kimama0809-02
昨日の出来事です。

「ちょっぴりエッチなセフレ募集掲示板」の女性の書込みを見ていた所、制服でも会える人!と云う書込みに目が行き、さっそくメールを出した所返事が帰ってきました。


大学生ですがコスプレで制服着てると云うようなメールでしたが、どうも○校生くさいので、サポ希望でしたが、取り敢えず会ってみる事に。


待ち合わせに現れたのは、どう見ても現役○校生。


もしかして中○生?という感じの幼い顔つきですが、体は立派な大人な感じでした。


しかも制服姿。


さすがに制服で入るのはまずいので用意していたコートを羽織らせてそのままホテルへ直行しました。


ホテルに入るなり、制服のまま、後ろからDカップは有る大きなおっぱいを揉みながらディープキスをしました。


嫌がるどころか積極的に舌を絡めてきます。


後で言っていましたが、その子は少しMなので奉仕するのが好きだそうです。

片手で胸を揉みながらもう一方の手で短いスカートを託し上げ、若い女子○校生の太ももを堪能しそのままパンティーをずらしオ○ンコに指を這わせると、もうすでに大洪水。


たまらなく成りお尻を突き出したワンワンスタイルをとらせ、そのままパンティーを横にずらして女子○校生のオ○ンコをたっぷりと舐め上げました。


一切の臭みの無いなんとも言えないHな香りがします。


これが女子○校生のオ○ンコなんだ!っと感激ひとしおでした。


そうこうしてる内に僕の愚息はビンビンに。


ズボンのベルトをはずし途中までおろし、現れたペニスを女子○校生の口の前に持って行くと、むさぼるように舐めてきます。


こんなに大きなの始めて!と言いながらベロベロ舐めてくれました。


本当に女子○校生?という感じの舐めっぷり。


どこで覚えたんだ?って聴いたら、前に付き合ってた年上の彼氏に教わったそうです。


見事なまでの舐めっぷりにすっかり大きく成ったペニスを女子○校生のオ○ンコに入れようとしたら、さすがにゴムを付けて下さい!との事。


そこで用意していたビッグサイズ用のコンドームを付けるのですが、事前に細工をしておきました。


先端の精子だまりにカッターで傷を付けておいたんです。


それを安心させるさせる為に女子○校生の目の前でゆっくり付けて安心させ、制服は着せたまま、ブラウスのボタンをはずし、ブラを上にずらしておっぱいを露出させたエロい状態で、まずは正常位で挿入です。


締まりが有り肌もはち切れんばかりの張りの有る身体。


さすが○7才の現役女子○校生!最高に気持ちが良い!!

彼女も僕の大きなペニスに感動してました。


そのまま暫く腰を振り続けて今度はバックでしてあげる。

と耳もとで囁きながらワンワンスタイルをとらせます。


一旦ペニスを抜きオ○ンコの入り口で焦らす振りをしながらコンドームを下へ少し力を込めて引っ張ります。


すると傷を付けていた所から面白いように裂けて生の亀頭が現れました。


そのままコンドームをもう少しずり下げて只のゴムのリングがペニスに捲かれている状態にしてバックから女子○校生のオ○ンコに再度挿入します。


既に感じまくっているので、もう生かゴム有りかは分からないようで、気持ち良いよー!って連発してました。


その後挿入したままブラウスを脱がせブらも取り、露に成った若い子の胸を揉みながら女子○校生の生のオ○ンコを堪能しました。


短いスカートとルーズソックスは履かせたままのHなビジュアルを楽しみながら生チ○ポで突きまくりました。


射精感が高まりいよいよクライマックスの時が来ました。


そのまま女子○校生のオ○ンコの一番深い所に精液を中出しです。


こんなに興奮した事は無いので、しかも5日ほど禁欲していた事も有りドクドクとペニスから精子が女子○校生のオ○ンコに注ぎ込まれました。


射精してもまだ堅く元気だったのでそのまま女子○校生の子宮に突きまくりました興奮の余りか2分位は僕のペニスが堅かったのでそのまま奥に精子を押し込むようにペニスを尽き続けました。


お互いぐったりした所で、僕のペニスを抜き素早くコンドームを元の位置まで引き上げ、また目の前でコンドームを外してみせました。


その子は中出しされた事には全く気付かず余韻を楽しんでいました。


それから濡れやすいんだねって声をかけながら愛液を拭く振りをしてこぼれた精子を拭いてあげました。


その後一緒にお風呂に入りちょっと休んで2回戦、今度はちゃんとゴムを付けてしました。


携帯の番号を教えてくれて、また会おうと約束し、お小遣いを渡して別れました。
サンプル