hame20130823_0019
臭いの話。

驚くべきことにオス化女子は加齢臭が出やすいことが明らかに
美レンジャー-2013年04月05日12:01

現代人は臭いに敏感。

自分の臭いを気にして、デオドラントスプレーや香水を使っている人って多いですよね。

ですが、そもそも臭いが発生する原因が何なのか知っていますか? 主な原因は下記の4つです。


(1)食生活・・・食の欧米化に伴い、肉などの高脂肪なものを摂取する。


(2)清潔志向・・・体を清潔にしようと洗いすぎると皮膚表面の善玉菌も流れてしまい、臭いの原因となる悪玉菌が増える。

(3)空調・・・エアコンを使えば年中快適な室内空間を保てるけれど、その結果汗腺が衰えてしまい、汗が臭くなる。


(4)ストレス・・・過度のストレスが原因で皮脂腺からの皮脂の分泌が盛んになり、臭いが強くなる。


上記4つに加えて、近年では”加齢臭”という言葉がすっかり定着していますが、実はこれオジサンだけの問題ではないのです。

「自分の体から嫌な臭いがする」と密かに悩んでいる女性もいるそう。


今回は、女性の加齢臭についてお話していきたいと思います。


■女性からも加齢臭が!

加齢臭の原因になるのは、皮脂腺の中にある脂肪酸と過酸化脂質が結びつくとできる“ノネナール”という物質。

男女ともに40代近くになると、脂肪酸や過酸化脂質が増加し始め、加齢臭が出やすくなります。


これまでは、加齢臭といえばオジサンだけのものというイメージでしたが、そうではないのです。

年齢や性別、臭いの種類に差はありますが、加齢臭は女性にも起こり得るのです。


また、女性の加齢臭の特徴的なところは、女性ホルモンと関係しているということ。

女性ホルモンの分泌が正常に行われていれば、酸化抑止効果により、脂肪酸が酸化しにくく加齢臭は抑えられるそうです。

そうとわかったら、女性ホルモンのバランスを整える生活習慣を送るように心がけましょう。


まず、女性ホルモンと密接な関係がある自律神経を整えるために睡眠不足を解消し、女性らしいメイクやファッションをする、ザクロジュースを飲む、そして、恋をすることで女性ホルモンのバランスを整えることができます。


バリバリ仕事をしている”オス化女子”や過度なダイエットをしている人、食生活が乱れている人、動物性脂肪の食事が好きな人、喫煙をしている人は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、加齢臭も出やすくなるので要注意!

“化粧品が古くなったような臭い”“何日もお風呂に入っていないような臭い”“脂の臭い”などのように、今までに嗅いだことがない臭いがしたら加齢臭の始まりです。

加齢臭が始まると、自分の衰えを感じて自信をなくしてしまう人もいますので、そうなる前に今から予防していきましょう。
サンプル