asdx
パンティを盗もうとした時の話。

純子は人妻で28歳。

夫はサラリーマンで帰宅がいつも遅い。

先日、用があって夕刻に訪ねた。

玄関から呼んでみたが返事がないので裏の方に回ってみた。


梅雨時のせいもあり、洗濯物が所狭しと干してあった。

よくみると、純子のパンティが何枚も干してある。

色とりどりでナイロンのスケスケのものまである。


ついでに1枚いただこうと手にした瞬間、
「あら、○○さん。

こんな所からどうしたの?あ,私の下着を・・・。


ギクっとして何も言えないまま立っていたが、
「○○さん、私の下着に興味があるの?エッチねえ。

」と意外な言葉。


「いやぁ、奥さんのパンティを見たら急にほしくなって。

いつも奥さんのことが気になっていたから。

「そう?じゃあ、その下着あげるわ。

○○さん、ちょっとあがらない?」
これは願ってもないチャンス到来。


きっと欲求不満に違いないと思い部屋にあがった。

「何か飲む?コーヒーでも入れるわね。

」というと、彼女は台所へ。


後ろ姿は、ブラとパンティがくっきりと透けて見える。

急にむらっときて、そのまま抱きついた。

「あ、何をするの。

やめて!」と彼女。


しかし、私はスカート思いっきり引き上げ、パンティの中に手を入れた。

何とあそこはぐしょぐしょに濡れていた。


「どうしてこんなに濡れているのかなあ」あそこに指を入れながらそう言うと、
「あああああ・・」という声。


「したいのだろう」
「ああ、したい。

○○さん、入れて。

私は堅くなったペニスを引き出し、パンティをずらして思いっきりずぶっと突きこんだ。


「いいーっ。

もっと突いて。

激しく。

私は狂ったように突き続けた。

床には愛液がぼとぼとと落ちている。


「ああー。

いきそう。

いきそう。

「僕もだよ。

どこに出してほしい?」
「中に奥の方に出して。

いっぱい出してーっ。

私は思いっきり中に射精した。

純子はびくびくと体を振るわせて絶頂を迎えていた。


「中に出してよかったのかい」と聞くと、
「大丈夫。

ピルを飲んでいるから」と彼女。


聞けばセックスは3ヶ月も無いとのこと。

旦那が浮気をしているみたいで、構ってくれないということだった。


それから僕たち二人は、週に3回ほどセックスをしている。

いつも中出しができるというのが最高だし、純子のあそこもまだ子どもを産んでいないので締まりいい。


これは当分続きそうだ。
サンプル