pic-0212000294
俺のねーちゃん関西で国語の教師やってる。

先月新しい担任受け持ったんだ。

4年生。

で、そこで「虎王人」って名前の男の子がいたんだと。

仮に苗字は田中としとく。

流石に読めなくて、本人に聞いたんだ。


姉:ごめんなさい、田中君。

下の名前を教えてくれる?
田中:…
姉:…?
田中:……れおと
姉:れおと君、ね。

教えてくれてありがとう。

微妙な沈黙の後、聞き取るのがやっとな大きさでぼそっと教えてくれたって。


で、後日その母親が
「ウチの子供の名前が読めないのか!」「本人にわざわざ嫌みったらしく確認したのか!?」って。

子供に謝れってれおと君同席で校長室に乗りこんできた。

そりゃ読めないだろ…。

校長も「いやまあ、大変個性的なお名前ですし…」と当たり障りなく濁してたが
姉がメモに「開闢」って書いて

姉:この言葉の読みと意味を御存じですか?
田中母:なんなのよ関係ないでしょ知らないわよそんなの!
姉:「かいびゃく」と読みます。

物事の始まりを表します。

ではこれは?
田中母:さっきから何なの!?
姉:「きょうじ」と読みます。

プライドの事です。


姉:これら辞書に載ってる様な言葉でも、難読なものは沢山あります。

  しかし載ってるから意味も読みも調べられます。

  ですが人それぞれである名前において、一般的ではない仮名をふって、
  読める読めないがありますか。

  今はまだ良いですが、これから先、レオト君にとってこのやり取りは恐らく
  ずっと続く事になります。

  お母様がどれだけ立派な意味を名前に託されたとしても、それが人に伝わら
  なければ独り善がりに過ぎません。

  私たち他人相手に限った話ではありませんよ、れおと君に対してもですよ。

  こういった不便な思いをするのは彼本人です。

本当に彼の事を考えて名前を
  決められたのですか?

大まかにこんな感じの事を言ったんだ。

母親が怒り狂って「あんたねええ!!」と姉に組み付こうとした時、それまで俯いて黙ってたれおと君が、

「いい加減にしてよ!俺が昨日言ったのはこういう事させる為じゃねえんだよ!
 先生だよ!?学校の、国語の先生でも俺の名前読めないんだよ!?
 そんな名前で、俺が今までどんな思いしてきたか、お母さん今まで一度でも聞いてくれた事あったかよ!?」

要は、姉が名前を尋ねた日の夜に、れおと君は母親にぽそっと「先生にも名前読まれなかった」とこぼしたらしい。

本人は母親への皮肉と言うか反抗と言うか、名前に対する不満を表す意味で告げたらしいんだけど
当の母親は「息子が名前を読んで貰えず落ち込んでいる!許せん!」となったらしい。

で、正しい意図も伝えられず勢いに押し切られたらしい。

今までも相当押さえつけられてたんだろうなあ。


母親はそれ以上は流石に何も言えなかったらしい。


何で突っかかるような真似したの?と姉に聞いたら、
名前を尋ねた時の反応で何となく、コンプレックスの様なものを感じたらしい。

で、それまでの担任や関わった教師にそれとなく聞いてみたら、本人は名前に苦痛を感じてるらしいと。

まだ10かそこらの子供にこんな辛い思いさせやがって!と親に対して憤懣やる方なかったんだと。


救われねえなあと思ったよ。
サンプル