423c78a1d6227c8a37b8cbe66de1806b
コンパで出会った女と熟妻スイートラインで再会した 。

最初に会ったのは19歳のコギャルだったけど
今は25歳の人妻 。

お互い偽名なんか当たり前だがら
ぜんぜん気付かなかったけど
ちょっとしたキッカケで急に思い出した 。

もちろん
待ち合わせ場所で「あー!」なんてことはない 。

彼女は身長160センチくらいで、中肉中背で
特別スタイルがいというわけじゃない 。

ブスではないが見た目は本当に
記憶に残るような女じゃなかった 。

前に会った時は、豹柄のミニスカにロンブーで
茶髪のロンゲのいかにもコギャルって感じ 。

今回は、白のブラウスに黒の膝丈のフレアスカート 。

まるで別人でしょ 。

で、まったく気付かずにホテルに行って
シャワーを浴びてベッドIN 。

デキ婚で子供を生んでるらしいのだが
妊娠線もなく肌は綺麗で
おっぱいもなかなかの美乳ぶり 。

おっぱいを中心に愛撫してると
「あぁ、気持ちいい」
とうっとりするような声を出したが
それもすぐに喘ぎ声に変わった 。

感度もよく
愛撫すればするほど乱れていった 。

手マンとクンニでイカせてやると
「今度は私が」
ってフェラチオ 。

人妻らしいスケベなしゃぶりっぱなしで
すぐにビンビンになっちまった 。

前に会った時は本当に咥えるだけって感じで
舌の使い方も知らないからわざわざ教えたものだが
唾液をたっぷり絡めて
喉の奥まで咥え込むディープスロート 。

亀頭がもぎ取られるんじゃないかってくらいのバキュームで
アナルまで舐められ、しっかり口内発射でイカされてしまった 。

ここまでは本当に別人だった 。

この5~6年、俺の方は特に変わった気がしないが
女の変化はすごいものだ 。

で、なんだかんだやって挿入の時というか
挿入してから気付いた 。

何年かに1人出会えるかどうかの名器だった 。

肉棒にひだが絡むミミズ千匹で
イソギンチャクで亀頭を締め付けてくる 。

W名器はそう出会えない 。

過去に1人か2人いたかどうか 。

そう、ハメているうちに肉棒から
彼女の記憶を思い出してきたのだ 。

思わず
「メグミ、メグミ」
と前の名前で呼んでしまっていた 。

彼女は
「え?え?」
って感じだったが、俺は結局、射精するまでそんな感じだった 。

「メグミって結婚前に使ってた名前だけど」
「やっぱり 。

実はさ」
と昔会ったかもしれないと話すと
「そうなんだ」
と大笑いだった 。

狭い田舎町でお互いずーっとこんなことしてて
よく今まで会わなかったもんだと思ったが
再会してみると本当に不思議な気分だ 。

そんなこともあって
昔はお互いの連絡先さえ交換しなかったが
今ではメアドという連絡先があるので
またに会ってW名器を堪能させてもらっている 。
サンプル