kimamamh00211000472
営業の合間に社長の娘にハメた話。

人妻の美樹は今34才、とはいってもいつもジーンズとTシャツという服装が多く、元々が童顔で20代半ばに見える。


髪の毛は栗色もセミロング・基本的に化粧をしているのかしていないのかわからない薄化粧である。

どうみても若く見える。



また最も特徴的なことは声がアニメの声優の声みたいに変わった声をしている。

これも若く見られる要素である。


美樹は知り合いの個人経営の小さな会社の社長の娘で父親の手伝いで経理の仕事をしていた。

初めて知ったのは22才だったと思う。



その頃の美樹は結婚を約束した恋人がいて熱々カップルでよく会社に彼を連れて来ていた。


美樹は可愛いく魅力的であったが私とは距離があり、特に知り合いの社長の娘とだけしか思っていなかった。


というよりそう思わざるを得なかったというのが正しい。


それからその会社とはつかず離れずの関係を続けていた中で美樹は結婚し30才を超えていた。




ある日社長に用事があり会社に訪れた時、美樹が一人で留守番をしていた。


それまで二人で話す機会がなかったこともあり、久しぶりに会社の状態や美樹の家庭のことなどの話しを聞いていた。


夕方になっていたので社長も会社には戻らず旦那も帰りが遅いということなので美樹を誘い、初めて二人で食事に行くことになった。


高級感のある居酒屋で飲みなが話しをした訳だが、知り合って10年近くになり、
父親と親しいのでマキも私に対して身内的な感じで気分も打ちとけていたようだ。



悩み事として、美樹夫婦の貯金を父親に泣き付かれて会社の資金繰りに出したこと、
そのお金を返してくれずこれが原因で経済的に楽ではないことなど。


あけくの果てに旦那の車を担保に自動車ローンでお金を借りてしまって
まとまったお金を払わないと車が差し押さえられると涙をためながら話していた。



そんなこととはわからなかった辛い状況にマキがかわいそうになり
その位の金額はなんとかなるのでその金額を貸すことを約束した。

美樹は大変喜んでいた。


冗談半分に「美樹ちゃんを抱かせくれたらお金の返済はいつでもいいよ」というと
少し考えて「私で良かったら・・・。



そのまま銀行に行き美樹にお金を渡しタクシーでラブホテルに直行。


タクシーの中でキスをしようとすると「ここじゃイヤ」とお預けにされ美樹の腰を抱いていた。



まさか美樹とセックスができるとは想像もしていなかったので興奮と嬉しさでホテルの部屋に入るなりベッドに押し倒しマキの口に吸い付いた。


舌を入れ絡ませ口大きく開けむさぼるように舌を動かした。


Tシャツの上から乳房をまさぐった。


「ネェ、お願いシャワーを浴びさせて」
美樹がシャワーを浴びる音を聞いているとこれから彼女を抱く喜びがじわじわと湧いてきた。



ガウン姿の美樹をベッドに呼びガウンの胸を広げた。


Dカップ位の乳房で大きめの乳首が少し黒ずんでいる。


片方の乳房を揉みながらもう片方の乳首を舌で転がし吸い付くと「アッアッ」と声を漏らし悶えている。


十分な時間をかけ乳房への口と手の愛撫を続けた。

その間かなり美樹は声をあげ乱れていた。



美樹の男性経験は同級生の今の夫一人しか知らずその夫とはここ2年位セックスレス状態で、
20歳近く歳の離れている中年の私の口と手のテクニックにすっかりとろけたようだ。



クリトリスを舌を使い転がしたり、吸ったりした。


同時に私の両手は乳房と乳首を愛撫している。


「アーっッ・・アーっッ・・」とのけぞり両手はシーツを掴んでいる。


右手の中指を美樹の密壷に当てがうと、もうそこは愛液が溢れんばかりになっていた。



中指を挿入しさらに薬指を加えて2本の指でGスポット周辺をゆっくりとさすりながら抜き差しすると
「アアアーー!、アアアーー!、ダメェー、ダメェー」
だんだんとその動きを速くしていく。

クチュクチュといやらしい音がしている。


「美樹ちゃん溢れているよ」
「アアアっーー!、アアアっーー!、スゴイ、スゴイ。


「こんなのはじめてッ!スゴ過ぎる!イクーっ!、イクーっ!」と
美樹は半狂乱のように首を振り絶頂をむかえたようだ。



美樹に口でするように促すと私のモノをすっぽりとくわえ込み頭を上下に動かしはじめた。


美樹の口の中でムクムクと硬くなっていくのがわかる。


人妻にしてはあまり上手とは言えないがそこがまた何とも言えない興奮と快感を感じた。



スキンを付けようと思ったが…勢いで生で正常位で挿入。


「生はダメだよオ~」なんていいながら
スルっと入った。


「うッ、うッ。


「美樹ちゃん、これからもっと気持良くなるよ」と出し入れをスピードアップ、
正常位から松葉返し、後背位と私は全開で突きまくってしまった。



「アーッ、ダメダメイクゥーッ。


スゴイ声!
私も美樹の声に合わせドンドンスピードアップで腰をフリしました。


「どこに出して欲しいの?」
「奥に出してって!?」
その言葉を聞いてさらに興奮
知り合いの人妻に思いきり中出し。


息子が波を打ちと精子がドクドクと
子宮に擦り付けるように奥に出しました。



この瞬間美樹が自分のものになった気がしました。



ご主人も疑う余地なく、営業の合間に美樹に中出ししてきたところです。
サンプル