images
その日はどうしても女の子と遊びたかった

友達と3人(俺とシンとトキ)で知り合いの女の子にひたすらアポをとりまくろうと電話しまくったがことごとく不発
完全に撃沈

せっかくの土曜日
毎週のようにコンパをしているのにその日は全くアポが取れなかった
まだ19:00時
チャンスはある

ナンパと言う方法もあったがその日は雪も降っていかなり寒かった
そして3人で話し合い結果
出会い系に登録して即アポをゲットすることに決定した

地元で流行っていた直アドクローバーに登録し掲示板書き込みやすぐ会えそうな女にメールをしまくった

そして約1時間
シン「アポ取れた~!」
俺「マジで?」
トキ「よ~し!」
シン「じゃ行ってきます!お前らも頑張れよ!相手一人だから俺ひとりで行ってくるわ!」
俺、トキ「なに?俺達も連れて行けよ!一人では絶対に行かせん!」
シンに3人で行ってもいいか女の子聞いてもらうと二人きりより複数のほうがいいとの事3人で行く事になった
しかも場所は女の子の家
最初からいい流れ
即出発
そして
着いた

マンションの前で女の子は待っていてくれた
俺、トキ、シン「始めまして~」
女「始めまして~どうぞ~」
細身でオシャレな女だった
その女の子は普通のオートロックのマンションの15階建てに住んでいた
女の部屋は10階にあった
俺「結構広いに住んでるんだね」
女「うん!私看護士やってるんだ」
話していると他県から来たのでなかなか出会いが無く寂しくて出会い系をしていたみたいだ

そして、宴会は始まった家も広いし女は一人暮らしなのでやりたい放題のドンちゃん騒ぎが始まった
皆、酔いもまわりしばらくするとシンと女は消えていた・・・
トキ「シンと女がどっか行ったよ」
俺「探そうぜ」
そして俺とシンは各部屋を調べ始めた
すると女の寝室でなにやら物音が
トキと女はやっていた
女「あんっあんっあんっあんっあんっ」
シン「い・・・いきそう・・・」
それを見ていた俺とトキは我慢できなくなり服を脱ぎ捨て乱入
そして俺とトキと女の3Pが始まった・・・
その日は朝まで三人の男と一人の女でやりまくった・・・

次の日の朝起きるとトキ、シン、女は裸のまま三人でなぜかチャーハンを作っていたので夢かと思ったが現実だった
俺も混ざりチャーハンを調理し
そして裸のままごちそさま
とても楽しい一日だった
そして三日後・・・俺、トキ、シンで近くの居酒屋で飲んでいた
俺「この間は最高だったね」
トキ「よかったね」
シン「せっかく二人で楽しんでたのにお前ら」
俺「ま~い~じゃ~ん、皆で楽しめたんだし」
トキ「そうそう」
シン「また今度盛り上がろうぜ」
そして飲み始めて30分
話題が少し途絶えたところでシンが口を開いた
シン「ちょっと聞いていい??オシッコする時尿道が痛くない??」
その言葉に俺は驚いた

そして
俺もそうだった
最近オシッコをする時
刃物を放出しているようなこの感覚
俺「痛い・・・俺も聞こうと思ってた」
トキ「お・・・俺も・・・」
うん
間違いない
性病だ
トキ「皆で病院行くのもね~」
シン「ジャンケンで決めようぜ」
俺、トキ、シン「ジャ~ンケ~ンポ~ン」
そして俺が負けた
次の日病院に行くと淋病と診断されたのだった
~完~
サンプル