pic-0212001203
高校1年生のときの話。

選択科目で「書道」を取っていた。

先生はY子という23~24歳の非常勤講師、生徒は4人しかいなかった。


冬のある日、インフルエンザで他の3人の生徒が休み、漏れとY子先生だけの授業になった。

書道の授業は別館の最上階にあり、授業を受けるもの以外はめったに人はやってこない。

Y子先生は「今日はS君一人だし、寒いからストーブのある講師控え室で授業をやろうよ」と言い、漏れたち2人は3畳ほどの部屋に入った。


先生はそばかすがあり美人ではなかったが、B89、W59、H90ぐらいの肉感的な体形をしていて、男子生徒の間では人気があり「あの先生のことを“オカズ”にして抜くこともある」と言ってたヤツもいた。


控え室で漏れはお手本を元に習字を始めたのだが、Y子先生は俺の背後に回り「うぅ~うん、ここはもっとこうよ」とか言って
漏れの右手に手を添えて字を教えてくれた。

ふくよかな胸が漏れの肩甲骨あたりに触れ、耳元では若い女の吐息がかかった。

漏れは思わず唾を飲み込んだ。

するとY先生は「あっ、いまゴクッと唾を飲み込んだでしょ」と言って笑った。

漏れは淫らな妄想をしていることを悟られたようで赤面し俯いた。


Y子先生は「ゴメン、ゴメン。

からかった訳じゃないのよ」と言いながらも、やはり嘲笑しているように漏れには思えた。

すると、Y子先生は「じゃあ、これやるから許して」と言ってハンドバックの中あらチョコレートを取り出した。

漏れはそれをもらうために椅子から立ち上がった。

そのときY子先生の視線が漏れの股間にあることを気付き、いっそう漏れは恥ずかしくなった。


先生はチョコレートを机の上に置き、漏れのほうに歩み寄ってきて、漏れの股間をいきなり触ると「若いのね」と言った。

漏れは我慢できなくなって先生に抱きつき激しくキスし、豊満な胸を揉みしだいた。

Y子先生は漏れのズボンのファスナーを下げ、パンツの上から指先で巧みに漏れの一物を摩った。

漏れはものの2分ほどで(いや自分ではそう思ったが、数十秒の出来事だったかもしれないが)
先生の指先で逝ってしまった。


やがて、Y子先生は漏れのベルトをはずし、ズボンを脱がし、漏れの前に跪いてパンツも脱がした。

漏れのパンツがすでに精液でべっとり汚れているのを見て驚いたように「えっ、やだ」と言って漏れのほうを見上げた。

言葉には出さなかったが彼女は「もう逝っちゃったの?」と言いたかったのだろう。

漏れはその表情に男としてのプライドを傷つけられ萎えた。


Y子先生は興ざめした顔で、ザーメンで汚れた漏れのパンツをもう一度元に戻した。

二人の間に気まずい空気が流れた。

あのとき漏れが逝ってなかったら、Y子先生はどんなことをしてくれていたのだろうか?

そんな出来事がトラウマとなり、
大人になってからは漏れはたっぷり時間を取って前戯を行い、
その間はゼッタイに女に漏れのものに触らせないようにしている。

前戯の段階で女を何回か逝かせてこちらが精神的に優位たってから
挿入するようにしている。
サンプル