり邦画が好きじゃないから一緒に見に行ってくれる人がいないのよね」 


ここで恵理子が会心の一撃!!

「じゃあヒロタ君と行ってくればええやんw」

一瞬俺とママも「えっ!」となったが、すかさず恵理子が、
「ヒロタ君、部活してないんやからどうせヒマやろ?」
「どうせヒマとは失礼な!w
休日は川のゴミ拾いとかのボランティアで忙しいわ!!」
とちょいボケたものの、
「ウソはいいからw
ついでだからお母さんとデートしてあげてよ」
とノリノリw 


でもママは、
「恵理子、そこまで付き合わせちゃヒロタ君に悪いから」
と言ったもののすかさず恵理子が
「ヒロタ君は全然イヤじゃないよね?」
と聞いてきたので、
「禁断の恋に発展しても知らんでw」
と返したら親子揃って爆笑してたwww 


ママは「本当にいいの?」と申し訳なさそうだったけど、
俺自身はめちゃくちゃ行きたくなってて内心はしゃいでたw
ただ恵理子がいたので表面的には
「全然OKですよw」
ぐらいにしといたったw
ナイス、ナイス恵理子――!!!

んで恵理子が、
「私、来週の土曜日の部活後にジュンコの家へ泊まりにいくから、
お母さん達は映画見てついでに晩ご飯も食べて来たらええやん」
とご丁寧に日時とディナーの約束までしてくれたw 


そしてこの日にもうひとつ重要なことがあった。
映画後、このことがママ宅に寄ることを確定させたからだ。
それは何てことはないんやけど、
ママ宅2階のウォシュレットの水量つまみが壊れてたんだ。
基本的な機能は使えるけど水量の調節ができなくとても不便で、
業者からは修理しても高く付くし、
また他が壊れるかもしれないから買い替えたほうが良いと言われたそうだ。
まあどう見てもお金持ちの家だから業者もそう勧めたんだとは思う。 


だけど何となくいけんちゃうか?と思った俺は、
「どうせ買い替えるならダメもとで直してみていいですか?」
と言ってみた。勿論俺は全くの素人w
恵理子「まさか直せるの?w」
俺「う~ん、最終直して使うなら正直ようせんけど、
買い替える予定なら遠慮無くいけるしw
水量の調節だけできないってことはそこだけ替えれば使えるはずやん。
全く同じパーツは無くとも似たヤツはあると思うし、
見た目とかそれほど気にしないなら何百円ぐらいで直るかもよ」
恵理子「ほんまに!?どうせ2階は家族しか使わないから直してよw」
俺「いや、だからダメもとやってw」
恵理子「もし直せたらいつでもお母さんとデートしていいよw」
俺「命掛けて直す!!」
ママ「ちょっと!!w」 


という感じの話になったんやけど、
中学の時に授業でハンダ付けやったことあったから、
新しいツマミさえ手に入れば何とかなるやろうと思ってた。
映画はナンバで見る訳やから、
日本橋の電子パーツ屋に寄れば色々教えてくれるやろうし、
何故か自分の家にはハンダコテもあったし。
ほんでその日は来週の待ち合わせとか決めて、
ウォシュレットの型番やパーツの番号みたいなのをメモって帰った。
帰りは駅までチャリだったので、
そこまでママが車で送ってくれたんやけど、
ずっと感謝されてた。 


自宅に帰った後、今日あったことを思い返していた。
めちゃ綺麗になっていた恵理子のこと。
でもそれ以上にママが綺麗だったこと。
助手席から眺めた耳からうなじのラインを
思い出した時にはもうビンビンになってたwww
流石に小学校の同級生の母親に欲情するのはアカンと自制はしたものの、
目を瞑って、ママに優しく囁きかけながらベロチューされて、
マイペニーを錐揉みされるのを想像してるともうどうでも良くなってきたw
自分でいじりだしたら、めちゃくちゃ興奮してきてたまらなく気持ち良かった。
この時はまだママの名前を知らなかったから
「ママ、ママ」と呟きながらしてみたらもう至極の気持ち良さだったwww
逝った後はものすごく自己嫌悪に陥ったがw 


その日の晩からもう来週の土曜が待ち遠しくてたまらなかった。
ヌキたくもなったが日課のオナヌーでこれ以上ママをネタにするのは
ちょっと後味が悪い気がしたし、
かと言って他のズリネタでする気にもなれなかったので我慢してた。
前日は終始ソワソワやったw
深夜に見た大好きなパペポTVの内容が入ってこなかったんを
何故か今でも覚えてるw
当日は良い天気でほっとした。
当日の土曜は午前中授業だったので、
13時に最寄りの駅で待ち合わせしてたら、ママの車はもう着いていた。 


助手席の扉を開けて飛び込んできた衝撃は今でも忘れられない。
別にエロい格好をしてるとかそんなことじゃなかってんけど、
とても綺麗だった。
黒いちょっとタイトめなスカートに白いブラウスという
シンプルなスタイルなんやけど、ママ自体の素材が良いからなのか、
こないだの時よりもっともっとたまらなく綺麗やった。

何か雰囲気からして先週と全然違うから思わず第一声で、
「凄く綺麗でビックリしてます」
とストレートかつメチャ丁寧に言ってしまったw
「何言ってるのwww」
と笑っていた。
「冗談じゃなく、本当に綺麗でドキドキしてます」
とマジ口調でまた言ってしまったw
「ありがとw」
と照れながら微笑んでくれた顔がとてつもなく可愛いかった。 


この瞬間、間違いなく俺は恋に落ちていた。
めっちゃ大人やし綺麗過ぎる。
それまで異性を本気で好きになったことは無かった。
ドキドキしてちょっと顔を見られなかった。
緊張して何しゃべろうかと思っていたけど、
ママは多分そうでもなかったので普通に話しかけてきてくれたので助かった。 


「今日はありがとうねw」
「こちらこそ楽しみにしてました」
「ああそうそうw先週、恵理子も大分ビックリしてたみたいよw」
「上手くいきましたねw」
「男の子ってあんな変わるのねって、
ヒロタ君って小さくて可愛いイメージだったのにあんなに背が伸びて、
カッコ良くなったって言ってたわよw
私も高島屋ですごくビックリしたもん。
確かにカッコ良くなったよ。うんw」 


「ありがとうございますw
でもそれを言ったら恵理子ちゃんのほうが変わりましたよ。
元々お母さんに似て可愛かったと思いますけど、
3年会わないだけであんなに綺麗になるのかなって正直ビビッってましたw
もし誰かに紹介されてあんな可愛いコが来たら、
絶対緊張して上手くしゃべれないですよw」
「恵理子絶賛じゃないw紹介とかってあるの?」
「ウチの高校だと生徒も多いし、頼めば結構してもらえますね。
例えば5対5とかで喫茶店とかで話すだけですけどw」 


「え~楽しそうw行ったことあるの?w」
「2回ほど行きましたw」
「で、どうだったの?」
「う~ん、緊張するしあんまり喋れないですねw」
「うそw」
「ホンマですよ。こちらも若干意識してますしね。
ただ他の野郎がもっと緊張して全く喋れないヤツもいるので、
しゃ~なしに頑張って話しましたけどw」
「そうなんだwいいコいなかったの?」
「残念ながらw」 


「可愛いコとかあんまり来ないの?」
「好みの問題はあると思いますけどw
ああ、でも恵理子ちゃんとか来たらモテモテでしょうね。
大当たりですよwみんな絶対心の中でガッツポーズしてますよw」
「そうなの?w」
「実際、恵理子ちゃんはめちゃくちゃ可愛いと思いますよ」
「それあのコに言ってあげてよwめちゃ喜ぶからw
彼氏いないはずだから良かったら誰か紹介してあげて」
「ウチのドスケベ共にとても恵理子ちゃんは紹介できませんw」
「何それ?w」
「いやマジでウチは酷いですからw」 


「私はヒロタ君なら大歓迎だけどなw」
「光栄ですけど、恵理子ちゃんからすれば対象外ですからw」
「そんなことは無いと思うけどwカッコ良いって言ってたしw」
「そんなおだててもスキップぐらいしか出ませんよw」
「wwwめちゃ浮かれてるじゃないwww
でもヒロタ君ってモテそうだけど。好きな人とかいないの?」
「全然モテないですよ。それにあんまり彼女欲しいとか思わないですし。
でも好きな人と言うか最近気になる人はいますけどねw」
「え~誰?私知ってるコ?」
「いやまあそういうのは追々ねw」
「追々ってw気になるw」 


とか話してて大分緊張もほぐれてきた時に、
「でもヒロタ君、今日は本当に嫌じゃないの?」
と質問された。
「何がです?」
と問い返したら、
「いや、だって折角午後休みなのに、
こんなオバさんとその映画とか…」
「今朝、恵理子から言われたのよ。
ヒロタ君は彼女とかいたことも、デートもしたこと無いって言ってたから、
今日お母さんと映画行くのが人生初のデートになるって」 


「これはデートにならないわよ、
お母さんに付き合ってくれているだけだからって言っても
『いや、いやwヒロタ君にとってはデートになるよw
お母さん責任重大だよw
でも違うって言ってるお母さんも何か凄くウキウキしてない?www』
ってからかいながら言うのよ」

「ヒロタ君はまさかそんな風に思ってくれてないでしょうけど、
改めてあの子から言われて、
何かとても申し訳ないことしてるのかな?と思って」
というようなことを言ってきた。 


この時既に俺は恋に落ちていたから、真剣に答えた。
俺とママの関係性から言えば
今後二人っきりになることは二度と無いかもしれないから、
大好きな人に今の自分の気持ちを伝えたかった。
「美味しんぼ」で一期一会をいう言葉を知ったことも
多少影響していたかもしれないw

「ちょっと真面目に聞いてもらっていいですか」
「うん」
ママは「何?」って感じで頷いてた。
それまで笑いながら話してたけどここは決めるところだろう。
「まず全然嫌じゃないです。
それどころか今日一緒に映画に行けるのを凄く楽しみにしていました。 


「先週恵理子ちゃんがいたからなるべく平静を装ってましたけど、
今日午後から会えることを内心めちゃくちゃ喜んでいて、
ずっと待ち遠しかったです」

「高島屋から帰る時に車で話してて
すごく温かくて柔らかい感じがして、とても楽しかったんです」

「同年代の女の子や姉の友達と話すこともありますけど、
こないだのような感覚になったことは今まで一度もありませんでした」 


「それに…貴女はとても綺麗です。
お世辞じゃなく本当に綺麗です。
今まで会った誰よりも綺麗で素敵です。
今日初めて会った時に言ったことも本心です。
先週も綺麗だなと思いましたけど、今日は特別に綺麗と思いました。
嘘は言いたくないのでハッキリ言いますけど
一人の女性としてとても綺麗だし、そう見てしまいます。
貴女ほど素敵な人はいないです」 


「さっき気になる人って言ってたのは貴女のことです。
先週会ってこんな魅力的な人いないって思ってて、
送ってもらった時もドキドキしてました。
それから今週ずっと貴女と会えるのを楽しみにしてました」
というようなことをハッキリと言い切った。 


ママは多分「全然ええっすよw」
ぐらいの返しぐらいを想定していたんだろうけど、
まさか我が子と同い年の男の子から
こんなにハッキリした返りがあるとは思わなかったんだろう。
ママが耳まで真っ赤っかになってたのを覚えてるw
俺も「貴女」って言った前後とかドキドキだった。
でもおばさんって言う訳にいかないし、
お母さんというのも何かちょっと間抜けだから咄嗟に言ってしまったw
その後も普段なら流石にちょっと恥ずかしいというようなことも
今日が一度限りと思うことでハッキリと言うことができた。 


ママはちょっとパニくっていたようだから続けて俺が話した。
「でも困らすつもりはないんです。
ただ貴女がどれだけ素敵で魅力的だということと、
そんなドキドキする人と映画に行けるのが本当に嬉しいということを
伝えたかっただけです」

「今日は僕が嫌々付き合わされてるんじゃなくて、
僕が貴女と一緒にいたいんです」 


ママはまだ照れまくってたから聞いてみた。
「さっき申し訳ないって言いましたよね?」
「ええ…」ママ小さく頷く。
「それなら一つ言うこと聞いて下さい」
「何???」ママきょとんとしてる。
「改めて今からは僕とデートってことにして下さい」
「!」ママ微妙にびっくりw
「僕とデートじゃ嫌ですか?」
「嫌とかじゃなくて…その急にあの…」ママあたふたw
「…その…ちょっとびっくりしてしまって…」ちょっと落ち着いてきて、
「正直、ヒロタ君ぐらいの子からそんな風に
見てもらえてるなんて思ってなかったから
本当にびっくりしてしまって」 


「でもそんな風に言ってくれてすごく嬉しい。ありがとう」
ママ真っ赤な顔しながら呟くw
マジで可愛かったから、
「顔真っ赤にしてめっちゃ可愛いんですけどw」と言ったら、
「ちょっと、本当にもう許して!」とめちゃ恥ずかしがってたwww
「じゃあ改めて確認しますけど、今日はデートでいいんですよね」
「うんwあ~もうドキドキするw何かすごい照れるw」
「ちなみに人生初ですのでよろしくお願いしますw」
「私で大丈夫なんかな?光栄だけど何か責任感じるわw」
まだ赤くなっていたママが凄く可愛かった。 


その後段々落ち着いてきて、ママも正直に話し出してくれた。
「何かヒロタ君と話していると不思議と恵理子の友達って感じだけじゃないのよね。
あの子が女の子しか連れてこないこともあるのかもしれないけど。
ヒロタ君は何でもよく知ってるし、面白いしw
私もこないだ話しててすっごくいい子だと思ったし楽しかったの。
それで実はね、私も今日のことすごく楽しみにしてたのw」 


「だって高校生の男の子と映画見に行くとこなんて無いし、
これからも一生無いものw友達に言ったら絶対うらやましく思われるわw
だからね、私は勝手にデートの雰囲気を味わいたいなって思ってたの。
せっかくヒロタ君が一緒に来てくれるんだから、
できるだけデートを楽しみたかったのw
私もね、一緒に行ってくれるのがヒロタ君だからこんなに嬉しいのw
でも私はあくまで恵理子の母だからそういうことは
恵理子にもヒロタ君にも言えないし、
はしゃいでみっともないと思われるのも嫌だったの。
だからヒロタ君から「デート」って言ってくれたことがホントに嬉しいよw」 


「私のこと褒めてくれてありがとう。
こんなに真っ直ぐ人から言ってもらったことないからとっても嬉しい。
笑わないで欲しいんだけど、昨日髪切りに行ってパーマもあてたの。
さっき言わなかったけど、
そのことでもめちゃくちゃ恵理子にからかわれてたのよ。
服も色々考えたんだけど、
恵理子と話している時にあまりゴテゴテしてないほうが好みって聞こえてたから、
できるだけシンプルにしてみたの。
でももうちょっと若いコが着るようなカッコのほうが良いのかな?
とか結構悩んだのwせっかく一緒に行ってくれるのに、
オバちゃんって格好で横にいるヒロタ君に恥かかせたら本当に申し訳ないしね」 


「メイクもいつもより時間掛けちゃって…私なりに頑張ったつもりだけど、
それ以上に褒めてくれたくれたことが本当に嬉しいの。
私も今日来て良かったよw何かもう、すごく嬉しい!」

とめっちゃ嬉しそうに教えてくれたんやが、アカン、笑顔が可愛すぎるwww
そりゃカットしてパーマあててメイクも変えれば雰囲気も変わるんだろうけど、
経験値の浅い俺にはまずそこに気付き褒めることができなかったw
ホント未熟www
だけど俺の為に色々考えて綺麗になるようにしてくれたのが分かって、
実際とびきり綺麗だったからめちゃ嬉しかったw 


とりあえず、
「俺もそれ聞いて本当に嬉しい。マジで綺麗。
大人の着こなしって感じで凄く似合ってる。
それ着てくれてもうめっちゃ嬉しい」
と言っといたら、
「もう勘弁してw」
ママはくだけた感じで笑ってたw
「それより提案があるんですけど」
「何?」
「さっき勢いで貴女って言ってしまったけど、
下の名前知らないんですよね。
それ教えてもらうのと、デート中はタメ語にさせて欲しいんですけど」 


「貴女って呼ばれた時はびっくりしたw私は紀子(仮名、以下紀子で)よ。
それともう敬語はいらないw私もそのほうが嬉しいしw」
「じゃあ、のりたんでw」
「ちょっと照れるねw」
「じゃあ俺のこともヒロ君って呼んでよ。タが無いだけやけどw」
「わかったw」
「それと晩ご飯は外でご馳走してくれるって言ってたけど、
のりたんの手料理のほうが食べたいねんw
こないだのハンバーグが美味すぎてマジで感動したから。
それにハンダコテ持ってきたからご飯作ってくれてる間にウォシュレット直せるし」
「嬉しいこと言ってくれるねwまたハンバーグでいいの?」
「それじゃあ今日のリクエストはエビチリで!」
「ふふwそれも結構得意なのw」
「マジで!?めちゃ気が合うねw」
「www」
みたいな感じで凄くいい雰囲気になれたw
正直に話すことは勇気がいったけど話して本当に良かった。 


そしてナンバまで車で行って、ランチした後に映画を見た。
直接好きとかいうことは言ってないけど、
俺の気持ちはある程度分かってくれていたとは思う。
だけれどもお互い変に意識することもなく、いい雰囲気でずっと楽しめてた。
ただ映画を見ていた時はひたすら隣の人のことが気になって、
あまり内容は入ってこなかった。
この後、紀子宅に行けることも、
しばらく二人きりでいられることにもドキドキした。
もう既にこの頃は抱きしめたり、キスもしたかった。
まず手に触れたかった。とにかく紀子と手を繋ぎたかった。 


人生で一番緊張した瞬間やった。
バクバクしまくりやったけど、

「これはデートだから大丈夫!」

と自分に言いきかせて、手のひらを紀子の手の甲に重ねてみた。
紀子はちょっとびっくりして手の甲をひっくり返したから、
俺はもうパニって「どうしよう、調子に乗ってもうた、ヤバイ」
と生きた心地がせず、すぐに自分の膝上まで引いてしまった。
紀子はこっちを見て小さく左右に首を振ったから
「アカンもう終わりや」と絶望の淵に立ち掛けた瞬間、
のりたんの左手が伸びてきて俺の手の甲を優しく包んでくれたかと思うと、
人差し指から小指までをキュっと握ってくれた。 


「えっ!?えっ!?」とまだパニってる間に恋人繋ぎにしてくれて、
優しく微笑んでくれた。
俺はこの時の感動を一生忘れない。
紀子が手のひらをひっくり返したのは恋人繋ぎにする為で、
首を振ったのも「自分は嫌なんじゃないよw」ということだったんだ。
嬉しくて嬉しくてもう半分泣きそうだったw
これからの人生でも決して味わうことのできないであろう甘い気持ちになった。
もうたまらなく好きになってて映画が終わるまでずっと手を握ってたが、
流石に人妻だから電灯がついた後はこちらから手を離した。 


映画を見終わった後は高島屋で食材を買い込んで、
パーツ屋で目当てのパーツもゲットして待望の紀子宅へ行った。
車での移動中も手を繋いだり、とにかく太ももに触れたかった。
今思うと多分それぐらいは笑いながら許してくれたとは思うが、
この時点であまり突っ走って警戒されてしまったら元も子もないと
判断したので努めておとなしくしてたw
会話自体は弾んでたので車中の雰囲気も良かったと思う。 


当時を振り返ると向こうも人妻なのだからいくら娘の同級生と言っても、
こちらの気持ちをある程度分かった上で
よく自宅で二人きりというシュチュエーションを許したなと思う。
そう考えるとウォシュレットを直すという大義名分があったのが本当に大きかった。
それがあったからスムースに手料理をご馳走してもらえることになったし、
向こうも自然な流れで自宅に招けたはずだから。
とは言えこちらは意気込んでいてちょっと緊張もしていたが、
向こうは全然そんな感じでは無かったw 


基本優しい良い人なので、
俺の中にどれだけのほとばしるエロマグマが渦巻いているかは
想像できなかったんだろうw
とりあえず俺は先週とは違い紀子宅ではドキドキだったが、
とにかく気分を落ち着けてウォシュレットの修理に全力を注いだw
何とか直して株を上げたいという思いが通じたのか、
パーツを交換したら拍子抜けするぐらい簡単に直ってくれたw
とりあえず下ののりたんに報告に行ったら、
「えええー!本当に直ったの?凄い、凄い!!何で直せるの?ありがとー!!」
「やったー!!またデートや!!w」
「私で良かったらいつでもいいよ!w」
とめっちゃ喜んでもらえて目出度く俺株ストップ高www 


その後はリビングでゆっくりくつろぎながら色んな話をし、
エビチリの完成を待っていた。
紀子は普段あまり酒を飲まないし弱いが、
エビチリということもあって一緒にビールを飲もうってことになった。
ちなみにエビチリも絶品だったから、
「マジ結婚して!」
と言うてもうたw
「本気にしちゃうよw」
と笑顔付きのたまらん返しをされたw
この日のメインはエビチリだったから
他にも中華風五目やきそばとアワビのスープもあってんけど、
アワビスープとかもはやこっちがメインちゃうのってぐらいゴージャスやったw
勿論全て最高に美味かったw 


可愛いし、料理も抜群な紀子を見てるとデレデレになって
「あ~ん」
って甘えてもうたw
「ちょっとwホントに?w」
と照れてたけど、
「だってデートやもんw食べさせてよw早く、あ~んw」
って再びすると照れながらもエビチリを食べさせてくれたw
「めっちゃ美味しいw
こうして食べるのが絶対一番美味いよw試してみ、はい、あ~んw」
「ちょっと、ちょっと私はいいからw」
もうめっちゃ照れてるw可愛いw 


「はい、はい、照れてる間に食べれるからwはい、早く、あ~んw」
「え~もう…」と困りながらも顔真っ赤にして口を開けたので
エビチリ食べさせたったw
「なっ!めっちゃ美味しいやろ?」
「確かに美味しいけど、もうどうしようwヤバいわ~」
と左肘ついて頭抱えて困ってたw
「はい次俺、あ~ん」
「もうwハイw」
「おいちいwはい、のりたん、あ~ん」
「いや私はマジでもういいから」
「じゃ~俺がもらうwあ~んw」
「ホントにもうw」 


「幸せめっちゃ美味しいw何度も食べさせてもらうのに遠いから」
ってテーブルの向かい合わせに座ってたんやが、紀子の横に移動したったw
「ちょっと、ちょっとw」
「でも横のほうが近いし、楽やんw」
「マジで言うてんの?」
それまで紀子は丁寧に話してたんやが、
ちょっと素のしゃべりになってて面白かったw
「大マジ!ホンマにのりたんに食べさせてもらうのが一番美味しい!
めっちゃ幸せw」
「もう~仕方ないなぁw」
と言いながらも紀子は「あ~ん」してくれたw
紀子はいらないと断りながらもこちらが「あ~ん」を振ると、
もう断るのも無駄かと観念したのか何だかんだで「あ~ん」で食べてたw 


調子に乗った俺は
「ちょっとお手々が寂しい。手を握りながら食べさせてw」
と言うたったw
「調子に乗り過ぎw」
「だって折角のデートやのに…寂しい…」
ってショボンとしたったw
「もう…分かったわよ。ちょっとだけだからね」
「ホントめっちゃ嬉しいw」
って早速恋人繋ぎにしたったw
「まったくもうw」
「あ~んw」
「はい」
「もうとびきり甘くて美味しいw」
「私こんなことしてるの恵理子や友達にバレたら何て言われるか…」 


「でも本当に嬉しい。人生で最高のご飯になってる」
って見つめてちょっと真剣に言うたったw
「ヒロ君ってほんとうに口が上手いねw」
「いやでもホンマやもん。俺今日のこと一生忘れへん」
「私もちょっと忘れそうにないわw」
「のりたん、本当に綺麗」
「ちょっと、いきなり何よw」
「何でそんなに綺麗なんか教えて」
「そんなこと言われても…」 


ってここから晩ご飯食べ終わるまで俺がひたすらに褒めてたw
でもお世辞じゃなくて本当にそう思って褒めてたから
伝わるところもあったんだと思う。
これまでちょっとじゃれてるような感じだったけど、
言葉を重ねていく間に紀子は段々とトロンとしてきてるようで、
照れながらも凄く喜んでくれてた。
紀子の笑顔はたまらなく可愛かったからその笑顔見たさに更に褒めまくったw 


一通りご馳走になって後片付けをしてもらってる間にこちらは次の用意を始めた。
以前、友達の兄ちゃん(唐沢似なので以後唐沢)
にオリジナルカクテルを作って口説き落とす話を聞いていた。
唐沢曰く、「やっぱり緊張をほぐすには酒が一番やねん」らしいw
「オリジナルカクテルゆ~ても簡単やで」
「何でもええからウォッカ買ってきて、
オレンジ絞ったんで割ったらそれがもうスクリュードライバーやからな」
「コツは生オレンジをその場で絞るねん。
味も美味いし、何よりわざわざ作ってくれてる感が凄く出るからな。
ちなみに俺は一割ぐらいソーダも入れるけどな」 


「こんなんそれほど手間ちゃうねん。
例えば車でデートする時でも小型のクーラーボックスに
氷と果物とスクイーザーだけ入れといたらええだけやからな」
「とにかくお前らぐらいの年齢で普通はそういうことでけへんから
『何でそんなの作れるの?』ってなるねん。
ほんだら喜んで欲しくて調べたとか、
聞いてきたとか伝えれば感激して下までジュクジュクになりよるでw
お前ら童貞は溺れ死ぬ危険性があるからフロートも持っていっとけよw」
と最終的には最低なレクチャーをしてくれたが、
唐沢は実際イケメンでモテるからそっち面では尊敬していたw 


ちなみに唐沢は他にも
「バイブを使う前はほとんどの女が嫌がるけど、
使って嫌がる女は一人もおらん」
「バイブを最強で使うとすぐ潰れる、あれこそ消耗品やで」
「女が変わればバイブも替えるのがマナーやで」
と正しいバイブの基礎知識なども教えてくれたw
バイブの話はともかく、
こういう話の一つ、一つが後にこれほど役に立ってくれるとは
その時は知る由もなかったw 


ほんでその日はバックの中にオレンジとウォッカとソーダ、
それと念のためスクイーザーも持ってきていた。
流石にバイブや、ましてフロートは用意しなかったがw
んでちょっとゴソゴソやってて、

「ちょっとナイフ貸して欲しいんやけど?」
「ん?何で?」
「ちょっとねw」
「え~何?何?気になるw」
「ちょっと小粋なプレゼントでもしようと思ってw」
「何それ?w」」
「特製カクテルを作るから洗い物終わったら一緒に飲もうよ!」
「ほんとに!!すごいめっちゃ嬉しいw楽しみw早く片付けるねw」
ともう何かウキウキしてたw 


こちらがグラスや氷を借りて用意してる間に紀子も片付けが終わったので、
リビングのソファーに座りながらカクテルを作ることにした。
と言ってもあらかじめ氷も用意しておいたし、
オレンジを絞るぐらいのことなんやがw
絞ったオレンジを注いで、
カクテルっぽい雰囲気出す為にカットしたオレンジをグラスに差して、
唐沢レシピでソーダもちょっと注いでみた。
同じのを2つ作って早速乾杯することにした。 


ここでまた唐沢語録w
「カクテル作ったら乾杯できるわな。
ここは照れずに少々臭いぐらいのこと言えよ。
大阪の女は口では寒いとか言うけど実際自分が言われたらめっちゃ喜ぶからなw
『君の瞳に乾杯』でもお前のキャラなら十分アリや。
俺は見つめてから『その吸い込まれそうな瞳に』とか言うで。
まあ相手のこと褒められんでも
『この素晴らしい一時に』とか
『出逢えたことに』とか最低でもそれぐらいのことは言え。
俺が『その吸い込まれそうな瞳に』とかゆ~んは
その後に繋げやすいからやねん。
初チューの場合は多少の抵抗はあるかもしれんが向こうもグラス持ってるし、
ちょっと強引でもかまわんからしてまえ」 


「チュー後にじっと見つめて『吸い込まれてもたw』
って微笑みかけたら『バカw』とか『もうw』ってなるから大丈夫w
んで後はもうぐちょぐちょやからw」
しかし、ぐちょぐちょとか最後言わんと締められへんのか唐沢氏w
それと乾杯前にもう一つ小細工もしてたw
敬愛する上岡龍太郎師匠が
「女性を口説く時は右脳に響かさなアカンから左耳に囁きかけなアカン」
というようなことを仰っていたのでそれも実践することにし、
それとなくソファーの右側に紀子を座らせていた。
ちなみに先程テーブルに座った時もそうしてたw 


「じゃ~用意できたし乾杯しよう」
流石に照れるがここは頑張って
唐沢テンプレを基本に多少アレンジしてやってみようと決意したw
まずは紀子をじっと見つめてみて一呼吸置いて、
「今日はありがとう。紀子の笑顔を見たくて一生懸命作りました。
その吸い込まれそうな瞳に」
と言って乾杯したったw
「wwwありがとwww」
めっちゃ照れて一瞬うつむいてたけど、
めっちゃ喜んでくれてるwこれはいい感じw 


それで紀子が飲んだら、
「すっごく美味しいー!!今まで飲んだお酒で一番美味しい!!」
とえらい絶賛の上、感激してくれた。
流れでチューしたろとか思ってたんやけど、
こちらの想像以上に大きな返りが来たので、
上手い流れでコンボれなかった。
少々強引でもとは教わっていたけど、
こちらは相手との初チューというだけじゃなく、
俺自身が人生での初チューだったから、
このハードルは想像以上に高く、
もはやハードルというよりそびえ立つ虎牢関って感じだった。 


結局、機を逸したのでまずは焦らないように努めた。
それでもやはり唐沢テンプレはやりよるw
「でも何でこんな美味しいカクテルが作れるの?」
「のりたんに喜んで欲しくて飲みやすそうなのを一生懸命調べてきてん。
実は美味しく作れるように今週何度も試作してみてんw」
「え~ほんとに…もうめっちゃ嬉しい…」
って流れになったからなw
今ならここでチューしてますけどねw
まあでも幸いにも生オレンジの口当たりが良かったからなのか、
お酒があまり飲めない紀子もこのカクテルは大層気に入って飲んでくれていた。
とは言え流石にウォッカである。
2杯ぐらい飲んでいるとお酒の弱い紀子はちょっと酔ってきたみたいだった。
俺もそう強いほうじゃないから若干ふわふわはしていた。 


その間は自然と恋愛の話になってた。
紀子は高校の時に初めて男と付き合ったそうだが、
高卒で別れた後に旦那さんとお見合して、
互いの親の勧めもあって結婚を決めたそうだ。
それまでは良い流れに乗って話せてた思うんだが、
旦那さんのこと話している間に徐々にシリアスな話になってきて、
紀子は段々と悲しそうな表情になっていった。
紀子は酔ってたことも大きかったんだろうけど。
何度か「どうしたの?」というようなやりとりの後、
「絶対に誰にも言わないでくれる?特に恵理子には」
と俺を見つめて話した。 


「恵理子は知らないのよ。
平日帰ってきている時はそれなりにいいお父さんだし。
恵理子もお父さん好きだから今はまだ恵理子には知って欲しくないの」
「今は私が我慢してるの。そうすれば少なくとも恵理子は幸せだと思うから」
「初めは何かの間違いだと思ってあの人を信じようとしてたんだけど、
決定的なことが何回かあって…一度恵理子の修学旅行中に全部話したの。
私バカだからそれでもあの人がしていないことを信じてたの。
でもあの人はあっさり認めて…悪いとすら思ってないみたい」 


「その時に別れることも考えたけど、
同時にあの人が実家や兄の借金を肩代わりしてくれていたことも分かったの」
「両親や兄は優しくて良い人達なんだけど、
事業で失敗した時期があってその時にね…
あの人は借金を肩代わりする時に私には教えないことを条件にしてたのよ。
あの人にすればそういうのが分かって、
私と兄や父とでギクシャクしたらダメという優しさからだったみたいなんだけど」
「結果それで両親も兄のところも幸せに暮らせているから…
甥っ子や姪っ子も凄く可愛いし、
あの人のこと許せないけど、現実に私の家族は守ってくれてるの。
もし私が別れるとなったら今までの関係も全て壊れるかもしれないし、
どうなるか分からないし、それを考えると恐いの」
「何より恵理子の将来のことを考えたら、
私が我慢すればそれで良いんだって思うようにしたの」 


「でもね、お見合いだったけどそれでもあの人のことは愛してたの。
恵理子も授かって幸せだった。
でもそれがあんなにアッサリ壊れるなんて…
もう凄く泣いた、夜ずっと一人で泣いてた…」
「とても寂しい…悲しい…誰にも言えなかったから…とても辛い…」
もうこの段階になると紀子は号泣していた。

それに対してこちらはペラペラな人生経験しか無いので、
どう慰めてあげるべきか色々考えたけど、
思い浮かんだのはここでも唐沢語録だった。 


「まあ女はすぐ泣くからどうしてええか分からん時は、
取りあえず抱きしめとけ。最低でも肩ぐらいは寄せてやれ」
とは言え正面から抱きしめる勇気はなく、
第一段階として肩を寄せて触れあわせたけど、
大丈夫そうだったから思い切って肩を抱いてみた。
この時は不思議とそれほど緊張しなかった。
ただ好きな人が泣いているので何とか和らげてあげたいと思ってた。
紀子の肩をそのままグイっと寄せたら胸の中でしばらく泣いていた。
とりあえず左手でアタマをナデナデしながら、
「そんなんめっちゃ辛いよな」
「俺で良かったらいつでも話して」
とかぐらいしか言えなかった。 


でもしばらくすると紀子もちょっと落ち着いてきた。
近くにあったティッシュを渡してあげて涙を拭いている間も肩は抱いてた。
落ち着いてくると紀子のほうが段々恥ずかしくなってきたみたいw
冷静になれば大の大人が娘と同い年の男の胸中で泣いてたんやし、
今も肩抱かれてるしw
「何かごめんね、ありがとう」
というのが精一杯って感じやった。 


それを聞いた俺はとにかく元気付けてあげたくなって、
「のりたんは色んな想いを抱えて大変やってんやね。
先週会ってなかったら一生分からなかったんやろうけど、
今日デートして正直に気持ちを伝えたりして、
ずっと一緒にいたら今はもう俺しか知らないことで話し合ってる。
のりたんはごめんねって謝るけど、俺は話してくれて凄く嬉しい。
のりたんのこともっともっと知りたい。
それに話すことでのりたんがちょっとでも楽になるなら、
これからも何時でも何処でもどんな話でも聞くし、
これからはのりたんがそんな悲しい気持ちにならないように、
絶対それ以上笑わせてみせるよ」
みたいなことを言った。 


紀子は、
「ダメよ…そんなこと言っちゃ…そんな優しい言葉かけられたら私もう…」
ってまたボロボロと涙が零れてた。

ほんで俺も「正直に気持ちを伝えて…」ってことを言ってしまったから、
勢いがついて続けて言ってしまった。
「まだ俺も正直に伝えてない気持ちもあるねん。
俺はのりたんに重く思われたり困らせたくないから、
伝えないでおこうと思ってたけど、
今自分で話してて正直に伝えたくなったから聞いて欲しいねん」
「うん」
それまで言うのを我慢してたけど、ハッキリこう伝えた。

「俺もう紀子のこと大好き。
本当に大好き。
今日迎えにきてくれて一目見てハッキリ分かった。付き合いたい」 


支援ありがとうございます。
エロのところはあまり上手く書けないですが、
気長にお付き合い下さい。
続けます。

のりたん微笑みながら、
「私も正直に言うね、
今日車の中でヒロ君からとても楽しみにしてるって聞いて嬉しかった。
綺麗とかすごく褒めてくれてドキドキしたし、
貴女とか一人の女としてって言われた時は、
もう心臓がおかしくなるって思うぐらいドキドキした」 


「外食より私の手料理が食べたいって言ってくれたこともホント嬉しかった。
だからめちゃくちゃ頑張って作った。
そしたらめっちゃ喜んでくれて…
付き合うまで言ってくれて本当に嬉しい。
私は今の生活があるから応えるわけにはいかないけど、
その気持ちはすごく嬉しい。
それで…その…正直に言うと…
映画に行く車の中で私もすごくときめいていたの。
今は…その…もっとね…
こんな気持ちになったことは今まで一度だって無かった」
と言ってくれた。 


「ときめいた」って言ってくれたことがもの凄く響いた。
紀子が今もときめいてて、
ドキドキしてるんだと思ったらもう愛おしくてたまらなかった。

「大好き」
「うん」

と見つめ合って言葉を交わした後はもうチューしてた。
「感動」
それしか言いようが無い。
どう攻略しようと思ってた虎牢関だが、
タイミング次第でこんなアッサリと通れるもんなんだ。
しかし初チューで感動している次の瞬間にとてつもない衝撃がやってきた!
俺の口に何かが進入してきた。
そうまさに「のりタン」の襲来だった。 



向こうは酒も入ってることもあっただろうし、
それにこの状況のキスはむしろベロチューが自然だということが今は分かるが、
全てが初体験の俺にはあまりに衝撃的過ぎた。
チューとかは男がリードするもので、
そういうチューってのは、
お互いの気持ちが本当に入ってないとできないと思ってたし、
お互い初めてのチューで女の人からしてくれるなんて想像もしてなかったんだ。
最初は衝撃のあまり「のりタン」に絡まれるがままだったが、
その内、俺も完全にスイッチが入ったので、
「ひろタン」を紀子の中に進入させてとにかく夢中でいっぱい絡ましてたw 


その内に「うん…」とか言う吐息が漏れるもんやから、
既にビンビンになってたマイペニーはもうはちきれんばかりになってたw
前述したように紀子のことを想ってたのはホンマやけど、
この時はもう完全にオスモードに突入していた。
紀子が欲しくて欲しくてたまらんかった。
その時の俺はセクスと同じぐらい乳を吸いたいという欲望があった。
めっちゃおっぱい好きでしてんw
紀子はぺちゃパイって感じではなかったが、
スレンダーだからおっぱいはそれほど期待できないのは分かっていたものの、
触ったり吸ったりする衝動はどうしても抑えられなかったから、
チューしながら左手でブラウスの上から右パイ部分を触れてみた。 


もう俺はバクバクだったけど、
紀子に嫌がるそぶりが無かったのでのまま軽く揉んでみたw
それでも「…ん…」ってなるぐらいだったから、
そのまま揉み続けたんやけど、
いざ揉んでみると想像以上におっぱいの感触があったのでめっちゃ興奮したw
めっちゃ生で揉んでみたいw
それにこうなるともう頂を制したくなりますよねw
女峰というの名のトップオブザマウンテンをw
一旦、俺の左手を離しブラウスとキャミの下から手を突っ込んで、
一気にブラジャー下も通過させトップオブザマウンテンを制したw 


流石に、「それはダメ!」って言ってチューも外そうとしたけど、
こっちはもう止まらないw
とにかく頂をクリクリといじくりたおしたったw
紀子は「ちょっとダメだって」と小さく呟きながらも
「ん…」とか甘い吐息も漏れてきたw
こうなるともうとにかくしゃぶりつきたいw
ちょっと強引に服と右ブラをたぐり上げて透き通るような白い肌が現れた思ったら、
こちらの想像を上回るモノが出現していた。
人妻の頂っていうと当時の俺は小林ひとみのような黒乳首を想像していて、
とにかく黒いという印象しかなかったけど、
紀子のは薄く桃色がかっていてとても綺麗だった。
それに想像していた以上におっぱいもあるし、
もう夢中でむしゃぶりついた。 


肋骨のラインはハッキリと分かるのに胸のところはほどよく肉付きがあって、
触るととても柔らかかった。
「ちょっとホントにダメ…ダメ…」とは言ってるけど、
「うん…はぁ…」と感じても来てるみたいやった。
後に分かったんやが、紀子は乳首がもの凄く感じやすく、
元々責められるとヘロヘロになってしまうらしい。
おまけに酒も回ってるから完全に抵抗する力はなくなってたw
こうなるともう好きなだけしゃぶらせてもらいたく身体も完全に向き合わせた。
紀子はソファーに座ったままで、
紀子の脚と脚の間に地べたで膝立ちした状態の俺が入りこんだ訳だ。
左側の服やブラもずりあげて両パイを出させてから、
吸って、ねぶって、むしゃぶって、逆サイはひたすら揉んで、
コリコリしていじりたおしたったw 


そうすると時折「びくんっ」と反応したり
「ダメ…ダメよぉ…」とは言うものの
「あぁ…はぁ…」と漏れる声も多く、またかすかに大きくもなってきた。
「ダメ」とか言ってる大人の女性を、
俺自身が感じさせてヘロヘロにさせていると思うとたまらんかった。
その内に紀子の左パイを責めながら、
こちらの左手で太ももに触れながら、
黒のスカートを徐々にズリ上げていた。
別に計算してた訳じゃないけど、
おっぱいをしこたま吸いたいという欲望の体勢は、
偶然にも紀子のオマタが90度ぐらい開いてる体勢でもあった。 


これならいきなり触れると判断したので、
左パイをしゃぶりながらパンスト越しにいきなり蜜園をぷにょぷにょしたったら、
「ハぁぁんっ!」
と全身ビクつかせながらハッキリと声が出た。
「もうホントにダメ!ホントにダメ!怒るよ!!」
とこれもハッキリした口調だったが、
かまわずぷにょぷにょしまくったったら、
「ヒロ君、ホントにこれ以上はダメだから…もう…お願いだからヤメて…」
とうっすらと瞳を開けながら懇願してきたし、
脚も閉めようとして力が入ってきたけど、
残念ながら俺の全身が入りこんでいるからどうにもできないわなw 


それでかまわず左チク吸いながら、
しつこく蜜園をぷにょりまくってやったら、
「ぁん…もう…はぁ…ヒロ君ぁ…これ以上はダぁメ…お願いだから許してぁあん…」
と懇願はするものの明らかに感じてきてるんだろうなという実感があった。
「ここで止めるわけにはいかない―」
そう決意した俺はしばらくそれを続けたったw
徐々に漏れる声が大きくなってきたかと感じてきてた頃に、
明らかに違う感覚を俺の指がキャッチしたw
そう、甘そうな蜜が徐々にではあるがあふれてきてたんだw
「ホントにダメ?」
「ぁぁ…うん…」
「じゃあ何で下がこんなに濡れてるの?」
俺の中のサド男爵が産湯をつかった瞬間であるw 


勿論囁いたのは左耳w
紀子は凄く恥ずかしそうにして咄嗟に顔を右側に背けたから、
左耳が露わになってたw
「ここや!」とチャンスを感じ取った俺は、
すかさず左耳を舐めた瞬間「はあっ!」と再び声が漏れた。
「感じ過ぎてヤバイ!!」と思ったのかどうか分からないが、
何とか左耳を逃がせようとしてたので右手で頭をおさえこんで、
ひたすら舐め回しながら蜜園もいじり続けて存分に囁いたったw 


最初は
「大好き」「とても綺麗」「素敵」「もう全て欲しい」「愛してる」
みたいなことをずっとずっと囁いてたんやけど、
もう大分喘ぎ始めてきて十分感じてきたみたいやから、
「ホンマに止めてええのん?」
とか言ったらもう何も言わなくなってたw
こちらもどんどん興奮してきているので、
「はっきり言ってよ。ホンマにダメやったら止めるから」
とたたみ掛けたったw
もし「止めて」って言われても、
「こんなになってるのに止めれる訳ない」とか言って絶対止めなかったがw 


こういう囁きをしたからなのか、
「ぁんんっ…んんんっ…」
って必死に声が漏れないように頑張ってたみたいやが、
十分声が漏れてるw漏れてるw
「嫌なら何でこんな濡れてんの?」
「…ぁああん」
「我慢してるの?可愛いw」
「…はぁあん…」
「ちゃんと言わんかったらホンマに止めるで」
「…んん…」
「もうダメも言わへんやん。もっとして欲しいからやろ?」
「…」
「黙ってたら分からへんやん」
「…ぁあん…」 


「こんなに濡らしてダメなわけないもんな」
「…んんっ」
「無理してても可愛いだけやから」
「…んんん…んんっ」
「でもこんないやらしい人やとは思わへんかったわ」
「いやぁ…」
「どすけべ」
「…違う…ぁあん…」
とかじっくり時間を掛けながら責め続けたら、
それまでの「じわ」っという湿った感触とは、
明らかに異なる「ぐちょ」っとした濡れた感触が伝わってきたw
「うわぁ。もうぐっちょぐちょ」
「ぁあ…違うの…言わないで…」 


パンスト越しでハッキリ分かるぐらい、
「こんな濡れんのん!?」
って俺も初めての経験だからとにかく興奮したw
どうなっていくんだろうという未知の領域へのワクワク感も結構あったw
だんだんと喘いできてるから、
「濡れてるのホンマに分からんのん?」
と言って、その濡れた指でほっぺに触れてやったw
たまらなく恥ずかしかったんだろうw
あの可愛い顔が一瞬凄いしかめっ面になって、
「いやっ!やめて!!…ぁあん…お願い…もう…お願いだから…」
「お願いだからどうして欲しいの?」
「だから…ぁあんっ!…はぁあ…」 


「はっきり言えよ!ホントは止めて欲しくないんやろ?
欲しいならちゃんと欲しいって言えよ!!」
この辺は童貞の俺には博打だったが、
耳元であえてキツめに言ってみた。
アメとムチで行けば何とかならないかなとw
「俺正直な紀子が一番好き。だから聞きたい。
どうしても恥ずかしくて言えないなら頷けばいいから。
俺も凄く紀子が欲しい…なぁ…ホントは止めて欲しくないんやろ?
…紀子も俺のこと好きやろ?…もう俺のこと欲しいやろ?」
と左耳を舐め回しながら、現状俺ができるMAXの甘さで囁いた。 


それを聞いた紀子は感じながらも凄く恥ずかしそうに、
ごく小さかったが確かに「コクリ」と頷いた。
俺は全てを征服した気分だった。
「おっしゃあああああああ!!!!!」
ともう心の中で絶叫してたw
先程、産湯につかったサド男爵はもうハイハイができるぐらいに成長していたが、
小さく恥ずかしそうに頷くのりたんを見ているともう愛おしくてたまらなかった。
もうキツめに言うのは止めてとにかく甘く囁こうと思った。
「ありがとう。俺も凄く紀子が欲しい。
でもやっぱり紀子から聞かせて欲しい。
俺が欲しい?言うのが恥ずかしかったら、俺の耳だけに囁いて」
勿論俺も左耳を傾けたw 


一呼吸置いて、紀子は
「…欲しい…」
もう全身に電気が走ったねw
「誰が?」
また左耳を傾ける
「ヒロ君…」
うわぁぁ!めっちゃ興奮するw
「俺の何が欲しいの?」
「…ぁあん…恥ずかしい…」
めっちゃ可愛いw
「恥ずかしいじゃ分からない」
「…」 


左耳を傾けてたが流石にこれは言えないのか…でも何としても言わせたい!
「言ってくれなきゃ分からへんやん。
正直に言って欲しい。大好きやから」
「ぁぁうぅん…だから…ヒロ君の…ぅうん…」
「ヒロ君の何?」
「だからヒロ君の!」
ここまで来たらもっと言わせたい。どう呼ばせよう?俺が出した結論は、
「ペニスやろ?」
「…」 


流石にこれはアカンのかと童貞やからそれも分からんし、
でももう言うてもうたし、何より「ペニス」と言わせたいから、
若干蜜園と右チクを強く責めながら、
「嘘言う人は嫌い。初めてやから本当のこと教えて欲しい。
ホントに欲しいものをちょっとだけ囁いて」
と再度左耳を傾けたら
「…ぺにす…」
と一番か細い声だったはずだが一番ハッキリと聞こえた。
「ペ、ペニスやて!?そんなこと絶対言う人じゃなのに!
でも気持ちよかったらこんなこと言うの?ペニスやで!ペニス!!」
と俺が言わせたんやけど、
実際に聞くとこんな全身に響くとは思わなかったw
何度も自分の中で「ペニス!ペニス!」とリフレインしたw 


でも言葉に出さすと、
「ペニス」が欲しいんやとハッキリ認識できたこともあって、
思い切ってギンギンになったアレを目の前に出したった。
怒られはしないだろうけど雰囲気が壊れるかもしれないし、
一連の流れで灯りは付いたままだったし、
自分の中では大博打やったが、こんな時に頼れる唐沢語録も覚えていたw

「看護婦と人妻はいくらなんでもこれは早いか!?
というタイミングでチ○コ出しても大丈夫w
まあフライング知らずやねwためらいなくしゃぶりつくからw」
今となっては早くも何ともないタイミングやけど、
この言葉の後押しは大きかったw 


実際のりたんは恥ずかしさからか目を瞑っていたので、
アレを出してるのは見てなかった。
まあ童貞の俺がどれだけスムースに出せたかは疑問なので、
音とかで分かっていたのかもしれんがw
とにかく目を瞑っていたのを幸いに紀子の唇へ押しつけた瞬間、
ペロペロととてつもなくいやらしい物体が動きだした。
もうとにかく興奮したが、次の瞬間にはもう丸呑みされていた。
のりたんは右手で竿や玉を優しく包みながら、
優しく、優しく食べてくれた。
上手いも下手も初めてだから分からない。
ただ目の前の光景は童貞の俺にはあまりにも衝撃的過ぎた。
あんなに綺麗で清楚な恵理子のママが今はもう俺のを食べているのだから。 


普段からは想像もつかないこんなエロい一面を、
俺だけが見てると思うと興奮しまくった。
何より信じられないぐらい気持ちいい。
紀子の瞳はずっと閉じていたが、
俺は見て欲しかった。見つめ合いたかった。
「はあ…すっごい気持ちいい…のりたん、こっち見て」
紀子の瞳はまだ閉じてた。
俺はもう気持ち良すぎてイキそうになってたから、
「お願い…のりたん、もういきそう…お願いやから見つめ合いたい」
と懇願したら、上目遣いで恥ずかしそうに見つめてくれた。 


その表情がたまらなく艶っぽく、
エロ過ぎてもう俺に耐えきれる時間はなかった。
「ああ、ごめん!いくっ」
そのままいっぱい紀子の中に出し尽くした。
この瞬間の為にオナ禁してたわけやないけど、
1週間分溜まりに溜まってたから出た量も凄かったと思うw
それまで毎日出していたから、
ドクドクと脈打つ度に何度も押し寄せる快楽を受けとめる感覚も、
随分と久し振りだったw
ちなにみ逝くまでは時間にして30秒も持たなかったと思う。
恥ずかしいくらい速効で逝ってしまったw 


ちなみにエロいこと言わせることにも、
唐沢のレクチャーがあったのは言うまでもないw
「エロいこととかは言わせたいのはわかる。
俺もめっちゃ好きやからな。
ただ覚えとかなアカンのは女のほうは案外冷静やったり、
こちらに合わせてくれてるだけやったりするから、
あまり勘違いはせんようにw
それでもたまにそういうことを言わせることでグチョりまくる女もいるから、
そういう時はめちゃおもろいぞw」 


「まあ向こうも恥ずかしいやろし、
アホやとか思われたないから、
なかなかそういうことは言わんねん。
ただ言わないようだったら代わりに頷かせるというようなことをして、
段階的に認めてさせていけばええねん。
頷いたら次は囁かせるとかな。
そうやって行ったらイク時にはどんなことでも叫ぶようになるからw」
うん。
確かにそうかもしれない。ありがとう唐沢氏w 


ほんで逝ったんはええねんけど、
同時に口中に一杯出して申し訳ないという気持ちも出てきて、
紀子に何枚かのティッシュを渡した。
紀子は口を拭いながら、
「すごい…一杯出してくれたね…」
とまだトロンとしていた。
「ありがとう。めっちゃ気持ちよかった」
と言ったらうっすら微笑んでいた。 


しかし俺が冷静になったのも束の間だった。
スレンダーな脚とちょっとめくれたスカートを見てると、
すぐにまたムラついて太ももにむしゃぶりついてもうた。
「はあ、もう食べたい、食べたい!」
もう欲望も肉棒も剥き出しw
紀子はまだちょっと口を拭っていて、
「やっ!恥ずかしい!」
ってなったけど、もう止まらないw
パイ舐めしてたような体勢に戻り、
一気にスカートをまくり上げた。
とにかくおっぱいに夢中だったから、
実はまだパンティやそのデルタ付近は見てなかったんだ。
楽しみを取っておこうという気持ちもあったんだがw 


紀子のは綺麗なそして彩度の高いブルーのパンティだった。
まあブラと同じ色だったんだけど、
そもそも同じ色を付けるのかそうでないのかも、
当時はあまりよく分からなかったんだが、
とにかくパンスト越しに見えたその光景がたまらなくエロく、
濡れている分だけしっかりと映るブルーがたまらなく卑猥で、
お察しの通り速効でパンスト上からむしゃぶりつきましたw
「ダメ!すっごい恥ずかしい、ダメ!!」
としばらくこちらも責めてなかったので幾分のリカバーもあったんだろう。
口調もハッキリしてたし、多少の抵抗はあった。 


だけど俺も
「お願ひ!お願ひ!もうたまらん!!」
と顔面ごとパンストの上からデルタ地帯に押し付けながら力説したw
多少ムレたような感じはあったがほのかに衣類用洗剤の甘いがあり、
俺は欲望の限りぐりぐりぐりぐり顔面を押しつけて
「はぁはぁ」言ってたからマジでド変態丸出しだったと思うw
紀子も抵抗はするもののヘロヘロになってはいてたし、
何だかんだで気持ち良くって実際のところもう欲しかったんだろう。
また吐息が漏れてきたw
「もうすっごい恥ずかしい…ホント汚いからダメ…」
と恥じらいながらも感じてたw 


顔をデルタに押しつけながら、
一方では両手で腰回りのパンティとパンストを掴んで、
顔を引き上げると同時に上に引っ張り上げ、一気に膝下までずらした。
「きゃぁっ!」
と声が出たものの閉じた太ももからちょっぴり具が「こんにちは」してたw
すぐさま太ももの裏を両手で持ち上げて半マングリ返しみたいな体勢にして、
速効でむしゃぶりついたw
夢にまで見たいやらしい蜜が吸える!
しかもあの紀子のだ!
もう舐めたくて舐めたくてたまらんかったw 


むしゃぶりついた紀子の蜜壷はもうべっちょべっちょだった。
トロトロのいやらしい蜜で溢れかえってたw
驚いたことに紀子は蜜壷までもが、
びっくりするぐらい綺麗な桃色だったことがより興奮させた。
美味しい。
はんなりしょっぱいが6月に食べるマクワウリのような風味だった。
もう夢中で食べた。
紀子は喘ぎながらもちょっと強引だったので、
「いやぁぁぁ!!やめて!!恥ずかしい!!」
「ちょっと!ちょっと!だめぇえ!!」
とかなり焦っていたものの構わずベロベロ続けると、
「…ホントに汚いからヤメテ」
「…お願い…お願いだから…恥ずかしい…」 


とすすり泣くような声で言ってきて、
とても恥ずかしそうに両手で顔を隠している様と、
隠しきれない耳が真っ赤になってることが一層俺を興奮させた。
こちらは一時たりとも離したくなかったので
「全然汚くなんてない。紀子の凄い美味しい。
それに紀子も俺のを食べたから俺にも食べさせないとずるい。
とても綺麗。もっと見たい。恥ずかしがる紀子も凄く可愛い」
と言いながらひたすら舐め続けた。
「だめぇぇ…恥ずかしい…」
「…お願い…お願いだから…明るいから…」
とは言うものの紀子は喘ぎ続けるしかなかった。 


次から次から溢れ出るマクワジュースと、
感じまくってる紀子を見てると、
さっき逝ったはずのアレがもうギンギンになってたw
もう夢中で「美味しい」って言いながら舐めて飲みまくったw
「いやぁぁ…もう恥ずかしい…」
と言いながらもひたすら垂れ流す紀子がとてもいやらしかった。
次はもっと股を開かせて責めたかったので、
何とか片手で残りのパンティ達を脱がし切って、
舐めながらソファーの上でM字にさせて、
ベロはひたすらクリに集中させ右の中指をゆっくり、
ゆっくり蜜壷に入れていった。 


ちなみに唐沢には、
「とにかくオ○コはお前等が考えている以上にソフトに触れよ」
「イカせようとして力任せにだけは絶対やったらアカンぞ」
と釘を刺されていたw

もう感じまくってたからなのか、中指はスルッと入っていった。
ソフトにとは聞いていたけど、
実際はどれぐらいがソフトなのかどうかもよくわからないから、
とにかくゆっくりとゆっくりと前後に動かしてみた。
ただなんとなくではあるが中はじゅるじゅるだし、
多分こんな感じでええんやろうと思ってた。 


喘ぎ声も大分大きくなってきたから指を中で錐揉みさせながら、
全体をゆっくりコネながら出し入れした。
その頃はGスポットの存在なんて知らなかったけど、
指の関節の角度上、膣の上側は自然とコネていた。
その辺りを優しくコネていると一際感じているようだったので、
人差し指も入れて2本でコネながらクリを舐めて吸いまくった。
「ああ…ヒロ君!…いい…ぁあん!」
紀子はそれまではあくまで「ヤメテ」というスタンスだったが、
段々と「もっとして」というニュアンスに変わっていく感じがとてもエロかった。
俺は勿論紀子にベタ惚れだったから、
艶っぽく俺を受け入れてくれる感じが本当に嬉しかった。 


「気持ちいいの?」
ちょっと間抜けな聞き方だったが、
俺自身はちょっと誇らしげでもあったw
「ああん!気持ちいい…もうおかしくなる…あん!!ヒロ君!もうヒロ君!!」
と喘ぎながら紀子は俺の顔を両手で掴んできた。
「紀子凄くいろっぽい。大好き」
と言いながら、
感じまくってたその辺りをもっともっとしつこくコネ続けたら、
「ああん!!もうだめっ!!いきそうぉ!あん!!あん!!気持ちいい!!」
とこれまでにないリアクションになってきた。 


「ええっ!?イクのか!?」
と勿論今まで女性をイカせたことなんてないわけだから、
多少の戸惑いはあったけれどもとにかく興奮した。
もう夢中になってたから「ソフトに」という忠告は頭から消えていて、
指のピストンは自然と早くなり、クリも激しくベロベロした。
それがいいのかどうかは分からなかったが、
「あん!!もういくっ!!ああん!!」
と必死にこらえながら言ったかと思うと、
全身がビクンビクンしてきて顔を股で凄く締め付けられたw
紀子はずっと「あん。あん」と喘いでた。 


その間俺の頭部はずっと股で締め付けられていたが、
それでも俺は離さずにひたすら舐めてコネ続けた。
「お願い…もうやめて…イったから…ぁあん」
と言われたが今までダメとかイヤとかひたすら言ってても、
結局は感じまくってるから断固ヤメなかったw
ただ少々キツそうな感じがしたので途中からソフト路線に変更し、
じんわりと、しかしながらひたすら責め続けていた。
そうすると例の蜜がとても卑猥な音を奏でながら、
一層じゅくじゅくに零れ始めて、
今までにないぐらいの喘ぎ声を上げながら、
両手で俺の頭をぐしゃっと掴みながら懇願してきた。 


「ああん!お願い…ぁあんっ!ヒロ君のが欲しい!はぁあん!」
掴んだ両手で俺の頭を激しく掻きむしる様が、
強烈に「欲しい」のだと感じた俺は更に興奮したw
俺は勝ち誇ったものの避妊をどうしようか一瞬迷ったが紀子は
「…んんっ!大丈夫…もう妊娠できないから…ぁあ…そのまま…来て」と。
妊娠できないということに多少の引っかかりはあったが、
その時は生でヤレるという魅力に完全取り憑かれていた。
しかも向こうから欲しいと言ってきたからついつい調子に乗ってしまったw
サド男爵は知らん間につかまり立ちができるようになってたw 


「何が欲しいんやったっけ?」
とクリを舐めながら聞いたら
「ぁあん!…いじわる…ああんっ!…」
まるでAV展開w
止めどなく溢れる蜜がもったいなかったので、
じゅるじゅる音を立てながら吸ったったw
「いやぁあ!!恥ずかしいから…やめて…」
「入れるのもヤメるの?」
「ヒロ君のいじわる!」
「すっごい溢れてる。美味しい」
「ぁあ…もう…恥ずかしい…ちょうだい…ペニスが…ぁあん!…欲しい…」
と喘ぎながら小声だが紀子のほうからハッキリと「ペニス」と言ったw 


「誰の?」
「…ヒロ君…の…ぁあん」
「ちゃんと続けて言わなきゃ」
「はぁ…ヒロ君…の…ぁあん…ペニスが欲しい…」
「そんな小さい声じゃ分からない」
「ヒロ君のペニスがぁ欲しいぃ!」
随分ハッキリ聞こえたw
もうぐっちょぐっちょやわ、
欲しくてたまらんのか微妙に腰が動いてて、
俺も入れたくてたまらんかったが、
「どうしようかな?でもそんなスケベなヤツには入れられへんな」
と突き放すように言うたったw 


「もう!お願い!お願い!おかしくなるぅ!」
恥ずかしいからかずっと両手で顔を隠しながら言ってるw
「そんな態度のヤツには絶対入れてやらない」
「ぁあん…ごめんなさい…はぁ…もうイジメないで…欲しいの、ぁあん…欲しいの…」
「じゃあ紀子がドスケベだって認める?」
「認めるから!…ぁあん…」
「じゃあ自分がドスケベですって言わなきゃ」
「わたし…ドスケベです…」
「わたしって?」
「…紀子…です」
「話す時は相手の目を見て話さないと」
「ぁん…恥ずかしい…許して」 


「ほらちゃんと見て」
「ぁあ…もう恥ずかしい…わたし…はぁぁ…紀子は…ドスケベです…」
潤んだ瞳で恥ずかしそうに言うのがエロ過ぎてたまらんかったw
「聞こえない」
「…ぁん…もう入れて!お願いぃ」
「入れてじゃないやろ?何言ったか聞いてるねん!」
「…ごめんなさい…わたしドスケベだから入れて欲しいの…」
「だから何を?」
「ぁあん!…お願いだから…ペニスを!」
「そんなにペニス好きなの?」
「…ぁあん…好きだから…好きだから…お願いぃぃ…」
「顔隠すな!こっちを見ろ!」
「だって…恥ずかしい…」 


「口答えか?」
「ぁあん…違うの…」
「欲しいのに口答えしてごめんなさいだろ」
「欲しいのにぃぁあん…口答えして…はぁ…ごめんなさい…」
「これから俺を見て答えないと許さないよ」
「…うん…」
「分かりましただろ」
「ぁあん…分かりました…はぁ」
とても淫靡な表情ですがるように俺をずっと見つめてくる、
もう言いなりになってるしたまらんw 


「こんなに欲しくてドスケベなのに何でさっきはダメ、ダメ言ってたの?」
「…はぁ…それはぁ…」
「嘘ついてたの?」
「…ごめんなさい…」
「俺、嘘嫌いって言うたよな?」
「…ぁあん!」
「そんな嘘つきマジで大嫌いやからもう絶対入れてやれへん!」
「いやぁぁぁ!お願い!もう大好きなの!!
ぁあん…謝るから…アぁん!!許して…ぁん…嫌いにならないでぇ…
何でもするから…お願い…ぁあん…もうどうしたら…ぁあん!」
両腕を俺の首に回して泣きそうになってた。
もう凄く愛おしかった。
それと何故か俺はキツく言うとすればするほど標準語になっていったw 


「大好きなのは俺なの?ペニスなの?」
「両方!ぁあんっ!!ヒロ君のペニスだからぁ!ぁあん!大好き!!…ぁあん…」
「嘘つけ!ペニスだけだろ?」
「そんなことない!!ヒロ君が大好きぃぃ!!」
俺めっちゃ嬉しいw
「何て?」
「ヒロ君が大好き!ヒロ君が大好き!!」
ニヤニヤしてまうがここは心を鬼にして、
「嘘ついてたこと謝れ」
「…もう…許して…ぁあん…」
「許してじゃないだろ?お前から謝るって言っててもう嘘つくのか?」
「ごめんなさい…そんなつもりじゃ…ぁあん…
嘘ついてごめんなさい…ぁあん…ホントは欲しかったの…」 


「いつから?」
「…キスからずっと」
マジか!?そんな前から!?めっちゃ興奮したw
ちょっと虐めたろw
「嘘つくな!先週からずっと欲しかったんだろ?」
「ぁあん…それは…ぁあん…違うの…」
「何が違うんだよ。入れなくていいってことだな!」
「ごめんなさい…そうだから…そうだから…もう…お願い…」
うわぁホンマに愛おしい。でももうちょっとだけ虐めたいw
「そんな前から?そんなドスケベにはやっぱり入れたくない」
「だってヒロ君が…」
「また口答え?」
「ごめんなさい…そんな…ぁあん…もうどうしたら…ぁあん…ペニス欲しい…」 


「そんなにペニス欲しいの?」
「…それは…」
「だからさっきも食べたの?」
「…ぁあん…」
「美味しかった?」
「ぁあん…うん…」
「じゃあヒロ君のペニス美味しかったって言わなきゃ」
「…ヒロ君のペニス美味しいぃ…ぁあん」
「また食べたいの?」
「…食べたい…」
「それがモノを頼む態度なの?」
「ぁあん!ヒロ君のペニス食べさせて下さい…」 


「紀子ドスケベだからもう1回しゃぶらせて下さいだろ」
「紀子ドスケベだからもう1回…ヒロ君のペニス…
はぁあん…早くしゃぶらせて…あんもう待てない…」
信じられないことに紀子が両手で触ってきたかと思うと、
ためらいなくむしゃぶりついてきたw
この流れだと「誰が食べていいって言った」
とかいう風にオシオキしていかないとダメなんだろうけど、
紀子からまさかのアプローチをされて興奮してそれどころじゃなかったので、
「うわぁ」
とか言って嬉しがってもうたwまあこちらも経験値足りんしw
続けて「美味しい?」
と尋ねたら、 


「じゅぼ…うん…」
頷きながらさっきよりとてもいやらしく咥えてるw
「美味しいならそう言わないと」
「…美味ひぃわ…とても…じゅる…美味しぃ…」
「もっと俺を見ながら食べろよ」
「じゅる…ああ…美味しい…じゅる…食べたかった…
ヒロ君の美味しい…ああ…ちょっと出てきた」
って言ったか思うと亀頭の先から出てるカウパーを舌の先でチロチロしてるw
うわぁもうめっちゃエロい!!
「美味しい…ヒロ君の美味しい…いっぱい食べたい…」
って俺の先端をちゅるちゅる吸い始めたかと思うと、
さっきとは比べものにならないぐらい濃厚に食べ始めた。 


さっきのフェラもとてつもなくエロくて興奮したが、
もう一段上があるとは思わなかった。
紀子は普段本当に清楚で綺麗だから、
この引き出しの多さとそのギャップがもうとにかく良かった。
特にこの時に右手で玉を左手で亀頭を優しく揉みながらハーモニカを吹くように、
竿の端から端まで何度もじゅるじゅるしてくれたのがたまらんかった。
はんなりと口を尖らせ気味に軽く開いてじゅるじゅるにさせながら、、
くちびるの内側の一番柔らかいところで竿を何度も往復してくれたんだ。
その開いたところからは当然の如く「のりタン」が出てきてペロペロしてくれる。
これと同時にじゅるじゅるになってる亀頭のカリを、
紀子が左手でクリクリするもんだからもう気持ち良過ぎた。
とにかく「極上」だった。 


それまでの俺は先ほど授かったサド男爵を立派なヒゲ持ちなるように、
スパルタで育てていたはずなのにどこで教育を間違えたのか、
「うう~ん。のりたん気持ちいい。ああん」
と猫なで声を出して感じてしまったw
弟の甘えん坊将軍が産湯を浸かった瞬間である。
「のりた~ん、はぁもういろっぽいぃ…大好き…気持ちいぃ」
とちょっと腰もクネってしまって、猫なで声を連発してしもたw
だってもう気持ち良過ぎたんやもんw
やはり付け焼き刃の男爵だからどう成長しようと、
所詮「人妻」の前では可愛い坊やでしかなかったということだろうw 


しかも俺が猫なで声を出したからなのか、紀子はこちらを見つめながら、
「気持ちいい?ヒロ君可愛いw」
と優しく言ってくれた。
緩んだ目元に凄く母性を感じてもう甘えまくりたかったw
可愛いと言ってくれたのも凄く嬉しかったw
「うん。すっごい気持ちいい」
小学生みたいに答えてもうたw
気付けば甘えん坊将軍はもうすっかり元服の儀を済ませていた。
あんな風にとてつもなく興奮して気持ちいい上に、
見つめられて心まで癒されるとホンマにアカンw 


ちょっと気持ち良過ぎたので、
このままフェラ続けられると入れる前にまた逝ってまうw
俺はこちらに主導権を移さねば!と決意した。
出でよ男爵!!!!
「ねぇ、のりたんは今食べてるのをどうして欲しいの?」
「ヒロくんはどうしたいの?」
「入れたい」
「どうしようかな?散々いじめられたしねw」
「ごめんなさい…」
男爵は弟に追い抜かれて引きこもりになってた。
すっかり形勢は逆転してもうてたw 


「だってのりたんが大好きやからやもん。
俺ものりたんが欲しい、入れたい。
初めての人はのりたんがいい、お願い」
とめちゃ甘えながらお願いしたったw
紀子はMであってもあまりSっ気はなかったから、
責めに回ることは無くすんなりと、
「うそwわたしも早くヒロくんが欲しいw入れて」
と優しく微笑みながら言ってくれたw
ちなみにフェラを一旦止めて目の前で見つめながら言われたから、
俺はもうデレデレやったw 


「初めてやからどこに入れていいか分かれへん。教えて」
とめちゃくちゃ甘えながら囁いたったw
「もうw」
と紀子はまた優しく微笑みながら両手で俺のを持って、
入り口のところでぐりぐりして潤んだ瞳で見つめながら、
「大好き。もう待てない…入れて…」
とM字の体勢込みでそんなこと言われたらそれだけでイキそうやったw 


俺は入れたくてたまらんかったが、
もう一度だけ紀子にエロいこと言わせたくなった。
すっかり引きこもりになった男爵だが、
かろうじて部屋の前に置いておいたチャーハンだけは食べていたようだ。
「大好きのりたん。愛してる。俺すごくのりたんが欲しい。
最後に誰の何を何処に入れて欲しいかだけ教えて」
と、紀壷の入り口付近をグリグリしながら、左耳に囁いてみたら、
「大好きなぁあん…ヒロ君…ぁあ…の…ペニスをぁあ紀子の中にぁあん…
入れて…ぁあん…ヒロくん…ひろ…くぅん…ぁあ…もう大好き」
紀子も俺を見つめながらデレデレになりながら言ってくれたw 


何気に「大好きな」って付けてくれたことが、
めっちゃ嬉しくてまた感動したw
この感動は頑張ってくれた男爵無くしては語れないだろうw
まだまだ社会復帰も難しいと思われてた男爵だが、
できうるコンディションの中で、
精一杯の言葉責めに協力してくれたことに改めて拍手を贈りたい。 


亀頭だけが入り口に当たっている状態だったが、
ぐっちょぐっちょに蜜が溢れているのがリアルに分かった。
フロートいるってのもあながち嘘やなかったのかもしれないw
「ここでいいの?」
って言いながらゆっくりと腰を前に突き出していったら、
「うん。そこぉ」
と凄く色っぽく言ってくれた。
亀頭が全部入ったかと思うとあまりの気持ち良さに我慢できず、
もうマイペニー全部を一気にイレたったw
「ああああん!!!!」
今まで一番大きい紀子の絶叫が響いた。 


とにかく中が温かくてヌルヌルでたまらなく気持ち良かった。
いやらしい蜜まみれで想像していたよりもっともっと気持ち良かった。
こっちも早く入れたかったからもうホンマにたまらんかった。
とりあえず俺は腰をゆっくり動かしながら、
「もっかいのりたんのおっぱい吸いたい」
と甘えてみたw
「いいよ」
って凄く色っぽく答えてくれた。 


ただブラは強引にずり上げたままだったので、
「ブラの外し方がわかれへんねん」
って甘えながら左耳に囁いたったwってか実際分からんかったやがw
そしたら、
「もうひろくんwめっちゃ可愛いw」
ってアタマなでなでしてくれたから、もうなんかめっちゃ幸せやったw
で一緒にブラのホックを外してブラやキャミ、ブラウスを再度上にずり上げた。
ずり上げた瞬間、プリンとしたおっぱいの全容が確認できてまた興奮した。
初めてだったのでぎこちない腰の動きだったかもしれないが、
一生懸命ゆっくりと大きく腰を動かしながらおっぱいを揉んで吸いまくったw
「ぁあん…ひろくん、とっても上手…
あん…すっごいおっぱい気持ちいい…」 


おっぱい吸いを褒められたのが凄く嬉しくて
「ちゅぱちゅぱ」と音を立てながら、
いっぱいいっぱい吸いまくって腰を動かしていたら、
「ああん!!もう気持ちいい!あん!!あん!!」
と再び紀子は喘ぎモードに入っていった。
感じてる紀子がとにかく愛おしくて、
「愛してる!」って言ってベロチューしまくった。
紀子もベロベロに舌を絡ませてくれたw
考えてみれば若干オレのアレも残っているはずだが、
変な味も無く気にならなかったw
紀子はもうめちゃくちゃ感じてきて、どんどん喘いでた。
俺はただただ気持ち良くなってきて、腰の動きも速くなってた。 


ひたすら腰を振りながらも時折、
「これが欲しかったの?」
とか聞くと
「うぅぅん!欲しかったぁ!ヒロ君!!ヒロ君!!大好き!!」
もうホンマに嬉しいwめっちゃ気持ちいいw俺もベタ惚れや!!たまらんw
名前呼ばれて大好きって言われながらするのが、
こんな満たされるもんやと思わんかったw
「そんな好き?」
何度でも聞きたいw
「大好き!!大好き!!ひろくぅうん!!」 


「のりたんめっちゃやらしいw」
「もうスケベでいぃ!気持ちいい!!気持ちいいっ!!」
と言ったかと思うと紀子もちょっと腰を使いだしてきた。
エロ過ぎるし、アカンもう気持ち良すぎる!
「何入ってるの?!」
「ヒロ君のペニス!!ヒロ君のペニス!!」
またこの「ヒロ君のペニス!!ヒロ君のペニス!!」がたまらんかった。
あんな清楚で綺麗な人がこんな卑猥なことを連呼してるから。
ひたすら突いていると紀子も、
「あん!!!あん!!!!気持ちいい!!イキそう!!」と
背中が若干反りながら絶叫してきた。 


俺も1回逝ってたものの、
フェラや初挿入でめちゃくちゃ興奮してたし、、
この紀子の絶叫を聞いたのがとにかく興奮してもうダメだった。
「紀子!俺もイキそう!!」
「ひろくん!!私も!!一緒にいこっ!!」
「はぁっ!!気持ちいいっ!!」
「あん!!あん!!!あん!!!!」
「紀子!!愛してる!!」
「ひろくぅううんっ!!」
「うああぁつ!いくっ!」
「ぁああ!!私もぉ!!私もぉ!!!!」 


もう耐えきれずに紀子の中にいっぱい出し尽くした。
かくして見事に童貞卒業となりましたw
初体験としては以上の経緯なのだが、
自分の中ではこの日の後の展開も含めて、
「初体験」なのでそれも書かせてもらいたい。
ただ一緒に風呂に入って話したことももう書いているんだが、
ちょっと長くなってしまいます。
全くのスレチということでもないから、
気楽に読んでもらっても良いだろうか? 




俺は大好きな紀子と愛し合えて最高だった。
もう気持ち良くて嬉しくて幸せだった。
俺が逝った後も紀子はまだビクンビクンしてる。
もうたまらなく愛おしくて力一杯抱きしめた。
紀子も「ああ…」とだけ声を漏らしぎゅっとしてきた。 


しばらくして紀子が
「もう…どうしよう…どうしよう…」
「何が?」
「もう大好き、離れたくない…」
「そんなん俺もや。愛してる」
と言ってめっちゃチューした。
「絶対ダメなのに…こんなこと…」
「ダメなことなんて何もない。もうベタ惚れ」
「…うん…」 


「めっちゃ気持ち良かった。初めての人が紀子で凄く嬉しい。感動してる」
「私もこんな気持ち良かったの初めて…」
「凄く綺麗かった」
「恥ずかしい…」
「俺は早くイキ過ぎて恥ずかしかったw」
「ううん。ホントに気持ちよかった。
そんなに我慢できないぐらい感じてくれたのが…嬉しい…w」
「マジで」
何か嬉しくてまたいっぱい、いっぱいチューしてたw
だけどちょっと中のが垂れてきたみたいで、
「ああっ!ちょっと!大変!」
ってなってアレを抜いて急いでティッシュで拭いたw 


少し冷静になるとソファーカバーに大きいシミが出来てたw
「どうしよう」
って紀子は焦ってたものの動きが鈍かったから、
とりあえずおれがティッシュで拭きまくった。
「でも一杯垂らしたねw」
って見つめて言うと、
「ヤダッ!!恥ずかしい。ちょっと見ないでホントに」
って真っ赤っかになってたw
「見な拭かれへんやんw」
「私やるから、ホントもう許して」
余程恥ずかしかったのか頑張って動いてたw 


「でも…その…恥ずかしいのよ…全身見られるって…自信ないの…
それにすっぴん見られるのもちょっと…」
「こんな綺麗なのに何ゆ~てんのw」
「でもホントに恥ずかしいのよ」
「じゃあ風呂場の電気は消すからそれで良いでしょ?」
「う~ん…」
「じゃあ決まり!決まり!それで行こう!」
ともう俺はウキウキw
とりあえず風呂場まで強引に手を引っ張って連れてきたw
まだそんなに湯は溜まってなかったけど、
先に俺が入って紀子は後から入ってきた。 


自分でアソコを洗うのをとても恥ずかしそうにしていたw
「じゃあ俺が洗ったげるよ」
と湯船で立ったら、
「やめて!やめて!自分で洗うから!
ごめん、恥ずかしいから向こう見てて!」
とめっちゃ焦ってたw 


紀子はすっごい照れてた。
実は今まで男と風呂に入ったことがないことも判明した。
一番最初に付き合った人はHはしたもののそういう機会がなかったらしく、
今の旦那は一緒に風呂に入ったりするのが好きじゃないらしい。
そんな訳で最初は照れていたたが、
一緒に入ってる内にムードが良くなってきて、また一杯チューしてた。 


チューしながらさっきのことをお互い振り返ってた。
「それにしてもチューの時にもう既にしたかったなんてw」
「えっ!!」
また赤くなってきたw
「ホンマやらしいなw」
「違うよ!違うよ!!ひどい!!」
「でも舌入れてきたの紀子からやんw」
もう真っ赤っかやったw
「あれはちょっと酔ってたの」
「酒に?俺に?w」
「…両方w」 


でも紀子が反撃してきた。
「そうだヒロ君めちゃくちゃイジめてくれたよね?
ものすごく恥ずかしかったんだから!」
「いや感じてたみたいやったからw」
「ヒロ君初めてって絶対嘘でしょ!!」
「いや、ホンマに初めてやで」
「絶対嘘!!なんで初めてであんなイヤらしいことできるの?おかしいよ?」
「いやだって興奮し過ぎてあんなに早かったやん。
ブラもよう外せんかったやん。
それにまあAVとか色々あるもんでw」 


「え~信じられない。私ホントに今までで一番気持ちよかったの…
比べものにならないぐらい気持ちよかった。
イッたことは何回かあるけど、何か全然別物だった。
アタマおかしくなるかなって思った。
それにちょっと自分が恐くなった。
あんな恥ずかしいことされてるのに凄く感じてたから」
「感じてたねw」
「ねぇヒロ君正直に言って欲しいんだけど、
今日ウチに来るのにこういうこと期待してたの?」 


「う~ん、期待してたって言うとちょっと語弊があるわ。
でも無いって言うとそれも嘘になる。
少なくとも映画館では抱きしめたかったし、
チューもしたかったし、それ以上のこともしたかった。
紀子の手に触れた時は人生で一番緊張した。
でも紀子から繋ぎ返してくれて微笑んでくれた時は人生で一番嬉しかったし、感動した」
「そうだったんだ。映画館のヒロ君めっちゃ可愛かったよw」
「どんだけ緊張したかw
本当のこと言ったけど嫌いにならへんよな?
それに紀子はどうやったの?」 


「ううん。嫌いになんかなるわけないよ。
私はまずヒロ君がそういう対象で見てくれてるって思いもしなかったから。
車で言ってくれたことも嬉しかったけど、
それでもそういう対象でないと思ってた。
だって私はもうちょっとしたら40になるのよ。
高校生の子がそういう対象で見てるとは思わないよ」
「家で二人っきりって危険だとは思わなかったの?」
「それは気持ちを聞いてから一応考えたよ。
でもトイレの修理があったし、
それにヒロ君は無理矢理そんなことするような子じゃないって信じてたし、
私も一線は絶対に越えないって自信もあった。
でもやっぱりお酒はちょっとあったね…
嬉しくて美味しくて弱いのに飲んじゃったから…
それにその前のことですごくね…」 


「前って?」
「まずトイレ直せたのがすごく格好いい!!って思ったw
あの人とか知り合いでそんなことできる人いないもの。
それに一生懸命作った料理をあんな美味しそうに食べてくれてw」
「マジで美味かったし」
「wwwありがと。でも本当に嬉しかったよ。
ヒロ君っていつもあんな風にしてるの?
もうなんか気付いたらお互い食べさせあってるんだもん。
ホント上手よね。でもあんなこと全然したことないから新鮮だったかも。
なんか付き合ってるみたいな感じがして、
ヒロ君がすごく可愛かったw」 


「それで食べながらひたすら褒めてくれたじゃないw
料理もそうだけど、センスが良いとか、上品とか、
着ていた服や髪型からもうどこまで褒めてくれるのってw
ちょっとビールも飲んでたし、あんな面と向かって言われて、
とても恥ずかしかったけど褒めてくれる度にフワフワフワフワしてきた。
もうあれぐらいからダメだった」
「あんなんしたことあるわけないやんw
でもそんなフワフワしてるとは分からんかった」
「だってご飯食べた後、帰って欲しくなかったもん。
もうしばらくだけでいいから居ててって思ってた。
その時に私すごくヒロ君のこと好きになってるって改めて気付いたの。
もうどうしよう、どうしようってバクバクしてた」 


「マジで?」
「うん。だからコーヒー入れるつもりだったんだけど、
そうしたらヒロ君が特製カクテル作ってくれるって、
もうときめいたよ。
ホントに。そんなことしてもらったことないもん。
すごく嬉しかった」
「それはどうもw」
「どんなの作ってくれるのかドキドキしてた。
一生懸命作ってくれてるの見てキュンとしてた。
こんな気持ちなったの本当に初めてのことだったの」
「スイマセンwオレンジ絞っただけのヤツでw」 


「ううんw乾杯の時、紀子って言ってくれたじゃない。
もうクラクラだったw
それで見つめられて…あんな嬉しくて恥ずかしいこと言ってくれて…
もう生きてて幸せだった。
でもヤバいって思ったからちょっとオーバー目に感想言ってしまったw
勿論最高に美味しかったよw」
「そうやったんやw」
「でもそれから試作のこと聞いて…
じ~んとした。もう大好きって抱きつきたかったw」
「え~マジで!俺あの時最高にチューしたかったんやけどw
俺から行ってたらしてくれてた?」
「絶対してたよwだって私もしたかったもんw」
「マジか~wやっぱりまだまだやわw」 


「ちなみに手を繋いでご飯食べてた時やったら?」
「う~ん、どうだろ?でももう好きだったからね。
ヒロ君からされてたらやっぱり受け入れたよw
でもそれ以上は許さなかったとは思う」
「そ~かあの時もチューしたいと思っててんけど、
焦らずしなくて良かったw
慌てる童貞はエロいも少ないになるとこやったねw」
「何それw確かにちょっと警戒はしたかもしれないね。
でもその後カクテル作ってくれたら結局同じだったかもw」
「そうかw」 


「それであの人の話になって…」
「うん」
「話してる間にどんどん悲しくなってきてあの時はゴメンね。
でもその後でヒロ君慰めてくれて…本当にどれだけ嬉しかったか…
貴方みたいな人とずっと一緒にいたいって思った。
それで気がついたら私からキスしてた。
ヒロ君も…その…してくれて幸せだったw
でも私はそれで十分満足だったの」 


「正直言うとそれ以上欲しくなってたよ。
でもヒロ君が求めてもそれはちゃんと断れるつもりだったの。
…でも…ヒロ君その…気が付いたらおっぱい触られてて…
私はもうキスですごく感じてしまってて…
自分が思っていたよりヒロ君のこと好きになってしまってたらから、
全然感じ方が違ったの…お酒も回ってたしもうちょっと動けなかった。
そしたらおっぱいもその…どんどん気持ちよくなってきて…」
「正直おっぱい吸いたくてたまらんかったw」
「そうだったの?w
私もアタマでは絶対ダメだって分かってるんだけど、
本心ではもっとして欲しいって。
そしておっぱい吸われてる時に自分がとても濡れてることも分かってた。
だけどそれは絶対知られたくなかった」 


「アソコ触ったらめっちゃ声出てたしw」
「まさかそうなるとは思わなかったらとてもビックリしたの。
それと同時にすごく感じたからホントにヤバいって思った。
もうすごく気持ち良かったから、
このままじゃ一線越えてしまうって焦って精一杯抵抗したの。
それにヒロ君は最後の最後で絶対許してくれるとも思ってたよ。
そしたらヒロ君あんな恥ずかしいこと言って全然ヤメてくれないし!
もの凄く恥ずかしかったんだから!もう許せない!」
何回か叩いてきたけど、何か幸せw 


「でも濡れた感覚が伝わった時は俺も衝撃やったよ。
紀子が凄く欲しくなってるって思ったら、
もうすごく興奮して欲しくてたまらんかった。
でもあれはどっちかというと濡れた紀子に問題が…w」
「本当に火が出るぐらい恥ずかしかった。
でもそれからひたらすら耳を…したでしょ。
あんなことされたのも初めてだっただけど、
ずっと感じてたの。大好きなヒロ君から囁かれて…
もうすごく濡れてるのが分かった。
…それからよ…ヒロ君どこでああいうこと覚えたの?もう凄くいじめられた…」
「でも虐めてるほうがもっと感じてたように思ってんけど」 


「…そうなの…軽蔑しないで…あんなことされたのも初めてで、
とても嫌で恥ずかしかったの…
でも…囁かれる度にもっともっと感じるようになってきたの。
恵理子と同じ年の子にそんなことされて言いなりになって…
とても恥ずかしいのに、それ以上に感じてしまって」
「うん」
「もう欲しくなってたんだけど、
やっぱり頭のどこかでダメだって思ってたし、
何より口に出すのがとても恥ずかしかったの。
どうすれば良いのか分からなかった。
いじめるのはもうやめてって本当に思ったんだけど、
それでもどんどん感じてるの」 


「途中でキツく言われた時泣きそうになった。
怒ってるの?嫌われたらどうしようって。
あの後もあんな恥ずかしいこと言えたのは、
嫌われたくなかったってこともすごく大きかったの」
「ごめんね」
「ううん。
でもそんな風に言われてるのにすごく感じてたの。
その後で優しく言われたからもう認めちゃおうって。
もう早く欲しかったし。そしたらそこから意地でも言わせるんだもん。
もう本当に嫌い!」
またペチペチ叩かれたw 


「ごめん、ごめんwでも『欲しい』って聞いた瞬間は電気が走ったよw」
「私も一旦口に出したらもう止まらなかった」
「フェラめっちゃ気持ちよかったw紀子も食べたかったなんてw」
「もうw目を瞑ってたけどすぐヒロ君のだって分かったよ。
もうあれだけ言わされたからハッキリ言うけど、
すごく食べたかった。
信じて欲しいんだけど私フェラするのってあまり好きじゃないの。
あの人はアレが好きだったからよくしたけど…
でもヒロ君のは愛おしくてたまらなかった。
触りたい、舐めたいってもうホント恥ずかしい…。
恥ずかしいんだけど、食べてる時もあんなに欲情するとは思わなかった」
「興奮したの?w」
「うん。ホント恥ずかしいけど、とても興奮したよ」 


「2回目咥えた時って何かもう凄くエロくてたまらんかったw
だって紀子から食べにきたからもう興奮したしめっちゃ嬉しかったw」
「もう愛おしくてたまらなかったの。
それに早く食べたくてしょうがなかったの」
「先だけチロチロやチュッチュされた時なんかもうたまらんかったし、
ハーモニカみたいにしたのとかたまらんかったw」
「あんなやらしいこと自分がするなんて信じられない。
でも喜んでくれるかな?って。ヒロ君も興奮して欲しかったし、
気持ちよくなって欲しかったの。
それに感じてるヒロ君めちゃくちゃ可愛かったよw」 


「マジで!嬉しいw
でも俺は最初のフェラで速効イッてもたから、
めっちゃ恥ずかしかったwまたいっぱい食べて欲しいw」
「恥ずかしいよw
でも私はヒロ君がそんなにまで興奮してくれたってことだから凄く嬉しい。
それはいいんだけど…」
「何か?」
「ヒロ君私のアソコ舐めたでしょ。
死ぬほど恥ずかしかった。明るいままだし。
匂いとかどうしようって思ったし、私あんなことされたのも初めてなの」
「ええ?今までは」
「されたことなかった。指とかではあるけど」
「へぇ~」 


「気持ち良かったんだけど、
ヒロ君わざと音立てたりしたでしょ!
あんないじわるして!めちゃくちゃ恥ずかしかったんだから!」
「だけどあんなに溢れてるんやもんw
めっちゃ美味しかったよw
紀子だって俺の舐めてる時興奮したんやろ?
俺もめっちゃ興奮してんもんw本当に美味しかった。
またいっぱい食べたいw」
「もう本当に恥ずかしい!でも…その…気持ち良過ぎた…
指入れられてすぐイっちゃったのにヤメてくれないんだもん。
ちょっとキツかったんだけど、
それからがもうすごく気持ち良過ぎて…もう恥も外聞も無かったわ…
お願いだからバカだとか思わないで欲しいの…」 


「思うわけないやろ。まあドスケベやとは思うけどw」
「いじわる…」
「うそ、うそw
でもどんどん感じてるみたいやったから俺もホンマに興奮してん」
「あれ以上舐められるのと指とでされたらまたイクところだったの。
でもそれより本当にヒロ君のでイカせて欲しかったの。
ヒロ君に入れて欲しくてたまらなかった」
「やらしいなw」
「もうw」
「でも言うてる俺も入れたくてたまらんかったでw」
「だったら早く入れてよw
でもやらしいこと言わされたけど、
本当に興奮もしてたし感じまくってた。
私やっぱりおかしいのかな?」 


「そんなことないやろw」
「ヒロ君入れてくれた瞬間、とっても幸せだった。
それまでも経験したことないぐらい気持ち良かったんだけど、
もうヒロ君のは全然別物だった」
「それは俺もそうやで。すいません。また早くてw」
「何で謝るの?ヒロ君と一緒にイケてもう最高だった」
「ありがとうございます」
「それでアレが終わってどうしようって思った。
もう大好きになってしまってたから。
自分は理性ある大人だと思ってたけど、
ヒロ君を目の前にしたら全部ふっとんでしまってたから恐くなった。
自分でもどうして良いのか分からない…でも離れたくない…
もう好きだよ…大好きなの…ヒロくん…」 


「俺は紀子のこと大好き。俺は絶対離さないし、また会いたい」
「うれしい…」
「付き合おうよ」
「!」
「ってかもう付き合ってるけどねw」
「嬉しい…でもやっぱり…」
「分かってる。誰にも言わない。絶対に秘密にするから」
「うん…でも…」
「でも嫌だったらもう会えないけどそれでもいいの?」
「…それは嫌…もう貴方に会えないって…考えたらちょっと………
泣きそう…こんなに好きにさせて…もうどうしたら…」 

281 名無しさん@ピンキー 2013/01/22(火) 08:39:47.98 ID:GeQ13LEb
「じゃあ付き合おう。絶対秘密にするから」
「…絶対二人だけの秘密にしてれる?」
「約束する」
「恵理子にも絶対に言わないでね」
「当たり前やろ」
「本当は貴方と付き合いたいの…
そう言ってくれて本当に幸せ。また会いたい…」
「俺も会いたいよ。紀子、付き合おう」
「うん」
「紀子。愛してる」
「嬉しい…私も愛してる」
「紀子が欲しくてたまらない」 


「私も…」
「欲しい…」
「…うん」
「食べて」
「…うん」
「大好き」
「もう大きくなってる…すごい…いっぱい食べさせて…」
「美味しい?」
「ん…美味しい…大好き」
「もうダメ、我慢できない」
「ええ、もうw」
「紀子のベッドに行きたい」 


「ええ~…うん。いいよw」
「付き合う記念でいっぱいしたいw」
「いっぱい愛してw」
とりあえず風呂上がってタオルで速効で拭いたったw
「2階やったよね。じゃあお姫様」
とお姫様だっこしたったw
「きゃぁああ!」
とびっくりしてた。
「え~重いでしょ。いいよ。いいよ」
「全然軽いんですけどw」
「こんなの初めてしてもらう…すごくいい気分w大好きw」
ちなみにお姫様だっこ中もビンビンやったw
俺は王子には程遠いわw 


今振り返るとソファーでのことはともかく、
その後の風呂やこの後のベッドでのことをよくOKしてくれたなと思う。
家族が帰ってくる可能性は0じゃ無いだろうし、
来客もあるかもしれなかったし。
酔ってたことはあるにしても、彼女なりに覚悟もしたんだろうし、
多分それだけ好きでいれくれたんだと思う。
その時の紀子の想いほど俺は紀子のこと想ってたのかは分からなかったけど、
紀子が望めば将来結婚してずっと一緒にいたいと思ってた。
高校1年生の俺が何を言ってるのかとちゃんちゃらおかしいと思われるだろうが、
何かあれば自分で全部責任を取るという根拠の無い自信だけはあった。 


初風呂で話し合ったことも貴重な体験だった。
「あの時そんな風に思ってたんや」
とか女の人の心理とか聞けることも初めてだったから。
例えばフェラのことだと、それまでは女の人はペニ舐めるなんて別にしたくないし、
嫌なんだろうけど相手のこと好きだからまあしてくれるんだろう、
というぐらいの感覚だった。
だけど紀子ははっきり食べたかったとも興奮するとも言ってた。
結局のところ人それぞれなのだろうけど、
あの紀子がああなるのだから、
女の人の印象というものがこの日を境に変わったと思う。 


こちらも言葉責めとか色々虐めたりしたけど、
フェラ一つで簡単に逆転されたから大人の女の人って凄いなとも思ったw
ハーモニフェラしながら見つめてくれた目元が本当にとても優しくて、
あの大きな愛で包み込んでもらってるような感じは、
今思い出してもとても幸せな気持ちになる。
女の人ってとても優しくて温かくてどれだけ愛情が深いんだろう、
初めて愛し、愛された人が紀子だった俺は本当に幸せモンだw 


階段を上がったらもうラブラブで紀子のベッドにダイブしたw
紀子たっての希望で電気は消すことになったw
さっきとは違い紀子も最初からニコニコのデレデレだったw
「心の底から抱かれたい。いっぱいして」
とすごく色っぽい表情で言われてたまらんかったw
お互い焦る気持ちはもうなかったからゆっくりといっぱいキスした。
時間を掛けてたっぷりと全身を舐め回した。
何かもう愛おしくて紀子の全てを食べたかった。
ちなみに俺はめっちゃ唾液が出るほうだw
うつ伏せにして首筋から背中にかけてもじゅくじゅくに舐め倒した。
「あん!もうくすぐったい…はぁ…はぁ気持ちいい…」
紀子を感じさせようというより、
俺がもう全身を舐めたいという欲求で始めたんだが、ことのほか紀子が感じてた。 


たまに首からうなじを上って舐めつつ左耳もベロベロにし、
「紀子すごく色っぽい。もうベタ惚れや…」
とか甘く、甘く囁くと、
「ぁあん…ひろくん…すごく感じる…
わたしも…もうベタ惚れ…」
と紀子もベタ惚れと言ってくれてめっちゃ嬉しかったw
お尻を舐め始めると、
「あんまり見ないで…垂れてて恥ずかしいの…」
と言われたので舐めながら改めてマジマジとお尻を見たったw
確かにプリンプリンって感じでは無かったが、
白くて柔らかく俺は綺麗なお尻だと思ったから、
「めちゃ綺麗やん。めっちゃ食べたい」
と言って食べ続けたら、 


「あん!もう恥ずかしい…」
って言ってたw
内ももも凄く感じてた。
膝裏とかふくらはぎおを経て、
足の指を舐めたら多少嫌がるそぶりは見せて、
「そこは汚いから」
と言いながらも、暫く舐めてると
「…はぁあん…
何でわたし、足の指なんかで…ぁあん…もう」
って感じてたw 


とても感じてたようだから、
しばらく足の指を丹念に舐め続けたら、
「あん…感じる…もうすごく気持ちいい…」
ってトロントロンになってきたから、
紀子の体勢を仰向けにして内もも、股の付け根らへんをベロベロしたったw
蜜壷は舐めずにその回りを延々と舐めたら、もうダラダラ垂れて
「いじわる…いじわる…」
って腰をうねり回してたのがもうたまらんかったw
とりあえずもう一度足の指を舐めながら、
唾液でふんだんにぬれた付け根や壷周りを指先でなぞったったらw
「ぁあん!もう早くぅ…いじわる…」
って見つめてきたからたまらんかったw 


「もう俺も我慢でけへん」
と言って、恥ずかしがる紀子を誘導しシックスナインの体勢にした。
紀子もやっと舐めてもらえると思ったかどうかは分からないが、
俺は上に跨らした紀子のアナルをチロチロしたったw
「ああん!ちょっと!!そこはダメ!!」
と嫌がってはいたが、
「じゃ~俺のところも舐めてよ
舐め合いっこしたい」
と言ったら紀子もチロチロし始めたw
それまではおっぱいや蜜壷は舐めたいという願望がずっとあったが、
アナルなんて汚いし、舐めたいなんて全く思わなかった。
でも現実に今俺から舐めたくて舐めてる。
紀子が本当に愛おしくてそこも舐めたくて舐めたくてしょうがなかった。 


紀子もフェラがあんまり好きじゃなかったけど…って言ってたことが、
ちょっと分かったような気がした。
アナル舐め自体はくすぐったくて普通に気持ちいいというぐらいだったけど、
紀子のベッドでお互いのアナルを舐め合ってるという、
シュチュエーションはもの凄く興奮した。
「はぁ…アナル舐め合ってる、めちゃ興奮する」
「もう…恥ずかしい…」
「紀子のこと凄く愛してる…愛し合ってるからこんなことできてる…」
「ぁあん…ひろくん…愛おしい…」
紀子の蜜壷からはあのやらしいジュースが垂れまくってたw 


またジュースを飲みたいと思ってた時に紀子が、
「ひろくん…もうわたしの舐めて…
我慢できない…」
って腰をくねらしながら言ってきて、
俺のペニも一気に食べ始めた。
舐められるの恥ずかしいと言ってたのに、
もうおねだりしてるからめちゃくちゃ興奮した。
もう言葉責めで引っ張ることはなく一気に舐めて、
両手でお尻も鷲掴みにしてひたすらベロベロ舐めてた。 


紀子は、
「ああああん!!!!」
と絶叫して、あまりに気持ち良さに耐えられなかったのか、
もうフェラもできずめちゃくちゃに喘いでた。
しばらくジュースを味わっていたんだがその内に、
「ああん!!もうひろくんの欲しい!!入れて…」
と言ってきたので、そこからは色んな体位で存分に紀子を味わった。 


バックでほっそいウエスト見ながらするのが特に良かった。
それまではおっぱい好きで尻や腰とかってあんまり興味なかったけど、
バック越しに見るウエストのくびれがあんなに興奮するもんだとは思わなかった。
バックでしながら、
「紀子こっち見て」
とリクエストしたら
「だめぇ。恥ずかしい…」
と一旦は断るものの、
「俺のこと好きだったらお願い」
とおねだりしたら、
「大好きだから…」
ってこちらを向きながら見つめ合った紀子の表情としぐさが、
とてつもなくエロく愛おしかった。 


めっちゃくちゃ興奮して気持ち良かったものの、
流石に3回目でさっきより余裕があったこともあり、
たっぷりと紀子を味わえた。
色んな体位で味わって正常位に戻した後、
紀子は何度かイってひたすら感じてるはずなのに、
「もういい、しんどい…しんどいから…もういい」
とちょっと拒否るような態度を取りだした。
俺の胸を押して離そうとしてるし。
本当にしんどくて止めたほうが良いのかな?と思ったものの、
これはもしかしたら凄いことになるのか?とも思ったので、
無理矢理腕を放して目一杯激しく突きだしたら、
一際大きい声で絶叫しだした。
近所に聞こえるんちゃうか?とちょっと心配したけど、
こちらもひたすらに腰を振りまくったらもうイキまくってたので、
俺も構わず中に出した。 


紀子はしばらく目を瞑って放心状態だった。
5分ぐらいして
「すごい…凄い気持ちよかった…もうわけ分からなくなってた…
わたし大丈夫だった?」
と聞かれたので、
「とても素敵だったよ」
と言っといた。
この後もいちゃついてしまって結局もう1回入れてもうたw
そこからも延々と愛し合って、本当に幸せだった。
終わった後はもうひたすらチューしてた。 


時間はもう夜の11時になってたから、
「そろそろ帰らなきゃ」と紀子が言った。
紀子は親としての立場で言ったんだろうが、
「本当は帰って欲しくない」という気持ちが見え隠れしてとても可愛かった。
俺も帰りたくはなかったけど、その日は帰ることにした。
最後に玄関でいっぱいいっぱい抱きしめてチューをした。
紀子は送ってくれると言ってたが、
飲酒になるからそれは断って駅まで歩いて帰った。 


歩きながら帰っている時、
それまでのことを思い出してずっとニヤニヤしてたw
「よっしゃ!よっしゃ!!」とウキウキだった。
あれだけ紀子でたっぷり出したのに家で思い出したらまた勃ってきたので、
もう1回自分で抜いたったw
そんなこんなで俺はこれ以上ない素晴らしいを経験することができました!!

出会いから初体験まで随分と長くなりましたけど、
読んでくれた皆さん本当にありがとうございました。

その後、紀子とは数ヶ月後に別れを告げられました。
一番の理由は恵理子の幸せには変えられないということでした。
付き合い始めて、別れるまでの経緯もご要望があれば書かせていただきます。 


俺がここでこの話をしようと思ったのは、
紀子が亡くなったことを去年の暮れに恵理子から聞いたからです。
まだ60歳前でしたし、やはりショックでした。
紀子とのことは今まで誰にも言ってません。
でも紀子という素晴らしい女性がいたことを、
誰かに聞いてもらいたいという気持ちがずっとありました。
もう紀子に会えないと思うと悲しくもなりますが、
ただ俺は今、結婚して子供もいてますから、
ここで書いたことを一つの区切りにして自分の家庭を大事にしていこうと思ってます。