xxzx
学生の時、ヲタ系サークルでつるんでた女子がいた。

名前は莉玖(リク)ってしとく。

同じ地方の出身で好きなアニメやら声優やらでも気が合って、サシで飲んだり、頼まれて莉玖の作った同人作業の手伝いしたりもしてた。

俺んちで宅飲みした後そのまま泊まってったり。

「手出すぞ」「そんな度胸あるわけないじゃん」こんな会話飛ばし合ったりして。


そんな莉玖は大学入って早いうちに、バイト先の男と付き合っていたらしく、たまに惚気やら喧嘩したやら話を聞いてたこともあった。

俺は童貞まっしぐらで、まぁ彼女なんてできねーだろとか思ってた。

ヲタだし。


二年目の学祭が終わった頃だから、秋か冬の頃だったか。

コンビニのバイト終えてへろへろになってた帰り道に莉玖から着信があったんだ。

夜中も夜中、確か2時とか3時とか。

こんな時間に何だ?と電話出たら、向こうから涙声が聞こえてきた。


全く要領を得ないが、どうやら振られた?らしい。

しかも今、俺のアパートのそばにいるとか言ってる。


まぁそんな感じで慌てて家にチャリ飛ばしたら、結構寒い夜中に電柱の下でうずくまるようにしゃがんで、目を腫らした莉玖がいたんだ。

莉玖のアパートからこの辺まではチャリで20分くらい。

だけどチャリは見当たらないので聞いたら、歩いてきたと言う。

ちょっと手を触ったらめちゃ冷えてた。

自分の部屋に連れ込んで、バスタオルとトレーナー上下を渡して熱めのシャワー浴びるように言って、やかんで茶を沸かす。

買いだめしといた菓子をテーブルに適当に置いて、シャワーから上がってきた莉玖と入れ替わりに俺もシャワー浴びた。


シャワーから出たら、ずびずびと茶を飲んでる莉玖がいて。

さっきより顔色は良さそうだったので話を聞く。

まぁ、良くある二股で。

莉玖が彼氏問い詰めたら散々暴言吐かれて突き倒されて、、、
今まで聞いてた彼氏像は優しくて喧嘩してもそ手を挙げたりは莉玖から聞いたこともなかったので、本当に豹変だった、らしい。


さらっと書いたけど当時ここまで聞き終えた辺りでもう夜が明けかけてて、俺も莉玖も睡魔の限界だった。

たまに莉玖や他の友達が泊まってく時と同じく、マットレス引いてその上にクッション、タオルケット、あと寒いから掛布団、と準備しようとしたら。

背中にぎゅってしがみつかれた。

「一緒に寝て」
とかそんな言葉だったと思う。

何の冗談だよって振り向こうとしたけど。

莉玖がすっごい、震えてて。


俺がいつも寝てる布団で、正面からぎゅって抱きついて寝た。

この時の心境は確か、おいおい莉玖大丈夫かよ、ってのと、これなんてエロゲ?だった。

結構あるおっぱいが当たってたり、トレーナーの上からでもわかる女体の柔らかさで、このまま襲っちまおうとか鬼畜なこと何度も考えたけど、泣いてる莉玖にそんなことはできなくて、いつの間にか寝てた。


で。

起きたら昼過ぎてた。

いい匂いするなーで目が覚めたら腕の中に莉玖がいて、思わず叫んでしまった。

その叫び声で起きた莉玖もびっくりしてて、二人して何があったんだっけと思い出すマヌケなことをしてた。

この日は特にそれ以上間違いも起こらずに過ぎたのだが、この日から何度か、莉玖がうちに泊まりに来くるようになった。

彼氏に暴言吐かれた時のことを夢に見て、一人でいるのが怖くなってうちに来るのだ。

そのたびに俺の中の全紳士をフル動員して、布団の中で莉玖をぎゅっと抱いたままそれ以上何もせず寝る、という苦行をしていた。


正直莉玖には恋愛感情は湧かなかったけど、目の前にある女体には性欲がたぎって、一瞬それを恋愛感情と錯覚しかけるほどだった。

同じ布団の中にいい匂い発して柔らかくておっぱい大きくて以下略。


莉玖には仲のいい同性の友達もいたけど、こんなの(俺)にしか頼めないし、と言われて。

そりゃそうだろうけど…

そんな関係が一年くらい続いたある冬の日。

雪が降った日だったと思う。

莉玖が泊まりに来て、ビール缶何本も空けて。

で、寝る。

かなり奇妙な、だけどいつもの、添い寝?のはずだったんだけど。


「ね、おっきくなってるよね? 私で、興奮してるの?」

莉玖の膝にばっちり当たってる俺のアレ。

目の前にこんないい匂いな以下略だから勃起くらい当然する。

でも今までは、莉玖はスルーしてたのだろう、そのことに言及してくることは無かった。


で。

顔を見つめてきて、莉玖は言った。

「一回でいいから私とエッチして」

…これなんてエロゲ?
…いいじゃんこのまま押し倒しちゃおうぜ。

そんな二つの感情が脳内で綱引きしてる中、だけど俺の発した言葉は、
「慌てるな。

これは孔明の罠だ」
だった。


我ながらよほどテンパってしまった末のこととしか思えない発言。

これを聞いた莉玖は俺の顎に頭突きをかましてきた。

脳がくらくらして一撃KO。


その後、どうにか意識を保った俺に莉玖が言うには。

元彼の暴言で一番ショックだったのが、
それまではエッチの時あんなに莉玖のカラダサイコーだよ、とか言ってたのに、
お前とセックスしても全然気持ち良くないんだよこのマグロ女が、言われたことだったと。

振られた夜に暴言の様々を莉玖から聞かされたけど、その話は初耳だった。

莉玖も、この言葉が一番ショックで、だけど誰にも言えなくて、それ以来オナニーすらできなくなった、と言う。

いきなりオナニー告白されて、ついそれまでどれくらいしてたのかと聞くと、二日に一度はしてた、と。

更に莉玖は続ける。

俺とこうしてぎゅってしてて、勃起を感じてると、濡れてくるのだと。

だから、好きじゃなくてもいいから性欲のはけ口にエッチして、それで莉玖の体の具合がどうか正直に教えて欲しい、と。

こんなひわいな話をしてる最中の莉玖は真顔だった。

本当に真剣に、悩んでた。

莉玖が悩みすぎておかしな方向に思考が進んでると思った俺は、莉玖にこう告げたんだ。

「俺童貞だから体の具合とか多分わからん」
…俺もおかしな方向に毒されていたらしい。

莉玖は、童貞だって知ってるよ、自分で言ってるじゃん、と言って、俺の勃起をさわさわしてきた。

やばい。

初めて他人に触られて気持ちいい。

寝巻(ジャージ)越しなのに。

コンドーム無いから無理、と逃げようとしたらポッケから取り出す莉玖の周到さに驚く。

どうやら今日はするって決めてきたらしい。

俺の意志はどこに。


肝心の俺の紳士な意志はと言うと、勃起をさわさわにぎにぎされてあっさり降伏しかかってた。

莉玖がもう片方の手で俺の手を自分の服の中にゆっくり導き入れて、ノーブラの生乳に触れさせて、完全にKO。

後先どうでもよくて、ただ莉玖とやらしいことしたくて。


服を互いに脱がせ合うと、生のおっぱいに感動して、柔らかい感触をずーっと手とか顔で味わってた。

ぱふぱふってすっげー幸せな気分になる。

そうしてるうちに乳首がぷくって浮き出て、ぺろって舐めたらビクンって莉玖の体が跳ねる。

そうしておっぱいに夢中になっててふと、下がどうなってるか気になって。

手を伸ばして股の間に触れる…と。

シーツに染みてるくらい濡れてた。

濡れすぎだろって思って莉玖の顔を見たら、頬が赤くて目がめちゃ潤んでる。

指先で膣の入り口をちょっと撫でると、それだけで目を閉じて「んんっ!」とかエロい声出してきて。

しばらくおっぱいと膣の入り口を撫でながら、女のカラダってエロいなーと感動してたら、莉玖の手が俺のアレをぎゅって握ってきた。

俺のも興奮で勃起の先が先走りでぐちょぐちょになってたのが、莉玖に触られて気づいた。

というか。

握られてちょっと擦られただけで、ぞくぞくってして、出そうになった。

初めての女の手コキは自分でするのと比べられないくらい気持ちいい。

我慢できたのは、せっかくなら莉玖の中に入れて出したい、と思ったから。


莉玖にコンドームどこ?と今なら考えられないくらい雰囲気ぶち壊しな聞き方したら。

付けないでいいよ。

と、喘ぎながら莉玖が言うんだ。

…は?
今日大丈夫だから。


獣になってた俺は、後先何も考えず、莉玖に入れた…いや。

入れようとした。

正常位で。

童貞ゆえの過ち。

指であてがってもうまく入らなくて滑って、そのたびにクリに直撃して莉玖が悶える。

すごい、きもちいいよぉ、じらさないで、早く入れてよぉ、、、

普段馬鹿やってる莉玖とはまるで違う、雌の貌になった莉玖がすごいエロい。

雌の莉玖が、早く入れてとせがんでくる。

征服感で満たされた。

ゆっくり、再度入り口にあてがって、ゆっくり突き入れる。

ずぶずぶ入ってく。

なにこれ。

すごい。

やばい。

いきそう。

突き入れるだけでイキそうになるくらい、すごかった。

でも、こんなすぐ出したら負けな気がして、尻に力入れて、こらえて。

根元まで全部入った。

なんか、感動した。

俺セックスしてる、って。

しかも親友の莉玖と。

莉玖の顔見たらまたエロい顔してて。

「おちんちん、大きすぎだよ」って言うんだ。

そんなはずはない。

平均13?と言われてる昨今、その平均よりも1.4?も小さくて落ち込んだこともある俺だぞ?

後で知ったがその元彼は10?もなかったらしい。


そんなのはともかく。

軽くピストンするだけで、ぞわぞわって気持ち良さがくる。

何これ。

オナニーがゴミのようだ。

それは莉玖も同じなのか、抜くたびに背中反らして悶える。

悶えるのがエロすぎて、背中に腕回して何度か突く。

そのたびに、すごいよぉ、と喘ぐ莉玖。

突いてるうち、自分の感覚全部がチンコになるくらい気持ち良くなって、莉玖をぎゅうって強く抱きしめながら、中に出した。

今までの人生で一番長かったんじゃないかってくらい、出した。

脳が真っ白になった。


しばらくして、布団の上で二人して裸でごろん、となってた。

「こんな気持ちいいセックス、したことなかった」ぼそっと莉玖が言う。

それって、莉玖の体じゃなくて奴が下手だっただけなんじゃね? と言うと、
「そうかもw」って腕にぎゅっておっぱいを押し付けてきた。

…あんだけ出したのに、おっぱいの感触だけでむくむくむくと勃ちあがってきた。

それをにぎにぎしながら、「やっぱ、おっきい」って言う莉玖。

どれくらいだった? って聞いたら、指でこれくらい…と。


…前述の通り。

長さも、太さも平均を遥かに下回っていた模様。


その日は計4回、獣のように貪りあってしまった。

数日して莉玖から「無事生理きたよ」とメール来るまでは気が気じゃなかったことを付記しておこう。


その後莉玖とはセフレのような関係になって。

多い時で週に4日くらい。

二人ともセックスの快楽を覚えたばかりの猿になってたんだ。

しかもただヤるだけじゃなくて。

莉玖が膣を締めるトレーニング始めたり、HowTo本読んで勉強して実践してみたり。

色々ヤればヤるほど身体の相性?が良くなる感じで。

俺も莉玖も、好きとか愛してるとかは一言も言わず、ただ気持ち良さを求めてヤってた。

周囲から付き合ってるの?と聞かれても二人して首振る有様。


そうしてる間に就活も卒論もして、多忙になってだんだんとセフレの関係は薄れ、俺と莉玖は二人とも地元に就職した。

同じ県とはいえ、交通の便も良くないし車で行くのも結構かかる。

だから、卒業と同時に莉玖とのセフレの関係は自然消滅した。

以前と同じ?親友の関係は続いてたけど。


それから数年。

莉玖から電話があった。

話の中で、莉玖から「そろそろ結婚を考えているので、とある男性に告白しようと思ってるんだ」と。


それを聞いて咄嗟に出た言葉は、「莉玖、俺と結婚しよう」だった。

言ってから自分にびっくり。

今までそんなこと考えたこともなかったのに。

何て事を言ってしまったのか、と今更のように赤面。


電話の向こうから、
「ふつつかものですがよろしくお願いします」
と聞こえてきたのに気付かないほどに、莉玖を他の男に取られたくない、とテンパっていた。
サンプル