016_20130711230116s
私とたくちゃんの話。

(こんな風にじっと見たのって、初めて… 。

それも、大好きなたくちゃんの…オチンチンに…こんどーむかぶせてるとこ… 。

たくちゃん、上手…♪
こんな風につけるんだぁーって…勉強にもなるし(///) 。

あれ?あれ?裏とか表とかあるのかな… 。

あとで聞いてみよ…かな?)

サササッ!とこんどーむオチンチン隠されて(たくちゃんの両手でした(><))、(エ!?)って気が付いたら、
「見過ぎだよ…(///)」
「あは…、ごめん…(///)」(やだー…、すごく見てた…)

「あの…、たくちゃん… 。

「ん… 。

なに…?」
「だっこ…(///)」
「うん… 。

(ぎゅ♪)こう…?」
「うん…♪」
たくちゃんをおっぱいで包む感じでだっこのかたちでした 。


「たくちゃん…、こういう感じで…」
「うん…」
私の腰にまわしていたたくちゃんの片腕が離れて…、オチンチンに…?
腰をゆっくり降ろしていくと、ツンって、…すぐ近いとこにあたりました… 。

私も片手を添える感じで…、オチンチンを導きます…(><)

ツプ…って感触を感じました 。

「う…」って、たくちゃんの吐息が… 。

また、激しく誘われちゃう私… 。


ぐんぐん!って、体の重みにまかせて、一気に腰をおろしました… 。

「んふっ、ん…!」って思わず出てしまったような吐息を聞きながらで、すごく感じちゃいました… 。


「はぁ…、たくちゃん…」
「なつ…」
みゅち…、みゅち…、みたいな音がしていて、自然に腰が動いちゃって、何度も根本に押し付けちゃいます… 。


「ああ…、なつ…」
「ん…ん…」
たくちゃんのほっぺに吸い付きたくなって、ほっぺ舐めながらとか…、
「あは…!うわ…、あ…」
「ん…?んー…」
耳かみかみしながらとか…、
「あ、あふ、なつ…、うふ…」
「んふ…(かみかみかみ)うふ…、たくちゃん…、好きだよぅ…、はむ…(かみかみ)」
「な、なつ…、俺も…、う、うわ…、はあ、はあ」
小刻みに、びくびくって反応が密着した体から伝わってきたりで…、誘われてたまらない…、気持ちよくてたまらないです… 。


「ふ…、くふ…、なつ、俺…出そ…」
「んふ…、だして…いっぱい…、んちゅ…(かみかみ…れろれろ…)」
あ、たくちゃんに擦られてるとこじんじんして、気持ちよくて、もうダメかも…なんだけど、みゅちっみゅちって、根本まで打ち付けて…、打ち付けて…、ほっぺなめて…、
「なつ…!いく…、出る…!」
「はんー、だしてぇ…」 私もかも…!だからなのか、無意識に力強くっぽく打ち付けてたかも…、ぐん!ぐん!ぐん!って…!!
意識は断片てきになってました… 。

「う…!うぅ…!」吐息が激しくなって、たくちゃんの腰も強く動いて…、
「あ…!はう…!」
おしりぎゅっ!ってつかまれて、私に強く打ち付けて来て、もうたくちゃんがやらしくて…、気持ちよくて…、何度目かの強い打ち付けに、私も、イッちゃいました…(///)

らぶらぶっぽい私達ですが、遠距離…?よりも近いような、普通よりも遠いような距離で、なかなか想うようには会えないです 。

(><)

好きって言ってくれてるのに、毎日、なんとなく不安だったりします… 。

(迷惑じゃない…?とか、メールも様子みながらで… 。

だけど、いくら我慢してもいいっていうくらい、たくちゃんが大好きです(><)

会えたとき、だっこしてもらうことが、大人の私の我慢へのご褒美です♪
サンプル