kimamamh0412000402
パチンコ店で働いた妻が痴漢されまくっていた

不景気で給料激減!我が家の家計も火の車だった。

専業主婦の妻(麗子)も働くことになった。

32歳で、特に資格や経験も無い妻に、美味しい仕事がある訳も無くアルバイトかパート位だった。


そんな中、時給もまぁまぁのパチンコ店で働く事になった。

(9時~16時で、子供の世話も出来る事も決め手だった)パチンコ店は、新店舗で家から数分の距離にあり、妻は自転車で通う事になった。


仕事初日、妻は緊張した面持ちで朝を迎え、私と子供を送り出すと会社へ向かった。

夕方、妻の様子も気になり急いで仕事を終わらせると帰宅した。


「今日どうだった?」
「近所の人多くて・・・ちょっと恥ずかしかった!」
「最初だけだよ!慣れ慣れ」
「そうだね!・・・立ちっぱなしで足痛いわ」
「マッサージしてあげようか?」
そう言って、妻の足を揉んで揚げ、湿布を張ってあげる。



翌日、妻が朝食を用意していたが、パチンコ店の制服を着ていた。

紺色の制服だったが、とても短いタイトスカートに胸元まで開いたブラウスの上にベストを着ている。

まぁ、客相手の仕事であるから、少々の露出は覚悟していたが、ここまでとは思わなかった。


「随分、露出している服装だな!」
「ん~ちょっと恥ずかしいけど、みんな同じだし」
「女性は多いの?」
「ん~店内は女性が大半!でも若いかな?」
「そうなんだ、麗子若く見えるよ」
「あら!嬉しい事言ってくれて~」
「おじさんとか結構見て来るんじゃない」
「そうね!目線は気になるかな?」
「そうだよね。

ちょっとヤキモチやいちゃうよ」
「大丈夫!貴方以外考えていないから」

そんな言葉にちょっと安心し、2週間が過ぎた頃に妻が溜め息をついていた。


「どうしたんだよ。

もうギブか?」
「そうじゃないの?」
「じゃどうしたんだ?」
「今度、イベントがあるんだけど、その時コスプレするみたいなの?」
「コスプレ?どんな格好になるんだよ」
「今回は、バニーガール!!!」
「おいおい、凄いなぁ」
「でしょう!もう30過ぎにはキツイわよ!近所の人も良く来るのに・・・」
「そうだな!でもちょっと見てみたい感じもするけど!」
「もう、他人事なんだから!」

妻の話ではイベントが行われるのは日曜日らしく、私は仕事が休みだった。

その日は、子供も実家に行く事になっていたので、私はこっそり見に行く事を考えていた。


朝、妻を送り出すと私は子供を車に乗せ実家に向かった。

子供を下ろして間もなく、私は妻の働くパチンコ店に向かうと、駐車場はイベントの影響で混雑していた。

車を止め、店内に入ると物凄い音と込み合う人でいっぱいだった。



何となく辺りを見渡すと、遠くに妻らしき人影が見えた。

客を掻き分ける様に前に進み、妻が居た辺りの台に座り様子を伺う事にした。

開店1時間位経っており、周りにはもう連続フィバーで、何箱も出している客が数人居て店員も大忙しって感じだった。


そんな時、私の3台隣の男性客が333のフィーバー!!!店員がドル箱を持って小走りに走って来た。

何とも可愛らしくエッチな感じのバニー姿で、頭にはウサギの耳が付けられ、お尻には丸い尻尾が・・・衣装から食み出すムッチリしたお尻がとてもイヤラしく見える。


よく見れば、他の男性客も女性店員の姿をジロジロ見ていて、中にはパチンコよりもそっちが目当ての人も多く見受けられた。

妻はこんな中、大変だな!と思いながら、フィーバーした客の相手をしている女性店員をみると何と妻であった。


客に「おめでとうございます。

ゆっくり楽しんでください」と終始笑顔だった。

胸元は開き、妻のDカップが一段と大きく寄せ上げられ無力的な谷間が露わになっていた。


忙しく動き回る妻に気づかれない様に、トイレに立ったり帽子を深く被ったり、メガネを付けて(普段はコンタクトなので、メガネ姿は殆どないんです)変装し、客を装った。


隣に座って来た若い男性2人組(20代前半)が、コソコソ話を始めその会話に聞き耳を立ててしまった。


「今日のバニー最高じゃね!この島の姉ちゃんだよな」
「あ~触れる姉ちゃんか!」
「そうそう!ソフトタッチ行けるらしいぞ!」
「本当かな?先輩の嘘じゃないの?」
「いや!俺一緒に居たけど、先輩お尻どころか、マ○○にも手入れてたし・・・」
「凄ぇ~。

来た来た彼女でしょ」
彼らの目線の先には妻が立っている。


「良いんじゃねぇ。

大人って感じで!エロいなぁ」
「結構ファン多いらしいぞ!他にも彼女狙っている客多いらしいし・・・」
「噂だけど!女子トイレにはカメラも仕掛けているって・・・」
「マジ!誰の仕業だ!羨ましいぜ」
「まぁ、フィーバーしたらチャンスだぞ!」

彼らの会話に耳を疑う事ばかりだった。

本当に妻がそんな・・・、確かに妻が働き始めて何か様子が変わった様な感じもしていた。

下着もエッチな感じのが多くなったし、化粧も念入りだった気がして来た。

勿論客商売だから当たり前な感じもするが、それにしては行き過ぎていた感じもする。

何だかドキドキし、妻の行動が気になって仕方なかった。


それと同時に喉が渇いてきたので休憩所でジュースを買う為、席を立った。

何となくドキドキする気持ちを落ち着かせながら、ジュースを飲みタバコを一本吸った。

5分位休んで、元の席に戻ると隣の彼らの台がチカチカと光り輝き、フィーバーしていた。


急いで駆け寄る妻!(心の中では駄目だ!そこは危ない何て考えていた)妻が彼らの元に着くとニヤける男の顔がはっきり見えた。

男の横に寄り添う様にドル箱を置こうとした時、隣の男の手が、妻の可愛いお尻にタッッチした。


何の反応も無いと確認したのか?男の手はスリスリと動きだし、マンコの方に向かうのが分かった。

妻は、フィーバーしている男性に話しかけられ、後ろの男性から離れる事も出来ずただ、我慢している様にも見えた。


そんな男達の行動を知ってか?妻の後ろを行き交う人もさっと手をお尻に当てながら何度も行き来しているのが確認出来、しかも段々ソフトタッチからハードタッチになっていました。


流石に妻も、体を除ける様に動いたりしていましたが、彼らは気にする事無く強引にタッチを繰り返していました。


ようやく、その場から逃げる様に離れようとすると、偶然なのか?運命なのか?隣の男性までもがフィーバーしたんです。

慌てる様にドル箱を持って来て「おめでとうございます」妻が戻ると途端に、また男達はお触りを開始していました。


呆れながらも、心配で妻の近くに行って見ました。

すると後ろにピッタリ張り付く中年男性の手が妻のお尻を触っていると思ったら、網タイツと衣装(股間部)の隙間から指を入れて生マンコを触ろうとしていたんです。


妻も、お尻を動かし避けようとしていましたが、他の客に抑えられている様で全く反応出来ていません。


時よりしかめっ面になりながら、急いでフィーバー機の対応をしていた時、後ろから押された妻が思わず、ドル箱に手を付いてしまい”ガシャッ・・ジャジャ”と箱をひっくり返してしまい玉が散乱していました。


「すいません!」必死に謝る妻を横目に「何するんだよ!最悪!早く拾えよ」と男性客に怒声を浴びさせられ慌てる妻でした。

しゃがみ込み必死に玉を拾いながら、客の足元の玉を拾おうと四つん這いの姿に・・・。


その後ろから、男の手が数本妻のお尻を触りだし、中にはマンコの辺りを指で刺激しする者もいました。


「止めて下さい」手で押さえようとすると「いいから早くしろよ、こっちも玉溜まって来たんだ」と、また怒声が・・・。

ただ我慢しながら妻は必死に玉を拾い続けていました。


昼を過ぎる頃には、客も少なくなり妻も昼食時間になったのか?他の店員と入れ替わりです。

イベントのバニー衣装も一旦終わりなのか?女性店員は普通の制服に変わっています。

妻が店内に出て来たのは2時近く、その後2時間位働き仕事終了でした。


一足早く家に帰り、妻の帰りを待ちました。

「はぁ疲れた」玄関口にドスンと座ると妻が一言言った。

「汗掻いたからシャワー浴びる」と言い風呂に向かので、後を追う様に脱衣場へ行き洗濯機の中から妻のパンティを確認した。


クロッチの部分はやはり濡れていた。

妻も感じていたのか?風呂から上がる妻にビールを差し、「お疲れさん」と一言言った。


「あら、優しいのね。

パパ」
「今日は混んでいたのか?」
「え~凄い人だったよ」
「お前のバニー姿見て見たかったなぁ」
「恥ずかしいよ!来ないでね」
「今度はイベント何時あるの?」
「2週間後かな?」
「仕事楽しい?」
「えっ何で!楽しいと言うより、お金稼がないとね。

何とかするしかない」
「大変なら、他の仕事でもいいんだよ」
「他って言っても中々いい条件の仕事無いでしょ?」
「そうだけど・・・」

妻は、痴漢されて平気なのか?凄く心配だったが、暫く様子を見る事に決めた。

そして、2週間が過ぎイベント開催の日がやって来た。

仕事の愚痴も何も言わなくなった妻、すっかり慣れたのか?その日も、普通に出勤して行った。

サンプル