0143
私は31歳の主婦です。

先月友達が子宮筋腫で手術をしたのでお見舞いに行きました。

たくさんお見舞いでケーキを貰ったそうでおすそ分けしてもらったんですが、友達のご主人さんが甘いもの大好きだから、帰りに持って帰ってほしいと頼まれました。


もちろん了解して、家に向かいました。

するとちょうどご主人さんが帰ってきたところで、上がってコーヒーでも一緒に食べようと言われました。


うちの旦那も遅くなると言われていたのでOKしました。

そして楽しく話をしていたら、ご主人が急に覆いかぶさってきたんです。


何が起きたかわからず驚きました。

でも重たくてご主人はビクとも動きません。

『おとなしくしててよ。

お互い楽しもう。

ご主人とはしてないんだって??』と言われました。


友達に1年ちょっとないと話していたんです。

それがご主人に伝わってたみたいで・・・
抵抗すると机の上にあったアイスティーを顔にかけられました。


そして私の顔を舐め始めたんです。

『次はこんなものではすまないよ??みやちゃんが好きなんだ。

悪いようにはしないさ』

そういうと下着を脱がされ、後ろからご主人の指でかきまわされました。

『ほらほら、みやちゃんのオマンコが濡れて来たよ』そういってアレが入ってきました。


ご主人は激しく腰をふり、私が声をださないとお尻をバシッと何度も叩きました。

『ほらほら、声だせよ!欲求不満のみやちゃんよー』などといわれ、こうして私は声を出しご主人に応じました。


最初は不安と恐怖が強かった私ですが、1年以上してない私は感じてきてしまったんです。

気がつくとご主人の命令通り、腰を振っていました。


部屋中にクチュクチュと卑猥な音が・・・。

するとご主人が来いというので寝室に行きました。

裸にされ、今度は全身鏡の前で四つん這いにされました。


そしてまた後ろから激しく突かれました。

もう私はご主人の奴隷のようでした。

『みやちゃんー、オッパイ揺らして何してるの??』

『おらおら~、もっと腰を突き出せ!!振れ!!』
何度もお尻を叩かれました。

痛いどころかだんだん快感に変わりました。

そしてご主人はお尻の上に出しました。


すると優しく私にキスをしてくれました。

『ほら、今度は舐めて。

綺麗にするんだよ』といわれ、私はご主人のアレを舐めました。

何度も何度も・・・

私はもう1度したかったのかもしれません。

そしてご主人のアレが勃起すると今度はベットの上でしました。

もう私は止まらずご主人にしがみついていました。

何度も何度も・・・

旦那に遅くなると電話をしました。

こうして夜中の2時までご主人と過ごしました。

Sの人とのSEXは初めてで、乳首を強く引っ張られすぎて帰り道は痛みがありました。


でも、今までにない快感でした。

それからは友達が退院するまで毎日SEXしました。

今はメールだけですが、また会える日を楽しみにしています。
サンプル