pic-0212001760
旦那が浮気をした。

埋めがてら。

文才無いけど、吐き出させてほしい。

旦那の浮気電話を聞いて、何かがキレた私の話。


結婚2年目、お風呂入ろうとして脱衣所入ったんだけど、洗顔フォーム切れてたの思い出して、ストック場へ移動中、リビングから旦那の笑い声が。

テレビとか見ても笑わない人だから、ちょっと興味があって、こっそり耳を傾けたら、女とラブラブ電話の最中。

「ん~?俺も淋しいよ!ほんとだよぉ~、まおタンがい・ち・ば・んだーい好き☆」だって。


そこで、指先が冷たくなってくのが自分でも分かって、何か、壊れちゃったんだろうな。

あ、録音しなきゃ、と思って、自分のカバンからデジカメ(趣味が写真で、いつも持ってる)取ってきて、録音開始。

「また○○ランド行こっか!今度は泊まりでさ~」とか、言い逃れできないワード抑えたところで、リビング突入。


旦那、「ひゃっ!」とか言って、反射的に携帯投げ捨てた。

ソファに。


「楽しそうでいいね。

私もお話したいな~。

そうだ!今からウチに呼びなよ!」と、はしゃぐ私。

「え、な、何?」キョドる旦那に「旦那君だけ○○ランド行ってずるーい!私もまおタンとお喋りしたいの~」と追い討ち。

このときの自分の神経が、今ではまったく理解できないが、なぜかぶりっ子キャラを通そうとする私。

「ね?ね?いいでしょ?まおタン呼んでよ~」と強請る私に、旦那「いや、それはちょっと…」と渋る。

まだパニくってる。

「えー?やーだーやーだー!今呼んで!まおタン呼んで~!」
ソファに旦那突き飛ばして、クイックルで力いっぱい叩き続けた。

「ねーねー、呼んでー?呼んでよー!」ニコニコしながら殴打する私を見て、旦那、身を危険を感じたのか、まおタンに「助けて!早く、ウチ来て!」と連絡ww
まおタン、ウチの住所知ってた。


30分位して、チャイムが。

「あ、まおタンだ!」と、ルンルンでお出迎え。

私が玄関へ移動すると同時に、寝室へ猛ダッシュして引きこもる旦那。

まおタン、超可愛かった。

青ざめたバンビちゃん。


「いらっしゃーい!ありがとね~、こんな遅くに!さ、上がって上がって!」
まおタンの手を引いて、リビングまでご案内。

茶は出さん。

旦那、携帯電話置いて逃げてたw中を見れば真っ黒。

「へー。

まおタン、旦那君のこと、アッキー(仮名)って読んでるんだぁ。

ねね、この『だぁ』ってなぁに?教えてー?」
「……」
「言えよ」
「…それは…ダーリンの略でry「うん知ってるー☆」
等々、羞恥プレイ繰り返してたら、まおタン、さめざめと泣き出しちゃった。

「あ、ごめんね?せっかく来たのに、アッキーに会えなくて寂しいよね?アッキーに会いに行こっか~」
まおタンの腕を掴んで、寝室へ移動。

まおタン、足がガクガク震えてんのwバンビちゃんw

寝室は鍵付いてないので、簡単にアッキーに会えた。

ベッドの隅で「い、嫌だぁ!」とか半べそかいてるの。

来るなと騒ぐ旦那無視して、髪掴んでベッドから落とした。

「ひぃぃ!」とか叫んだ。

「だーい好きなまおタンが、寝室まで来てくれたよ?お泊りしたかったんでしょ?」
旦那、念仏みたいに「ごめんなさい」と言い続ける。

それを見てたまおタン。

寝室には入れず、廊下にへたり込み、「すみませんでした…」って泣き出した。

「○○まおさん。

あなたの名前、一生忘れないから。

どんな手段使っても探し出すから」

そのまま、旦那の携帯とカバンだけ持って家を出て、ビジネスホテルで一泊して帰ってきたら、旦那しかいなかった。


「あ、あの、あの」って取り繕うとする旦那無視して
「朝ごはん、今日ベーコン無いから、ウィンナーでいい?」と、いつも通りの返答すると、ホッとしたような旦那の顔。

ニコニコして、「うん!」って返事するから「まおタンとお泊りできてよかったね」って言ってやったら、なんか呻くようにうずくまってた。

許すわけねぇだろ、バカが。


その後、弁護士入れて、両方から慰謝料貰って、サクっと離婚した。

キチ○イじみた行動取った暴力妻なのに、それでも再構築を願った元旦那の思考が理解できない。

あんな狂った行動取れた自分が、振り返ってみて恐ろしい。


その後まおたんと元旦那はどうなったの?

まおタンと元旦那は、その日っきり別れたらしい。

まおタンはしでかした事の大きさ(一年付き合っといてw)に怯え、あとは大人しいもんでしたよ。

慰謝料もしっかり払ってくれたし。


再構築を望む分、元旦那の方が厄介でした。


すみません。

打ち間違えました。

340→980です
サンプル