ff
私の男遍歴…?。

小学校6年、始まりが学校なので「学校での体験談」として投稿します。

 
小6の時、クラスにM彦という男子がいて、これが気持ち悪いセクハラ君でした。

行動がジメジメしてるので気持ち悪いです。

例えばスカートを、めくるというより、後ろからこっそりつまんで下から覗く。

ブラしてる子の背中(ホック)をなでて、段差を確認できるとニヤニヤする。

あと生理の子をからかう、とかです。

 
気持ち悪いやつだけど、顔はむしろイケメンで勉強の成績もよいほう。

でもしゃべり方はナヨナヨしてたりするので、だからこそセクハラも気持ち悪い。

(ここまで気持ち悪いを4回言いました)
おとなしい子を狙うので強く拒否できる子はいないし、騒がれたりもしなかったです。

 
私もおとなしいけど、体が未熟だからか、かわいくないからか、狙われませんでした。

直接被害を受けなかったから、あまり気にしないように努めてました。

 
ところがある日、M彦はついに女子のおっぱいを揉む行動に出ました。

おっぱい揉まれたチチ子という女子が、あとで人知れず泣いているのを見ました。

これはさすがに黙ってられない。

 
気弱なくせに正義感に燃えた私は、制裁を加えることにしました。

数日後、私とチチ子と、他女子1人、男子1人、合計4人でM彦を呼び出しました。

場所は学校内のとあるひと気のない場所。

男子を1人連れてきたのは、もしM彦がキレて暴れたら、女子だけだと怖いから。

と言っても私がこんなことを頼める男友達は、やっぱり気弱な子しかいなかったけど。

いないよりマシだと思って、見張りと立ち会いを頼んだカカシみたいなもの。

 
私がセクハラをとがめて、謝罪を要求すると、M彦はあっさり泣き出しました。

「ごべんなさい、ごべんなさい」
何だか拍子抜けしてホッとすると同時に、急に張り合いがなくなりました。

でも私はとにかく、M彦を死ぬほど恥ずかしい目に合わせてやりたい。

意外と怖くなかったっていう安心感と、怒りに任せて、強気に制裁を実行。

 
家から持ち出した、大学生のお姉ちゃんの、ピンクのブラとパンツを投げつけました。

「こここれ着けて、下着姿で校庭を1周して来なさい」
 
当然拒否するM彦「勘弁してー、無理だよー!」
 
私「えーと、じゃあ、この場で着替えて土下座するなら許してあげるよ」
 
「うう、わ、わかったよ」
 
これは、あれです、下着で校庭1周は、最初からさせる気はないです。

最初に無茶な要求を提示しといてから、もともとの要求を言うと受け入れられやすい。

「100万貸して」「無理!」「じゃあ10万でいい」「しょうがないな、ほら」
っていうあれです。

 
こっちも鬼じゃない(?)ので、パンツを穿きかえる時は目をそらしてあげました。

というより、M彦のちんちんなんか見たくないので。

もっこりパンツを笑ってやろう、くらいは考えてたけど。

ブラのホックは、小柄なお姉ちゃんのブラはM彦にはきつそうだったので、
「留めなくていいよ」と言いいました。

 
着終わって、立って背中を向けたままのM彦。

外れたままのブラのホックが妙にセクシーで気持ち悪いです。

パンツはキチキチでした。

はみ出したお尻も気持ち悪い。

ゴム大丈夫かな…。

 
ここまで来て私は、ちょっと悩み始めていました。

これちょっとやり過ぎかなあ、何かすごい悪いことしてるみたいだなあ。

M彦は泣いて謝ったんだから、これ以上は…。

でもここで許すのも何か物足りない…。

 
そんな時、この状況で何かが弾けたのか、チチ子がいい感じに壊れてくれました。

 
チチ子「はーい、M彦くん、いい子だからこっち向いてねー」
 
台詞はやさしいのに、ものすっごい冷たい抑揚のない声でした。

普段真面目でおとなしく、セクハラで泣いてしまったチチ子からは想像もつきません。

この時、私よりもチチ子のほうが報復に燃えていたことに、初めて気付きました。

 
M彦は震えながら、パンツの前を両手で隠してこっちを向きました。

 
チチ子「あれー、何で隠してるの?だめだよー?はい、きょうつけピッ!」
 
M彦が恐る恐る手を離すと、そのちんちんがとんでもないことになってました。

いきり立って充血して、パンツから完全に顔を出している状態。

お父さんの剥けてて黒い大人ちんちんを見たことあるけど、勃起は初めて見ました。

最初は、ちんちんで膨れたパンツをからかってやろう、くらいのつもりでした。

まさかM彦のちんちんがこんなに大きくて、しかも勃起してるとは思ってもみません。

適当に持ってきたパンツが、ローライズ気味の小さいやつだったのも、計算外。

 
気持ち悪い!
皮の生白さ、ピンクの肉(亀頭)の、つるつるした感じとか。

これは生き物の気持ち悪さ。

 
これは、あれです、アゲハ蝶の幼虫を観察した時のことを思い出しました。

気持ち悪くはあるけど、おとなしくしてる芋虫。

だからと言って安心してうかつに刺激するとあれが出ます。

生々しいにょろっとした肉のツノみたいのが突然出てきます。

あれにびっくりして、うええ、ってなる感覚と似てました。

 
私たちは引きました。

文字通り2歩くらい後ろに引きさがりました。

でもちんちんから目が離せなくもありました。

カカシ君はというと、最初から離れた所でぼんやり立って見てるだけ。

見張りなので。

カカシ君が何を思ってるのかはわかりません。

 
クールなS女に変貌したチチ子もちょっと動揺してました。

 
チチ子「信じられない!それ勃起でしょ?何で?気持ちわっるーい!変態!」
 
罵って喜ぶよりも、単純に本音として気持ち悪がっている感じでした。

私も、何でM彦が勃起しているのかまったくピンと来ませんでした。

マゾや露出狂の心理なんて、考えたこともなかったです。

いじめられて、見られて、興奮して勃起する?わかりませんでした。

M彦は恥ずかしさと恐怖で怯えて震えてるようにしか見えません。

えっちな気分になってるとは思えません。

 
思えません、が、性的に興奮してることは直後に証明されました。

 
「ごめん、ごべん、何か、はうあうあ」
 
M彦はふるふると体を震わせて、内股の足をがくがくさせてました。

 
パンツのゴムで押さえつけられたM彦のちんちんが、震えたように見えました。

そして突然!
白っぽい黄色っぽいどろどろした膿が、でゅるっでゅワー♪っと湧いて出てきました。

飛んだりはせず、ただただあふれてきました。

M彦はちんちんに手も触れていませんでした。

 
私を含め、女子はパニックになりました。

「うげー!何これー!うげー!」
 
私たち女子は慌てて逃げ帰りました。

M彦とカカシ君は置き去りにしてきました。

見たのは初めてだけど、あれは多分射精というもの…。

時間を置いてじわじわとそれを理解しました。

 
その夜はなかなか眠れませんでした。

ちんちんが勃起して、精液を出すものだということは、知ってはいました。

でも具体的なことは何も知りません。

どうやったら出るのかとか、どんなふうに出るのかとか。

どんな色してるのか、男のオナニーってどんなのとか。

考えたこともなかったし、こんなに突然射精を見せられるとは思ってません。

 
その日の自分の行動をちょっと後悔し始めてました。

M彦をいじめた罪悪感とはちょっと違います。

単純に、気持ち悪いものを見るハメになってしまったという後悔。

 
そして、黙って持ち出した姉ちゃんの下着。

どうしよう。

 
浅はかだった私は、M彦をひととおり笑い者にしたら下着を返してもらうつもりでした。

またこっそり姉ちゃんの引き出しに戻しておくつもりでした。

洗濯をどうするかさえ深く考えてませんでした。

男の気持ち悪いもので汚された上に、そのまま返してもらわずに帰ってきちゃった…。

どうしよう。

 
翌日学校に行くと、M彦は休んでいました。

一緒にいじめた女子2人はなんだかよそよそしくしてます。

昨日のことがショッキングで、なかったことにしたい、ように見えました。

私もです。

いじめた場所に行っても、何の痕跡もなく、姉ちゃんの下着もありません。

M彦が持って帰った…?
みすみす変態にエサを与えることになってしまったかも…?どうしよう。

 
放課後になって、この日初めてカカシ君に話しかけられました。

「あとで祥子(私)の家に行っていい?」
 
昨日のことを話したいのかな。

あのあとどうなったのか、誰にも聞かれないところで確かめないといけない。

「いいよ、じゃあ一緒に帰ろ」
 
カカシ君「1回帰ってから行くから、待っててね」
 
方向が逆なのに何でかな、と思ったけど、言うとおり家でカカシ君を待ちました。

 
カカシ君は何と、姉ちゃんのブラジャーとパンツを持って来てくれました。

しかもちゃんと洗ってある。

 
「一晩で乾かなかったから、朝は持って来れなかった、ごめん」
 
「何であやまるの!ありがとう!」
 
私は嬉しいのと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

そして、姉ちゃんにバレなくて済むという安心感で泣きそうに。

カカシ君ありがとう。

勝手に立ち会いをお願いしておいて、勝手に置き去りにしてきたのに。

それにまだカカシ君に謝ってもいません。

自分が情けない。

 
そして…。

友達ではあったけど、ただの頼りない子だと思ってたカカシ君。

何だか急に、優しくて気が利く、かっこいい男の子に見えてきました。

衝動的にだけど、好き!って思いました。

初恋だったかも。

 
私たちが逃げた後のことを聞きました。

M彦もさっさと元の服に着替えて、カカシ君を置いて泣いて帰っていったらしいです。

そこに残された、ブラジャーと、精液に濡れたパンツ。

カカシ君は拾って持ち帰り、しかも洗ってくれました。

相当ばっちいかったはずだし、こっそり洗ったはずだから手洗いだったかも。

カカシ君はそこまでは言わなかったけど、そうに違いないです。

それを思うと私は申し訳ないやら嬉しいやらで、また泣きそうに。

一瞬でカカシ君の優しさにほれ込んでしまいました。

 
カカシ君が言いました。

「返さないと祥子が困るかと思って。

持って来てよかった」
 
「私のため?」
 
「あ、えっと…、う、うん…そうだよ」
 
カカシ君が照れたように無言になりました。

見つめ合う。

どきどきする。

家にはまだ誰も帰って来てなくて、居間でカカシ君と2人だけ。

うぬぼれちゃいけないけど…。

今にも「祥子が好き」って言ってくれるんじゃないか…。

その前に無言のままキスされちゃうんじゃ、とか、考えてしまってドキドキしました。

 
ほんの数秒だと思うけど、無言の時間が長く感じました。

何だか耐えられなくて、私は声を出しました。

 
「とととにかくありがと。

とってもうれしい」
 
カカシ君「う、うん、その代わり、お願いがあるんだけど」
 
来た!
 
付き合って、とか、好きとか言われる!
私は心の準備をしながら「うん、もちろん、いいよ、何?」と、ゆっくり答えました。

 
カカシ君はこう言いました。

 
「昨日のはやり過ぎだと思う。

M彦がちょっとかわいそう、許してあげて」
 
あ…。

そっちか。

心優しいカカシ君は、あんないやな奴にも情けをかけて欲しいと言ってるんだ。

私はあんなやつどうでもいいと思いたいけど、罪悪感がなくもない。

カカシ君にお願いされたら、わかった、と言うしかなかったです。

カカシ君の手前、深く反省してるふりをしました。

どっちみち、セクハラさえなくなれば、これ以上M彦をいじめるつもりはありません。

 
でも、カカシ君の言う「お願い」は、それだけじゃありませんでした。

 
「俺も女のパンツはいてみたい」
 
「…。

はい?」
 
私は頭の中が真っ白になりかけました。

そのお願いが何を意味しているのか、まったくわかりません。

私の動揺を知ってか知らずか、カカシ君は淡々と説明し始めました。

 
・まだ精通がないこと。

・キンタマがうずくことがあるから、もうすぐなんじゃないかと思っていること。

・すごく気持ちいいらしいので、早く迎えてすっきりしたいけど、なかなか来ないこと。

・どうしたら出るのか考えてた折、昨日M彦の射精を目撃してびっくりしたこと。

(あれが射精だということはカカシ君もわかったらしい)
 
カカシ君「恥ずかしいかっこで、女子に見られてすっごいドキドキしたから?
だから出たのかなーって思ったんだけど」
 
カカシ君は恥ずかしがりながらも、ずっと真面目な顔でした。

当時カカシ君は、オナニーなんてのは知らなかったんじゃないかと思います。

夢精のことは知ってるみたいだったけど。

ちんちんを自分で刺激して射精に導くという発想が、まだなかったんだと思います。

実際M彦はちんちんに触れずに射精していました。

(あれがM彦の初めての精通だったかどうかは分からずじまい)。

 
私はというと、自分はオナニー的なことをやったことはないです。

でも男も女も、性器をいじると気持ち良くなるらしいということだけは、知ってました。

男の場合それが射精につながる、ということまでは、知りません。

知らないから、「ちんちんいじれば精通するよ」とは言えません。

知ってても言えないと思うけど。

 
それはともかく、カカシ君の言いたいことは、一応理解できました。

私の前で女の下着姿になりたいということなんだ。

 
昨日のはやり過ぎ、って私を咎めておいてそんなこと言うの?
そんなこと言いつつどうやらカカシ君は、M彦がちょっとうらやましかったらしいです。

カカシ君はその時、勃起してたらしい…。

 
「俺も昨日みたいにしたら、精通する気がする。

精通してみたい」
 
…でもおかしい。

そんなのおかしい。

変態だ。

でもその時の私は、カカシ君を好きだって自覚した直後です。

頭がふわふわしていて、何か力になりたいっていう気持ちしかありませんでした。

そして、昨日のM彦の状況を、カカシ君に置き換えて想像してみました。

そしたら全然気持ち悪くなくて。

むしろカカシ君のちんちんもあんな風になったらおもしろいな、とか興味しんしん。

好きな男の子なら、そのちんちんも好きになれるんだって、不思議に思いました。

 
「じゃ、じゃあこれ?」と姉ちゃんのパンツを指差すと、カカシ君は首を横に振りました。

 
「祥子のがいい」
 
「え、何で…」
 
「好きな人のパンツがいい…」
 
さっき期待してしまった告白は、このとんでもないタイミングでやってきました。

一度真っ白になりかけた私の頭の中は、本当に真っ白になりました。
サンプル