kpij
オレが中学1の時の話なんだけどね 。

めちゃくちゃカナヅチでさ、
中学・高校と成績に影響するからという事で
無理矢理スイミングスクールに通う事になって 。

中学からなんて恥ずかしくて仕方ないなと思ってたけど
当時、教育ババアだった母親のすごい剣幕で
泣きながらOKしたのよ 。


で、いざ始まったんだけど、
幸い同じ時間帯のグループには同じ学校のやつもいたんだけど
まぁ顔見知り程度というか 。

寂しかったけど恥をかかずにすんだという気持ちの方が大きかった 。


でもさ、中学生のコースにどう考えてもついていけないわけ 。

だってオレ全然泳げないし 。

スイミングスクールのプールって深いからさ
半分、溺れてるようなもんよ 。


2、3回我慢して行ったけどもうしんどくて
親に泣きついたけど許してもらえず 。



そしたらスイミングの先生から電話がかかってきて
「君は必ず泳げるようになるから
下の学年のコースに混ざって1からやらないかとの事」

この先生が若い男の先生だったんだけどすごくいい先生でさ、
わざわざうちの学校の体育教師とかに電話して
色々、オレの情報を仕入れてたみたいで 。

なんでこんな風に言ってくれたかというと
実はバスケでオレは小学校の県代表に選ばれてたり
中学でも入学してすぐにレギュラーになったりしてたから
運動神経は抜群だと思ってくれたらしい 。

その先生に負けてオレは行きつづける事に 。


本題はここから 。

まぁ恥の上塗りみたいな、ちょっとラッキーな話ですが 。


オレが入ったコースはまさかの小学校下級学年コースと呼ばれるもの 。

ここでは1~3年生を下級、4~6年生を上級と呼び
例え1年生でも上級クラスであればそっちの方にいけるし、
更にすごければ競技者育成コースというのに大抜擢される 。


中1で小学校1~3年生と一緒ってのは屈辱以外の何物でもない 。

ハッキリいって嫌だったが、そのとき同じような境遇の女の子が
同じタイミングでこのコースに入ってきた 。

同じ中学、同じ学年だったのだが、中学生コースでも別のクラスだったらしく
学校でも面識がほぼないので、どうもーって感じ 。


名前はメグミちゃん 。

背は小さい感じで、結構好みのタイプ 。

でも、体は中1という事で幼児体型ぺったんこですが 。


先生は二人で切磋琢磨して頑張れみたいな感じ 。

まぁ結果2人で話したりはよくした 。


初めての下級生コースが終わりを迎え、
内容的には本当に低いというか、
むしろそんな1~3年生よりも泳げない俺たち 。

終わり迎え、プールサイドで先生の話を聞き
皆でシャワーいくぞーと先生が支持を出した 。


とたんに、他の小学1~3年生は水着を脱いで全裸になりだした 。

男の子も女の子もみんな 。

オレとメグミはぽかんとしてる 。

他の子がお兄ちゃんたちも早く行こうよーとせがむ 。


すると先生が、
「ごめん、こういうルールなんだよ 。

 他におばちゃんクラスしかいないから
 今日は合わせてくれないかな」

2人で顔を見合わせる 。

オレはまだいいがメグミはだんだんと顔が真っ赤になる 。

先生が、中々脱がない他の子に注意をしだすと
メグミは覚悟を決めたのか肩紐に手をかけて
するするっと脱ぎだした 。


ぺったんこの胸が見える 。

そして下は産毛みたいに薄い毛が2~3本 。

今考えたらこんなシチュエーションになった事なかったんだろうね 。

どう隠したらいいかわかんない感じで
とりあえず腕をまわしてギュッと抱きしめる様にしてた 。


そしたらオレが脱がないわけにはいかないからさ
俺も脱いだわけ 。

そしたら、いやわかってたんだけど
メグミの裸を見てオレのチンポは当然勃起してた 。

ポロンってチンポが上向きになってる 。


オレはバスケやってたのもあったから
背はそんなに大きくなかったけど体付はしっかりしてて
チンポもそれなりにオトナだったというか 。

毛もそれなりに生えてたしね 。


メグミはそれを見てびっくりしたのか
体を隠してた手で顔を覆った 。

隠れてた体があらわになって、オレはより一層勃起 。


その後シャワーにいって帰るまで無言だったけど
なぜかずっとそばにいて行動してた 。

シャワーでもすぐとなりでお互いチラチラ体を見ながら
目があったらすぐそらす感じで 。


更衣室はさすがに別だったけど
ロビーで会ったときは改めてって感じで
お互いちょっと微笑んだ 。


そんなこんなで毎週裸を見せ合うというよくわかんない関係から
ものすごく仲がよくなり、
学校でもよくからむようになった 。


2人とも仲がいいよねーってからかわれると
メグミは「お互いの秘密を知ってるもんねー」って笑ってた 。


結局、オレはバスケが忙しくなって中学2年の途中でやめた 。

水泳もとりあえず25mクロールで息継ぎなしで泳ぎ切るという技も覚えた 。

メグミは泳げなかったのが嘘の様に泳げるようになってた 。

あとから聞いたら小学校の頃は病弱でほとんど泳ぐ機会がなかったらしい 。


それからも2人の仲は続いた 。

スイミングスクールで裸を見せ合う事はなくなったけど、
妙に一番の理解者のような気がしてた 。

裸の付き合いってこういうことをいうんですかね 。


ありがたい事にオレはバスケの強豪進学校にスポーツ推薦で入れる事が
高校のバスケの顧問の内定で中3になった頃には確定しており
メグミは俺と違って頭がよかったので高校は問題なかった 。


だから中3の最後の大会の時に
この大会で優勝したら付き合ってよと告白した 。

大会は決勝で負けてしまいめちゃくちゃ落ち込んでた 。


次の日メグミに会いづらいなと思ってたら
廊下ですれ違い様に手紙をもらった 。

頑張ったのに残念だったね 。

オレくんとの約束はダメになっちゃったけど
頑張ったみたいだからご褒美あげる 。

放課後、近くの公園で 。

というないようだった 。


やっぱりダメだよなー
ここでそれでも付き合ってなんていったら
男としてカッコ悪いよなーなんて思いながら公園へ 。


「優勝できなかったね」

「もうちょっとだったんだけどね…」

「オレくんが言ってた約束はダメになっちゃったね」

「うん…」

「でも、頑張ったんだよね?」

「そりゃそうだけど…」

「じゃあご褒美あげるね!」

「…ん?」

「好きだよ 。

付き合って!」

「…えっ?」

それからバスケも引退して暇になり
中3の夏休みに親の留守中に初めて結ばれました 。


久しぶりの裸にお互い緊張してたけど
「胸、大きくなったでしょ 。

オレくんも大きくなったね 。

笑」

それから高校でもバスケを頑張り推薦をもらい
オレの頭ではまず入れないメグミと同じ大学に進学しました 。

今、4回生 。


こりずにオレはまた言っちゃってます 。


「就職決まったら結婚してよ」

「うん 。

じゃあ今度は約束守ってね」

サンプル