0714
人妻に足コキで射精させられる童貞・・・

さっそうとホテルの部屋へついたゆらは、気づけばまだ彼とまともに口すら聞いていなかったことを思い出した。


彼は出会ってからずっとうつむきっぱなしで、ゆらの顔さえ直視できていなかった。


ゆらはちょっと先走りすぎたなぁと反省した。


ゆらにとってはごく普通の日常的な非日常のセックスではあるが、彼はこれから一回りも年上の人妻に童貞を奪われてしまうのだ。


もう少し彼の緊張を解いてあげなくては、彼は今にも逃げ出してしまいそうであった。


ただもともと小柄な上、不健康的なまでに痩せた彼の体を見れば、ゆらにも彼を押さえつけるくらい容易く出来そうであるとも感じた。


彼のか細い腕はまるで女性のそれに見まがうかのように貧相で、まだ体毛も全くと言っていいほど生えていなかった。


彼はいまだにベッドの上で縮こまっていた。


緊張しているのは知っていたが、ゆらは彼が怯えているようにも見えてしまった。


急にゆらは彼を犯したい衝動に駆られた。


まるで小動物のような童貞に欲情した人妻の目つきは、飢えた獣の目そのものであったろう。


「服脱いで」

慕っていた姉のように優しく接していたメールの頃とは一変、ゆらは豹変した。


急に言われたことに反応しきれなかったのか、それとも内容は理解できたが行動に移せないだけなのか、彼はモジモジと体を動かしただけであった。


「ほら、何やってんの。

服脱がないとエッチできないでしょ早く脱いで。

もしかして脱がして欲しいの?」

そう言っておもむろに彼の方へ近づいて行くと、彼は慌てて着ていたシャツに手をかけた。


彼がシャツを脱いで、その下に着ていた白いTシャツ姿になった。


「全部脱ぐの。

何手休めてんの。

いっとくけど下もだからね?」

彼はついにパンツ一丁になってしまった。


初対面の女性に裸体をさらすという羞恥に、顔は今にも泣き出しそうなほど赤くなっていた。


しかしどうだろう…

服を着ている上からでも凄かったが、改めて直に見ると本当に中学生くらいの少し痩せた少年そのものである。


しかし、さっきからその貧相な体に似つかわしくない、圧倒的な存在感のあるものが股間の膨らみにあるのにゆらは気づいていた。


彼はゆらの視線が自分の股間に集中しているのを感じると、瞬時に手で覆う素振りを見せた。



「だーめ。

隠してたら見えないでしょ?今からどうせエッチするのに何恥ずかしがってるの?」

「しょうがないなぁ…。

んじゃ手後ろについて」

「そのまま前に足出して広げて」

彼は後ろにもたれかかる体制になり、上体を後ろについた手で支える格好になった。


上体を後ろに下げたことで隠すものが無くなった股間は、あられもなく立派な膨らみを晒していた。


「いい? これからゆらが許可を出すまでその体制から動いたらダメだからね? 動いたら厳しいお仕置きが待ってるからね」

彼は何がなんだか分からないふうな恐怖と困惑が入り混じった顔をしていたが、その表情はまるで虐められっ子のようであった。


おもむろにゆらは履いていたブーツを脱いだ。


半ば急ぎ足で来たためか、背中や脇にはうっすらと汗をかいているのを自分でも気づいたし、なおさらブーツの中は蒸れてほんのりと熱を持っていた。


厚手のストッキング越しの脚はさっきまでブーツを履いていたこともあり、ゆらの脚の匂いが全て凝縮されているようであった。


ゆらは彼の方へ歩いていき、彼の顔の前に脚を出した。


「匂って。


彼はまた困惑した顔を見せたが、命令されるままゆらの脚を匂った。


「裏とか指の間まで鼻くっつけて、よーく匂い嗅ぐのよ」

彼はしばらくの間、犬のようにゆらの足の匂いを嗅いだ。


「そう。

もっと嗅いで… そう。

これが大人の女の足の匂いだからね。


秋とは言え、皮のブーツに閉ざされた密室で汗をかき続けた足の匂いは性別など関係のない強烈さである。


そのことにはもちろん自身が一番気づいていた。


ゆらは手の自由を奪われたまま首を伸ばして健気に匂いを嗅ぎ続ける童貞の姿に欲情し、自らも股間を濡らしていた。


まだショーツを汚してはいないようだ…

ふと視線を下へやると、明らかにさっきより彼の股間がいっそう膨らみを増しているのに気づいた。


さっきのように漠然とした膨らみでは無く、今度は外からでもはっきりと分かるように先端部が布を持ち上げていた。


その先にかすかではあるが染みが出来ているのをゆらは見逃さなかった。


「女の臭い脚の匂いなんか嗅いで、○○君は興奮するのね」

童貞が一瞬体を震わせ反応した。


「今のあなた、どこから見てもただの変態よ? 記念に写メ撮っといてあげるから」

そういうとゆらは、ちょうど自分の足が童貞の顔を踏みつけているように見えるアングルから携帯で写真を撮った。


部屋にシャッター音が鳴り響くと同時に、童貞は小さく「あっ」っと言ったがゆらは何事もなかったかのように無視した。


童貞の無残な姿を納めた写真は、ゆらの携帯にしっかりと保存されてしまった。


ゆらはそろそろ脚を上げているのにも疲れたので、いったん脚を下ろした。


そのときに気づいた。


さっきまでの体勢であると、童貞の位置からはギリギリでゆらのスカートの中が見えるか見えないかのところであったのだ。


「○○君、ゆらのパンツ見ようとしてたでしょ? このスケベ!」

童貞は消え入りそうな声で「すみません」とうつむきながらつぶやいた。


「そんなに我慢できないなら、もうゆらがイかしてあげるから」

そういうとゆらはさっきとは別の脚で童貞の股間を踏みつけた。


「はぁっ」

童貞が不意の動作に声を上げてしまった。


触ってみて改めて気づいたが、やはり童貞のペニスは既にギンギンに勃起していた。


「なによ、もうカッチカチじゃない。

 童貞なんて脚一本で充分よね?」

そう言うと、ゆらは童貞の股間に乗せた脚をゆっくりと動かし始めた。


布と布が擦れ合う音が室内に響き渡る。


ゆらは脚の裏のくすぐったい感覚を楽しんでいた。


楽しんでいたという意味では同じかも知れないが、擦る方と擦られる方ではその触感に違いが有りすぎた。


童貞は裸にされ、下着の上からとは言え、女性から脚で局部を刺激され、しかもそれに感じてしまう自分が許せないかのようだった。


しかし、その快感に耐えるゆがんだ顔はゆらをさらに興奮させ、童貞を虐めようとする心をくすぐった。


ゆらは脚の動きを強めた。


「あああぁぁっ…」

童貞が声を上げる。


「こんなのがいいの? その歳で脚がいいなんてあんた変態ね。

いいわ、もっと虐めてあげる。


ゆらは脚を踏みつける動作でなく、今度は小刻みに振動させた。


まるで電気アンマで刺激されているかのように彼は悲鳴を上げながらよがった。


ゆらは脚を強めたり急に動きを止めたりして、緩急をつけながら童貞を苦しめた。


ゆらの脚によって乱暴に刺激された彼のペニスは、よりいっそう強度を上げ、今にも破裂寸前であった。


ゆらはしばらくは童貞の反応を見たりして楽しんでいたが、やがてそれにも飽きてきた。


そろそろ出させてもいいかしらね。


ゆらはそう思うと、童貞の両足を手で抱えこんだ。


ゆらもベッドに腰を下ろし、そのままグイと童貞の体を引き寄せより直に刺激が股間に集中するようにした。


さっきよりも一層脚の動きを強め、乱暴に振動させた。


「あああっ! あっ! あっ! あっ! あああぁぁ…!!」

童貞は壊れた人形のようにヨガり出した。


「ほら 気持ちいいの? どう? こんなに乱暴にされて!」

「くぅ~…!!」

童貞は歯を食いしばりながら耐えているようであったが、さすがに長くは持たなかった。


「あっ! ダメあっ! イ、イ…ッ! あぁっ!」

彼の陰茎がビクビクッと痙攣しだした。


ついに彼はゆらの脚で股間を刺激されながら絶頂に達してしまった。


ゆらは彼の先端から放出された生暖かいものが彼の下着を越えてゆらのストッキングを汚したのを確認した。


しかし、ゆらは彼が射精している間にも脚の動きを緩めなかった。


「あっあっ!!」

陰茎がビクつくのを脚先の感触で楽しみながら、ゆらは彼の射精が終わるまで股間を刺激し続けた…
サンプル